● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
新型コロナウイルス 空気感染 2
おはようございます。先週末にはソメイヨシノ
開花宣言です。今年は花見自粛だそうです。

さて、これまで新型コロナウイルスの感染経路は主に接触感染飛沫感染の2つが挙げられており、空気感染は考えにくいとされてきました。しかし空気感染もあり得るとする「COVID-19(新型コロナウイルス感染症)媒介物報告書」が『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』に掲載されました。

米国立衛生研究所(NIH)、プリンストン大学、米疾病対策予防センター(CDC)などに所属する計13人の研究者が実際にコロナウイルスを使用して実験を繰り返した結果、コロナウイルスは基本的には体液の中で生存しますが、くしゃみなどによってウイルスが空気中に拡散され、地面に落ちないで空気中に浮遊し続けながら生きることが実験で分かりました。「空気中と物質上でのウイルスは安定しており、ウイルスの感染が直接起こりうる。またウイルス保菌者から他者に感染してからもウイルス粒子は生き続ける」というのです。

そして「生きたコロナウイルスはエアロゾル化後、3時間まで生存することを突きとめた。銅(製物質)の表面では4時間、段ボール上では24時間、プラスチックやステンレス・スチールの上では2、3日の間、ウイルスは生存していた(中略)我々の研究結果によって、コロナウイルスはエアロゾルと媒介物によって感染しうるということが判明した」というのです。エアロゾルは、広義の意味で空気感染と解釈されますが、正確には気体に浮遊する液体や固体の粒子を指します。

内容を端的にまとめると新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の空気感染はあり得ます。これまでも接触感染と飛沫感染以外に空気の流れが淀みがちな閉鎖性の高い空間での空気感染が指摘されていました。この学究的な実験によって新型コロナウイルスの空気感染が証明されたことになります。

一方、湿度に弱いことが明らかになりました。加湿器を使い湿度50%でカ氏72度(セ氏22.22度)にすれば、ウイルスの活動が収まることが判明しています。しかし空気感染の可能性が示されても感染力がどれほど強いかは今回の論文では学究的に示されていません。格式の高い同誌に論文が載ることが信憑性の高さを示しています。そして執筆者は他の研究者によるさらなる検証を促すなど慎重な姿勢を示しています。

新型コロナウイルス感染症は公衆衛生上の危機ではなく、全世界の社会的経済的な危機に発展してきています。この先の見えない状況が、これからもまだまだ続く可能性が高いと予想されます。これをどう切り抜けるのか、個人だけでなく、社会いや国・地球規模で考えなければならない事態に直面していると言っても決して過言ではありません。  〆  

<関連記事>
・新型コロナウイルス 空気感染 1
・米国 新型コロナウイルス大流行!? 1・2
・新型コロナウイルス 伝統医学で考える 1〜4

 

| 風邪 呼吸器疾患 感染症 | 09:08 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
新型コロナウイルス 空気感染 1

おはようございます。今日は氷雨が降っています。
季節の変わり目とコロナウイルスでバタバタです。

さて、2020年3月12日、世界保健機関(WHO)新型コロナウイルスの感染拡大について、各国が対応策を強化すれば「制御可能パンデミック(世界的な大流行)」だという見解を示しています。新型コロナウイルスのような致死率が低く発症しない人が多い、あるいは軽症の人が多い感染症が実は怖い。いつまでもウイルスの拡散が続き、感染したことに気づかずに行動し、どんどん感染を拡大させていきます。最も恐ろしいのは”単なる軽い風邪のような病気”によるパンデミックと指摘されており、まさに新型コロナウイルスのことです。

日本でも新型コロナウイルスの感染拡大に備える改正新型インフルエンザ等対策特別措置法が13日に可決、成立しています。14日に施行されます。全国的かつ急速なまん延で国民生活や経済に甚大な影響を及ぼすと首相が判断すれば緊急事態宣言を出し、都道府県知事が外出自粛や休校措置を要請できることになります。米国ドナルド・トランプ米大統領は13日、新型コロナウイルスの流行を受け国家非常事態宣言を発し、感染拡大の防止に向けて500億ドル(約5兆4000億円)の連邦資金を投入すると表明しています。

