● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
新型コロナウイルス 伝統医学で考える 4
おはようございます。今年は暖冬なので東京
桜の開花予報3月15日です。異常気象の春です。

さて、2020年2月21日、中国共産党の最高意思決定機関である党中央政治局は、新型コロナウイルス感染症感染拡大がまだピークに達していないとの見方を示しています。日本も同様です。初期対応のお粗末さが垣間見られて残念至極です。

東洋医学では新型コロナウイルス感染症を温疫(うんえき)や温病(うんびょう)、痧病(さびょう)と捉えることはできます。こられはこれは細菌やウイルスなどによる急性・伝染性・流行性の疾病の総称と捉えることができます。

細菌やウイルスなどに感染しても発症する人としない人がいます。そのことも東洋医学で一応の説明がつきます。『素問』生気通天論には「冬不蔵精、春必病温」(冬に精(せい)を蔵しなければ、春に温病になりやすい)とあります。冬は精を蓄える季節でありますから、つまり精を蓄えることは温病の予防に非常に重要なことです。

東洋医学の理論では生命活動を支える最も重要な精微物質とされています。精はに蓄えられた「腎気」や「元気」を生成するための原材料であり、人体の生殖機能、防御機能(免疫機能)、血液の生成、脳脊髄の栄養、老化現象などに広く関わります。精の蓄えが不足すれば、元気を生成する材料が足りず免疫機能の低下につながってくるのです。

したがってにしっかり栄養を摂り、精の生成を促して、冬に活動を控えて精を無駄に消耗せず、さらに寒の邪気に侵されないように気を付ければ、春の温病に罹りにくくなるのです。その他に外からの邪気侵入を防ぐ役を果たしている衛気(えいき)の働きを補助するために、春には少し早めに起きて自然の中で散歩をしたり、身体を伸ばしたりする運動を行い、温性の春野菜であるショウガ、ネギ、ニンニクの苗、ニラ、タデ、ヨモギ、カラシナなどを適量に摂取するのも効果的です。食事はあっさりしたものを選び、生のものや冷たいものを控えれば、より一層、予防効果が増します。

厚労省によると、新型コロナウイルス感染症の対策として、マスク(咳エチケット)、手洗いの励行を促しています。また多くの方が集まるイベントや行事等に参加される場合も会場の入り口にアルコール消毒液を設置するなど可能な範囲での対応をお願いしています。オリンピックイヤーの2020年です。米国でもインフルエンザが猛威を振るっていますので懸念材料です。多くの人々が行きかうと必然的に感染症は増加します。この状況を上手に乗り越えていきましょう!!  〆


<関連記事>
・新型コロナウイルス 伝統医学で考える 1
・新型コロナウイルス 伝統医学で考える 2 
・新型コロナウイルス 伝統医学で考える 3  

 

| 古典医書 歴史 制度 | 09:06 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
新型コロナウイルス 伝統医学で考える 3

おはようございます。今週末は3連休です。
しかし人が多く集まる場所は感染が心配です。

さて、感染拡大の一途をたどる新型コロナウイルス感染症。2020年2月20日、新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客だった80代の乗客男女2人の死亡が確認されています。厚労省によると、死亡した女性には持病がなく、2月5日に発熱し6日に下痢症状を呈して船内の医療機関を受診。感染を調べる検査と外部の医療機関への搬送が行われたのは12日だった。搬送日には酸素投与を受けており、既に状態が悪化していました。新型コロナウイルス感染の陽性が出て1週間で死亡しています。死亡した男性には、狭心症の治療歴と気管支喘息の持病があり、10日に発熱し、こちらも陽性が出て1週間で死亡しています。

このような感染症を伝統医学では温疫(うんえき)や温病(うんびょう)と捉えることができます。これらは細菌やウイルスなどによる急性・伝染性・流行性の疾病の総称と捉えることができます。

清代初期には痧病(さびょう)の専門書である『痧脹玉衡』(さちょうぎょくこう。1675年刊)を郭志邃(右陶)が撰著しています。痧病は急性・伝染性・流行性のいずれかを含む疾病の総称であり、多彩な症状を呈しますが、特有の症状はなく重篤化しやすい傾向があります。郭氏が確立した痧病は温疫や温病と傷寒の概念を取り入れて郭氏独自の理論も組み込まれたハイブリット型ということもできます。


