● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
アトピー性皮膚炎 爪楊枝で鎮痒!? 1

おはようございます。大人になってからの音楽の好みは
14歳の時に聴いた音楽で形成されているそうです。

さて、BuzzFeed Japan Medicalが調査した9つの話。
つまようじ束ねてトントン アトピーのかゆみに
効果ありって本当? 皮膚科の専門医に聞きました。

面白そうなので、その内容をみていきましょう。

我慢できなくてかきむしってしまうアトピー性皮膚炎かゆみ
この病気を持つ誰もが悩んでいます。「皮膚科の先生に聞いたこと」
として、ある解決法がツイートされました。その方法は爪楊枝
を輪ゴムで束にしてまとめたもので、かゆいところをトントンすると、
「爪でかきむしるより遥かに小さなダメージでかゆみが治る」という
指摘で10万回以上リツイートされ、多くの人に拡散されています。

つまようじをこのように束ねて、かゆいところをトントンする、という”対処法”が拡散された。
爪楊枝をこのように束ねて、かゆいところをトントンする、
という対処法は鍼灸師からみても妥当な対処法のひとつです。

しかし、過去にアトピー性皮膚炎の取材をした経験がある者は、
「皮膚に刺激を与える行為はかゆみを余計強めるとして、
避けられているはず」と頭に浮かびます。

そこでBuzzFeed Japanはアトピー性皮膚炎のかゆみのメカニズム
に詳しい皮膚科専門医で、製薬会社「ネスレ スキンヘルス」の
生駒晃彦メディカルディレクターに話を聞いています。  つづく・・・

<関連記事>
・アレルギーの種類
・アレルギー反応 1・2
「アレルギー」と「BCG」 1・2
・寄生虫とアレルギー 1〜7
・アトピー性皮膚炎の予防 1・2
・アトピー性皮膚炎 保湿 1〜9
・ニセ漢方クリーム(アトピー性皮膚炎) 1〜4
・「アトピー性皮ふ炎」と「腸内環境」 1・2
・抗アレルギー食品 「乳製品編」1〜5
・抗アレルギー食品 「野菜編」 1〜3

・食物アレルギー 1〜4
 

| アレルギー | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
ガン進行・転移 アスパラギン 3

おはようございます。春物のコートを買ってみました。
やはり軽い。厚手のダウンと比べると随分と違います。

さて、英科学誌『Nature』(ネイチャー)に掲載された
ケンブリッジ大学の研究者らの研究論文「Asparagine
bioavailability governs metastasis in a model of breast
cancer
」よるとアスパラギンと呼ばれる栄養素が
不足すると乳ガン細胞の成長が妨げられることが
動物実験で分かったと公表しています。

研究論文の主執筆者である英ケンブリッジ癌研究所のグレッグ・ハノン
教授は「研究は重大な成果となる可能性がある」としながらも、
今後さらに多くの研究を重ねる必要があることを強調しています。
しかし「人間に置き換えられる保証はない」と述べる一方で、
マウスと同様の作用が働いていることを示す有望な兆候が見られた
ことを付け加えています。しかし、今回のマウス実験は人間でも
同じように効果があるかどうかは不明ですが、もし効果があると
するならば、一切アスパラギンを含まない食事をすることでガン
の転移を抑えることが出来るかもしれません。


 食事の変化をガンの拡散を促進する生体内作用に関連づけたのは、
今回の研究が初めてとなる可能性があります。食品とガン進行
転移との関係を示す研究論文の主執筆者ハノン教授は「腫瘍細胞
のアスパラギン生成能力を変化させるか、体内でアスパラギンの可用性
を低下
させる薬剤でマウスを治療する、もしくは餌からアスパラギン
を除去
するかのいずれかの方法で転移を減少させることができた」
と説明しています。また「特定のガンが特定の食べ物にやみつき
という可能性が高まっている。将来は、患者の食事を調整したり、
薬を投与したりして、ガン細胞がこれらの栄養素を得られないよう
にし治療の効果を高められると期待している」と話しています。
さらに「マウスに与える餌に含まれるアスパラギンを減らすと転移
半減した」と語ります。アスパラギンを制限するには、将来は
栄養バランスは取れているがアスパラギンを含まない特殊な飲み物を、
ガン患者が食事代わりに飲むという治療法を研究者たちは想定しています。

