● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
起立性調節障害 1

おはようございます。今朝、近畿地方で大きな地震
がありました。大事にならないように祈るばかりです。

さて、起立性調節障害(Orthostatic Dysregulation:OD)という病気をご存知でしょうか? 思春期に起こるとされる病気で、朝起きることができないことが多く、これまでは「怠けている」のではと理解されないこともありました。しかし、最近になってようやく認知され始めて学校現場でも理解が進んでいます。

実際にはどのような症状なのでしょうか? 立っているとクラクラする、なんだかフワーとする、お腹が痛い、頭が痛い、体がだるく食欲がない、吐き気がある、なんとなく自分の体でないような感じがする… 色々な症状を訴えることが多く、自分でもどこが悪いのかはっきりいしない、周りからは「最近だらけている」「たるんでいる」などと見られがちになります。このようなことがあった場合、小児では起立性調節障害という病気の可能性があります。子供から大人へ体や心が変化してゆく、ちょうど小学校高学年から高校生ぐらいの年齢に起きることが多い病気です。

好発年齢は10〜16歳です。起立性調節障害は小学生では約5%中学生では約10%に起きているといわれています。重症は約1%不登校の約3〜4割ODを併存します。性差があり、男の子では1に対して、女の子では1.5〜2となります。約半数に遺伝傾向を認めます。

ODの原因はまだわかっていません。しかし、思春期の体の成長に神経の成長がうまくついていけなくて、バランスが崩れるということで起こってくると考えられています。過少あるいは過剰交感神経活動があります。その他、水分の摂取不足心理社会的ストレス(学校ストレスや家庭ストレス)が関与します。身体が辛いのに登校しなければならないという圧迫感が、さらに病状を悪化させます。そして、日常の活動量低下→ 筋力低下と自律神経機能悪化→ 下半身への過剰な血液移動→ 脳血流低下→ 活動量低下というdeconditioningが形成されるとさらに増悪します。

日本小児心身医学会では起立性調節障害を、たちくらみ、失神、朝起き不良、倦怠感、動悸、頭痛などの症状を伴い、思春期に好発する自律神経機能不全の一つとしています。過去には思春期の一時的な生理的変化であり身体的、社会的に予後は良いとされていましたが、近年の研究によって重症ODでは自律神経による循環調節(とくに上半身、脳への血流低下)が障害され日常生活が著しく損なわれ、長期に及ぶ不登校状態やひきこもりを起こし、学校生活やその後の社会復帰に大きな支障となることが明らかになりました。  つづく・・・

<関連記事>
腎性貧血 1〜4
・マラソン貧血 1〜4
・マラソン 急性腎障害 1〜3
・貧血 フェリチン うつ症状 1〜5
・新型うつ病 1〜4
・軽症うつ病 1〜3
・冬季うつ病 リュミノテラピー 1〜6
・アパシー(意欲減退症候群)1〜6
・うつ病 「頚性神経筋症候群」 1〜5
・肩こり→睡眠障害 1・2
・うつ病と脳血流量 1・2
・うつ病と腸内環境 1〜5

| 婦人科 更年期障害 | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
認知症の治療薬はない 3

おはようございます。アジサイの切り花を頂きました。
花瓶に生けると季節柄のせいか涼やかで癒されます。

さて、認知症の治療は薬物療法非薬物療法(脳活性リハビリテーション)に加えて適切なケアとなじみの環境の4つが柱となります。 認知症は予防に始まり、MCI軽度認知障害)、中等度〜終末期まで継ぎ目なしに診る「フルステージ診療」が主流になりつつあります。環境が変わると認知症の症状が悪化するため、なじみの環境の維持も重要です。また認知症の人は、自分が今いる場所や状況を正しく認識することができなくなる見当識障害を発症します。認知症の進行を遅らせるには、決まった時間に食事を摂るなど時間の感覚を維持させることが大切です。主治医選びは患者の状態をきちんと把握し、生活指導をしてくれるかがポイントになります。「主治医によって寿命が変わる」と言っても過言ではないのです。

また認知症は、自分の心持ちひとつで発症を遅らせたり、進行を遅らせたりできる病気でもあるのです。脳の中には記憶を司る海馬(かいば)があり、目や耳から入ってきた情報を集めて整理をしています。アルツハイマー型認知症は、この海馬が萎縮することで発症します。逆に言えば、海馬を元気にするような生活を送ることが健康な脳を保つ秘訣です。脳細胞の代謝には酸素が必要不可欠です。特に海馬は脳の中でも多くの酸素を必要とします。深呼吸や瞑想、適度な運動をするなど新鮮な酸素を豊富に取り入れるようにしましょう

