● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
慢性の痛み モヤモヤ血管 14

おはようございます。蒸し暑いといったらありません。
カビも発生しやすいので風通しをよくしておきましょう。

さて、モヤモヤ血管セルフケアがあります。
モヤモヤ血管を提唱している江戸川病院・奥野裕次医師が
現在のところ最も信頼している指標は「再現性のある圧痛
です。「圧痛」というのは、ある部位を押してみて痛みが出ることです。
もちろん、非常に強い力で押せば、誰でも身体のどの部位
でも痛いでしょう。しかしこの場合は「わりと軽く押して
いるのに痛い
」状態です。しかも「右と左と同じように
押しているのに片方だけ痛い」などのときも圧痛だと言えます。
「再現性のある」というのは何度確かめても、毎回、同じように
再現されることです。例えば「膝の内側に再現性のある圧痛がある」
というのは、膝の内側のある点を押すと痛い。その患者さんは前回
も同じように痛がっていた。今日も何回か押してみたが毎回同じよう
に痛みが出る
ようなものです。

「再現性のある圧痛」のあるところに異常な血流あります。
圧痛があれば、多くの場合で異常なモヤモヤ血管がみつかります。
モヤモヤ血管がある圧痛部位を「15秒間くらいおさえて
圧迫する」だけで痛みが軽くなっていきます。圧痛部位を15秒圧迫
することで一時的にモヤモヤ血管の流れが遮断できます。量的な血管
いろいろな刺激に弱いと言う特徴があります。持続的に圧迫すること
少なくとも15秒の間、一定の力で押し続けます。押す強さは自分の
爪の色が白くなる
程度です。2週間くらい継続しましょう。
これを繰り返すことでモヤモヤ血管が減少していきます。1日3回
程度行えばイイでしょう。やり過ぎには注意してください。

持続的に圧迫する時間が短いとマッサージに近くなります。
長引く痛みを治すためにおこなうマッサージは注意が必要です。
中途半端なマッサージはモヤモヤ血管の流れを助長させること
になりかねません。痛みのある部位に直接、中途半端なマッサージ
をしてしまうと痛みを治すどころか反対に痛みが出てしまうことがあります。
特にお風呂の中で圧痛部位をマッサージするのは絶対にオススメしません。
それがモヤモヤ血管を助長してしまうからです。痛みがモヤモヤ血管
かハッキリしない場合は、病院に相談してからにしましょう。

長引く痛みを改善し再発させないような生活習慣が大切です。
〕酸素運動
痛くない範囲でできる運動を1日15分してみましょう。
週に1度だけ1時間運動するより、15分でも日々運動する
方が効果的です。ただし痛みの出ない範囲で行ってください。
散歩、ジョギング、自転車などが代表的ですが膝痛で歩けない
と言う人はそのような負担がかかりにくい運動でもイイです。

高カロリーの食事はやめましょう
モヤモヤ血管と食生活についてはっきりとわかっていることは、
高カロリー食がモヤモヤ血管を増やしてしまうということです。
長引く痛みは異常なモヤモヤ血管かもしれません。

長々とモヤモヤ血管について述べてきました。慢性疼痛
には鍼灸治療有効です。お困りの方は鍼灸院に相談
してみるのもオススメです。     〆

<関連記事>
・慢性の痛み モヤモヤ血管 1
・慢性の痛み モヤモヤ血管 2
・慢性の痛み モヤモヤ血管 3
・慢性の痛み モヤモヤ血管 4
・慢性の痛み モヤモヤ血管 5
・慢性の痛み モヤモヤ血管 6
・慢性の痛み モヤモヤ血管 7
・慢性の痛み モヤモヤ血管 8
・慢性の痛み モヤモヤ血管 9
・慢性の痛み モヤモヤ血管 10
・慢性の痛み モヤモヤ血管 11
・慢性の痛み モヤモヤ血管 12
・慢性の痛み モヤモヤ血管 13
・毛細血管って大事!! 1〜4

・血管力 1〜5
・微小血管狭心症 1〜3
・ピーナッツ 20粒
・慢性肩こり 1〜4
・スポーツ→膝痛 1〜5
・腰痛で薬漬け!? 1〜5
・腰痛はストレスから!? 1〜4
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・疲労回復 カッピング療法 1〜5
・刺絡(シラク)

| 運動器のトラブル | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
慢性の痛み モヤモヤ血管 13

