● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
【号外】気象病の対策

こんにちは。梅雨の時期ですから、
ちょっと気になる記事をご紹介します。

さて、医師などでつくるウーマンウェルネス研究会(東京)は2019年3月、首都圏の20〜59歳男女609人を対象にインターネットで調査を実施しています。「梅雨低気圧の時に不調を感じる」と答えた人は、女性59%男性は43%。女性を年代別でみると、20代69%で最も多く、次いで40代の61%30代の56%でした。20代女性で、梅雨の時期に特に「肩こり」を感じると答えた人は9割に上っています。この調査では梅雨の時期には低気圧の影響で、女性の多くが肩こりなどの不調を感じることがあります。実に20代の7割が症状を訴えているというのです。

低気圧で特に女性が不調を感じやすい理由について、せたがや内科・神経内科クリニック久手堅司院長は、筋肉量の少なさや貧血などの要因があると指摘しています。雨と晴れ間との寒暖差、長雨による多湿などでも女性は自律神経バランスが崩れ、肩こりなどが悪化しやすいとしています。

低気圧女子の処方せん』の著書がある気象予報士の小越久美さんは、「肩こり以外にも、腰痛生理痛などが低気圧の影響で引き起こされる女性も多い。夏は台風などの低気圧や、局地豪雨の前後で起きる気圧変化にも注意してほしい」と話しています。

同研究会は、蒸しタオル、温熱シート、ストール肩・首元温めることや、耳たぶの上を水平方向に引っ張るなど、耳周りのストレッチで血流を良くする対策を呼びかけています。  〆

<参考記事>
・読売新聞「肩こり・腰痛・生理痛など、低気圧が影響」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-00010000-yom-sctch

<関連記事>
・気象病 1〜5
・自律神経免疫療法 1〜3
 

| 首痛 肩コリ 手の痛み | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
【号外】痴漢に安全ピンはNG

こんにちは。鍼灸師絡みの記事が出ていた
ので皆さんにも知って欲しいです!!

さて、痴漢撃退に安全ピンを使うことは2019年5月中旬にツイッターで紹介され論議になりました。その後、「黄色い安全ピン」を痴漢撲滅の意思表示として服などに着けることがツイッター上で提唱され、5月29日には安全ピンを大量に配るとするツイートが話題になりました。

福岡市内の40代の鍼灸師男性が翌30日にツイッターで「どんな菌がついてるかも判らない針を他人のからだに注すことを推奨するような行為はお止めください。もし、貴方の配布した針を使い、冤罪の方に感染症が発症した場合、責任を取れますか? 冤罪でなくても同じですが。痴漢を防ぐなら針刺以外の方法を模索される方が良いと思います」と疑問を呈しました。

ところが、
バッシングが一部から巻き起こり、異論が相次いで誹謗・中傷も寄せられる騒ぎになっているのです。この鍼灸師の発言に対して、「痴漢したやつが悪いだろって」「結局他人事。被害者にケチ付けてるだけ」「痴漢擁護してんの?」などと、安全ピンを支持する人らから疑問や批判が次々に上がりました。中には、鍼灸師自身に対して「痴漢やったことあるな?」などと、根拠のない憶測を流すケースも一部であったようです。さらに鍼灸師が以前経営していた鍼灸院でセクハラのようなことがあったと根拠のないツイートをする人も現れ、鍼灸師について、あるツイッターアカウントは「性犯罪者」などと罵倒する発言を繰り返したそうです。

このような誹謗・中傷が、逆に流れを変えました。ネット上で問題視されて「商売の邪魔するのはダメだろ」「悪ふざけの範疇を越えている」「別に痴漢を擁護してるわけでもないのに」などと、
バッシングへの非難の声が相次ぐようになっています。同時に、誹謗・中傷するのは、ある思想的傾向のある人たちだと、一括りにするバッシングも一部で起こっています。誹謗・中傷のツイートは、偽計業務妨害罪などに当たるのではないかとの指摘も出て、鍼灸師男性も、6月7日に福岡県警中央署に出向いて相談したことをツイッターで明かしています。