痧症の病因は外感(暑気・時行不正の気・伏寒伏熱)および疫邪(匍ぁΡ峙ぁ穢気)であり、これらを感受し発症します。外感は温病に関わりますが、広義の傷寒に温病は含まれます。疫邪は温疫の病因と共通します。現代西洋医学では、熱性疫病、皮疹、麻疹、一般的な暑熱病症、霍乱、インフルエンザ、急性胃腸炎、中暑(熱中症)、ショックなどが痧病に相当すると考えられています。

痧病も急性・伝染性で死に至る疾患です。『痧脹玉衡』痧症発蒙論には「痧有為真心痛、亦朝発夕死、夕発旦死」とあります。要約すると「痧病には真心痛があり、朝に発症して夕方には死に至り、夕方に発症すれば明朝には死亡する」とあります。真頭痛とは、『霊枢』厥病に「真頭痛、頭痛甚、脳尽痛、手足寒至節、死不治」とあります。要約すると「真頭痛は、甚だしい頭痛で、脳も痛み、手足が冷たく、これが肘や膝に至れば、死症で不治である」とあります。真頭痛は急性の激痛性の頭痛で悪寒、吐き気、嘔吐、手足の冷えなどを伴います。

また序には「憶昔癸未秋、余在燕都、其時疫病大作(中略)日死人数千(中略)此痧也」とあります。要約すると「1643年、北京で疫病が大流行した。死者は1日で数千人にも上った。これは痧病である」とあります。このように急性・伝染性で多彩な症状を呈する新型コロナウイルス感染症に痧病は類似しています。

そして診断・治療では、温疫概念を取り入れながらも『傷寒論』が重視する脈診を取り入れるなど双方の有益な部分を採用し独自の論理を展開しています。 時代の変遷とともに痧の疾病概念や治療法は洗練されていきました。しかし清代末期には多種の感染症に難病も内包され痧病名が膨れ上がります。また温病のような弁証論治も確立されず、旧来の理論と治療では効果も上がらず衰退しました。さらに近現代における細菌学の確立により、広範におよぶ痧の疾病概念は時代にそぐわず、省みられる必要がなくなり痧病は衰退していきます。


しかし現代でも痧病の治療法のひとつである刮痧(かっさ)は民間療法として定着しています。また匍い覆匹留崋戮血分に入り痧毒となり瘀滞し、膝窩・肘窩に深青色・紫色などに皮静脈が怒張した痧筋(さきん)がみられる場合は、この痧毒を排泄するために微量出血させる治療法は、現代でも少数民族の間で民間伝統医療として存続されています。

痧病に関して興味のある方は、拙論「痧病と痧筋の概念について」(全日本鍼灸学会雑誌 69(1), 26-40, 2019)、「『痧脹玉衡』における痧症の診断に関する文献研究―脈診を中心として―」(伝統鍼灸46巻3号(2020年春)掲載予定)を参照してください。   つづく・・・


<関連記事>
・新型コロナウイルス 伝統医学で考える 1
・新型コロナウイルス 伝統医学で考える 2 
・新型コロナウイルス 伝統医学で考える 4  

 

| 古典医書 歴史 制度 | 10:15 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
新型コロナウイルス 伝統医学で考える 2

おはようございます。新しい自転車を注文しました。
ブリヂストンの「TB1e」。納車は3月下旬だとか…

さて、東洋医学では新型コロナウイルス感染症をどのようにように捉えているでしょうか。

後漢末期から三国時代に張仲景(ちょうちゅうけい)が編纂した『傷寒論』(しょうかんろん)があります。傷寒は名前の通り、主に風邪寒邪に侵されて発症する急性外感熱症です。『傷寒論』の前文には「余宗族素多、向余二百、建安記年以来、猶未十年、其死亡者、三分有二、傷寒十居其七」とあります。要約すると「一族200人余りが居たが、建安(後漢の献帝の治世元号。196〜220)になって10年も経過しないのに死亡した者が2/3で、そのうち傷寒が7/10である」とあります。現代西洋医学では、これらは風邪の症状のほか、インフルエンザ、腸チフス、マラリアなどの発熱を伴う感染症も含まれていたと考えられています。

