● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
麻疹(はしか)流行の兆し 1

おはようございます。先週末は夏のようでした。
っていても紫外線が強いのでご用心です。

さて、沖縄県で流行中の麻疹はしか)患者の発生が止まりません。2018年3月下旬に2014年以来の患者が確認されてから、わずか2週間ほどで18人(0歳〜40代の男女)の感染が判明。4月21日までに67人の麻疹患者が確認されています。またこれまでに麻疹の感染が確認されていた患者2人が医療機関内で院内感染したとされています。乳幼児が罹患し重症化すると死亡するケースもあり、沖縄県は子どもへの対応を強調しています。沖縄県では1999〜2001年の麻疹流行時に乳幼児9人が死亡しています。1歳と小学校就学前の定期予防接種対象者は、早めにワクチンを受けるよう呼び掛けています。厚労省沖縄県外でも感染が拡大する恐れがあるとして注意を呼びかけています。

沖縄県で流行中の麻疹は本州在住の方は「対岸の火事」だと思っていませんか!? この流行の発端は3月17日に台湾から観光で訪れた30代男性ということが解っています。モノレールやレンタカーを使い、那覇市や糸満市、北谷町、名護市など広範囲を移動。男性が利用したホテルの宿泊者や飲食店従業員に感染は次々と広がったのです。男性が訪れたとみられる大型商業施設で感染したと推測されるケースも複数あります。また県内に住む40代の男性患者が発症した3月26日に那覇空港を訪れていたことも判明。県は患者と接触した人は多いとみています。麻疹はウイルスが小さく軽い粒子でフワフワと空中を長く浮遊することで空気感染します。感染力が非常に強く同じ部屋の中にいるだけでも感染する可能性があります。つまり、台湾から沖縄へ観光旅行にやって来た、たった一人の外国人の保菌者がこの流行を引き起こしたということです。

そして、また別な人へと麻疹をうつしていくという二次感染の連鎖が続いています。沖縄へ旅行した10代日本人男性が帰省先の名古屋市で麻疹と診断されています。この男性は沖縄に4月上旬まで旅行した後、埼玉県内の学校に数日間通い、発症後に東京・品川から新幹線で名古屋まで移動したそうです。男性が受診した病院で勤務する30代女性も麻疹に感染したことが判明し、男性から女性に感染が広がったとみています。例えば、東京都でも2018年に入って既に2例の発症者が報告されていますが、いずれもタイ感染したとみられています。埼玉県や茨城県、大阪府など他の地域でも散発例は報告されています。世界保健機関(WHO)日本固有のウイルス株がないと認定していますが、海外で感染した日本人が国内で発症する例などがあります。


同じような経過で麻疹の流行が2016年8月を中心に起こっています。7月下旬に関西国際空港を利用者に麻疹感染者がおり、その一人、兵庫県在住の19歳の男性は、8月14日に幕張メッセであった人気歌手、ジャスティン・ビーバーのライブに参加した。このライブの観客にも麻疹の感染者が出たのです。さらに深刻なのは関西空港です。従業員30人超に感染者が拡大、搬送した医師や救急隊員にも感染者が出ています。感染者が移動した場所にいた人も注意が必要なのです。

麻疹の流行が起こった時には、少しでも感染した人を早く診断して、他の人への二次感染を防ぐことが必要となります。麻疹を発症した人は解熱して3日が経過するまでの期間は出勤・登校・登園、あるいは外出を控えなければいけません。  つづく・・・

<関連記事>
・妊娠中の風疹 1・2
・ヘルペスウィルスの種類
・RSウイルス 1・2
・ヒトメタニューモウイルス 1〜3
・ノロウイルス 1〜3
・ロタウイルス 1〜6
・サイトメガロウイルス 1〜6
・マイコプラズマ 1〜3
・突発性発疹 1〜7
・突発性発疹 「HHV-6」 1・2
・手足口病(HFM) 1〜3
・急性腸炎 1・2
・川崎病 1〜3
・子どもの夏風邪
・高熱→てんかん 1〜4

 

| 風邪 呼吸器疾患 感染症 | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
血糖値と排卵障害 5

おはようございます。沖縄麻疹(はしか)が流行中。
強い感染力はインフルエンザ以上です。マスクは無効です。

さて、高血糖により排卵障害が起こるなんてあまり聞いたことがないかもしれませんが、インスリン抵抗性(インスリンを分泌しているのに血糖が下がりにくい状態)により男性ホルモンが増加したり、排卵に影響を与えることが分かっています。食後の血糖値が150/dlを超えると、血糖により体内のタンパク質が「糖化」し、AGEs終末糖化産物)という老化促進物質ができてしまいます。AGEsは蓄積型なので、一度つくられると体内から除去することができません。AGEsが卵巣の卵胞液にたまると、透明な卵胞液が茶褐色に変わり、卵巣機能の低下につながることがわかっています。不妊症の要因となる排卵障害に血糖値が関係します。

