● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
乳児用液体ミルク 製造・販売へ

おはようございます。今日は山の日の祝日ですが、
てんゆ堂通常診療しております。それにしても暑い…

さて、乳児用液体ミルクは牛乳などを原料とし「乳幼児に必要な栄養素を加え液状にしたもの」と定義されています。液体ミルクは液体状の乳製品で開封し吸い口を装着すれば、すぐに飲ませられるのが特長です。海外ではすでに普及していますが、国内ではお湯で溶かして冷ます粉ミルクが主流で、これまで販売が認められていませんでした。そもそも液体ミルクの関心が高まったのは東日本大震災熊本地震の時です。救援物資に海外の液体ミルクが届けられ、水道が使えなくてもそのまま使える利便性が注目され、国内でもそのニーズが高まっていました。

そして、液体ミルクの国内での販売が2018年8月8日解禁されました。厚労省が液体ミルクの成分や容器の規格基準を新たに定めた改正省令を施行しています。改正省令では「特別用途食品」の表示をするため「保存性のある容器に入れ、120度で4分間加熱殺菌する」などの製造基準を設け、「常温を超えない温度」を保存基準としています。メーカーは原料の種類や配合などについて厚労省の承認と成分について消費者庁の特別用途食品の表示許可を得れば製造販売できるようになりました。

国が進める女性活躍加速のための重点方針にも、液体ミルクの普及に向けた取り組みとして盛り込まれています。液体ミルクは災害時だけでなく、育児の負担軽減夜間の授乳や外出時など)や災害時の備えになると期待されています。今後、国内メーカーによる商品開発が進むとみられていますが、実際に流通するまでには乳業メーカーの業界団体・日本乳業協会によると「最低でも1年以上はかかる」という見通しです。厚労省による安全性の確認や企業側の製造ラインの整備や品質検査などが必要なためです。加藤勝信厚労相は「災害時にも有用。早く流通するよう事業者の取り組みを期待したい」と述べています。つまり薬局などで液体ミルクを見かけるのは1〜2年後ということです。

すでに米国や欧州で売られている液体ミルクの一番の長所は「開封してそのまま飲めること」です。粉ミルクよりは高いものの状況に応じて使い分けます。一見、万能な印象の液体ミルクですが、よく振ってから飲む必要があります。ミルクの濃度が均一になっていないと、赤ちゃんの負担がかかります。他にも開けたら飲み残しはすぐに捨てなければなりません。また液体ミルクの需要が高まり過ぎると、母乳育児が減ってしまうことを懸念する声も上がっています。保育所が液体ミルクを備蓄した場合、賞味期限内に使い切りたいからといって母乳の預かりを拒否してはならないし、母乳育児を保護するため広告規制なども世界保健機関(WHO)の国際的な規準に沿って進めていくことが必要とされています。とわいえ、液体ミルクは忙しい育児ママの助けになることが期待されています。  〆

<関連記事>
・乳児用の液体ミルク 解禁 1〜4
・母乳バンク 1〜6
・ニセ母乳 1〜3
・乳房マッサージ
・くる病 増加 1〜6
・中国 粉ミルク事情 1〜5
・中国の出産事情 1〜6
・スマホ子守り 1〜4
・乳幼児の脳 1〜3
・「疳の虫」ってどんな虫!? 1・2

| 出産 授乳 | 08:51 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
乳児用の液体ミルク 解禁 4

おはようございます。今日は「春分の日」で祝日ですが、
てんゆ堂診療しています。それにしても寒の戻りです。

さて、乳児用液体ミルク欧米では広く普及しています。液体ミルクは母乳に成分が近く、乳児に必要な栄養素を加えた液体状の乳製品です。お湯で溶かして冷ます必要がある粉ミルクよりも手軽に扱うことができます。液体ミルクは粉ミルクよりも乳児に飲ませる手間が少なく、常温一定期間保管することもできます。