そして中国では明代末期から清代初期にかけて疫病の大流行が度々起こっています。『明史』には1408年から1643年の間に疫病の大流行が19回あったと記録されています。この傷寒に基づく治療法では治らない病気が多くあったのです。『傷寒論』の時代には温病について一応記載されていますが、残念ながら深い考察がなされていません。しかし、傷寒派により明代末期から清代初期には再び『傷寒論』研究ブームが起きています。

一方、明代末期には呉又可(ごゆうか)が『温疫論』(1642)を著して温疫(うんえき)という概念を提出します。温疫の病因は傷寒とは異なり、天地間に存在する異気(戻気・癘気ともいう雑気の一種)が伝染します。各種の異気が各々の諸種伝染病の病因となります。各異気はいずれも口鼻から侵入し、まず膜原という半表半裏を侵します。これは一種の潜伏期間です。その後、異気ごとに固有の部位に到達して病変を起こします。同一の異気あれば感染者は同病となります。これは細菌やウイルスなどによる急性・伝染性・流行性の疾病の総称と捉えることができます。

温疫をさらに発展させたのが温病(うんびょう)です。温病は病邪が体内に侵入して起る発熱を主症状とする全身疾患をいいます。外感熱病は主に細菌やウイルスなど病原微生物の感染症に相当し、他に寒冷・暑熱・潮湿などの要因で発生する疾病も含まれます。現代西洋医学的には気道感染症、インフルエンザ、日本脳炎、ポリオ、流行性脳脊髄膜炎、耳下腺炎、伝染性肝炎などの疾患が考えられています。温病の症状は発熱にのど痛、咳、痰などの呼吸器症状が強いのが特徴です。新型肺炎とも呼ばれる新型コロナウイルス感染症の症状に類似しています。

そして温病にはいろいろあるのですが、春に発生する温病を春温(しゅんおん)あるいは風温(ふうおん)があります。温病は現代西洋医学の感染症に似た特徴があり、感染性や流行性をもつのが多いのです。春温は名前の通り、春の時期に発生した発熱を主症状とした急性疾患です。その病因を温邪(おんじゃ)といいます。春温の温邪は口と鼻から体内に入り、まず肺(呼吸器)を侵します。症状の特徴としては、高熱、咽喉痛、口渇、咳などの症状が出ます。病状が進展すれば、心包や心を侵し意識障害などの症状が起きて重篤になります。どうですか、これ新型コロナウイルス感染症の症状にそっくりでしょう!! 

春温の中に温邪に侵されてから間もなく発症するパターンもあれば、冬に寒邪に侵された後春になってから発症するパターンもあります。温邪に侵されてすぐに発症するパターンは風温といい、冬に寒邪に侵されて春になって発症するパターンは春温、あるいは伏気温病(ふくきうんびょう)といいます。一般的に春温は風温より症状が強く、重症になりやすいとされています。  つづく・・・

<関連記事>
・新型コロナウイルス 伝統医学で考える 1
・新型コロナウイルス 伝統医学で考える 3 
・新型コロナウイルス 伝統医学で考える 4  

 

| 古典医書 歴史 制度 | 09:40 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
新型コロナウイルス 伝統医学で考える 1

おはようございます。昨日、確定申告に行ってきました。
毎年、この時期がせわしなくて… 取り合えずホッ!!

さて、2019年12月に中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス感染症COVID-19)は、武漢市を中心に大規模な流行が認められ、日本を含めた世界各国で患者報告数が徐々に増加傾向にあり、毎日情報が更新されています。中国の国家衛生健康委員会は2020年2月18日の時点で感染者は累計で72,436人です。19日では中国本土の死者が累計2004人に達したと発表しています。まだまだ感染者数および死亡者数は増加傾向にあります。一方、19日の時点で日本では感染者数は615人、死亡は1人です。

 世界保健機関(WHO)テドロス・アダノム事務局長は今回のコロナウイルスによる肺炎について、重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)ほど致命的ではないと指摘しています。80%以上の患者は軽い病状で回復しており、肺炎や呼吸困難など重症になるのは14%程度、呼吸器不全、敗血症性ショック、多臓器不全などで重篤になるのは5%程度、致死率は2%としています。