ほとんどの認知症は、現在の医学では治すことはできません。喫煙者は非喫煙者よりも約4倍糖尿病の人もそうでない人に比べると約4倍アルツハイマー型認知症になりやすいといわれています。つまり生活習慣病予防・治療することが、認知症予防につながります。たばこや深酒をやめて規則正しい生活を心がけましょう。また魚、野菜、ナッツ類など認知症予防によいとされる食材を積極的に取り入れつつ、バランスのよい食事をすると脳の働きも活性化します。脳は日々の刺激によって変化し成長するので、常に新しいことに興味を持って挑戦し、熱中できる趣味を見つけて続けることでストレスが軽減されます。新聞を読んだり、いろんな人とコミュニケーションをとったりするなど、意識して脳を使う生活に変えていきましょう。適度な運動を行い足腰を丈夫に保つことも大切です。認知症を予防することは難しくないのです。知的活動、適切な栄養、適度な運動、社会参加が認知症予防となります。脳を若々しく保つために、自分の生活を振り返ってみることが大切です。一方的に怖がらずに理解し、毎日の生活を変えることが大切になります。  〆

<関連記事>
・認知症の治療薬はない 1
・認知症の治療薬はない 2
・アルツハイマー型認知症と歯周病 1・2

・フレイル 1・2
・軽度認知機能障害(MCI)1〜5
・睡眠薬→アルツハイマー型認知症 1〜3
・認知症 セルフチェック
・「認知症」の予防法
・サフランと認知症 1〜3
・認知症と漢方薬 1〜3
・認知症の費用 1・2
・若年性アルツハイマー病 1・2
・高齢者虐待 1〜3
・少子・高齢社会と移民 1〜4
・ジャパンシンドローム 1〜3
・人間だもの

| 高齢者 加齢 | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
認知症の治療薬はない 2

おはようございます。植え替えた朝顔のひとつが
今朝、白い花を咲かせていました。何かウレシイ!!

さて、現在の日本には約600万人認知症患者がいるとされています。2017年1年間に全国の警察に届け出のあった認知症の行方不明者は前年比431人増の1万5863人。統計を取り始めた2012年以降で5年連続の増加となっています。

認知症の診断基準として、,金(請求書)の支払いができない。¬瑤良用が守れない。これが指標となっています。前者は信用を失ったり周りの人を巻き込んで迷惑をかけたりし、後者は自分の命にかかわったりします。認知症は本人や家族の生活に影響を及ぼすからこそ、介護が大変な病気と認識されているのです。

認知症が疑われたら、専門医がいる「物忘れ外来」や「認知症外来」を受診しましょう。一般病院の場合は、神経内科、脳神経外科、老年科を初診に選ぶことが多いです。親族の方が病院に行くことを話す際には、その方の心やプライドを傷つけないことが大切です。家族に対する不信感を抱かせないように注意しましょう。頭ごなしに説得することは禁物です。どうしても受診を拒否する場合には、各市町村の認知症初期集中支援チームに相談すると、チームメンバーが自宅にまで来てくれるサービスもあります。

病院ではまず問診をします。付き添いの家族と本人を個別に最近の生活の様子や病歴、服用している薬などが聞かれます。次の検査は心理検査・知能検査で本人の記憶力や認知機能の程度を調べ、簡易長谷川式認知症スケールMMSE(ミニメンタルステート検査)を行います。また、鑑別診断としてビタミン欠乏症甲状腺機能低下症がないか血液検査をします。さらにCT(脳の断面図を撮影し、脳の萎縮や変化を調べる)、MRI(脳の周りに電磁波を当てて、脳の萎縮を診る)では、腫瘍や脳梗塞などの病変の有無を検査します。初期に一定の部位の血流が悪くなるアルツハイマー型認知症は、SPECT(脳の血流量を調べる)検査をすることで早期診断が可能です。検査結果を総合して医師が診断します。

認知症の根本治療薬はまだないです。ほとんどの認知症は神経変性疾患や脳血管障害が原因のため、認知機能を改善したり、進行を遅らせる薬はあります。しかし、それらの薬も有効率3〜4割程度なので、薬だけでは限界があります。認知症の治療は薬物療法に加えて、適切なケアを提供する、心とからだによいとされるリハビリテーションを行うことが大切です。認知症の治療は薬物療法と非薬物療法(脳活性リハビリテーション)に加えて適切なケアなじみの環境の4つが柱となります。   つづく・・・

<関連記事>
・認知症の治療薬はない 1
・認知症の治療薬はない 3
・アルツハイマー型認知症と歯周病 1・2

・フレイル 1・2
・軽度認知機能障害(MCI)1〜5
・睡眠薬→アルツハイマー型認知症 1〜3
・認知症 セルフチェック
・「認知症」の予防法
・サフランと認知症 1〜3
・認知症と漢方薬 1〜3
・認知症の費用 1・2
・若年性アルツハイマー病 1・2
・高齢者虐待 1〜3
・少子・高齢社会と移民 1〜4
・ジャパンシンドローム 1〜3
・人間だもの

| 高齢者 加齢 | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/1128PAGES
  • >>