おはようございます。自宅でのwi−fiをY社→W社に変更。
速度制限もなくこちらの方がストレスなく快適につながります。

さて、五十肩肩関節周囲炎)の痛みが良くならない、夜に肩が痛くて
眠れず起きてしまう人がいます。五十肩の痛みが長引いてしまう原因は、
肩の周りにしつこく続く慢性炎症です。その炎症は異常な血管である
モヤモヤ血管が維持されて慢性疼痛長引く痛み)が続きます。
五十肩の患者さんにはこのモヤモヤ血管がほぼ間違いなく存在し痛みの
原因になっています。

こういう五十肩の人に朗報です。運動器カテーテル治療
の臨床研究が全国で始まっています。モヤモヤ血管をターゲットにした
運動器カテーテル治療が全国の複数の施設で実施する臨床研究がスタート
しています。

下記の施設で受けることができます。
江戸川病院(東京都・江戸川区)
問い合わせ:03-3673-1221
担当:地域連携室・田雑(たぞう)

都島放射線科クリニック(大阪府・都島区)
問い合わせ:06-6923-3501
担当医:保本(やすもと)先生
http://www.osaka-igrt.or.jp/

防衛医科大学(埼玉県・所沢市)
問い合わせ: 04-2995-1689
担当医:放射線科 須山(すやま)先生

久留米大学医学部(福岡県・久留米市)
問い合わせ:0942-31-7576
担当医:放射線科 小金丸(こがねまる)先生
            つづく・・・
<関連記事>
・慢性の痛み モヤモヤ血管 1
・慢性の痛み モヤモヤ血管 2
・慢性の痛み モヤモヤ血管 3
・慢性の痛み モヤモヤ血管 4
・慢性の痛み モヤモヤ血管 5
・慢性の痛み モヤモヤ血管 6
・慢性の痛み モヤモヤ血管 7
・慢性の痛み モヤモヤ血管 8
・慢性の痛み モヤモヤ血管 9
・慢性の痛み モヤモヤ血管 10
・慢性の痛み モヤモヤ血管 11
・慢性の痛み モヤモヤ血管 12
・慢性の痛み モヤモヤ血管 14
・毛細血管って大事!! 1〜4

・血管力 1〜5
・微小血管狭心症 1〜3
・ピーナッツ 20粒
・慢性肩こり 1〜4
・スポーツ→膝痛 1〜5
・腰痛で薬漬け!? 1〜5
・腰痛はストレスから!? 1〜4
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・疲労回復 カッピング療法 1〜5
・刺絡(シラク)

| 運動器のトラブル | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
慢性の痛み モヤモヤ血管 12

おはようございます。グリーンカーテン用に寄せ植え
した朝顔が咲き始めました。紫色の花弁が涼やかです。

さて、運動器カテーテル治療ですべての痛みが取れる
訳ではありません。どういう痛みには効果がないのでしょうか?

々の変形が強い場合
膝や股関節
は変形が起きやすい関節です。ここに強い変形があって
痛い場合はカテーテル治療をしても、すぐに再び痛みが出てしまいます。
つまり「効果が持続しない」のです。このため、変形が強い方には
お勧めできません。ただし、変形が軽度な場合は効果が期待できる
場合があります。

非常に激しい運動をした時だけ痛く、普段は痛くないという場合
例えば、ランニングをし始めて最初は痛くないが10kmを超える
と痛み出す場合、筋肉などからの疲労の蓄積やフォームの乱れによる
物理的な変化によって痛みが出ていることがあります。この場合は
痛みにかかわる不要な血管がそもそもできていないので治療をしても
何も変わりません。そのため治療が適さないことがあります。

2燭の組織が挟まって痛みが出ている場合
例えば、半月板が損傷して挟まっているとか、軟骨の塊が関節
の中にできて、それが痛いとか、こういった場合はカテーテル治療
では効果がありません。靭帯が損傷されてしまってそれによる痛み
なども効きません。このような痛みは血管とは関係なく痛みを伝導
する神経線維の種類も違います。