厚労省によると、新型コロナウイルス感染症の症状は、風邪の症状や37.5℃以上発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)。そして強いだるさ倦怠感)や息苦しさ呼吸困難)があることとしています。

2020年2月18日、杉並区和田にある立正佼成会附属佼成病院でも入院患者から新型コロナウイルスの感染が確認されています。感染拡大を防ぐために外来診療は休診しています。当院も同じ杉並区にあり、ここまで新型コロナウイルスがここまで近寄って来たかと爆発的な感染の広がりに危惧しています。 ところで東洋医学では新型コロナウイルス感染症をどのようにように捉えているでしょうか。  つづく・・・


<関連記事>
・新型コロナウイルス 伝統医学で考える 2
・新型コロナウイルス 伝統医学で考える 3 
・新型コロナウイルス 伝統医学で考える 4  

 

| 古典医書 歴史 制度 | 12:49 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
「ハリトヒト。」に掲載されました

おはようございます。今週末はもしかして
例年、降雪量が多い地域は暖冬で少ないようです。

さて、2019年3月からwebマガジン「ハリトヒト。」が始動しています。鍼灸師さんでも、まだまだ知らない人もいるかもしれません。鍼灸師キャリアパスを考えるきっかけになりたいと有志が集ったことが始まりだそうです。キャリアパスとは、目標とするポジションやキャリアに向かって必要なステップを踏んでいくための順序や道筋を意味します。


編集部のメンバーは、全員、日々臨床をしている現役鍼灸師さんです。本業のかたわら取材や制作活動をしています。メンバーを突き動かすのは、鍼灸と鍼灸師たちへの興味、そして鍼灸師たちの言葉を残していくことへの情熱。活動を続けていくことで鍼灸師をはじめ、鍼灸業界に携わるヒトたちの言葉や実態を記録しています。

この「ハリトヒト。」のターゲットは鍼灸業界でキャリアパスを考えている学生初学者です。迷える?鍼灸学校の生徒や初学者の道しるべとなるであろう鍼灸師さんたちをピックアップしてインタビュー形式で書かれています。取り上げられた鍼灸師さんのインタビュー記事、マンガ、おすすめ選書をwebにアップしています。そしてクラウドファンディングで資金を集め、随時、製本化もされています。すでにvol.1〜2がアマゾンなどでも購入できます。

創刊1年目にインタビューされたみたいで、どうやら小生の鍼灸業界でのキャリアパスに興味をもってもらったようです。「ハリトヒト。」の発起人である津田昌樹先生とは大学院のゼミ仲間に紹介してもらい面識がありました。学会で一緒に数度ご一緒させていただきましたが、覚えていただいていたようで、企画段階でインタビューしたい人の中に挙げていただいてたようでうれしいです。そしてインタビューに来てくれたのが、鍼灸専門学校で同じクラスだった卜部さん(旧姓・滝沢さん)でした。ということで自分のキャリアパスが学生や初学者に役に立つかはわかりません。面白いことも言えていませんが、よろしかったら読んでみてください。  〆

| 古典医書 歴史 制度 | 13:43 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
専門実践教育訓練給付金制度 2

おはようございます。しばらく連休でしたので
調子がイマイチで休み疲れの方はいませんか!? 

さて、専門実践教育訓練給付金制度をご存じですか!? 働く方の能力アップやキャリアアップを支援するため、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講して、一定の要件を満たした方に対して受講費用の一部を給付する制度です。

対象となる専門実践教育訓練は、業務独占資格、名称独占資格の取得を目指す養成施設の課程(訓練期間1〜3年)や専門学校の職業実践専門課程(訓練期間2年)です。つまり、看護師鍼灸師介護福祉士保育士建築士などです。その他、職業実践力育成プログラム(正規課程は訓練期間が1年以上2年以内、特別の課程は訓練時間が120時間以上かつ訓練期間が2年以内)です。大学、大学院、短期大学及び高等専門学校の正規課程及び履修証明プログラムのうち、社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムとして文部科学大臣が認定した課程です。また、情報通信技術や第四次産業革命スキル習得講座などでITスキル標準(ITSS)のレベル3相当またが4相当以上なども含まれます。

