● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
下肢静脈瘤 5

おはようございます。荻窪にもいつの間にか
回転寿司スシローが… 早速行ってみました。

さて、下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)は仕事などで長時間立ち続けることが多い人や妊娠・出産を何度か経験している女性に多いです。足の血管に(こぶ)ができたり、網目状に青紫色の血管が浮き出たりします。女性は美容面からも下肢静脈瘤はイヤでしょう。足がつる(こむら返り)、むくむ(浮腫)、だるいなどはふくらはぎが弱っているサインかもしれません。下肢静脈瘤が重症化してできた潰瘍(かいよう)ができることもあり、深刻な痛みを伴う場合もあるのです。

血液がしっかり循環していると全身の細胞に栄養や酸素が届けられます。新陳代謝をよくし、免疫力が高まって脳も活性化します。医療用の弾性ストッキング(ハイソックス)や浮腫防止のソックスもイイですが、もっと手軽なのが少しでも足を動かすことです。踵やつま先をちょっと動かすだけでも効果はあります。ふくらはぎの外側に見えているのが腓腹筋(ひふくきん)で、その下にヒラメ筋が隠れています。足首を曲げ伸ばしすることで、この二つの筋肉が伸び縮みして血液を上へ押し上げます。飛行機や車での長時間の座っていなければならない時は、座った姿勢で踵を上げ下げするのでもOK。1回1分間を目安に1日に何回やっても構いません。長時間立ち続けたり、デスクワークが続いたりしたときに短時間でもやれば血流を促すことができます。

高齢者では腰や足に負担をかけずにできる座った姿勢で踵を上げ下げするのがオススメです。高齢者に多いのが1歩の歩幅が狭く、ちょこちょこと歩いて回転が速い歩き方です。足首を動かす角度が浅くなります。歩幅を広めにすることを意識して、しっかり足首を曲げ伸ばしして歩きましょう。スリッパでペタペタと擦りながら歩くのは、足首が使われないので素足の方がイイです。貧乏ゆすりも足を動かすことにつながります。自転車のペダルにつま先を置いてこぐのもイイです。老化に伴って血管が衰えても、周囲の筋肉はちょっとしたトレーニングで維持できます。激しい運動でなくても、継続していくことが健康の王道です。  〆

<関連記事>
・下肢静脈瘤 1
・下肢静脈瘤 2
・下肢静脈瘤 3
・下肢静脈瘤 4
・フレイル 1・2
・脚ヤセ注意 1・2
・肥満 1〜6
・サルコペニア肥満 1〜4
・腸内細菌と肥満 1〜4
・細マッチョ
・ぽっちゃり→長生き
・プロテイン 1・2
・筋力アップ 食事 1〜5
・タンパク質を摂ろう 1〜5
・加齢 コラーゲン 1〜4
・むくみ解消 「あずき茶」 1〜4
身体にイイ歩き方 1・2
・『養生七不可』

| 運動器のトラブル | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
下肢静脈瘤 4

おはようございます。ルックのバスタブ
クレンジング
擦り洗い不要で便利です。

さて、下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)を放置すると突然死する肺塞栓症のリスクもあります。です。別名はエコノミークラス症候群で聞き覚えがあることでしょう。命にかかわる循環器疾患の中では、心筋梗塞症、大動脈解離と並び3大疾患とも言われています。長時間にわたって同じ姿勢でいると、静脈に血液の塊(血栓)ができ、これが肺動脈に運ばれて血管を詰まらせます。胸痛や呼吸困難を引き起こし死亡例もあります。

とくに危険なのは災害時です。避難所や車中で寝泊まりする人たちに対し医療関係者が注意を呼びかけています。寝返りもできないような狭いところでじっとしていると血栓ができやすくなります。トイレなどで立ち上がった時に血栓が血流に乗って運ばれ、血管が詰まることがあります。とりわけ高齢者が危険です。そして夏場はリスク大です。適度に水分を補給しないと脱水症状で血栓ができやすくなります。気温が高いと静脈壁が柔らかくなり、足に血液がたまりやすくなります。

また、むくみ(浮腫)は静脈のすぐ脇を流れるリンパ管に関係していることもあります。リンパ液も重力に逆らって上へ運ばれますが、むくんでいる人の何人かはリンパ液の流れが悪いです。従って、リンパ浮腫(ふしゅ)や深部静脈血栓症という病気に注意が必要だったり、心臓、肝臓、腎臓の働きが悪かったりする場合もあります。