この鍼灸師は13日、J-CASTニュースの取材に対し「痴漢撲滅に取り組む人たちは、おかしい人だとイメージが付いてしまうとしたら、とてもよくないことだと思っています」と話しています。自らへの疑問や批判については、「一般の人は、手の皮をチクっと刺すぐらいなら問題ないと考えがちですが、医療関係者が考える危険性と一般の人が考える危険性は違います。揺れている電車の中では、
刺す針をコントロールすることもできないでしょう」と反論しています。ツイッターでは「私の主張したかったことは『出血を伴う方法で反撃すると、被害者や周囲の人に加害者の血液がつき感染症が拡がる可能性があるから、別の方法を模索しては?』です」などと書いています。特にエイズの30倍もの感染力を持つというB型肝炎が怖いです。

痴漢は女性にとっては許しがたい蛮行です。
しかし安全ピンでチクっと刺すぐらいなら問題ないと考えがちですが、感染症の恐れがあるため、痴漢に安全ピンを刺すのは止めましょう。(内容が解りやすいように、参考記事を一部修正しています)  〆

<参考記事>
・J-CASTニュース編集部(6/14(金) 15:56配信)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190614-00000008-jct-soci

| 鍼 灸 その他治療法 | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
葉酸 3

おはようございます。平成19年(2007年)から開始したブログ「日々是好日」。診療日は毎日更新して、想えば13年も経ちました。平成最期の本日をもってブログという形での情報発信一端終了いたします。新たな形態で情報発信していきたいと考えています。長年のご愛読、ありがとうございました(感謝)。


さて、妊娠初期4週〜12週葉酸不足すると胎児の脳や脊髄(せきずい)の発育に影響し、運動機能や知覚が麻痺する二分脊椎症などの神経管閉鎖障害の発症リスクが高くなる恐れがあります。 葉酸は水溶性のビタミンBの一種でほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜果物などに含まれています。その他、レバー、豆類など、日常、口にするものから摂ることができます。しかし、水・熱・光に弱いため調理で栄養を損失してしまうことが多く、ふだんからこれらの食材を食べていても不足がちになってしまいます。妊娠を計画している女性に望ましい量は1日400μg、妊婦への推奨量は440μg。葉酸400μgを摂るには、ほうれん草なら約200g(1把分)に相当します。決して少ない量ではありませんが、食材、献立、調理法を工夫し、葉酸たっぷりの食事を目指しましょう。

食事からの摂取では十分ではない場合があります。2000年に厚生省(現・厚労省)が都道府県などに通知で摂取を推奨しています。これには「葉酸の摂取で全てを防げるわけではない」とした上で、妊娠の1カ月前から妊娠3カ月までバランスの取れた食事に加え、サプリメントで1日0.4ミリグラムの葉酸を取ることを推奨しています。必要摂取量を多少オーバーしてしまっても、葉酸は水溶性ビタミンなので過剰分は尿の中に排出されてしまいます。お酒を大量に飲む人アスピリンや避妊薬のピルを飲んでいる人も欠乏しやすくなるので十分な摂取を心がけましょう。

妊婦の葉酸不足でリスクが高まる先天性障害について、2000年の厚生省通知で摂取を推奨して以降も発症率が改善していません。2000年以降、先天性障害の発症率は出産1万人当たり5〜6人で推移しています。年間500〜600人が発症している計算になります。日本先天異常学会はサプリメント(栄養補助食品)での葉酸摂取を呼びかける声明をまとめ、関係学会に周知への協力を求めています。2002年からは母子手帳にも葉酸に関する記述が記載されています。上手に葉酸を摂りましょう。  〆

<関連記事>
葉酸 1
葉酸 2
・妊婦 カルシウム不足 1〜4

| 不妊症 | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
葉酸 2

おはようございます。昨日は五反田メッセで開催されている
Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ
に行って来ました。