液体ミルクの普及は厚労省と粉ミルクメーカーの間でこう着状態だった問題です。液体ミルクの普及には収益は得られるか、日本の温度・湿度で安全性は保たれるかなど、いろいろ越えなければならないハードルがあります。しかし、液体ミルクが手に入りやすくなることは乳幼児を抱える母親たちにとって有益です。2014年11月から国内での販売許可を求めオンラインでの署名活動を開始。2016年10月時点で署名は4万を超えています。(署名はこちらから)

液体ミルクは2011年の東日本大震災や2016年の熊本地震の際には緊急支援物資として届けられ被災者に重宝されました。こうした経験から、政府は液体ミルクは日常の育児だけでなく、災害時にも有効とみて販売解禁を目指しています。すでに自民党で乳児用液体ミルクの勉強会が行われていますし、小池百合子都知事は『災害時にも使える乳児用液体ミルクの普及を図る』という公約を掲げていました。内閣府も男女共同参画会議で災害のときに役立つだけでなく、育児支援にもつながることから”乳児用液体ミルクが有効”という意見が続出しています。男女共同参画担当相の加藤大臣から「乳児用液体ミルクの問題提起は、しっかり受けとめる」という内容の発言があり、男性の暮らし方・意識の変革に関する専門調査会で乳児用液体ミルクの普及が検討されることになり専門調査会も立ち上げられています。

2018年春、政府は乳児用液体ミルクの国内販売を今夏にも解禁する方針を固めました。政府は普及を後押し育児負担の軽減災害備蓄への利用につなげたい考えです。厚労省の専門家部会は2017年3月から液体ミルクの販売解禁に向けた検討を進めており、業界団体の日本乳業協会から最近提供を受けた液体ミルクの試験データにより、安全性を検証できると判断した模様です。厚労省も専門家部会で液体ミルクの規格基準を新たに定める省令改正に向けて手続きを始める方針です。今後は内閣府食品安全委員会による健康影響評価や意見公募を経て省令を改正し、規格基準を満たした製品の販売を認め模様です。これに併せ、消費者庁も液体ミルクを乳児の発育に適した特別用途食品と表示できるようになります。

液体ミルクは飲み残しを放置すれば雑菌が繁殖するという衛生面の課題があります。試験では加熱処理で殺菌後、常温で長期間保存しましたが、微生物や細菌の存在は確認されず、乳児に必要な栄養成分が残ることも分かりました。賞味期限は金属缶やレトルトパウチの場合は9〜12か月紙パック6か月を想定しています。2018年夏には登場してくることでしょう。 〆

<関連記事>
・乳児用の液体ミルク 解禁 1
・乳児用の液体ミルク 解禁 2
・乳児用の液体ミルク 解禁 3
・母乳バンク 1〜6
・ニセ母乳 1〜3
・乳房マッサージ
・くる病 増加 1〜6
・中国 粉ミルク事情 1〜5
・中国の出産事情 1〜6
・スマホ子守り 1〜4
・乳幼児の脳 1〜3
・「疳の虫」ってどんな虫!? 1・2

| 出産 授乳 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
無痛分娩のリスク 4

おはようございます。2017年度の日本医史学会6月10日(土)
11日(日)
京都大学・芝蘭会館で開催されます。虎の先生会頭です。

さて、2017年4月、出産の痛みを麻酔で和らげる無痛分娩について厚労省研究班(主任研究者・池田智明三重大教授)は2010年1月〜2016年4月までに報告された298人の妊産婦死亡例を分析。その中で無痛分娩を行っていた死亡例が13人(4%)あり、うち1人が麻酔薬による中毒症状で死亡、12人は大量出血や血圧が上がることなどからの脳出血、羊水が血液中に入ることで起きる羊水塞栓症などでした。この3つで半数ほどを占めます。大量出血や羊水塞栓症は普通分娩でもありえる死因です。