昔の日本では脚絆(きゃくはん)を、欧州ではゲートルをふくらはぎに巻いていました。足を圧迫することで静脈の血流を改善し、下肢静脈瘤や肺塞栓症などを防ぐ効果があったのです。現代の代用品としては、医療用の弾性ストッキング(ハイソックス)があります。とくに女性で午後になり、帰る頃には足がパンパンという方も多いです。こういう方は昼食後に浮腫防止のソックスなどを履くのがポイントです。時間とともに重力の影響で下肢の静脈にある弁が広がり上に戻すはずの血液が溜まります。そして溜まった血液の水分が血管から溢れるのが浮腫です。ですから午後に浮腫防止ソックスで締め付けることで静脈の弁がいつものようにしっかり働くのをサポートしてくれるので浮腫防止には有効なのです。  つづく・・・

<関連記事>
・下肢静脈瘤 1
・下肢静脈瘤 2
・下肢静脈瘤 3
・下肢静脈瘤 5
・フレイル 1・2
・脚ヤセ注意 1・2
・肥満 1〜6
・サルコペニア肥満 1〜4
・腸内細菌と肥満 1〜4
・細マッチョ
・ぽっちゃり→長生き
・プロテイン 1・2
・筋力アップ 食事 1〜5
・タンパク質を摂ろう 1〜5
・加齢 コラーゲン 1〜4
・むくみ解消 「あずき茶」 1〜4
身体にイイ歩き方 1・2
・『養生七不可』

| 運動器のトラブル | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
下肢静脈瘤 3

おはようございます。最低気温が10℃下回る
季節になりました。窓の結露も多くなる季節です。

さて、足の周辺では重力の影響血液がたまりやすいです。ふくらはぎのポンプ機能で血液は静脈を通って上の方に戻されます。そこで大事な働きをしているのが静脈弁です。弁は血液の逆流を防ぐため八の字形をしていて、血液を心臓に戻すときに開きます。足を長時間動かさないと筋肉ポンプが働かず血流が停滞してしまいます。さらに重力の影響も重なって弁が壊れると血液が逆流して末端の静脈が壊れ下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)になります。

下肢静脈瘤では足の血管に(こぶ)ができたり、網目状に青紫色の血管が浮き出たりします。女性は美容面からも下肢静脈瘤はイヤでしょう。しかし誰もがかかるリスクがあります。下肢静脈瘤の発症率は加齢とともに高くなります。70歳以上の75%が罹患しているとの報告もあります。女性の場合、妊娠経験者の5割が発症するとも言われています。両親ともに下肢静脈瘤がある場合、90%の確率で子どもにも発症します。ふくらはぎの機能が弱まり血液の循環が悪化すると、足がつる(こむら返り)、むくむ(浮腫)、だるい以外に深刻な病気に陥る恐れがあります。

下肢静脈瘤の危険度チェック(岩井武尚著『下肢静脈瘤・むくみは自分で治せる!』)です。〇纏などで長時間立ち続けることが多い。足がむくむ、ときどきかゆいこむら返りがよく起こる。近親者に下肢静脈瘤になった人がいる。妊娠・出産を何度か経験している。 つづく・・・

<関連記事>
・下肢静脈瘤 1
・下肢静脈瘤 2
・下肢静脈瘤 4
・下肢静脈瘤 5
・フレイル 1・2
・脚ヤセ注意 1・2
・肥満 1〜6
・サルコペニア肥満 1〜4
・腸内細菌と肥満 1〜4
・細マッチョ
・ぽっちゃり→長生き
・プロテイン 1・2
・筋力アップ 食事 1〜5
・タンパク質を摂ろう 1〜5
・加齢 コラーゲン 1〜4
・むくみ解消 「あずき茶」 1〜4
身体にイイ歩き方 1・2
・『養生七不可』

| 運動器のトラブル | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
下肢静脈瘤 2

おはようございます。今週末は3連休です。
てんゆ堂祝日土曜日診療いたします。

さて、下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)では足の血管に(こぶ)ができたり、網目状に青紫色の血管が浮き出たりします。女性は美容面からも下肢静脈瘤はイヤでしょう。目を覆いたくなりますが珍しい病気ではありません。誰もがかかるリスクがあります。ふくらはぎの機能が弱まり、血液の循環が悪化すると、そうした利点が損なわれるばかりか、深刻な病気に陥る恐れがあります。ひどい時は歩行障害に陥ったり、死に至ったりする症例もあるから油断できないのです。足がつる(こむら返り)、むくむ(浮腫)、だるい。それらは、ふくらはぎが弱っているサインかもしれません。下肢静脈瘤が重症化してできた潰瘍(かいよう)ができることもあり、深刻な痛みを伴う場合もあるのです。血液がしっかり循環していると全身の細胞に栄養や酸素が届けられます。新陳代謝をよくし、免疫力が高まって脳も活性化します。