厚労省は新型コロナウイルスは飛沫感染接触感染によりうつるとしています。空気感染について「国内の感染状況を見ても、空気感染は起きていないと考えられるものの、閉鎖空間において近距離で多くの人と会話する等の一定の環境下であれば、咳やくしゃみ等がなくても感染を拡大させるリスクがあります」としています。 国内の複数地域で感染経路が明らかではない患者が散発的に発生しており空気感染も疑われています。

2月8日、中国上海市政府が開いた予防と管理に関する記者会見で上海市民政局副局長の曽群氏が、コロナウイルスの感染経路について「主に直接伝播エアロゾル伝播接触伝播によって感染している」と述べています。しかし翌日、中国のWHO戦略諮問グループ(SAGE)の感染症専門のメンバーが「新型ウイルスがエアロゾルによって感染する証拠はない」と否定しました。空気感染の可能性は極めて低くなり、日本でも空気感染はしないとの見方が広がったのです。  つづく・・・
 

<関連記事>
・新型コロナウイルス 空気感染 2
・米国 新型コロナウイルス大流行!? 1・2
・新型コロナウイルス 伝統医学で考える 1〜4

 

| 風邪 呼吸器疾患 感染症 | 13:12 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
米国 新型コロナウイルス大流行!? 2

おはようございます。てんゆ堂では複数の患者さまを同時
に治療することはないので複数接触のリスクは低いです。

さて、米国で今冬大流行しているインフルエンザの中の多くが新型コロナウイルス感染症だった可能性が出てきています。インフルエンザの疑いのある患者から集めた検体を調べたところ、実際にはインフルエンザではなかったというものも多く紛れていたのです。すでにニューヨークやロサンゼルスなどの大都市で大幅な検査体制の見直しが始まっています。

米国と日本では医療体制が異なります。日本は皆健康保険ですが、米国では2018年時点で2750万人健康保険に未加入です。加入している人でも医療費が高額なため医者に行くのをためらい、症状が出ても自己診断に頼る人が多いのです。米国疾病対策センター(CDC)は直接は言及していませんが、新型コロナウイルスの感染がすでに拡大している可能性を指摘する声が上がっています。

2020年2月22日、CDCは新型コロナウイルスについて「いずれ、アメリカでも感染が拡大する可能性が高い」と述べたうえで、各州の保健当局や医療機関などと連携して国内で感染が拡大した場合に備える考えを示しています。25日には米国内で新型コロナウイルス感染の地域的な流行は「起きるかどうかの問題でなく、いつ起きるかの問題だ」として発生は避けられないとの警戒感を示しています。

そして26日になって米国内で新型肺炎感染者53例を確認と公表しています。やはり米国内で流行中のインフルエンザの一部は新型コロナウイルス感染症だったのです。さらに多くの国で市中感染が確認されていることから「世界的なパンデミックに近付いている」という見解を示しています。

インフルエンザはコロナウイルス肺炎と予防方法は似ています。こまめにしっかりと手を洗い、咳やくしゃみをしている人から遠ざかり、自分が咳、くしゃみをする場合はタオルや腕で口元を塞ぎましょう。新型コロナウイルス感染症かなと思ったら、病院に行く前に関係機関に連絡しましょう。まずは基本行動をしっかりすることで自分の身を守るしかありません。

最後にTwitterLINEなどで「拡散希望」などのタイトルで出回っている情報には「武漢のコロナウイルス研究者が、今回のウイルスは熱に弱い」と主張しているなどの情報を添えた上で、新型コロナウイルスは摂氏57度(26度や36度のパターンもある)で死滅するので、お湯やお茶を飲めば感染を予防できる」というフェイクニュースが出回っています。原発事故の時もそうでしたが、尤もらしい、ソレらしい情報に惑わされないでください。  〆

<関連記事>
・米国 新型コロナウイルス大流行!? 1
・新型コロナウイルス 伝統医学で考える 1〜4

 

| 風邪 呼吸器疾患 感染症 | 10:25 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
米国 新型コロナウイルス大流行!? 1

おはようございます。今冬は暖冬のせいか
もう沈丁花が香ります。異常気象ですかね!?