池田教授によると国内の無痛分娩は近年、増加傾向にあり、データ上、無痛分娩で死亡率が明らかに高まるとは言えないとしています。ただし「陣痛促進剤の使用や吸引分娩(赤ちゃんの頭を引っ張る)も増えるため、緊急時に対応できる技術と体制を整えることが必要だ」としています。また、麻酔によって死亡した例があるなど通常分娩と異なる管理が求められるとして医療機関に対し無痛分娩を行う際には急変時に対応できる十分な医療体制を整えた上で実施するよう求める緊急提言を行いました。無痛分娩について、こうした提言が出されるのは初めてです。研究班では、今後、産科医や麻酔科医と共同で無痛分娩を実施する際のチェックリストを作り産科医に対し講習などを行っていく方針です。

無痛分娩はフランスアメリカでは主流になっていますが、普通分娩に比べて死亡率が高いというわけではなく、今回の提言は無痛分娩は危険と言っているものではありません。無痛分娩での死亡数が初めて出たので提言を行ったということです。


病院なび」というウェブサイトでは東京都内の無痛分娩を実施している病院は44件とされています。年間、約50人の妊産婦死亡例があります。無痛分娩に関連する死亡例は全体の4%です。1件でもこういう事故が減るのが望まれます。  〆

<関連記事>
・無痛分娩のリスク 1
・無痛分娩のリスク 2
・無痛分娩のリスク 3
・助産院 死亡事故 1〜10
・妊娠中・産後のケア 1〜4
・ブイバック(VBAC)
・産後ケアセンター in 韓国 1〜3
・低出生体重児→生活習慣病 1〜6
・胎児性アルコール症候群 1〜3
・妊婦健診未受診→幼児虐待 1・2
・逆子の灸 1〜5
・逆子治療の実績 1〜6
・逆子体操<逆子の灸 1・2
・海外 逆子の灸 1〜3
逆子 「外回転術」 1・2

| 出産 授乳 | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
無痛分娩のリスク 3

おはようございます。益子焼の人形の背中にのように
楊枝を立てる楊枝立てが届いたのでカウンターに飾りました。

さて、出産の痛みを麻酔で和らげる無痛分娩をした妊産婦2人の死亡老木レディスクリニック(大阪府和泉市)と母と子の上田病院(神戸市中央区)で相次いで判明しています。死亡例があったのはいずれも背中にさし込んだ細い管を通じて麻酔薬を入れる硬膜外麻酔という方法の無痛分娩をした女性が死亡しています。大阪の例は2017年1月、麻酔後に急変して呼吸困難となり、他の病院に搬送されたが1週間余りで死亡しています。兵庫の例は2015年8月、麻酔をかけ陣痛促進剤を投与されて出産後、大量出血して救急搬送されましたが寝たきりのまま2016年7月に死亡しています。これ以外にも他の医療機関の例も含め重大事故の情報が複数あり、日本産婦人科医会は分娩経過や安全体制に問題がなかったか調査を始めています。再発防止に向け、両者を直接指導することも検討しています。

また、2016年5月にはふるき産婦人科(京都府京田辺市)で同市内の女性(38)が予定していた帝王切開の前に硬膜外麻酔を受けました。これは無痛分娩と同じ方法です。その女性はその後、急変し他の病院に搬送されたが寝たきりの重い障害が残ているというのです。赤ちゃんも重度の脳性麻痺ということです。このような事例も日本産婦人科医会に報告していなかったようで、この診療所に報告を求めて調査するとともに、無痛分娩に限らず産科麻酔の安全体制についても実態を調べることにしている模様です。このように無痛分娩・帝王切開における硬膜外麻酔によるリスクがあるのです。  つづく・・・

