● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
銀歯 メタルフリー治療 2

おはようございます。前倒しで「Go To キャンペーン
が開始されるようです。感染拡大防止策をしっかり!!

さて、歯科治療におけるアマルガム水銀と銀などとの合金の総称です。このアマルガム成分の50%が水銀です。唾液によって腐食したり、食べ物を食べた時の摩擦熱蒸気水銀を発生したりするともいわれています。この蒸気水銀が有害物質です。

溶け出した水銀が唾液と一緒に体内に入ると、肝臓や腎臓などに蓄積されて内臓疾患を引き起こします。また胎児にも影響を与えるといわれ、スウェーデンイギリスではアマルガムの使用禁止という警告が出されています。

アマルガムは水銀、銀、錫(すず)などの重金属を含んでおり、神経毒性が強く、アレルギー、不眠、イライラ、頭痛、肩こり、めまいなどの様々な症状を引き起こします。重金属が内臓に蓄積すると、ホルモンバランスが乱れて免疫力が低下します。また溶け出した重金属は皮膚の真皮層に蓄積し肌の老化を進めます。

アマルガムは1980年代までは非常に一般的で、ごく最近まで使うことができました。このアマルガムを用いた治療が2016年4月の歯科診療報酬改定で保険治療から除外されています。アマルガムに含まれる水銀が人体に悪影響を及ぼす可能性があることが認められたためです。

何十年にもわたって補綴材料の代表格であったアマルガムが歯の治療痕に詰められている人は多いはずです。「この銀歯いつ治療したっけ…」という方は、人体にとって有害なアマルガムを含むかぶせ物やつめ物を、そのまま使い続けている可能性が高いのです。   つづく・・・

<関連記事>
・銀歯 メタルフリー治療 1

| 口・咽頭・歯の病気 | 09:15 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
銀歯 メタルフリー治療 1

おはようございます。梅雨らしいジメジメ模様です。
こういう時こそ、上手にをかいてサッパリしましょう。

さて、歯痛で歯科に行くと虫歯… そこで健康保険で治療します。そうすると治療箇所は銀歯になります。通称、銀歯と言っているには、つめ物(インレー)やかぶせ物(クラウン)です。 この銀歯は、実は銀ではなく金銀パラジウム合金です。

銀歯の成分は、銀が48%、パラジウムが20%、銅が17%、金が12%、その他、亜鉛・イリジウム・錫(すず)などが3%です。その他、金属のかぶせ物やつめ物の一部にはニッケルクロム合金・銀合金などを使っています。

昔は虫歯を削った後の穴に埋めるものといえばアマルガムです。アマルガムは水銀と銀などの合金の総称です。虫歯治療後に銀歯としてよく使われてきたつめ物の材料です。アマルガムは非常に優秀な材料で、何より抗菌性が高いのです。 普通、一度、虫歯治療をした歯は2次カリエスといって再び虫歯になる可能性が高くなりますが、アマルガムを詰めた歯の周りには虫歯はほとんど起こらないのです。

また治療の際には柔らかいため、穴の部分に密着させて詰めることができ、その後、噛み合わせに耐えるほどまで強度を増します。その割に他の歯にダメージを与えるほどではないという程よい自然な硬さでした。アマルガムの利点もありますが、実は大きな欠点が指摘されています。

金属の指輪やネックレスが金属アレルギーを引き起こすことはよく知られています。それと同じように歯科治療で使用する金属(メタル)のかぶせ物やつめ物も全身の健康に悪い影響を与えることがあります。銀歯が長期間口腔内に入っていると、唾液によって金属イオンが溶け出します。これらを毎日、体内に飲み込んでいる訳です。

ですから金属が体内に蓄積されます。体内に金属イオンが入ると免疫機能がそれを異物と見なして、口内炎、歯肉炎、舌炎、歯肉の黒ずみ、皮膚の湿疹といった金属アレルギー症状を引き起こします。   つづく・・・


<関連記事>
・銀歯 メタルフリー治療 2

 

| 口・咽頭・歯の病気 | 08:59 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
子ども 近視予防 7

おはようございます。中国政府は香港国家安全法案
を可決・成立しました。国家とは何でしょうか!?

さて、強度近視の人は近視でない人に比べて緑内障3.3倍、網膜剥離21.5倍、近視性黄斑症40.6倍になります。「今まで見えていた駅の標識が見づらい」という時には近視が進行している可能性があります。成人になってそういう症状が進んできた時は要注意です。そして「柱や物がゆがんで見える」「段差がわからず転びそうになる」ような症状は網膜の中心部の黄斑部というところが障害された時に起こる症状です。強度近視の合併症として黄斑変性黄斑出血というものがあります。

このような場合は眼科専門医を受診していただいた方がイイです。 眼球の伸びというのは、本当に身長ののびと同じように完全に止めるとか、短くするということはなかなか難しいです。ただ将来的には、そういった眼球の伸びそのものを抑える治療というのも可能になっていくと考えられています。

現時点での治療としましては、合併症を起こした時に黄斑変性に対して注射、あるいは網膜剥離・分離では網膜の手術を行います。そういった合併症に対する治療法が主体になります。屋外活動やアトロピンについても大人での有効性が実証された研究はありません。大人でできる対策としては定期的な眼科の受診しかありません。