ごくありふれたアミノ酸の体内の生成量や食物からの吸収量を抑えると、
乳ガンの転移を阻止できる可能性があることがマウス実験で判明しています。
今回の実験では非必須アミノ酸のアスパラギンが乳ガン拡散でのカギ
となっている可能性があるのです。今回の研究成果を通じてガン細胞が
女性の胸部内の発生部位から拡散するのを防ぐ方法がもたらされる
可能性に期待を寄せています。      〆

<関連記事>
・ガン進行・転移 アスパラギン 1
・ガン進行・転移 アスパラギン 2
・血液1滴→ガン13種早期発見 1〜4

・尿1滴→早期がん発見 1〜4
・がん検診のデメリット 1〜6
・ガン ステージ 1〜3
・大腸ガン 急増中 1〜5
・子宮頸ガン 1〜3
・子宮頸ガン検診 1〜3
・子宮頸部異形成 鍼灸治療 1・2
・子宮体ガン 1・2
・甲状腺ガン 1〜3
・ピロリ菌 1〜7
・なかなか治らない口内炎 1〜4
・がん患者「正しい栄養」1〜4

| ガン 難病 | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
ガン進行・転移 アスパラギン 2

おはようございます。個性派雑貨で人気を博したアジアン
中華雑貨専門店「大中」が閉店だそうです。時代ですかね・・・

さて、英科学誌『Nature』(ネイチャー)に掲載された
ケンブリッジ大学の研究者らの研究論文「Asparagine
bioavailability governs metastasis in a model of breast
cancer
」よるとアスパラギンと呼ばれる栄養素が
不足すると乳ガン細胞の成長が妨げられることが
マウス実験で分かったというのです。

ガン研究団体「キャンサーリサーチUKケンブリッジ研究所」は、
進行の早いガンにかかったマウスに低アスパラギンの食餌を与えたり、
アスパラギン阻害薬を投与。マウスは通常、ガンが体全体に転移
し2〜3週間で死亡するが実験対象のマウスのガンは転移が抑制
されました。主任医師のチャールズ・スワントン教授は「興味深いこと
に薬剤のL-アスパラギナーゼは、アスパラギンに異存する急性リンパ性白血病
の治療に使われてきた。将来は、この薬剤の効能を拡大し、乳ガンの治療
にも役立てられる可能性がある」と語っています。今回の研究でアスパラギン
を体内で作れなくすること。体内でアスパラギンを分解する。これを目的
としたガン転移抑制薬の開発が始まるかもしれません。

タンパク質を構成するアミノ酸の一種であるアスパラギンは、
ガン細胞を含む人体内のあらゆる細胞で産生される他、
名前の元となったアスパラガス、牛肉、乳製品、鶏肉、魚介類
大豆などの食品に含まれています。しかし、アスパラギンの
影響はマウス実験であり、人体で証明された訳ではなく食事で
アスパラギンを完全に避けるのはそもそも困難です。

乳ガン治療の慈善団体「ブレスト・キャンサー・ナウ」の会長を務める
デリス・モーガン女男爵は「今回の研究に基づいて患者が極端な食事療法
をしようとすべきでない
。医者との相談なしに特定の食品群を完全に
食べないようにするのは良くない。さらに我々は、すべての患者に対し
健康でバランスのとれた食事を取るよう促している」としています。
              つづく・・・
<関連記事>
・ガン進行・転移 アスパラギン 1
・ガン進行・転移 アスパラギン 3
・血液1滴→ガン13種早期発見 1〜4

・尿1滴→早期がん発見 1〜4
・がん検診のデメリット 1〜6
・ガン ステージ 1〜3
・大腸ガン 急増中 1〜5
・子宮頸ガン 1〜3
・子宮頸ガン検診 1〜3
・子宮頸部異形成 鍼灸治療 1・2
・子宮体ガン 1・2
・甲状腺ガン 1〜3
・ピロリ菌 1〜7
・なかなか治らない口内炎 1〜4
・がん患者「正しい栄養」1〜4

| ガン 難病 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/1097PAGES
  • >>