<関連記事>
・無痛分娩のリスク 1
・無痛分娩のリスク 2
・無痛分娩のリスク 4
・助産院 死亡事故 1〜10
・妊娠中・産後のケア 1〜4
・ブイバック(VBAC)
・産後ケアセンター in 韓国 1〜3
・低出生体重児→生活習慣病 1〜6
・胎児性アルコール症候群 1〜3
・妊婦健診未受診→幼児虐待 1・2
・逆子の灸 1〜5
・逆子治療の実績 1〜6
・逆子体操<逆子の灸 1・2
・海外 逆子の灸 1〜3
逆子 「外回転術」 1・2

| 出産 授乳 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
無痛分娩のリスク 2

おはようございます。昨日、四国、中国、近畿、東海、関東甲信
梅雨入りした模様です。1ケ月半はジメジメしますよ〜。

さて、日本での無痛分娩利用率は著しく低いのです。日本産科麻酔学会のウェブサイトによると、米国で2008年に無痛分娩を選んだ割合は経腟分娩をした女性の61%フランスでは2010年の調査で約80%に上っています。一方、日本では2007年の硬膜外無痛分娩率は全分娩の2.6%と突出して低いのです。「お腹を痛めて産んでこそ母性が芽生える」という、妊婦さんの親世代の根拠のない根性論者に遠慮して麻酔分娩を選択しない人が多いとの指摘もあります。

2017年4月16日、出産の痛みを麻酔で和らげる無痛分娩について厚労省研究班(主任研究者・池田智明三重大教授)は2010年1月〜2016年4月までに報告された298人の妊産婦死亡例を分析。この6年余の死者数は横ばい状態で毎年50人前後です。出産件数は、年間100万人ほどあることから妊産婦死亡率は1%にも満たないのです。

なぜ毎年、妊産婦が50人も亡くなるような事態になるのでしょうか。分娩中では予期しない大量出血羊水塞栓などが起きるということです。一瞬のうちに心停止が起きることもあります。日本は世界で一番妊産婦を助けられる国ですが不確実性の部分が出て来ます。しかし、病院側の不手際が原因とみられるケースも報じられています。愛媛県今治市内の産婦人科医院では、3年間で2人大量出血などで死亡していたことが分かり、日本産婦人科医会が2016年12月に血圧管理などで不十分な点があったとして指導を行っています。 つづく・・・

<関連記事>
・無痛分娩のリスク 1
・無痛分娩のリスク 3
・無痛分娩のリスク 4
・助産院 死亡事故 1〜10
・妊娠中・産後のケア 1〜4
・ブイバック(VBAC)
・産後ケアセンター in 韓国 1〜3
・低出生体重児→生活習慣病 1〜6
・胎児性アルコール症候群 1〜3
・妊婦健診未受診→幼児虐待 1・2
・逆子の灸 1〜5
・逆子治療の実績 1〜6
・逆子体操<逆子の灸 1・2
・海外 逆子の灸 1〜3
逆子 「外回転術」 1・2

| 出産 授乳 | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
無痛分娩のリスク 1

おはようございます。近年、鍼灸治療の材料高騰しています。
特にお灸。今使っているお灸以外にも新しいのも試し中です。

さて、自然分娩は「鼻からスイカが出てくる」「背中をダンプローラーでひかれる」「生理痛の1000倍」などと揶揄されたりします。無痛分娩ではお産の最中は腰から下がぼんやりとした感覚で、施術はあっという間に終わりました。痛みもないのが標準的です。自然分娩と無痛分娩では、その落差に驚かされるハズです。

米国など海外の国では出産時の痛みを緩和する無痛分娩(硬膜外鎮痛や脊髄くも膜下鎮痛)がポピュラーです。欧米では全出産者の6割超というほどです。この分娩法は近年日本でも増加しています。2008年の厚労省の全国調査では出産全体のわずか2.6%だった無痛分娩ですが、現在は実施施設の増加もあり、都心部では全出産の10%超と推測されています。実際、順天堂医院(東京都文京区)では、芸能界では中山美穂(47)、釈由美子(38)、小倉優子(33)、東尾理子(41)らが無痛分娩で出産しています。