下肢静脈瘤の発症率は加齢とともに高くなります。70歳以上の75%が罹患しているとの報告もあります。女性の場合、妊娠経験者の5割が発症するとも言われています。両親ともに下肢静脈瘤がある場合、90%の確率で子どもにも発症します。しかし、下肢静脈瘤では自覚症状がほとんどありません。むくみ、かゆみ、こむら返りなど、体がサインを出していても見逃したり放置されたりしがちです。

下肢静脈瘤を放置すると、次のように症状が進むことがあります。まず、くるぶし付近の内側から肌の色が黒くなる色素沈着がみられます。そして、湿疹やうっ滞性皮膚炎かゆみを伴うようになります。爪でひっかいた傷に細菌が入ると、ただれ状態になります。さらに潰瘍ができると、赤く腫れて歩けなくなるほどの痛みや発熱を伴います。潰瘍ができると深刻です。皮膚がめくれて痛みが延々と続き日常生活に支障をきたします。歩行障害を起こし、行動範囲を狭め、生活の質(QOL)を著しく下げる場合もあります。症状の沈静化はできても根本的な治療をしないと再発するケースが多いのです。  つづく・・・

<関連記事>
・下肢静脈瘤 1
・下肢静脈瘤 3
・下肢静脈瘤 4
・下肢静脈瘤 5
・フレイル 1・2
・脚ヤセ注意 1・2
・肥満 1〜6
・サルコペニア肥満 1〜4
・腸内細菌と肥満 1〜4
・細マッチョ
・ぽっちゃり→長生き
・プロテイン 1・2
・筋力アップ 食事 1〜5
・タンパク質を摂ろう 1〜5
・加齢 コラーゲン 1〜4
・むくみ解消 「あずき茶」 1〜4
身体にイイ歩き方 1・2
・『養生七不可』

| 運動器のトラブル | 09:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
下肢静脈瘤 1

おはようございます。夏前に治療院の西側の窓に植えた
琉球朝顔が最後の一咲き中。有終の美を飾っています。

さて、人類は直立二足歩行を体得し一気に進化したと言われています。四足歩行の動物は地面に近い位置に心臓があります。ところが、ヒトは直立するので心臓の位置が高いです。足の指先まで送り届けられた血液を重力に逆らいながら心臓まで戻さねばならなりません。実はその重要な役割をふくらはぎが担っています。ふくらはぎにあるヒラメ筋腓腹筋(ひふくきん)などが伸縮し、ポンプのように血液をギュッと上に押し上げています。ですから「第二の心臓」といわれています。

足の周辺では重力の影響で血液がたまりやすいです。ふくらはぎのポンプ機能で血液は静脈を通って上の方に戻されます。そこで大事な働きをしているのが静脈弁です。弁は血液の逆流を防ぐため八の字形をしていて、血液を心臓に戻すときに開きます。足を長時間動かさないと筋肉ポンプが働かず血流が停滞してしまいます。さらに重力の影響も重なって弁が壊れると血液が逆流して末端の静脈が壊れ下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)となります。

足の静脈は筋肉の中にある深部静脈と、皮膚の下を走る表在静脈の二つに分けられます。立ちっぱなし運動不足で血流が滞ると、深部静脈に圧力がかかります。特に表在静脈が深部静脈に合流するところにある逆流防止弁に強い圧がかかると、最終的に弁が壊れます。すると深部静脈の血液が表在静脈に逆流して末端の静脈にたまっていき、その静脈が蛇行したり膨れたりして静脈瘤になるのです。発生頻度が高いのは大伏在(だいふくざい)静脈瘤です。くるぶし→ふくらはぎの内側→太腿の内側→足の付け根を結ぶ静脈の弁が壊れ、うっ血している状態です。その次は小伏在静脈瘤。かかと→ふくらはぎの中央→膝裏を結ぶ静脈に問題があります。足の付け根と膝の裏は弁が壊れやすく、下肢静脈瘤ができやすいです。弁が壊れる時点ではほとんど痛みを伴わないですが、放置して悪化すると問題がでてきます。  つづく・・・