さて、米国ではインフルエンザが猛威を振るっています。米国疾病対策センター(CDC)は、2019年10月1日以降2020年2月1日までの間に米国内で合計2200万〜3100万人がインフルエンザに罹患し、来院は1000万〜1500万件、入院件数は21万〜37万人、死亡者は2020年2月22日現在で、すでに1万4000人以上となっています。

当初はテキサス州やジョージア州など南部を中心に感染者が増えていましたが、その後、カリフォルニア州で猛威を振るい、東部で感染者が爆発的に増えたのは2020年に入ってからです。CDCはインフルエンザの特別ページを設けて1週間ごとに現状をアップデートしています。どこで流行しているかを示す地図では、ほぼ全州がインフルエンザ的な症状が高く見られる「赤い」地域になっています。

そして肺炎とインフルエンザによる死亡率7.1%で、これは伝染病とみなされる死亡率7.2%のギリギリのラインです。しかしCDCは例年1万2000〜5万6000人がインフルエンザで死亡するとしています。実際、2017年〜2018年シーズンは悪夢のようなインフルエンザ流行に襲われ、何と6万1000人もの死亡者が出ています。

インフルエンザで死亡するケースで多いのは免疫力が低下している場合や糖尿病喘息などの慢性的持病がある場合です。そしてインフルエンザから肺炎敗血症を引き起こし死亡する場合などもあります。また健康な子供がインフルエンザに対して過剰な免疫反応を起こして内臓を痛めるといったケースもあります。 予防接種をしていても安全とは言えません。ウイルスは変異するため予防接種の開発や製造がその変化についていけないのです。予防接種有効率10〜60%とも言われています。受けないよりはずっとましですが、それでも完全武装にはならないのです。  つづく・・・

<関連記事>
・米国 新型コロナウイルス大流行!? 2
・新型コロナウイルス 伝統医学で考える 1〜4

| 風邪 呼吸器疾患 感染症 | 08:59 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
蚊 根絶!?

暑中お見舞い申し上げます。
夏なので厄介な蚊の記事をアップします。

さて、米国のミシガン州立大学(Michigan State University)ミシガン州立大細菌学・分子遺伝学部の奚志勇(Zhiyong Xi)教授などの研究チームはを実質的に全滅させることに成功した研究結果を英科学誌『ネイチャー(Nature)』に発表しています。

実験の対象となった蚊は、ヒトスジシマカ(学名:Aedes albopictus)と呼ばれる制御が特に難しい種類です。一般にヤブカと呼ばれるこの蚊は、ジカ熱デング熱などの感染症の主要な媒介生物となります。研究チームは蚊を実質的に不妊化する放射線と、蚊の卵を生存能力のない状態にするボルバキア(Wolbachia)と呼ばれる細菌株の2つの個体群制御技術を組み合わせ、中国・広州(Guangzhou)を流れる川の中州にある2か所の実験区域で2年間に及ぶ実験を行いました。広州はヒトスジシマカが原因でデング熱の感染率が中国国内で最も高くなっている場所だそうです。