で召把砲澆作り上げられている場合
痛みが長年治らない人の中には、多くはありませんが100人いたら、
2人くらいの割合で脳で痛みを作り上げてしまいます。 脳で痛みを
作ってしまっている場合は異常な血管でありませんから治療は無効です。
             つづく・・・
<関連記事>
・慢性の痛み モヤモヤ血管 1
・慢性の痛み モヤモヤ血管 2
・慢性の痛み モヤモヤ血管 3
・慢性の痛み モヤモヤ血管 4
・慢性の痛み モヤモヤ血管 5
・慢性の痛み モヤモヤ血管 6
・慢性の痛み モヤモヤ血管 7
・慢性の痛み モヤモヤ血管 8
・慢性の痛み モヤモヤ血管 9
・慢性の痛み モヤモヤ血管 10
・慢性の痛み モヤモヤ血管 11

・慢性の痛み モヤモヤ血管 13
・慢性の痛み モヤモヤ血管 14
・毛細血管って大事!! 1〜4
・血管力 1〜5
・微小血管狭心症 1〜3
・ピーナッツ 20粒
・慢性肩こり 1〜4
・スポーツ→膝痛 1〜5
・腰痛で薬漬け!? 1〜5
・腰痛はストレスから!? 1〜4
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・疲労回復 カッピング療法 1〜5
・刺絡(シラク)

| 運動器のトラブル | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
慢性の痛み モヤモヤ血管 11

おはようございます。昨日は刺絡学会出席してきました。
興味深い講話を聴くことができて非常に有意義な一日でした。

さて、五十肩肩関節周囲炎)、肩こり膝痛がなかなか
治らない。痛みが出ている部位は慢性炎症(治りにくい炎症)
が起きている状態です。そして炎症が起きている部位には必ず
異常血管が増加しています。人体は炎症が起こると普段は見られない
ような異常血管が増殖してきます。さらにその血管の周りには神経線維
が増えます。このモヤモヤ血管と神経(C繊維)の組み合わせが
増えてしまうとその部位にある細かいC線維が興奮状態になります。
普通であれば痛みを生じないような動きでも痛みの信号が脳に伝わる
ことになります。

余計なモヤモヤ血管を減らす治療は、これらの組織を保護して
あげることにもなります。いつまでも治りにくい慢性疼痛
(長引く痛み)で困っている人のために開発されたのが
運動器カテーテル治療」です。このカテーテル治療は、
カテーテルという細くて(1个頬たない)やわらかいチューブを使って、
そうした異常な血管のすぐそばまで進めていき、薬を入れてそれらの
働きを止めることで炎症症状を抑え、異常な神経の興奮を鎮めようという
治療です。そのまま放っておいても治らなかった炎症を速やかに鎮めること
により痛みを解決していく治療です。これを開発したのが江戸川病院の
奥野裕次医師です。

この治療は身体への負担が非常に少ないです。体のどこかを大きく切開
することはありません。そのため全身麻酔は不要です。局所麻酔
を少量用いるだけです。入院ではなく日帰り治療で治療時間も40分から
1時間程度
です。何度も受けるものではなく7割以上の方は1度
の治療で十分だそうです。また、日常生活はすぐに再開できます。
激しい運動でなければ翌日から身体を動かしても大丈夫です。
痛みの原因となったような激しい負担のかかる運動に限っては
2週間は休み、徐々に負荷をかけていきます。   つづく・・・

<関連記事>
・慢性の痛み モヤモヤ血管 1
・慢性の痛み モヤモヤ血管 2
・慢性の痛み モヤモヤ血管 3
・慢性の痛み モヤモヤ血管 4
・慢性の痛み モヤモヤ血管 5
・慢性の痛み モヤモヤ血管 6
・慢性の痛み モヤモヤ血管 7
・慢性の痛み モヤモヤ血管 8
・慢性の痛み モヤモヤ血管 9
・慢性の痛み モヤモヤ血管 10

・慢性の痛み モヤモヤ血管 12
・慢性の痛み モヤモヤ血管 13
・慢性の痛み モヤモヤ血管 14
・毛細血管って大事!! 1〜4
・血管力 1〜5
・微小血管狭心症 1〜3
・ピーナッツ 20粒
・慢性肩こり 1〜4
・スポーツ→膝痛 1〜5
・腰痛で薬漬け!? 1〜5
・腰痛はストレスから!? 1〜4
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・疲労回復 カッピング療法 1〜5
・刺絡(シラク)

| 運動器のトラブル | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
慢性の痛み モヤモヤ血管 10