インスリンを過剰分泌させないように血糖値を急上昇させないような食習慣が大切です。女の子の体は子どものうちからお母さんになる準備を始めています。お菓子やジュースからの「糖の摂り過ぎ」に気をつけ、勉強や習い事に向かうパワーやスタミナを与えてくれるビタミンB群や鉄分はしっかり与えてあげましょう。社会人になって仕事や妊活中のストレス発散を理由に、甘いものばかりを食べて食事のかわりにしたり、ジュースをお茶代わりに飲んだりといった行為を続けてしまっていたら、いつの間にか、血液中にブドウ糖があふれる高血糖な状態が続いてしまいます。これは、誰にでもおこりえることで、甘いもの好きの女子の思わぬ落とし穴になることになりかねません。また、マーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸も摂取するほど不妊のリスクが高まるとハーバード大学のウォルター・ウィレット教授の研究で報告されています。

妊娠適齢期向けて後悔しない食べ方は、1日に魚、肉、大豆製品、卵、乳製品の5大タンパク質を摂るのはもちろん、緑黄色野菜5種類以上淡色野菜8種類以上食べるのが理想的です。また早食いや食事量が多いと血糖値が急に上がってインスリンが過剰分泌されます。ゆっくり噛むこと、腹8分目にすることもポイントです。食べ順は野菜など食物繊維が多い食品から食べると、腸の壁をコーティングして糖の吸収をゆっくりにしてくれます。次に肉や魚類を食べると、たんぱく質や脂質に反応したホルモンの働きで胃腸の働きがゆっくりになるため、最後に炭水化物を食べると自然と糖の吸収がゆっくりになり、ダイエットにも効果的というわけなんです。好きな食べ物を我慢するのはストレスになってしまいます。食事方法を見直すのもひとつの対策です。

そして有酸素運動は脂肪燃焼に加え、血糖を上手にエネルギー転換してくれます。妊活中の運動に一番取り入れられているのがウォーキングです。定番ではありますが、場所を選ばずお金もかけずに気軽に始められるウォーキングは一番取り組みやすいかもしれません。週1~2回でもイイので1日30分程度から始めてみてください。無理のない範囲で継続するのが血糖値を下げるカギです。 〆

<関連記事>
・血糖値と排卵障害 1
・血糖値と排卵障害 2
・血糖値と排卵障害 3
・血糖値と排卵障害 4
・排卵障害
・不妊治療 排卵誘発剤 2
・糖代謝異常と妊娠 1〜3
糖尿病 1・2
糖尿病の検査 1〜6
・糖尿病とインフルエンザ 1・2
・ペットボトル症候群 1〜4
・無自覚低血糖症 1〜4
・生アクビ 1〜3
・酸蝕症 ジュースで歯が溶ける!? 1〜3

| 不妊症 | 09:26 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
血糖値と排卵障害 4

おはようございます。治療室も昨日は暑かった〜。
今日も初夏の気温が続くようです。水分補給を!!

さて、不妊症の要因となる排卵障害血糖値が関係します。食後の血糖値が150/dlを超えると、血糖により体内のタンパク質が「糖化」し、AGEs終末糖化産物)という老化促進物質ができてしまいます。AGEsは蓄積型なので、一度つくられると体内から除去することができません。AGEsが卵巣の卵胞液にたまると、透明な卵胞液が茶褐色に変わり、卵巣機能の低下につながることがわかっています。

糖尿病で治療中の方も血糖コントロールは妊活中から妊娠・出産に向けて重要です。研究調査では妊娠前からきちんと治療を受けた場合の奇形の発現する確率は2.1%で、健康な場合の1.7%と大きな差は見られませんでしたが、妊娠後に治療を開始した場合の奇形率は9%増加したという結果があります。適切な治療が必要になります。妊娠前からの血糖コントロールがいかに大切かということです。

妊娠後も妊娠後期になると胎盤から分泌されるホルモンの影響で、インスリンが効きにくくなり高血糖になることがあります。これは赤ちゃんの成長を促すために必要な過程なのですが、もともと血糖値の高い予備軍ですとその可能性が高まり、妊娠高血圧症候群や早産、赤ちゃんの低血糖や黄疸など母子ともに危険な状態になることもあります。糖尿病に限らず、妊活や不妊治療中に血糖値について知っておくことは、無事に出産を迎えるためにも大切なことです。ちょっと血糖値が高い、インスリン抵抗性インスリンを分泌しているのに血糖が下がりにくい状態)があるという場合は、ホルモンバランスが乱れているサインかもしれません。  つづく・・・

<関連記事>
・血糖値と排卵障害 1
・血糖値と排卵障害 2
・血糖値と排卵障害 3
・血糖値と排卵障害 5
・排卵障害
・不妊治療 排卵誘発剤 2
・糖代謝異常と妊娠 1〜3
糖尿病 1・2
糖尿病の検査 1〜6
・糖尿病とインフルエンザ 1・2
・ペットボトル症候群 1〜4
・無自覚低血糖症 1〜4
・生アクビ 1〜3
・酸蝕症 ジュースで歯が溶ける!? 1〜3

| 不妊症 | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/1114PAGES
  • >>