ボルバキア細菌株を用いる個体数制御は、ボルバキアに感染した雄と感染していない雌との間にできる卵を成長させないことで機能するため、感染させた雄だけを野外に放出する必要がありました。同じボルバキア菌株に感染した雄と雌同士が交尾すると、この手法に対して耐性のある雌が生まれる可能性があり、手法の有効性は低下してしまいます。しかし、感染した雌を放出させないのは難しく、通常は0.3%ほどの雌が混入してしまいます。研究チームはこの問題を克服するため、実験室内で飼育するボルバキア感染蚊に低レベルの放射線照射を施しました。放射線は雌を不妊化しますが、雄は生殖可能な状態を保つ程度に調節したようです。

結果は、ふ化した蚊の卵の数94%減少し、生存可能な卵が一つも記録されなかった期間も最長13週間に上りました。また、捕虫器で捕獲される雌の数が83〜94%減少し、6週間にわたって一匹も雌が不検出でした。地元住民の蚊に刺される割合が97%近く減少したことも今回の実験結果を裏付けています。より多くの蚊を地域に放つ実験計画に当初は懐疑的だった住民らも、今回の成果を受けて考え方に変化が生じているということです。 奚教授はマラリアなどの病気を媒介する蚊に対しても、今回の手法は利用可能と考えており、次の段階では都市部の環境に適した極めて効果的かつ実践的な放出戦略を考えているそうです。

2019年5月、学術誌『サイエンス』には遺伝子組み換えによってクモの毒を作る機能を備えた菌類が、マラリアを媒介する蚊を短期間に確実に駆除できる最新の研究が発表されています。アフリカのブルキナファソで行われた実験では、45日間99%の蚊が死んだとされています。研究チームによると、この研究は蚊の絶滅ではなくマラリアの拡大防止を目的にしています。マラリアは、マラリア原虫を宿した蚊に血を吸われることで感染が広がる感染症です。世界中で年間2億1900万件の感染例が報告され、毎年40万人死亡しています。

世界保健機関(WHO)もマラリアをはじめとした熱帯病への取り組みを強化しています。2019年5月にはアフリカで世界初のマラリアへのワクチン接種開始しています。予防に効果があれば、国連が目指す2040年までの制圧へ大きな一歩となりそうです。日本も徐々に亜熱帯化しつつあります。蚊による感染症問題も注視する必要がありそうです。  〆

| 風邪 呼吸器疾患 感染症 | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
インフルエンザ アルコール消毒 有効

おはようございます。インフルエンザが流行しています。
積極的にキノコ類を摂るのも免疫力UPにイイですよ〜。

さて、インフルエンザウイルスの特徴は、直径が1万分の1ミリ(100nm、1/10μm)の球形でエンベロープという脂質でできた膜をもつウイルスです。1個のウイルスが細胞に感染して増殖すると8時間後に約100個1日で100万個に増殖するといわれています。そしてインフルエンザウイルスは鼻と喉の間の粘膜で増殖するとされています。ヒトに感染性を示すインフルエンザウイルスはA型、B型、C型の3種類です。

今年流行しているのはA型です。A型はHA・NAの変異が非常に多いので、国内および世界的大流行を引き起こしたり、症状が重くなることがあります。これまでHAに16種類、NAに9種類の大きな変異が見つかっており、亜型はH1N1のように略称で表現され、その組み合わせの数だけ存在します。

ウイルスはその構造からエンベロープのあるウイルス(エンベロープウイルス)と、エンベロープのないウイルス(ノンエンベロープウイルス)に分けられます。エンベロープウイルスは、アルコール消毒剤によりダメージを受けやすいのに対し、ノンエンベロープウイルスは、アルコール消毒剤が一般的に効きにくい傾向にあります。 インフルエンザウイルスはエンベロープウイルスで、アルコール消毒剤が有効であることがわかります。詳しくは、厚生労働省(インフルエンザ総合ページ)東京都感染症情報センターなどのHPでご確認ください。インフルエンザウイルス以外に、ヘルペスウイルス、風疹ウイルス、B型やC型肝炎ウイルス、エイズウイルスなどはエンベロープウイルスなのでアルコール消毒剤が有効と考えられています。