近視の進行学童期〜小児期に大部分を占めます。近視の発症率を低くするための科学的根拠に基づくと1000ルクス2時間/日という予防策が示されています。屋内では昼間でも300ルクス、窓際でも800ルクス程度なのですが、屋外では木陰でも数千ルクス、日向は数万ルクスになります。

1日2時間以上屋外で遊ばせて明るい光を浴びることが近視予防につながります。特に小学生のいるご家庭では、とりあえず休みの日には木陰でも十分な明るさがあるというふうに考えられていますので、木陰でかまわないので屋外に出て遊ばせることも考えてあげてください。勉強や塾などとのバランスのとり方次第で近視は予防できます。   〆

<関連記事>
・子ども 近視予防 1
・子ども 近視予防 2
・子ども 近視予防 3
・子ども 近視予防 4
・子ども 近視予防 5
・子ども 近視予防 6

 

| 顔・目・頭・脳の病気 | 08:56 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
子ども 近視予防 6

おはようございます。昨日は梅雨の合間の晴れ。
また、しばらく梅雨らしい天気が続くようです。

さて、近視の治療法にはアトロピンという目薬をさして抑制する方法や、オルソケラトロジーという就寝時に装着するコンタクトレンズがあります。これは子どもの近視には最適とされています。またガボール・アイという方法もあります。これはガボールパッチという白黒のしま模様を使った視力回復法です。

ガボールパッチは1971年にノーベル物理学賞を受賞したデニス・ガボール博士が考案したしま模様で脳の視覚野に作用して処理能力を上げる効果があります。カリフォルニア大学など世界トップクラスの研究機関で有効性を実証する試験結果が報告されている視力回復法です。

スマホやパソコン業務などの至近距離での作業増加に伴い、大人になってから近視が初めて起こる成人発症近視や、あるいは近視が通常は体の発育が止まったら止まるはずですが、それ以降も続いてしまう成人進行近視が問題となっています。眼球の組織が引き伸ばされ、それが悪化して近視の度数が進むと、より目が長くなったり、あるいは眼球の後ろが変形してしまう状態になります。

こうなると眼球の後ろの網膜や視神経といった非常に重要な神経組織が傷つけられ失明の原因になります。視神経の障害による緑内障黄斑変性などが起きる可能性が高くなります。近視が強くなると、失明につながる病気の危険性が高まることが分かっています。強度近視の人は近視でない人に比べて緑内障で3.3倍、網膜剥離は21.5倍、近視性黄斑症は40.6倍になります。   つづく・・・
 

<関連記事>
・子ども 近視予防 1
・子ども 近視予防 2
・子ども 近視予防 3
・子ども 近視予防 4
・子ども 近視予防 5
・子ども 近視予防 7

 

 

| 顔・目・頭・脳の病気 | 09:00 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
子ども 近視予防 5

おはようございます。2020年上半期
コロナ禍”であっという間に過ぎました。

さて、世界で最も近視率が高いシンガポールでは国の近視予防プログラムでゲーム時間を減らすなどしまして、近視の子どもを5%減少させることを達成しました。台湾では法律を改正して対策を始めて7年後、視力0.8未満の小学生の割合は5%以上減少しています。また中国でも国で数値目標を掲げています。スマートフォンやパソコン1日1時間までにしたり、宿題の量を管理するなどの通達を出しまして、子どもの近視を毎年、最低0.5%減少させるとしています。

日本の文科省は視力低下に対する有効な対策、各家庭、学校で出来ることについて、明確な答えを持っていない状況です。どういう対策が有効なのかについての調査を行っている状況です。この結果を得て、2020年度には対策を決めて各家庭や学校に周知していくようです。専門家は一番の問題は日本に近視の学童がどれだけいるのかという基礎データがないと指摘しています。学校保健の現場では裸眼視力検査は行われていますが、実際の屈折度数、目の長さの眼軸長度測定といったデータが取られておらず、視力障害の子どもが近視または乱視なのか原因が分からない状況です。

近視対策は個人や学校任せにするのではなく国を挙げて行うべきとの指摘があります。近視が深刻な問題となっているにもかかわらず、国として対策をとっていないのは韓国日本だけです。予防策はすでにあるのですから、後は政府が真剣に近視の問題と向き合うかだけの問題です。近視は非常に重要な課題です。このままでは未来はありません。将来を見据えて取り組む必要があります。 現時点の2018年度で小学生34.10%中学生で56.04%高校生67.23%が近視であり増加傾向にあります。近視の進行は学童期〜小児期に大部分を占めるので、とりあえず休みの日のは木陰でも十分な明るさがあるというふうに考えられていますので、木陰でかまわないので屋外に出て遊ぶことが大切です。  つづく・・・


<関連記事>
・子ども 近視予防 1
・子ども 近視予防 2
・子ども 近視予防 3
・子ども 近視予防 4
・子ども 近視予防 6
・子ども 近視予防 7

 

| 顔・目・頭・脳の病気 | 09:09 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
  • 1/748PAGES
  • >>