鍼灸専門学校もその対象です。都内では東京医療専門学校(四谷)、新宿医療専門学校(四谷)、東洋医療専門学校(大久保)、日本鍼灸理療専門学校(渋谷)、東京衛生学園専門学校(大田区)、日本医学柔整鍼灸専門学校(高田馬場)、東京医療福祉専門学校(八丁堀)、中央医療学園専門学校(荒川)、東京メディカル・スポーツ専門学校(西葛西)などです。関東近県では、関東鍼灸専門学校(千葉市美浜区)、呉竹鍼灸柔整専門学校(新横浜)、神奈川衛生学園専門学校(横須賀)、呉竹医療専門学校(大宮)、育英メディカル専門学校(前橋)、神奈川柔整鍼灸専門学校(相模原)、横浜医療専門学校(横浜)などです。

その他、札幌青葉鍼灸柔整専門学校(札幌市中央区)、北海道鍼灸専門学校(札幌市西区)、赤門鍼灸柔整専門学校(仙台市青葉区)、福島医療専門学校(郡山)、ICM国際メディカル専門学校(新潟)、東海医療学園専門学校(熱海)、専門学校 浜松医療学院(浜松)、中和医療専門学校(愛知県稲沢市)、京都仏眼鍼灸理療専門学校(京都)、平成医療学園専門学校(大阪府梅田)、明治東洋医学院専門学校(大阪府梅田)、関西医療学園専門学校(大阪府住吉区)、東洋医療専門学校(大阪府淀川区)、神戸東洋医療学院(神戸)、朝日医療大学校(岡山)、IGL医療福祉専門学校(広島)、福岡医療専門学校(福岡市)、九州医療スポーツ専門学校(北九州市小倉北区)、沖縄統合医療学院(浦添市)などが対象校です。専門実践教育訓練給付金は最大168万円給付されます。給付金を受給しながら国家資格も取得できる制度です。

世の中、少子高齢社会ですから専門学校も生徒集めで色々と学費免除などをやっているので調べてみてください。社会人を続けてきて「この仕事、後数十年続けるの…」など将来の不安がある人は”手に職をつける”のもイイ選択しかもしれません。しかし、鍼灸師という国家資格で”喰っていける”かどうかの保証はありません。必要最低限度の知識と技術を学ぶのが専門学校です。他人より秀でるには”人一倍の努力が必要”です。社会人にも門戸が開かれていますので良く検討してみてください。2020年も始まりました。皆さんにとって良い年になりますようにお祈りしております。  〆

<関連記事>
・専門実践教育訓練給付金制度 1

| 古典医書 歴史 制度 | 09:59 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
専門実践教育訓練給付金制度 1

明けまして、おめでとうございます。
本年もこれまで通り、よろしくお願いいたします。

さて、専門実践教育訓練給付金制度をご存じですか!? 働く方の能力アップキャリアアップを支援するため、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講して、一定の要件を満たした方に対して受講費用の一部を給付する制度です。これは平成26年10月から制度が拡充され、労働者の主体的な能力開発を支援する一般教育訓練給付と中長期的なキャリア形成を支援する専門実践教育訓練給付の2本建てになっています。

一般教育訓練給付は、一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者等(在職者)または一般被保険者等であった方(離職者)が、厚生労働大臣が指定する一般教育訓練を受講して修了した場合、本人が支払った教育訓練経費の20%上限10万円)をハローワークから支給する制度です。また、一般教育訓練給付は、教育訓練が修了してから支給申請を行います。

 専門実践教育訓練給付は、中長期的なキャリア形成を支援する教育訓練給付金です。専門的・実践的な訓練が対象となるため、給付率は一般教育訓練給付よりも高く、訓練の受講を修了・資格取得等をして修了から1年以内に就職に結びついた場合は追加の支給も受けられます。そして、専門実践教育訓練給付は、訓練期間中6か月ごとに支給申請を行うため教育訓練中から支給を受けられます。