無痛分娩は和痛分娩とも呼ばれています。日本産科麻酔学会のウェブサイトによると現在多くの国で「無痛分娩」を指すのは「硬膜外鎮痛法」といわれる下半身の痛みだけをとる方法です。具体的には硬膜外腔という背中の脊髄に近い硬膜という部位に局所麻酔薬と多くの場合それに医療用麻薬を加えたものを投与します。強い鎮痛効果があり母体への薬の影響が少なく、薬が胎盤を通って赤ちゃんへ届くことはほとんどないとされています。  つづく・・・

<関連記事>
・無痛分娩のリスク 2
・無痛分娩のリスク 3
・無痛分娩のリスク 4
・助産院 死亡事故 1〜10
・妊娠中・産後のケア 1〜4
・ブイバック(VBAC)
・産後ケアセンター in 韓国 1〜3
・低出生体重児→生活習慣病 1〜6
・胎児性アルコール症候群 1〜3
・妊婦健診未受診→幼児虐待 1・2
・逆子の灸 1〜5
・逆子治療の実績 1〜6
・逆子体操<逆子の灸 1・2
・海外 逆子の灸 1〜3
逆子 「外回転術」 1・2

| 出産 授乳 | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
産後うつ 軽減する食品 2

おはようございます。昨日はお茶の水・湯島聖堂で鍼灸祭でした。
こういう伝統行事が末永く続くとイイなぁ〜と思います。

さて、愛媛大学三宅吉博教授(疫学)らの研究では、妊婦に対し調査しています。2007年4月から1年間、九州・沖縄の産婦人科に協力を求め、妊婦約1700人に対し、肉、魚、豆腐、ヨーグルトなど約150種類の食品の摂取量や精神状態などのアンケートを実施しています。

食品の種類ごとに摂取量を4グループに分類して解析。豆腐納豆など大豆製品の摂取量が最も多かったグループは、最も少なかったグループに比べ、うつ症状を抱えている妊婦の割合が6割に抑えられていました。魚介類でも6割ヨーグルトでは7割でした。つまり、大豆製品や魚介類、ヨーグルトを多く食べた妊婦は、少ない妊婦に比べ、妊娠中うつ症状になる割合が6〜7割抑制されることが研究でわかりました。一方、牛肉豚肉に多く含まれる飽和脂肪酸の摂取量で見ると最多のグループが最少の1.7倍となっています。つまり、牛肉や豚肉などに含まれる飽和脂肪酸の摂取量が多い妊婦は、うつ症状になりやすい傾向がみられました。

牛乳妊婦とうつ症状との関連性はみられませんでした。しかし、出産4か月後の追跡調査では妊娠中に牛乳を多く飲んだ人はあまり飲まなかった人に比べ、産後うつの発症割合が低下する傾向がみられました。

食品が精神に与える影響を研究している国立精神・神経医療研究センター疾病研究第三部の功刀(くぬぎ)浩部長は「一般的にイソフラボンなどが豊富な大豆製品はうつの予防に効果があるとされ今回の成果もうなずける」と話しています。三宅教授は「妊婦のうつ症状の予防につなげたい」と話しています。  〆

<関連記事>
・産後うつ 軽減する食品 1
・エストロゲン急減→子育て不安 1〜3
・産後うつ(PPD) 1〜3
・冬季うつ病 リュミノテラピー 1〜6
・うつ病 「頚性神経筋症候群」 1〜5
・貧血 フェリチン うつ症状 1〜5
・エクオール 1〜5
・女性ホルモンのアンバランス 更年期障害 1〜6
・更年期障害 1・2
・無月経 1〜5

| 出産 授乳 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
産後うつ 軽減する食品 1

おはようございます。今週末は最高気温が30℃前後の予報。
イイ天気ですが熱中症にご用心!! こまめに水分補給しましょ!!