おはようございます。明日は日本刺絡学会・学術大会です。
鍼灸用具の物販などは入場料もないので覗きに来てください。

さて、慢性疼痛(長引く痛み)を取り除くにはモヤモヤ血管
減らすことです。これが「運動器カテーテル治療
の基本です。「再現性のある圧痛」、じっとしていても痛い
安静時痛」のほとんどは異常血管が原因です。カテーテル治療
で異常な血管を処置すると比較的早いタイミング(多くは当日に)
改善することが多い痛みです。ただし、神経が障害されて
ジンジンとしびれたように痛い」という症状はカテーテル治療
には向きません


運動器カテーテル治療で血管を減らしても大丈夫なのでしょうか?
人体には、くまなく血管があるように思われていますが、
実はそうではありません。人体は血管が多いところと血管が
少ないところに分かれます。「軟骨下骨」という骨の部分には
血管が非常に多いですが「軟骨」の部分には血管がほとんど
ありません。これは軟骨が血管を寄せ付けない物質(Tenascin-C、
Biglycan、Tenomodulin、Decorin、Endostatin
など)を絶えず
分泌しているからです。この物質が出ていると血管が入り
込まないようになっています。軟骨以外にも靭帯といった
組織も血管を寄せ付けない物質が分泌されています。

ところが40歳を過ぎるとこれらの部位にも血管が入ってきて
しまいます。血管を寄せ付けない物質が枯渇して出なくなって
しまうからです。四十肩五十肩(肩関節周囲炎)がなぜ、
この年代から生じるかの答えでもあります。この年代になると
余計な血管ができやすくなり、このために肩が急に痛くなるのが
40〜50代に多いのです。肩だけでなく、膝痛なども始まりも
この年代です。つまり、この年代から余計なモヤモヤ血管が
できやすい体
になってしまうのです。

また、スポーツで体を酷使して「使い過ぎ」ている場合は、
もっと早い年代から異常なモヤモヤ血管ができやすくなっています。
痛みが出ている部位は慢性炎症(治りにくい炎症)が起きている
状態です。そして炎症が起きている部位には必ず異常血管が増えています。
使い過ぎによって軟骨・腱・靭帯などに細かい損傷加重されることで、
それが血管を呼び込みます。このように正常では血管が少ない部位に
血管ができてしまうのが長引く痛みの原因です。  つづく・・・

<関連記事>
・慢性の痛み モヤモヤ血管 1
・慢性の痛み モヤモヤ血管 2
・慢性の痛み モヤモヤ血管 3
・慢性の痛み モヤモヤ血管 4
・慢性の痛み モヤモヤ血管 5
・慢性の痛み モヤモヤ血管 6
・慢性の痛み モヤモヤ血管 7
・慢性の痛み モヤモヤ血管 8
・慢性の痛み モヤモヤ血管 9

・慢性の痛み モヤモヤ血管 11
・慢性の痛み モヤモヤ血管 12
・慢性の痛み モヤモヤ血管 13
・慢性の痛み モヤモヤ血管 14
・毛細血管って大事!! 1〜4
・血管力 1〜5
・微小血管狭心症 1〜3
・ピーナッツ 20粒
・慢性肩こり 1〜4
・スポーツ→膝痛 1〜5
・腰痛で薬漬け!? 1〜5
・腰痛はストレスから!? 1〜4
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・疲労回復 カッピング療法 1〜5
・刺絡(シラク)

| 運動器のトラブル | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
慢性の痛み モヤモヤ血管 9

おはようございます。通勤路の庭には色々なアジサイ
咲いてキレイです。だけではなくさまざまですね。

さて、微細なモヤモヤ血管と周囲のC繊維
一部の痛みの原因だとする説があり、このような機序
の痛みを微細血管性疼痛と呼びます。従来の分類
ではポリモーダル受容器からの痛み刺激と言えます。

微細血管性疼痛を示唆する所見は以下のようなものがあります。
モヤモヤ血管を提唱している奥野医師は下記のいずれか2つほど
当てはまれば微細血管性疼痛と判定する基準として提唱します。
再現性のある圧痛所見
自発痛(Spontaneous Pain)の訴え(夜間痛や安静時痛など)
□STIRや脂肪抑制T2における高信号変化
□ステロイド局所注射が一時的(例えば2,3日の間のみ)に効果あり
□超音波診断装置による健側には観察されないドップラシグナル
 点状のシグナル増加
□アロディニア所見
術後残存痛(構造的破綻を解決したのに残存する痛み)