<関連記事>
・下肢静脈瘤 2
・下肢静脈瘤 3
・下肢静脈瘤 4
・下肢静脈瘤 5
・フレイル 1・2
・脚ヤセ注意 1・2
・肥満 1〜6
・サルコペニア肥満 1〜4
・腸内細菌と肥満 1〜4
・細マッチョ
・ぽっちゃり→長生き
・プロテイン 1・2
・筋力アップ 食事 1〜5
・タンパク質を摂ろう 1〜5
・加齢 コラーゲン 1〜4
・むくみ解消 「あずき茶」 1〜4
身体にイイ歩き方 1・2
・『養生七不可』

| 運動器のトラブル | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
慢性の痛み モヤモヤ血管 14

おはようございます。蒸し暑いといったらありません。
カビも発生しやすいので風通しをよくしておきましょう。

さて、モヤモヤ血管セルフケアがあります。
モヤモヤ血管を提唱している江戸川病院・奥野裕次医師が
現在のところ最も信頼している指標は「再現性のある圧痛
です。「圧痛」というのは、ある部位を押してみて痛みが出ることです。
もちろん、非常に強い力で押せば、誰でも身体のどの部位
でも痛いでしょう。しかしこの場合は「わりと軽く押して
いるのに痛い
」状態です。しかも「右と左と同じように
押しているのに片方だけ痛い」などのときも圧痛だと言えます。
「再現性のある」というのは何度確かめても、毎回、同じように
再現されることです。例えば「膝の内側に再現性のある圧痛がある」
というのは、膝の内側のある点を押すと痛い。その患者さんは前回
も同じように痛がっていた。今日も何回か押してみたが毎回同じよう
に痛みが出る
ようなものです。

「再現性のある圧痛」のあるところに異常な血流あります。
圧痛があれば、多くの場合で異常なモヤモヤ血管がみつかります。
モヤモヤ血管がある圧痛部位を「15秒間くらいおさえて
圧迫する」だけで痛みが軽くなっていきます。圧痛部位を15秒圧迫
することで一時的にモヤモヤ血管の流れが遮断できます。量的な血管
いろいろな刺激に弱いと言う特徴があります。持続的に圧迫すること
少なくとも15秒の間、一定の力で押し続けます。押す強さは自分の
爪の色が白くなる
程度です。2週間くらい継続しましょう。
これを繰り返すことでモヤモヤ血管が減少していきます。1日3回
程度行えばイイでしょう。やり過ぎには注意してください。

持続的に圧迫する時間が短いとマッサージに近くなります。
長引く痛みを治すためにおこなうマッサージは注意が必要です。
中途半端なマッサージはモヤモヤ血管の流れを助長させること
になりかねません。痛みのある部位に直接、中途半端なマッサージ
をしてしまうと痛みを治すどころか反対に痛みが出てしまうことがあります。
特にお風呂の中で圧痛部位をマッサージするのは絶対にオススメしません。
それがモヤモヤ血管を助長してしまうからです。痛みがモヤモヤ血管
かハッキリしない場合は、病院に相談してからにしましょう。

長引く痛みを改善し再発させないような生活習慣が大切です。
〕酸素運動
痛くない範囲でできる運動を1日15分してみましょう。
週に1度だけ1時間運動するより、15分でも日々運動する
方が効果的です。ただし痛みの出ない範囲で行ってください。
散歩、ジョギング、自転車などが代表的ですが膝痛で歩けない
と言う人はそのような負担がかかりにくい運動でもイイです。

高カロリーの食事はやめましょう
モヤモヤ血管と食生活についてはっきりとわかっていることは、
高カロリー食がモヤモヤ血管を増やしてしまうということです。
長引く痛みは異常なモヤモヤ血管かもしれません。