さて、特に妊娠初期4週〜12週)に葉酸の摂取が不可欠です。葉酸が不足すると胎児の細胞分裂がさかんな妊娠初期においては先天性障害をまねく恐れがあります。妊娠初期に不足すると胎児の脳や脊髄(せきずい)の発育に影響し、運動機能や知覚が麻痺する二分脊椎症などの神経管閉鎖障害の発症リスクが高くなる恐れがあります。また、授乳期においては、乳幼児の発育に遅れをおよぼすことが指摘されています。

神経管閉鎖障害とは、妊娠初期に起こる先天異常のひとつです。神経管とは、脳や脊髄などの中枢神経系のもととなる細胞の集合体です。これらが妊娠初期に細胞分裂していくことで、脳や脊髄を始めとする胎児の様々な神経細胞が作り出されます。この神経管の下部に閉鎖障害が起きた場合は二分脊椎と呼ばれ、脊髄の神経組織が脊椎の骨により覆われていないことから神経組織に障害が生じるため下肢の運動障害や排泄機能に障害が起こることがあります。また神経管の上部に閉鎖障害が起きた場合、脳が形成不全となり無脳症と呼ばれ流産や死産の確率が高くなります。葉酸を摂取することで、全ての神経管閉鎖障害を予防できるわけではありませんが、神経管閉鎖障害の発症リスクを軽減する方法のひとつとして葉酸摂取が薦められています。

熱田リハビリテーション病院(名古屋市)の近藤厚生副院長らの調査では、2001〜2012年に出産した女性で葉酸サプリメントを取っていたのは23%。二分脊椎の子を出産した女性では10%と低かったと報告しています。副院長は「海外では小麦粉などの穀類に葉酸を添加する国が約80あり、二分脊椎などの障害が3〜5割減ったという報告も出ている」と指摘しています。先天異常学会の理事長は「葉酸の重要性が広く認識されていない。学校教育で妊娠中の栄養摂取の大切さが伝えられるようにするべきだ」と述べています。  つづく・・・

<関連記事>
葉酸 1
葉酸 3
・妊婦 カルシウム不足 1〜4

| 不妊症 | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
葉酸 1

おはようございます。週明け29日(月・祝)
昭和の日で祝日ですが診療いたします。

さて、てんゆ堂逆子の妊婦さんだけでなく、妊娠希望の女性も多く来院します。こういう方々は妊娠期に欠かせない栄養素としてサプリメントで葉酸を摂取している方がいます。

葉酸は水溶性のビタミンBの一種で緑黄色野菜や果物などに含まれています。葉酸は1941年にホウレンソウの葉から発見されました。そのため、ラテン語で「葉」を意味する「folium」から「folic acid=葉酸」と名付けられました。代謝に関わりが深く、タンパク質や核酸の合成に働いて細胞の生産や再生を助け、体の発育を促してくれます。そのため細胞が新しくつくり出される場に必須の栄養素です。ビタミンB12とともに赤血球の生産を助ける造血ビタミンでもあります。特に核酸とはDNAやRNAのことで、細胞の核の中にあって遺伝情報を保存し、遺伝情報の通りに身体をつくっていく指令を出します。いわば生命の根幹です。そのため赤ちゃんの新しい細胞が作られる妊娠期や授乳期の母体にとって葉酸は必要不可欠な栄養素とされています。

葉酸が不足すると胎児の細胞分裂がさかんな妊娠初期4週〜12週)においては、先天性障害をまねく恐れがあります。妊娠初期に不足すると胎児の脳や脊髄(せきずい)の発育に影響し、運動機能や知覚が麻痺する二分脊椎症などの神経管閉鎖障害の発症リスクが高くなる恐れがあります。また、授乳期においては、乳幼児の発育に遅れをおよぼすことが指摘されています。  つづく・・・

<関連記事>
葉酸 2
葉酸 3
・妊婦 カルシウム不足 1〜4

| 不妊症 | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/731PAGES
  • >>