反対に微細血管性疼痛とは考えにくいもの(カテーテル治療
が効果が見込めない疼痛)は以下のようなものです。
関節ネズミや半月板損傷、何らかの組織のインピンジなどのように、
 物理的、メカニカルな刺激による痛み(高閾値受容器からの痛み刺激)
電撃痛のような発作的で短時間のもので外的な刺激にかかわらず
 発生
する痛み(例:1日に何度か訪れ2〜3分続く電気の走るような痛み)
圧痛に再現性がない。妙に痛がることもあれば、同じ場所を押している
 のに次の瞬間には痛くない、などのように再現性のない痛み症状
重度の変形性関節症の患者の荷重時の痛み(これも高閾値受容器)
□いわゆる「しびれ症状」のうちの多くのもの

慢性疼痛(長引く痛み)を取り除くには不要なモヤモヤ血管
を減らす
ことです。これが「運動器カテーテル治療
の基本です。        つづく・・・

<関連記事>
・慢性の痛み モヤモヤ血管 1
・慢性の痛み モヤモヤ血管 2
・慢性の痛み モヤモヤ血管 3
・慢性の痛み モヤモヤ血管 4
・慢性の痛み モヤモヤ血管 5
・慢性の痛み モヤモヤ血管 6
・慢性の痛み モヤモヤ血管 7
・慢性の痛み モヤモヤ血管 8

・慢性の痛み モヤモヤ血管 10
・慢性の痛み モヤモヤ血管 11
・慢性の痛み モヤモヤ血管 12
・慢性の痛み モヤモヤ血管 13
・慢性の痛み モヤモヤ血管 14
・毛細血管って大事!! 1〜4
・血管力 1〜5
・微小血管狭心症 1〜3
・ピーナッツ 20粒
・慢性肩こり 1〜4
・スポーツ→膝痛 1〜5
・腰痛で薬漬け!? 1〜5
・腰痛はストレスから!? 1〜4
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・疲労回復 カッピング療法 1〜5
・刺絡(シラク)

| 運動器のトラブル | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
慢性の痛み モヤモヤ血管 8

おはようございます。昨日は梅雨というか豪雨が凄かった!!
自分の身は自分で守れるようにしておかないといけないかも…

さて、モヤモヤ血管はレントゲンでは見えませんが、
自分でできるセルフチェック方法があります。
以下を参考にしてみてください。

このチェック方法の大前提は「病院や治療院に行ったけど
十分よくならない痛み
」「しばらく(1ヶ月以上)様子を
見ているけど良くならない痛み
」であることです。つまり
慢性疼痛(長引く痛み)であることです。「2日前に転んで痛い」
などの方は、このチェック方法は活用しないでください。
骨折などの場合が考えられますから・・・ あくまでも長引く痛み
を持つ人が自分にもモヤモヤ血管があるかを調べる方法です。

以下の10項目のうち、2つ以上当てはまるようなら、
ほぼ間違えなくモヤモヤ血管があります。
自分の指で押してみると明らかに痛い場所がある(圧痛
 (押す強さは自分の爪の色が白くなる程度)
じっとしているときも痛い(安静時痛
夜寝ているときに痛い(夜間痛
朝起きたとき痛い(動作開始時痛
動き始めが痛い。動かしてしばらくすると改善する
δ砲澆寮質はズキズキ、ジンジン、チクチク、重い
 などのように表現できる(自発痛
痛い場所が赤くなることがある、腫れることがある、

