● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
スマホ キャッシュレス決済の未来 5

おはようございます。今シーズンのソメイヨシノ
開花予報では東京(靖国神社)は3月18日です。

さて、中国スマホ決済には個人間送金がほぼ無料で行える機能があり、この特徴も普及に一役買っています。QRコード決済は、相手もアカウントを持っていれば送金や決済が行えるため、大勢が使えば使うほど便利になるという傾向があり、それが特に都市部でのコンビニから露天まで、どこでも使えるという事情につながっています。現金を扱わないので釣り銭の支払いもなく処理がスムーズですから、特に行列になりやすい商店ほど利用が進んでいます。

モバイル決済ならではのサービスとして、中国都市部では近年、簡単に借りられて乗り捨て自由シェアサイクリングのサービスが一般化しています。利用料金はモバイル決済で支払えます。深センのモバイク(mobike)などが代表例です。中国で人気のシェア自転車はスマホで手続きをすると自動的に引き落とされる仕組みです。1元(約16円)という低価格で借りられます。日本でも都市型のレンタサイクルはありますが、利便性は中国には劣ります。2017年8月、モバイクは日本でもサービス開始しています。また東京を中心に全国でシェアサイクリングを利用できるHELLO CYCLINGなど、シェアサイクリングのサービスも浸透しつつあります。

中国の都市部でタクシー配車サービスの大手は滴滴出行(Didi Chuxing、通称:ディディ)があります。旧称は滴滴快的(Didi・Kuaidi)です。そもそもは快的打車(シェア56.5%)はアリババ(Ant Financial、阿里巴巴)グループ傘下で、滴滴打車(シェア43.3%)はテンセント(Tencent、騰訊)傘下だったのですが、この両者が2015年2月に合併したのです。両タクシー配車アプリのシェアを合計すると99.8%にも上ります。2015年9月に現在の滴滴出行(DiDi Chuxing)にリブランドされました。混み合っていなければ配車は数分で完了。目的地に着けば、スマホを通じて料金が自動決済されます。

中国の配車サービス大手が、日本で2番目に大きな都市である大阪からサービスを開始しようとしています。Didiは2018年9月、大阪と関西国際空港を含む泉州地域でサービスをローンチすると発表。 日本のソフトバンクとの合弁であるDiDi Japanは、年間16億人に及ぶ世界第3位のタクシー市場にサービスを提供しようとしているのです。大阪だけでも880万人の住民がおり、Didiがこれまでで取り組む最大の国際都市となる見込みです。  つづく・・・

<関連記事>
・スマホ キャッシュレス決済の未来 1
・スマホ キャッシュレス決済の未来 2
・スマホ キャッシュレス決済の未来 3
・スマホ キャッシュレス決済の未来 4
・人工知能(AI)1〜6
・マイクロチップ・インプラント 1〜4
・AI診療 1〜3
・デジタル錠剤 1・2
・スマホ依存・ゲーム障害 1〜5
・ネット依存 1・2
・ブルーライト 1〜3
・パソコンと自律神経
・スマホと首肩コリ 1〜3
・スマホ巻き肩 1〜4
・スマホ子守り 1〜4
・スマホ子守り 発達が遅れる!? 1〜4
・スマホ認知症 1・2
・スマホ老眼 1〜3

| 社会問題 | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
スマホ キャッシュレス決済の未来 4

おはようございます。最近、終戦後の引揚者関連の
本をよく読んでいます。壮絶過ぎる話ばかりです。

さて、スマホなどのモバイルでQRコードを読み取るキャッシュレス決済には、2つの支払い方法があります。お店側が利用者側のスマホに表示されたQRコードを読み取る店舗読み取り方式と、お店側が表示したQRコードを利用者側がスマホで読み取るユーザー読み取り方式です。

どちらの場合でも、あらかじめ専用のアプリをスマホにインストールして、紐付けクレジットカードの情報銀行口座の情報などを登録する必要があります。店側はいちいちQRコードをスマホで表示するのは手間がかかるのでQRコードを印刷して店内に掲示するユーザー読み取り方式を採用しています。