平成30年1月からは「専門実践教育訓練給付」及び「教育訓練支援給付金」について、給付率の引上げを行う等の制度を拡充しています。専門実践教育訓練給付は、専門実践教育訓練を受講している間、また、修了した場合、その受講のために本人が支払った教育訓練経費の50%年間上限40万円)を原則2年(最大3年)まで、ハローワークから支給されます。また、修了後、資格取得などして正社員などに雇用された場合、教育訓練経費の70%年間上限56万円)が支給されます。なお、教育訓練を途中でやめた場合や講座ごとの基準により定められた訓練期間中に修了する見込みがなくなった場合は、それ以降支給されません。   つづく・・・


<関連記事>
・専門実践教育訓練給付金制度 2

| 古典医書 歴史 制度 | 13:37 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
宦官 2
おはようございます。今週末で仕事納めの方も
多いことでしょう。てんゆ堂28日(土)までです。

さて、北京には宦官文化陳列館があります。これによると去勢は内務府に属す慎刑司の管轄でしたが、明・清代の北京には政府から去勢を請け負う民間業者が出現しています。清朝末期の北京では南長街會計司胡同の“畢五”、地安門内方磚胡同の“小刀劉”が去勢業の双璧でした。共に設備が整っており技術が優れているために実績が高く死亡率も低かったようです。子供を太監にしたい人は、ここに去勢を依頼したことでしょう。

去勢は手術台では陰茎は天井から下げられた紐に縛って持ち上げカットしやすいようにするようです。または炕(オンドル)の上に腰を浮かせて座らされ刀子匠(執刀医)の助手が浄身者を押さえつけます。全ての準備が整うと刀子匠が数回、「後悔不後悔」(後悔しないか)と念を押し、少しでも躊躇すると浄身は中止されます。「没有悔恨」(後悔ない)と答えれば躊躇することなく即座に… 去勢に使うナイフは閹刀で中華包丁というより出刃包丁に近い形状です。または鎌型に湾曲した小刀陰茎と陰嚢を同時に切断します。

その後は白い紐あるいは繃帯で下腹部と大腿部を堅く縛り、術部を熱い辣椒湯洗浄します。辣椒湯はトウガラシの水溶液と考えられます。これもすざましい痛みと想像されます。医学史上、消毒法はJ.リスター(1827〜1912)が1960年代に外科学で初めて用い、後にコッホが伝染病に応用したのが始まるとされてます。ですから宦官が行われていた時代には、現代のような消毒法は存在しません。

そして白鑞(銅と亜鉛の合金)の針を尿道に挿入して栓をした後、冷水に浸した紙で包んで止血します。助手が浄身者を支えて部屋の中を2〜3時間ゆっくり歩かせ、そののち横にして休ませます。浄身後3日間は水を与えず、喉の渇きと傷口の痛みのため非常な苦痛を味わいますが、3日して白鑞の針を抜き取った時に尿が噴出すれば成功となり、そうでなければ苦悶し誰も救うことはできません。100日たって傷口が全快すると満州族の王府に送られて実務を習い、1年後には紫禁城に移されて正式の職に就くわけです。すざまじい浄身を経験して生きる道を宦官に求めた者の覚悟には敬服します。そうして無事に入宮を果たした太監たちの中から、さらに頭角を現し皇帝など宮中の権力者に仕え栄達する者も出てきます。   〆

<関連記事>
・宦官 1
| 古典医書 歴史 制度 | 09:45 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
宦官 1
おはようございます。ダウンの寝袋で知られるNANGA
のコラボ・ダウンジャケットを購入。これ”着る寝袋”です。

さて、中国には三大奇習というべきものがあります。 一般的には宦官(かんがん)・纏足(てんそく)・科挙(かきょ)と言われますが、宦官・纏足・人肉食とも言われます。今日は宦官に関する話。宦官は人工的に浄身(去勢)した男性です。中国では宦官を寺人奄人(えんじん)、閹人(えんじん)、浄身、中官、内豎(ないじゆ)などとも称します。ちなみに中国語で去勢は閹割です。最初は戦争で捕虜にした異民族死刑に次ぐ刑罰である宮刑を受けた者に用いられました。李陵の弁護をしたため宮刑にあった司馬遷の悲劇は有名です。