インフルエンザ感染対策の基本は手洗いです。 インフルエンザウイルスに感染する要因の多くは、手に付着したウイルスが物品に付着し、そこからまた手を介して鼻、口、目から体内に侵入し増殖します。 インフルエンザウイルスは手洗い石けん液やアルコール手指消毒剤を正しく使用することで、手に付着したウイルスを洗い流す、または不活化(感染力を失わせる)ことが容易とされています。アルコール手指消毒剤のインフルエンザウイルスに対する不活化効果(%)(作用時間15秒)によるウイルスに対するin vitro 試験は、ドイツの標準試験法であるDVV(ドイツウイルス疾病管理協会)&RKI(ロベルト・コッホ研究所)による医療におけるウイルスに対する化学消毒剤の試験に関するガイドラインに従って実施した結果、実使用を想定した条件(タンパク質負荷条件)においても、試験した全てのウイルスの感染価を4.0Log10以上でした。感染価の減少率99.99%以上です。 このようにインフルエンザウイルスに対しアルコール消毒剤が有効と考えられています。

ウイルスというを”アルコール消毒は無効”と思い込んでる方も多いかもしれません。一部のウイルスにも有効であることを知っておきましょう。  〆

<関連記事>
・手指用アルコール殺菌・消毒剤 1〜2
・薬用石鹸 効果なし 1〜3
・インフルエンザ うがい無効 1・2
・マスク依存症 1〜6
・そのマスク大丈夫!?
・免疫力 活性化計画 1〜3
・インフルエンザ治療薬 1〜3
・小児 インフルエンザワクチン不必要!? 1・2
・今さら聞けない「抗生物質」って!? 1・2
・抗生物質の副作用 1〜3

| 風邪 呼吸器疾患 感染症 | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
麻疹(はしか)流行の兆し 6

おはようございます。GW中の本日は振替休日
ですが、てんゆ堂午前のみ診療となります。

さて、沖縄県で流行中の麻疹はしか)患者の発生が止まりません。2018年3月下旬に2014年以来の患者が確認されてから、4月21日までに67人の麻疹患者が確認されています。麻疹は空気感染する非常に感染力の強いウイルス感染症です。インフルエンザなどの飛沫感染(ひまつかんせん)では、くしゃみや咳などで水分を含む重く大きな粒子が飛ぶため、2m以内でほとんどの粒子が床に落ちてしまいます。しかし空気感染では小さく軽い粒子がフワフワと空中を長く浮遊することで、同じ部屋の中にいるだけでも感染する可能性があります。つまり、不特定多数の人が集まるコンサート大型ショッピングセンターは勿論、電車やバスなどでも感染する可能性があるのです。

麻疹は10〜12日程度の潜伏期間を経て、麻疹を発症した初期には鼻水・喉の痛み・咳などの風邪のようなごく軽い症状だけの時期があります。この時期には典型的な高熱と発疹が出現していないため、たとえ感染症の専門医師であっても、症状だけで麻疹を強く疑うことは難しいといえます。しかし麻疹は、このような軽い症状の時期から、すでに強い感染力をもっています。このため、本人も自覚のないまま、他の人に感染を広げていってしまいます。麻疹は発症してから直接ウイルスを抑えられるような治療薬がありません。そして重症化すると気管支炎肺炎中耳炎脳炎といった合併症につながることもあり命に直結します。脳炎は1000人に1人の割合でみられ、麻痺・けいれんなどの中枢神経系後遺症を残すこともあります。また麻疹に罹患した後、数年〜数十年後に発症する亜急性硬化性全脳炎(SSPE)という合併症も稀に起こることもあります。これは感染してから数ヶ月から数年の長い経過で、徐々に脳神経症状が進行していくという重い病気です。約10万人に1人の割合で報告されています。麻疹にかかった人の内、1000人に1人の割合で死亡することがある怖い感染症です。さらに妊婦が感染してしまうと早産死産の原因となることがあります。