さて、東京都監察医務院順天堂大学の調査でによると、2005〜2014年までの10年間自殺した妊娠中〜産後1年までの女性は63人。うち妊婦は23人で、妊娠2カ月での自殺が最多でした。出産後の女性は40人で産後4カ月が多かったのです。うつ病産後うつなどの精神疾患と診断されていたのは妊婦の4割、産婦の6割です。診断のない人でも実際には疾患があったのに受診していなかった例が含まれる可能性があるということです。

東京都によると23区では同期間に約72万3000人が出生。妊産婦の自殺は10万人当たり約8.5人だった計算になり、出血などでの妊産婦死亡(都内で2005〜2013年に10万人当たり約4人)の2倍程度に相当します。妊産婦はホルモンや生活の変化、周囲からの孤立により、ストレスを受けやすいのです。調査に当たった竹田省順天堂大教授は「自殺リスクの高い妊産婦を把握し、カウンセリングなどを行う体制が必要だ」と述べています。

ドイツの学術誌『ヨーロピアン・ジャーナル・オブ・ニュートリション』の電子版によると、愛媛大学東京大学などの共同研究チームは、妊婦1745人を対象に日ごろどんな食生活を送っているかアンケートを実施しています。その上で納豆豆腐みそ汁といった大豆製品にスポットを当て、摂取量の多い順に四つにグループ分けしうつ病との関連を分析。その結果、摂取量の多い方がうつ病の有症率が低く、1日当たり約93グラム食べた最多のグループは、同約21グラム食べた最少のグループに比べ有症率が37%低下していることが分かったのです。共同研究チームによると大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと構造が似ており、女性の健康や美容などを支える一面があるのが原因とみられています。一方、同じ大豆製品でも豆乳の場合、摂取量が違ってもうつ病の有症率にほとんど差がなかったことや、みそだけを調理せずにそのまま食べると摂取量が多いほど有症率が高まることも判明しています。女性は大豆加工食品を積極的に摂りましょう!!   つづく・・・

<関連記事>
・産後うつ 軽減する食品 2
・エストロゲン急減→子育て不安 1〜3
・産後うつ(PPD) 1〜3
・冬季うつ病 リュミノテラピー 1〜6
・うつ病 「頚性神経筋症候群」 1〜5
・貧血 フェリチン うつ症状 1〜5
・エクオール 1〜5
・女性ホルモンのアンバランス 更年期障害 1〜6
・更年期障害 1・2
・無月経 1〜5

| 出産 授乳 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
乳児用の液体ミルク 解禁 3

おはようございます。「世界鍼灸学会連合会学術大会:WFAS」の
世界大会が日本では25年ぶりにつくば11月5・6日に開催です。

さて、日本では「食品衛生法」の規格基準が整備されていないため乳児用液体ミルクが製造できず輸入もされていません。ネットなどで牛乳風呂用などとして液体ミルクを販売していたりしており、これを暗黙の了解のように乳児用として飲ませている例もあります。成分がわからないものが多く問題視されています。消費者の認知度も低く国内メーカーも需要を見込んできませんでした。

母乳があまり出ず授乳がうまくいかないことに悩んでいる方も多いです。夜中に何度も起きて粉ミルクをお湯に溶くのは大変です。栄養不足になってしまうのではと心配です。インターネットで調べると欧米では乳児用液体ミルクがスーパーで手軽に買えます。
乳児用液体ミルクプロジェクトでは、なぜ液体ミルクが日本で売られていないのか、厚労省やメーカーに問い合わています。まずは国の規格が必要なことと、そのために業界団体を動かしメーカーに技術開発を求める必要性があります。


親たちのニーズがあることがわかれば動いてもらえるかもしれないと思い、2014年にインターネット署名サイトchange.orgでメーカーに液体ミルクの国内製造を求める署名活動を開始。熊本地震後、賛同する声が急増。2014年秋から今年4月までで約1万2500人分だった署名は地震後わずか1カ月で4万に達したそうです。地震のストレスで母乳が出なくなり苦労したという母親や医療や保育現場からも賛同の声が集まったということです。10月14日現在では4万1400人の署名が集まっているそうです。

製品開発に向け社内プロジェクトを立ち上げる国内大手飲料メーカーも出てきています。粉ミルクを製造・販売している森永乳業の広報部によると液体ミルクの製造には高いハードルがあるということです。国の規格が整備されるまで製造・販売することができません。どういった規格が必要なのか、各メーカーや業界団体で研究している状況です。液体の場合、分離したり茶色っぽく変色したりしやすいため品質面での課題もあります。