長々とモヤモヤ血管について述べてきました。慢性疼痛
には鍼灸治療有効です。お困りの方は鍼灸院に相談
してみるのもオススメです。     〆

<関連記事>
・慢性の痛み モヤモヤ血管 1
・慢性の痛み モヤモヤ血管 2
・慢性の痛み モヤモヤ血管 3
・慢性の痛み モヤモヤ血管 4
・慢性の痛み モヤモヤ血管 5
・慢性の痛み モヤモヤ血管 6
・慢性の痛み モヤモヤ血管 7
・慢性の痛み モヤモヤ血管 8
・慢性の痛み モヤモヤ血管 9
・慢性の痛み モヤモヤ血管 10
・慢性の痛み モヤモヤ血管 11
・慢性の痛み モヤモヤ血管 12
・慢性の痛み モヤモヤ血管 13
・毛細血管って大事!! 1〜4

・血管力 1〜5
・微小血管狭心症 1〜3
・ピーナッツ 20粒
・慢性肩こり 1〜4
・スポーツ→膝痛 1〜5
・腰痛で薬漬け!? 1〜5
・腰痛はストレスから!? 1〜4
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・疲労回復 カッピング療法 1〜5
・刺絡(シラク)

| 運動器のトラブル | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
慢性の痛み モヤモヤ血管 13

おはようございます。自宅でのwi−fiをY社→W社に変更。
速度制限もなくこちらの方がストレスなく快適につながります。

さて、五十肩肩関節周囲炎)の痛みが良くならない、夜に肩が痛くて
眠れず起きてしまう人がいます。五十肩の痛みが長引いてしまう原因は、
肩の周りにしつこく続く慢性炎症です。その炎症は異常な血管である
モヤモヤ血管が維持されて慢性疼痛長引く痛み)が続きます。
五十肩の患者さんにはこのモヤモヤ血管がほぼ間違いなく存在し痛みの
原因になっています。

こういう五十肩の人に朗報です。運動器カテーテル治療
の臨床研究が全国で始まっています。モヤモヤ血管をターゲットにした
運動器カテーテル治療が全国の複数の施設で実施する臨床研究がスタート
しています。

下記の施設で受けることができます。
江戸川病院(東京都・江戸川区)
問い合わせ:03-3673-1221
担当:地域連携室・田雑(たぞう)

都島放射線科クリニック(大阪府・都島区)
問い合わせ:06-6923-3501
担当医:保本(やすもと)先生
http://www.osaka-igrt.or.jp/

防衛医科大学(埼玉県・所沢市)
問い合わせ: 04-2995-1689
担当医:放射線科 須山(すやま)先生

久留米大学医学部(福岡県・久留米市)
問い合わせ:0942-31-7576
担当医:放射線科 小金丸(こがねまる)先生
            つづく・・・
<関連記事>
・慢性の痛み モヤモヤ血管 1
・慢性の痛み モヤモヤ血管 2
・慢性の痛み モヤモヤ血管 3
・慢性の痛み モヤモヤ血管 4
・慢性の痛み モヤモヤ血管 5
・慢性の痛み モヤモヤ血管 6
・慢性の痛み モヤモヤ血管 7
・慢性の痛み モヤモヤ血管 8
・慢性の痛み モヤモヤ血管 9
・慢性の痛み モヤモヤ血管 10
・慢性の痛み モヤモヤ血管 11
・慢性の痛み モヤモヤ血管 12
・慢性の痛み モヤモヤ血管 14
・毛細血管って大事!! 1〜4

・血管力 1〜5
・微小血管狭心症 1〜3
・ピーナッツ 20粒
・慢性肩こり 1〜4
・スポーツ→膝痛 1〜5
・腰痛で薬漬け!? 1〜5
・腰痛はストレスから!? 1〜4
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・疲労回復 カッピング療法 1〜5
・刺絡(シラク)

| 運動器のトラブル | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
慢性の痛み モヤモヤ血管 12

おはようございます。グリーンカーテン用に寄せ植え
した朝顔が咲き始めました。紫色の花弁が涼やかです。

さて、運動器カテーテル治療ですべての痛みが取れる
訳ではありません。どういう痛みには効果がないのでしょうか?