間もなく始まるゴールデンウィークで大勢の人が国内外を移動することが考えられます。他の地域における感染の広がりも心配されています。厚労省は沖縄県外でも感染が拡大する恐れがあるとして注意を呼びかけています。麻疹に対する免疫(抗体)を持たない人免疫力(抗体価)に低い人に広く感染します。ワクチン接種後、2〜3週間抗体が確立されますから直前に接種してもダメです。沖縄方面に旅行の予定の方は早めに対応しておきましょう。麻疹の流行を繰り返さないためには、社会の中で「流行しにくい環境」をつくっておくことが大切になります。  〆

<関連記事>
・麻疹(はしか)流行の兆し 1
・麻疹(はしか)流行の兆し 2
・麻疹(はしか)流行の兆し 3
・麻疹(はしか)流行の兆し 4
・麻疹(はしか)流行の兆し 5
・妊娠中の風疹 1・2
・ヘルペスウィルスの種類
・RSウイルス 1・2
・ヒトメタニューモウイルス 1〜3
・ノロウイルス 1〜3
・ロタウイルス 1〜6
・サイトメガロウイルス 1〜6
・マイコプラズマ 1〜3
・突発性発疹 1〜7
・突発性発疹 「HHV-6」 1・2
・手足口病(HFM) 1〜3
・急性腸炎 1・2
・川崎病 1〜3
・子どもの夏風邪
・高熱→てんかん 1〜4

| 風邪 呼吸器疾患 感染症 | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
麻疹(はしか)流行の兆し 5

おはようございます。本日は午後休診となります。
また30日(月・祝)も午後から休診となります。

さて、沖縄県で流行中の麻疹はしか)患者の発生が止まりません。2018年3月下旬に2014年以来の患者が確認されてから、4月21日までに67人の麻疹患者が確認されています。麻疹は空気感染する非常に感染力の強いウイルス感染症です。インフルエンザなどの飛沫感染(ひまつかんせん)では、くしゃみや咳などで水分を含む重く大きな粒子が飛ぶため、2m以内でほとんどの粒子が床に落ちてしまいます。しかし空気感染では小さく軽い粒子がフワフワと空中を長く浮遊することで、同じ部屋の中にいるだけでも感染する可能性があります。つまり、不特定多数の人が集まるコンサート大型ショッピングセンターは勿論、電車やバスなどでも感染する可能性があるのです。近所の小児科医によると隣の中野区でも麻疹が確認されたそうです。

麻疹はワクチン接種で予防することができる感染症です。国内の多くの人がワクチンを接種すると、次第に麻疹を発症する人が減少していくことになります。麻疹の「排除状態」とは、海外から持ち込まれてくる以外に国内発の麻疹が3年以上にわたり発生していないことを条件に認定されます。しかし、日本が排除状態となっても世界にはまだ麻疹が押さえ込まれていない国々が多く残っています。沖縄での流行も、そのきっかけは海外からの旅行者からの発症で流行しています。今の日本における麻疹は、海外から持ち込まれてくる輸入感染症となっているのです。

ワクチンの定期接種を推進したことで、麻疹に対する免疫をもっている人は増えました。しかし、まだ免疫をもっていない人も多く残っています。定期接種になる昭和52年(1977年)より前に生まれた人、そして定期接種となっても1回接種のみだった人の中に、十分な免疫をもっていない人が多く残っています。また、ワクチンを接種しても十分な免疫がつかない人妊婦乳幼児、免疫不全者などのワクチンを接種できない人もいます。このようなことから、たった1人の麻疹患者から感染が拡大してしまうということが起こってしまうのです。麻疹に対する免疫(抗体)を持たない人免疫力(抗体価)に低い人が広く麻疹に感染します。沖縄では20〜30代感染率が実際に突出して高いのです。 