 腫れている(炎症
天候によって痛みが変わるクーラーに当たると痛い
お酒を飲んだ後or次の日に痛みが増す
激しく運動した後に痛みが増す(運動時痛

モヤモヤ血管を提唱している奥野医師が現在のところ最も
信頼している指標は「再現性のある圧痛」です。
「圧痛」というのは、ある部位を押してみて痛みが出ることです。
もちろん、非常に強い力で押せば、誰でも身体のどの部位
でも痛いでしょう。しかしこの場合は「わりと軽く押して
いるのに痛い
」状態です。しかも「右と左と同じように
押しているのに片方だけ痛い
」などのときも圧痛だと言えます。
「再現性のある」というのは何度確かめても、毎回、同じように
再現されることです。例えば「膝の内側に再現性のある圧痛がある」
というのは、膝の内側のある点を押すと痛い。その患者さんは前回
も同じように痛がっていた。今日も何回か押してみたが毎回同じよう
に痛みが出る。そんなときにこの痛みのことを「再現性のある圧痛」
と言います。「再現性のある圧痛」のあるところに異常な血流あり、
そのところに「再現性のある圧痛」があるという関係です。
圧痛があれば治療し、多くの場合で異常なモヤモヤ血管がみつかり、
そして、治療により痛みが顕著に改善するのです。  つづく・・・

<関連記事>
・慢性の痛み モヤモヤ血管 1
・慢性の痛み モヤモヤ血管 2
・慢性の痛み モヤモヤ血管 3
・慢性の痛み モヤモヤ血管 4
・慢性の痛み モヤモヤ血管 5
・慢性の痛み モヤモヤ血管 6
・慢性の痛み モヤモヤ血管 7

・慢性の痛み モヤモヤ血管 9
・慢性の痛み モヤモヤ血管 10
・慢性の痛み モヤモヤ血管 11
・慢性の痛み モヤモヤ血管 12
・慢性の痛み モヤモヤ血管 13
・慢性の痛み モヤモヤ血管 14
・毛細血管って大事!! 1〜4
・血管力 1〜5
・微小血管狭心症 1〜3
・ピーナッツ 20粒
・慢性肩こり 1〜4
・スポーツ→膝痛 1〜5
・腰痛で薬漬け!? 1〜5
・腰痛はストレスから!? 1〜4
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・疲労回復 カッピング療法 1〜5
・刺絡(シラク)

| 運動器のトラブル | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
慢性の痛み モヤモヤ血管 7

おはようございます。明日は夏至です。季節的には陽の極み
段々と陰に傾いていきます。陰陽消長のバイオリズムです。

さて、じっとしていても痛い安静時痛」のほとんどは
異常なモヤモヤ血管が原因です。夜になると痛い・痛みで
目が覚める
などの「夜間痛」も安静時痛と同じ原因です。
肩こりなどの重い痛みも異常血管が原因です。動き始めが痛い
などの「動作開始時痛」は関節を取り囲んでいる関節包・滑膜
や周囲の脂肪組織が原因になっていることが多いです。これらの部位
には血管ができやすいですから異常血管による痛みです。

膝や股関節などで長いあいだ座った後に動き始めた時の痛みも同様です。
階段を降りるときに膝が痛む」場合は滑膜が原因になっている
ことがほとんどです。「正座をすると痛む」場合も変形性膝関節症
ではない場合があります。「レントゲンでは異常なしと言われた
ような場合はも異常血管が原因となっている可能性が極めて高いです。
レントゲンでは骨は見えますが、血管などの軟部組織は写らないので
モヤモヤ血管が原因なのかは分かりません。

手を後ろに回すと肩が痛い」「つり革が持てない」などは、
五十肩肩関節周囲炎)による痛みで異常血管が原因であること
がほとんどです。また、テニス肘では「雑巾が絞れない」という
症状が多いです。これも同様の原因です。

患部を押すと痛みが出る、動き始めが痛い、じっとしていても痛い、
階段を登り降りの時に痛い、張りや違和感がある・・・
これらの場合は必ずといっていいほど不要なモヤモヤ血管が
原因になっています。

モヤモヤ血管が原因と疑われる疾患は以下です。
肩こり、五十肩、膝痛、腰痛、人工関節の手術後の痛み、むちうち、
アキレス腱炎、足底腱膜炎、疲労骨折の痛み、シンスプリント、
ランナー膝、腸脛靭帯炎、鵞足炎、膝蓋下脂肪体炎、半月板周囲炎、
ジャンパー膝、恥骨結合部痛、ハムストリング付着部痛、中臀筋付着部痛、
大転子滑液包炎、股関節周囲炎、腰椎分離症、CM関節症、テニス肘、
ゴルフ肘、野球肘、肩関節周囲炎、上腕二頭筋腱長頭炎、肩甲上角炎
(重度の肩こり)、骨折後の残存痛、人工関節手術後の痛み・・・
 