々の変形が強い場合
膝や股関節
は変形が起きやすい関節です。ここに強い変形があって
痛い場合はカテーテル治療をしても、すぐに再び痛みが出てしまいます。
つまり「効果が持続しない」のです。このため、変形が強い方には
お勧めできません。ただし、変形が軽度な場合は効果が期待できる
場合があります。

非常に激しい運動をした時だけ痛く、普段は痛くないという場合
例えば、ランニングをし始めて最初は痛くないが10kmを超える
と痛み出す場合、筋肉などからの疲労の蓄積やフォームの乱れによる
物理的な変化によって痛みが出ていることがあります。この場合は
痛みにかかわる不要な血管がそもそもできていないので治療をしても
何も変わりません。そのため治療が適さないことがあります。

2燭の組織が挟まって痛みが出ている場合
例えば、半月板が損傷して挟まっているとか、軟骨の塊が関節
の中にできて、それが痛いとか、こういった場合はカテーテル治療
では効果がありません。靭帯が損傷されてしまってそれによる痛み
なども効きません。このような痛みは血管とは関係なく痛みを伝導
する神経線維の種類も違います。

で召把砲澆作り上げられている場合
痛みが長年治らない人の中には、多くはありませんが100人いたら、
2人くらいの割合で脳で痛みを作り上げてしまいます。 脳で痛みを
作ってしまっている場合は異常な血管でありませんから治療は無効です。
             つづく・・・
<関連記事>
・慢性の痛み モヤモヤ血管 1
・慢性の痛み モヤモヤ血管 2
・慢性の痛み モヤモヤ血管 3
・慢性の痛み モヤモヤ血管 4
・慢性の痛み モヤモヤ血管 5
・慢性の痛み モヤモヤ血管 6
・慢性の痛み モヤモヤ血管 7
・慢性の痛み モヤモヤ血管 8
・慢性の痛み モヤモヤ血管 9
・慢性の痛み モヤモヤ血管 10
・慢性の痛み モヤモヤ血管 11

・慢性の痛み モヤモヤ血管 13
・慢性の痛み モヤモヤ血管 14
・毛細血管って大事!! 1〜4
・血管力 1〜5
・微小血管狭心症 1〜3
・ピーナッツ 20粒
・慢性肩こり 1〜4
・スポーツ→膝痛 1〜5
・腰痛で薬漬け!? 1〜5
・腰痛はストレスから!? 1〜4
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・疲労回復 カッピング療法 1〜5
・刺絡(シラク)

| 運動器のトラブル | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
慢性の痛み モヤモヤ血管 11

おはようございます。昨日は刺絡学会出席してきました。
興味深い講話を聴くことができて非常に有意義な一日でした。

さて、五十肩肩関節周囲炎)、肩こり膝痛がなかなか
治らない。痛みが出ている部位は慢性炎症(治りにくい炎症)
が起きている状態です。そして炎症が起きている部位には必ず
異常血管が増加しています。人体は炎症が起こると普段は見られない
ような異常血管が増殖してきます。さらにその血管の周りには神経線維
が増えます。このモヤモヤ血管と神経(C繊維)の組み合わせが
増えてしまうとその部位にある細かいC線維が興奮状態になります。
普通であれば痛みを生じないような動きでも痛みの信号が脳に伝わる
ことになります。

余計なモヤモヤ血管を減らす治療は、これらの組織を保護して
あげることにもなります。いつまでも治りにくい慢性疼痛
(長引く痛み)で困っている人のために開発されたのが
運動器カテーテル治療」です。このカテーテル治療は、
カテーテルという細くて(1个頬たない)やわらかいチューブを使って、
そうした異常な血管のすぐそばまで進めていき、薬を入れてそれらの
働きを止めることで炎症症状を抑え、異常な神経の興奮を鎮めようという
治療です。そのまま放っておいても治らなかった炎症を速やかに鎮めること
により痛みを解決していく治療です。これを開発したのが江戸川病院の
奥野裕次医師です。

この治療は身体への負担が非常に少ないです。体のどこかを大きく切開
することはありません。そのため全身麻酔は不要です。局所麻酔
を少量用いるだけです。入院ではなく日帰り治療で治療時間も40分から
1時間程度
です。何度も受けるものではなく7割以上の方は1度
の治療で十分だそうです。また、日常生活はすぐに再開できます。
激しい運動でなければ翌日から身体を動かしても大丈夫です。
痛みの原因となったような激しい負担のかかる運動に限っては
2週間は休み、徐々に負荷をかけていきます。   つづく・・・