都内でも港区は23区では初めて麻疹の抗体検査費用の全額助成やワクチン接種費用助成を始めています。対象は19歳以上で0歳児の保護者、同居の家族などの区民。検査の結果、抗体価が低かった場合、麻疹風疹混合(MR)ワクチン接種は6000円、麻疹単独ワクチン接種は3000円を助成します。またMRワクチンが定期接種できなかった2歳以上18歳以下の区民に対して、任意接種費用を全額助成します。   つづく・・・

<関連記事>
・麻疹(はしか)流行の兆し 1
・麻疹(はしか)流行の兆し 2
・麻疹(はしか)流行の兆し 3
・麻疹(はしか)流行の兆し 4
・麻疹(はしか)流行の兆し 6
・妊娠中の風疹 1・2
・ヘルペスウィルスの種類
・RSウイルス 1・2
・ヒトメタニューモウイルス 1〜3
・ノロウイルス 1〜3
・ロタウイルス 1〜6
・サイトメガロウイルス 1〜6
・マイコプラズマ 1〜3
・突発性発疹 1〜7
・突発性発疹 「HHV-6」 1・2
・手足口病(HFM) 1〜3
・急性腸炎 1・2
・川崎病 1〜3
・子どもの夏風邪
・高熱→てんかん 1〜4

| 風邪 呼吸器疾患 感染症 | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
麻疹(はしか)流行の兆し 4

おはようございます。もうすぐGWですね〜。
前半は天気もイイようです。ウキウキします。

さて、沖縄県で流行中の麻疹(はしか)患者の発生が止まりません。2018年3月下旬に2014年以来の患者が確認されてから、4月21日までに67人の麻疹患者が確認されています。速報ですが、近所の小児科医によると隣の中野区でも麻疹が確認されたそうです。麻疹は感染力が非常に強く空気感染することが特徴です。麻疹に対する免疫(抗体)を持たない人免疫力(抗体価)に低い人に広く感染します。マスクや手洗いでは予防できません

沖縄県は予防に有効とされる2度ワクチン接種の徹底を求めています。麻疹は予防接種で防げる病気なのに、なぜ日本で流行するのでしょうか。特に26歳〜39歳、国際標準にあたる2度の予防接種を受ける機会がなかった世代が残っています。接種0回は大問題。1度のワクチンで抗体がつく人がほとんどなのですが、中には十分につかない人もいますし接種を忘れる人もいます。しかも年齢を重ねるごとに抗体が弱ってきます。個人差はありますが、2度目の接種を受けることが望ましいのは間違いありません。

また、ワクチンを2回接種しても十分な免疫がつかない人も数%います。麻疹に対する免疫力が低下した人が感染し、病原体が検出されないことを修飾麻疹しといいます。しかし、このような人が麻疹を発症しても、その多くの修飾麻疹では通常の麻疹と比べて軽い症状だけで終わることがほとんどです。そして最近の知見では、この修飾麻疹においては、他の人への感染力も低くなることが示されています。しかし感染力は通常の麻疹と変わらないという意見もあるので要注意です。予防接種を受けようと思ってもワクチンのストック数も十分とはいえません。過去にも流行期にはワクチンの在庫が切れたときもあります。だからこそ、流行前もしくは流行の初期段階で対処する必要があるのです。 

麻疹はいつ流行してもおかしくないのです。大人は重症化しにくいですが、周りに乳幼児がいるとうつす可能性があります。感染が拡大する中、沖縄県は厚労省と掛け合いワクチンを安定供給できるよう調整しています。麻疹はワクチンで防げる病気です。ワクチン接種後、2〜3週間抗体が確立されます。麻疹ワクチン接種は任意接種ですから健康保険は使えません。クリニックなどで接種費用は異なりますが、麻疹単体では5000円前後が相場です。 つづく・・・