母乳と同じように赤ちゃんの貴重な栄養源となる乳幼児用のミルク。液体ミルクは欧米では粉ミルクと同様に広く普及しています。世界では液体状のものが広く普及しています。震災時だけでなく育児負担の軽減効果もあり導入への期待が高まっています。 つづく・・・

<関連記事>
・乳児用の液体ミルク 解禁 1
・乳児用の液体ミルク 解禁 2
・乳児用の液体ミルク 解禁 4
・母乳バンク 1〜6
・ニセ母乳 1〜3
・乳房マッサージ
・くる病 増加 1〜6
・中国 粉ミルク事情 1〜5
・中国の出産事情 1〜6
・スマホ子守り 1〜4
・乳幼児の脳 1〜3
・「疳の虫」ってどんな虫!? 1・2

| 出産 授乳 | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
乳児用の液体ミルク 解禁 2

おはようございます。本日は「文化の日」で祝日ですが
てんゆ堂診療しております。最近は秋が短くすぐ冬です。

さて、海外では乳児用液体ミルクは一般的だそうで欧米での生活経験がある母親は、昼間は粉ミルク、夜や外出時は液体ミルクと使い分け、すごく便利だそうです。共働き世帯が多い米国では使い勝手の良さが人気だそうです。現在、国内販売が認められていない乳児用液体ミルクを政府は2017年度以降、業界団体に安全確認の試験実施を求め必要なデータなどがそろえば「食品衛生法」に関する厚生労働省令など関連規定を改正する方針です。乳児用液体ミルクを解禁する方向です。

東日本大震災でも熊本地震でも避難した人の中には、生後まもない赤ちゃんもいました。大きな災害が起きると、水やガスが使えなくなることもあります。避難所や人前で赤ちゃんに授乳しづらかったり、ストレスで母乳が出にくくなったりすることもあります。

熊本地震の際にはお湯や哺乳瓶を使わなくてもすぐに赤ちゃんに飲ませることができる乳児用液体ミルクが、4月下旬に、救援物資としてフィンランドから被災地に届けられました。小池百合子氏が衆院議員だったときに日本フィンランド友好議員連盟の会長として働きかけ実現したそうです。この呼び掛けに応じてフィンランドの乳製品メーカーヴァリオが、200ミリリットル入り紙パック約5000個を無償で提供。県を通じて被害の大きかった自治体の保育所に配られました。現状は災害時の救援物資としてのみ特別配布が認められているそうです。小池知事は液体ミルクの普及を都として進める方針を示しています。

母乳と同じように赤ちゃんの貴重な栄養源となる乳幼児用のミルク。液体ミルクは欧米では粉ミルクと同様に広く普及しています。世界では液体状のものが広く普及していますが、国内では製造、流通が認められていません。液体ミルクは粉ミルクと違ってお湯で溶かす必要がなく、封を切ればそのまま飲めるため熊本地震をきっかけに注目が集まっています。液体ミルクは無菌状態で容器に密閉され半年〜1年常温保存が可能です。衛生面の心配もなく飲ませることができます。粉ミルクよりは消費期限が早いものの災害備蓄品としても使えます。育児の負担を減らす効果もあり導入への期待が高まっています。  つづく・・・


<関連記事>
・乳児用の液体ミルク 解禁 1
・乳児用の液体ミルク 解禁 3
・乳児用の液体ミルク 解禁 4
・母乳バンク 1〜6
・ニセ母乳 1〜3
・乳房マッサージ
・くる病 増加 1〜6
・中国 粉ミルク事情 1〜5
・中国の出産事情 1〜6
・スマホ子守り 1〜4
・乳幼児の脳 1〜3
・「疳の虫」ってどんな虫!? 1・2

| 出産 授乳 | 08:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/13PAGES
  • >>