モヤモヤ血管ができやすくなる原因は加齢生活習慣病の有無、、
使い過ぎ」による姿勢の乱れ繰り返される患部への負担などです。
無意識の姿勢の乱れや繰り返される負担によってモヤモヤ血管が作り
出されることがわかっています。モヤモヤ血管ができる原因のひとつ
関節への繰り返しの刺激があります。そこで普段の姿勢を変えること
が大切です。無理のない正しい姿勢で座りましょう。

面白いことにモヤモヤ血管が原因と疑われる疾患の多くは鍼灸治療
適応症でもあります。実際、鍼灸治療は慢性炎症慢性疼痛
改善有効です。           つづく・・・

<関連記事>
・慢性の痛み モヤモヤ血管 1
・慢性の痛み モヤモヤ血管 2
・慢性の痛み モヤモヤ血管 3
・慢性の痛み モヤモヤ血管 4
・慢性の痛み モヤモヤ血管 5
・慢性の痛み モヤモヤ血管 6

・慢性の痛み モヤモヤ血管 8
・慢性の痛み モヤモヤ血管 9
・慢性の痛み モヤモヤ血管 10
・慢性の痛み モヤモヤ血管 11
・慢性の痛み モヤモヤ血管 12
・慢性の痛み モヤモヤ血管 13
・慢性の痛み モヤモヤ血管 14
・毛細血管って大事!! 1〜4
・血管力 1〜5
・微小血管狭心症 1〜3
・ピーナッツ 20粒
・慢性肩こり 1〜4
・スポーツ→膝痛 1〜5
・腰痛で薬漬け!? 1〜5
・腰痛はストレスから!? 1〜4
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・疲労回復 カッピング療法 1〜5
・刺絡(シラク)

| 運動器のトラブル | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
慢性の痛み モヤモヤ血管 6

おはようございます。知り合いの鍼灸師Nさんから中国土産
棒灸を頂きました。聞いてはいましたが本当に煙が凄い!!(感謝)

さて、「使い過ぎ」の状態ではモヤモヤ血管が減る前に
炎症が繰り返され、また増えてしまいます。特に「オーバーユーズ
症候群
」というような腱や靭帯を使い過ぎて生じてしまった痛みの場合は
なおさらです。体でとても強い力がかかる組織は軟骨・靭帯・腱
などです。これらは「乏血管組織」です。

血管というのはトンネルのように組織の中を掘って通さない
といけません。地下鉄をたくさん作ってしまえば地盤が弱く
なることは想像できるでしょう。それと同じでヒトの体でも
「強靭さ」が求められる組織には血管をたくさん掘らない
ようにしているのです。このため、これらの組織では血管
を寄せ付けないような物質(Tenascin-C、Biglycan、Tenomodulin、
Decorin、Endostatin
など)を絶えず分泌しています。ですが、
いろいろなことがきっかけで、この組織の中に血管が入り込んで
しまいます。しかもグチャグチャとした構造の不要なモヤモヤ血管
です。慢性疼痛(長引く痛み)を抱えている人のほとんどが、
この不要な血管を持っています。これにより痛みが続きます。
それだけでなく腱や靭帯などの組織が弱くなってしまっています。
ですから、このモヤモヤ血管をできるだけ早く除去してあげなくて
はいけないのです。

「使い過ぎ」の状態では異常血管が減る間もないのです。
異常血管は栄養を運びませんし、正常な血液の流れを奪って
しまいます。その結果、患部の栄養不足の状態は続きます。
そうすると身体はさらに血管を作りますが新しくできた血管もまた
異常血管であるため栄養が届きません。異常血管による悪循環
生じてしまいます。これを排除してあげることが必要です。 つづく・・・

<関連記事>
・慢性の痛み モヤモヤ血管 1
・慢性の痛み モヤモヤ血管 2
・慢性の痛み モヤモヤ血管 3
・慢性の痛み モヤモヤ血管 4
・慢性の痛み モヤモヤ血管 5