宦官の歴史は古く、古代の甲骨文字にも、すでに去勢を表す文字があります。後宮で働く男性たちと妃や宮女たちとの間に過ちが起きないよう去勢したのが宦官(太監)のはじまりとされています。陝西省にある前漢の第6代景帝(紀元前157〜紀元前141)の陵墓である陽陵から出土された紀元前141年頃の副葬品の土偶のレプリカには宦官俑があります。

時代の変遷とともに自ら去勢し宦官に志願するものが出てきます。この自宮(自ら去勢)ブームが頂点に達したのが明代(1368〜1644)です。幾度も禁令が出されてはいますが、効果が出ないどころかかえって希望者が増える始末でした。中国で官僚になるには科挙という超難関に試験に合格しなければいけません。才能があっても試験官との相性が悪いと合格できませんし、ある程度のお金持ちでなければ試験勉強すらできません。貧しい庶民では宮廷での出世ルートに乗る見込みはほとんどありません。宮廷に潜り込む究極の手口は自宮して宦官になる道があります。科挙、従軍、官吏、宦官が庶民の出世ルートであったのです。また宦官になると国が徴発して行う労役が免除されます。

さらに権力を握った宦官たちは皇帝並かそれ以上の贅沢に耽り親族までもその恩恵にあずかります。「宦官になればあんな贅沢ができる」と真似する者も多く出てきます。今も昔も彼の国では偉くなるとリベートやマージンを取るのは普通のことなのです。日本では公僕は成人君主のような清廉さを求められますが、あくまでも貪欲に金も地位も名誉も求めるというのは今昔変わらない一般的常識です。  つづく・・・

<関連記事>
・宦官 2
| 古典医書 歴史 制度 | 09:55 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
「はり」四字熟語

おはようございます。今日は今季一番の
冷え込みです。空気に初冬の気配を感じです。

さて、ついでにに関する四字熟語もみておきましょう。

/望棒大
読みは「しんしょうぼうだい」です。意味は、たいしたことない物事を、実際より大げさに言うことで、些細なことを大げさに誇張して言う意。語源は「針ほどのことを棒ほどに言う」ということわざです。針ほどの小さく些細なことを、棒ほどに大きく言うという意。類義語は、大言壮語(たいげんそうご)などです。

大海撈針
読みは「たいかいろうしん」です。意味は、非常に困難なこと、ほぼ実現不可能なこと。「撈」はすくい上げること。海の底に落ちた一本の針をすくい上げるという意。語源は「大海に針を撈(すく)う」の訓読です。類義語には、東海撈針(とうかいろうしん)、海底撈針(かいていろうしん)があります。

K犁郎鄂
読みは「ましょさくしん」です。意味は、惜しまずに努力し続ければ、必ず成就することのたとえ。類語には、磨斧作針(まふさくしん)があります。意味は同様です。学問に挫折した若い頃の李白(りはく。唐の詩人)が帰郷するか悩んでいると、鉄の斧を磨いている老女を見かけます。何をしているのか尋ねると「鉄の斧を磨いて針を作っている」と答えました。老女の行動から努力・根気の強さを学んだ李白は学問に励むようになったという故事からとっています。出典は南宋の地理書『方輿勝覧』(ほうよしょうらん)五三「磨針渓」です。

ぬ蔑∧饋
読みは「めんりほうしん」です。意味は、穏やかで優しそうに見えるが、実際は相手に気付かれないような悪意を持っていること。「裏」は内側という意味で、柔らかい綿の中に危険な針を隠すという意。「針」は害意のたとえ。「綿裏に針を包む」は訓読みになります。類義語は、笑裏蔵刀や内疎外親です。

ツ彩膂貎
読みは「ちょうもんのいっしん」です。意味は、要点を的確に突く戒めや忠告のこと。「針」は治療のために使う、鍼灸治療の針のこと。頭頂部にある百会(ひゃくえ)というツボを、一本の針で確実に突いて治療するという意。「頂門一鍼」とも書きます。出典は、北宋の蘇軾(そしょく)が著した『荀卿論』(じゅんけいろん)蘇軾の「以異説高論四字立安、煞是荀卿頂門一鍼」です。

このように針のつく四字熟語があります。スピーチなんかで織り交ぜられたらいいのに…  〆


<関連記事>
・「はり」故事・ことわざ 1〜3

| 古典医書 歴史 制度 | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/12PAGES
  • >>