<関連記事>
・慢性の痛み モヤモヤ血管 1
・慢性の痛み モヤモヤ血管 2
・慢性の痛み モヤモヤ血管 3
・慢性の痛み モヤモヤ血管 4
・慢性の痛み モヤモヤ血管 5
・慢性の痛み モヤモヤ血管 6
・慢性の痛み モヤモヤ血管 7
・慢性の痛み モヤモヤ血管 8
・慢性の痛み モヤモヤ血管 9
・慢性の痛み モヤモヤ血管 10

・慢性の痛み モヤモヤ血管 12
・慢性の痛み モヤモヤ血管 13
・慢性の痛み モヤモヤ血管 14
・毛細血管って大事!! 1〜4
・血管力 1〜5
・微小血管狭心症 1〜3
・ピーナッツ 20粒
・慢性肩こり 1〜4
・スポーツ→膝痛 1〜5
・腰痛で薬漬け!? 1〜5
・腰痛はストレスから!? 1〜4
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・疲労回復 カッピング療法 1〜5
・刺絡(シラク)

| 運動器のトラブル | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
慢性の痛み モヤモヤ血管 10

おはようございます。明日は日本刺絡学会・学術大会です。
鍼灸用具の物販などは入場料もないので覗きに来てください。

さて、慢性疼痛(長引く痛み)を取り除くにはモヤモヤ血管
減らすことです。これが「運動器カテーテル治療
の基本です。「再現性のある圧痛」、じっとしていても痛い
安静時痛」のほとんどは異常血管が原因です。カテーテル治療
で異常な血管を処置すると比較的早いタイミング(多くは当日に)
改善することが多い痛みです。ただし、神経が障害されて
ジンジンとしびれたように痛い」という症状はカテーテル治療
には向きません


運動器カテーテル治療で血管を減らしても大丈夫なのでしょうか?
人体には、くまなく血管があるように思われていますが、
実はそうではありません。人体は血管が多いところと血管が
少ないところに分かれます。「軟骨下骨」という骨の部分には
血管が非常に多いですが「軟骨」の部分には血管がほとんど
ありません。これは軟骨が血管を寄せ付けない物質(Tenascin-C、
Biglycan、Tenomodulin、Decorin、Endostatin
など)を絶えず
分泌しているからです。この物質が出ていると血管が入り
込まないようになっています。軟骨以外にも靭帯といった
組織も血管を寄せ付けない物質が分泌されています。

ところが40歳を過ぎるとこれらの部位にも血管が入ってきて
しまいます。血管を寄せ付けない物質が枯渇して出なくなって
しまうからです。四十肩五十肩(肩関節周囲炎)がなぜ、
この年代から生じるかの答えでもあります。この年代になると
余計な血管ができやすくなり、このために肩が急に痛くなるのが
40〜50代に多いのです。肩だけでなく、膝痛なども始まりも
この年代です。つまり、この年代から余計なモヤモヤ血管が
できやすい体
になってしまうのです。

また、スポーツで体を酷使して「使い過ぎ」ている場合は、
もっと早い年代から異常なモヤモヤ血管ができやすくなっています。
痛みが出ている部位は慢性炎症(治りにくい炎症)が起きている
状態です。そして炎症が起きている部位には必ず異常血管が増えています。
使い過ぎによって軟骨・腱・靭帯などに細かい損傷加重されることで、
それが血管を呼び込みます。このように正常では血管が少ない部位に
血管ができてしまうのが長引く痛みの原因です。  つづく・・・

<関連記事>
・慢性の痛み モヤモヤ血管 1
・慢性の痛み モヤモヤ血管 2
・慢性の痛み モヤモヤ血管 3
・慢性の痛み モヤモヤ血管 4
・慢性の痛み モヤモヤ血管 5
・慢性の痛み モヤモヤ血管 6
・慢性の痛み モヤモヤ血管 7
・慢性の痛み モヤモヤ血管 8
・慢性の痛み モヤモヤ血管 9

・慢性の痛み モヤモヤ血管 11
・慢性の痛み モヤモヤ血管 12
・慢性の痛み モヤモヤ血管 13
・慢性の痛み モヤモヤ血管 14
・毛細血管って大事!! 1〜4
・血管力 1〜5
・微小血管狭心症 1〜3
・ピーナッツ 20粒
・慢性肩こり 1〜4
・スポーツ→膝痛 1〜5
・腰痛で薬漬け!? 1〜5
・腰痛はストレスから!? 1〜4
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・疲労回復 カッピング療法 1〜5
・刺絡(シラク)

| 運動器のトラブル | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/3PAGES
  • >>