・慢性の痛み モヤモヤ血管 7
・慢性の痛み モヤモヤ血管 8
・慢性の痛み モヤモヤ血管 9
・慢性の痛み モヤモヤ血管 10
・慢性の痛み モヤモヤ血管 11
・慢性の痛み モヤモヤ血管 12
・慢性の痛み モヤモヤ血管 13
・慢性の痛み モヤモヤ血管 14
・毛細血管って大事!! 1〜4
・血管力 1〜5
・微小血管狭心症 1〜3
・ピーナッツ 20粒
・慢性肩こり 1〜4
・スポーツ→膝痛 1〜5
・腰痛で薬漬け!? 1〜5
・腰痛はストレスから!? 1〜4
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・疲労回復 カッピング療法 1〜5
・刺絡(シラク)

| 運動器のトラブル | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
慢性の痛み モヤモヤ血管 5

おはようございます。昨日は久しぶりに勉強会に出席してきました。
向学心の高い人たちが多く色々と他の意味でも勉強になりました。

さて、本来、不要なモヤモヤ血管慢性疼痛(長引く痛み)
の原因となります。この不要な血管は組織の強靭さを弱めてしまいます。
四十肩五十肩(肩関節周囲炎)膝痛腰痛は40歳
くらいからが多くなります。その理由は軟骨から大量に血管を寄せ
付けないようにする物質(Tenascin-C、Biglycan、Tenomodulin、
Decorin、Endostatin
など)が分泌されます。軟骨は血管をほとんど
必要としません。軟骨だけでなく靭帯など様々な軟部組織に
存在しています。通常は簡単にモヤモヤ血管ができないようになっています。
10代(3.10%)、20代(4.20%)、30代(8.70%)ですが、40代(25%)、
50代(28.90%)
などとなり40歳くらいからこの物質が減少します。

腱、靭帯、軟骨、付着部、角膜、心臓弁のような組織を「乏血管組織
と呼びます。これらの組織は、なぜ血管が少ないことが望ましいのでしょうか?
実は血管というのは、たくさんあればイイというものではありません。
新生血管ができるときに周りの組織破壊しながら伸びていきます。
血管が増える時にはちょうど新しく道路ができるときと同じように
もともとあった構造物を破壊してから血管がそこに伸びてきます。
このようにモヤモヤ血管ができてしまうと、上記の組織も脆弱に
なってしまいます。

生理的血管はきれいな網目のように見えます。しかし炎症
引き起こした時に出来る異常血管は病的血管です。炎症でできた
異常血管はぐちゃぐちゃした構造をしています。このような血管は
栄養供給するパイプラインのような機能は果たしません。異常な血管
無秩序に増殖してしまっていてるので、本来は不要な血管なのです。
何かのきっかけで炎症が起きると、そこに血管が増えます。
その後、2週間ほどで血管が減っていくのが通常です。
しかし、長引く慢性炎症が起きている部位には、必ずこのような
ぐちゃぐちゃの不要な血管が出来て残ってしまうことがあります。

ヒトが生まれた時にできる「発生段階で生じる血管」は
血管が網目のように張り巡らされています。これは非常に
秩序のある綺麗な構造が出来上がります。そして生きている間、
この綺麗な血管から栄養が供給されます。ところが、大人になって
からも炎症などで、たまに新しく血管ができることがあります。
こういう血管は非常に質が悪く組織を栄養することに役に立って
いない
のです。そして、炎症を助長し慢性疼痛(長引く痛み)
の原因になります。その証拠に、これらの血管ができるのを防ぐと
炎症や痛みは改善されます。       つづく・・・

<関連記事>
・慢性の痛み モヤモヤ血管 1
・慢性の痛み モヤモヤ血管 2
・慢性の痛み モヤモヤ血管 3
・慢性の痛み モヤモヤ血管 4

・慢性の痛み モヤモヤ血管 6
・慢性の痛み モヤモヤ血管 7
・慢性の痛み モヤモヤ血管 8
・慢性の痛み モヤモヤ血管 9
・慢性の痛み モヤモヤ血管 10
・慢性の痛み モヤモヤ血管 11
・慢性の痛み モヤモヤ血管 12
・慢性の痛み モヤモヤ血管 13
・慢性の痛み モヤモヤ血管 14
・毛細血管って大事!! 1〜4
・血管力 1〜5
・微小血管狭心症 1〜3
・ピーナッツ 20粒
・慢性肩こり 1〜4
・スポーツ→膝痛 1〜5
・腰痛で薬漬け!? 1〜5
・腰痛はストレスから!? 1〜4
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・疲労回復 カッピング療法 1〜5
・刺絡(シラク)

| 運動器のトラブル | 09:17 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/3PAGES
  • >>