中国で主流となっているQRコードによるキャッシュレス決済の特徴は、個人間送金における相手のアカウントのQRコードを読み取って指定の金額を送金するという仕組みをそのまま店舗決済へと適用した点にあります。つまり同じ送金サービスのアカウントさえあれば誰でもどんな店舗でも投資や特別な審査なしに利用できる利便性があります。これが従来の加盟店方式の電子マネーやクレジットカード決済と大きく異なります。

中国のスマホ決済のシェアはアリババ(Ant Financial、阿里巴巴)のアリペイ(Alipay、支付宝)が54%テンセント(Tencent、騰訊)のウィーチャットペイ(WeChat Pay、微信支付)が38%です。 アリペイとウィーチャットペイの送金手数料は、個人や小規模な店舗であればほぼ無料に近く利用のハードルが非常に低いのです。サービスを提供するアリババとテンセントはインターネット企業であり、手数料収入よりもユーザーの行動データマーケティングデータ収集に主眼を置いています。これが銀聯(UnionPay、ギンレイ)などの既存の金融サービスを展開する事業者とのビジネスモデルとの違いとなり、このような普及度の差になって現れていると考えられています。   つづく・・・

<関連記事>
・スマホ キャッシュレス決済の未来 1
・スマホ キャッシュレス決済の未来 2
・スマホ キャッシュレス決済の未来 3
・スマホ キャッシュレス決済の未来 5
・人工知能(AI)1〜6
・マイクロチップ・インプラント 1〜4
・AI診療 1〜3
・デジタル錠剤 1・2
・スマホ依存・ゲーム障害 1〜5
・ネット依存 1・2
・ブルーライト 1〜3
・パソコンと自律神経
・スマホと首肩コリ 1〜3
・スマホ巻き肩 1〜4
・スマホ子守り 1〜4
・スマホ子守り 発達が遅れる!? 1〜4
・スマホ認知症 1・2
・スマホ老眼 1〜3

| 社会問題 | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
スマホ キャッシュレス決済の未来 3

おはようございます。年末年始の疲れ
出ている人が多いです。アナタは大丈夫!?

さて、スマホによるキャッシュレス決済大国が中国です。利用率がナント98.3%です。2017年四半期のデータによれば、スマホ決済のシェアはアリババ(Ant Financial、阿里巴巴)のアリペイ(Alipay、支付宝)が54%テンセント(Tencent、騰訊)のウィーチャットペイ(WeChat Pay、微信支付)が38%と二大勢力になっています。

もともと中国ではオンラインショッピングチャットサービスの利用が盛んで、アリペイ・ウィーチャットペイの利用に必要なアカウントを多くの人が持っていたこと、さらにここ3〜4年でスマホが爆発的に普及したこともあって利用が一気に進んだようです。設定も日本のおサイフケータイに比べて簡単で、通常のスマホ用アプリをインストールするのとあまり変わらないのです。

地方都市市場屋台にまでモバイル決済が普及しています。店舗側の負担も軽いのも理由のひとつです。おサイフケータイやアップルペイで決済できるようにするには専用端末を置かなくてイイのです。スマホを持っていればアプリをインストールするだけです。屋台や市場の野菜売りがキャッシュレスを実現するために何か特別な機器を導入する必要はなく、スマホで表示されるQRコードを印刷した紙を掲示し、スキャンしてお金を払うだけで個人間送金ができます。

スマホなどのモバイルでQRコードを読み取るキャッシュレス決済には2つの支払い方法があります。お店側が利用者側のスマホに表示されたQRコードを読み取る店舗読み取り方式と、お店側が表示したQRコードを利用者側がスマホで読み取るユーザー読み取り方式です。    つづく・・・

<関連記事>
・スマホ キャッシュレス決済の未来 1
・スマホ キャッシュレス決済の未来 2
・スマホ キャッシュレス決済の未来 4
・スマホ キャッシュレス決済の未来 5
・人工知能(AI)1〜6
・マイクロチップ・インプラント 1〜4
・AI診療 1〜3
・デジタル錠剤 1・2
・スマホ依存・ゲーム障害 1〜5
・ネット依存 1・2
・ブルーライト 1〜3
・パソコンと自律神経
・スマホと首肩コリ 1〜3
・スマホ巻き肩 1〜4
・スマホ子守り 1〜4
・スマホ子守り 発達が遅れる!? 1〜4
・スマホ認知症 1・2
・スマホ老眼 1〜3

| 社会問題 | 08:51 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/1189PAGES
  • >>