<関連記事>
・麻疹(はしか)流行の兆し 1
・麻疹(はしか)流行の兆し 2
・麻疹(はしか)流行の兆し 3
・麻疹(はしか)流行の兆し 5
・麻疹(はしか)流行の兆し 6
・妊娠中の風疹 1・2
・ヘルペスウィルスの種類
・RSウイルス 1・2
・ヒトメタニューモウイルス 1〜3
・ノロウイルス 1〜3
・ロタウイルス 1〜6
・サイトメガロウイルス 1〜6
・マイコプラズマ 1〜3
・突発性発疹 1〜7
・突発性発疹 「HHV-6」 1・2
・手足口病(HFM) 1〜3
・急性腸炎 1・2
・川崎病 1〜3
・子どもの夏風邪
・高熱→てんかん 1〜4

| 風邪 呼吸器疾患 感染症 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
麻疹(はしか)流行の兆し 3

おはようございます。あのチェルノブイリ原発事故から32年
石棺も鋼鉄ドームで覆われ廃炉作業中ですが進んでいません。

さて、沖縄県で流行中の麻疹(はしか)患者の発生が止まりません。2018年3月下旬に2014年以来の患者が確認されてから、4月21日までに67人の麻疹患者が確認されています。麻疹は感染力が非常に強く空気感染することが特徴です。麻疹に対する免疫(抗体)を持たない人免疫力(抗体価)に低い人に広く感染します。マスクや手洗いでは予防できません

沖縄県は県民へワクチン接種を呼び掛ける緊急アピールを発表。予防に有効とされる2度のワクチン接種の徹底を求めています。2度の予防接種が最も有効だからです。沖縄県によると、特に1977〜1990年生まれの人は1度しか予防接種を受けていない可能性が高いということです。麻疹は予防接種で防げる病気なのに、なぜ日本で流行するのでしょうか。特に26歳〜39歳、国際標準にあたる2度の予防接種を受ける機会がなかった世代が残っています。接種0回は大問題。1度のワクチンで抗体がつく人がほとんどなのですが、中には十分につかない人もいますし接種を忘れる人もいます。しかも年齢を重ねるごとに抗体が弱ってきます。個人差はありますが、2度目の接種を受けることが望ましいのは間違いないのです。ワクチン接種後、2〜3週間抗体が確立されます。麻疹ワクチン接種は任意接種ですから健康保険は使えません。クリニックなどで接種費用は異なりますが、麻疹単体では5000円前後が相場です。

自分が2度の接種を受けたかどうか確認する方法は、まず自分の母子手帳を確認することです。流行期でないときは各自治体や病院でやっている血液検査による抗体検査で確認ができます。流行期は抗体検査の結果を待っている間に感染する可能性もあるので、すぐにワクチンを打つことも一つの手段です。これは26歳〜39歳に限った話ではありません。その上の世代、下の世代でも確認すべきことです。26歳以下の世代はワクチン接種の方針が代わり2度の接種を受けることが推奨されました。もちろん、無料で受けることができます。しかし接種はあくまで推奨。親によっては子供にワクチンを受けさせていないという考えの人、うっかり受けさせるのを忘れていたという人も残っているかもしれません。   つづく・・・

<関連記事>
・麻疹(はしか)流行の兆し 1
・麻疹(はしか)流行の兆し 2
・麻疹(はしか)流行の兆し 4
・麻疹(はしか)流行の兆し 5
・麻疹(はしか)流行の兆し 6
・妊娠中の風疹 1・2
・ヘルペスウィルスの種類
・RSウイルス 1・2
・ヒトメタニューモウイルス 1〜3
・ノロウイルス 1〜3
・ロタウイルス 1〜6
・サイトメガロウイルス 1〜6
・マイコプラズマ 1〜3
・突発性発疹 1〜7
・突発性発疹 「HHV-6」 1・2
・手足口病(HFM) 1〜3
・急性腸炎 1・2
・川崎病 1〜3
・子どもの夏風邪
・高熱→てんかん 1〜4

| 風邪 呼吸器疾患 感染症 | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/12PAGES
  • >>