● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
認知症の治療薬はない 3

おはようございます。アジサイの切り花を頂きました。
花瓶に生けると季節柄のせいか涼やかで癒されます。

さて、認知症の治療は薬物療法非薬物療法(脳活性リハビリテーション)に加えて適切なケアとなじみの環境の4つが柱となります。 認知症は予防に始まり、MCI軽度認知障害)、中等度〜終末期まで継ぎ目なしに診る「フルステージ診療」が主流になりつつあります。環境が変わると認知症の症状が悪化するため、なじみの環境の維持も重要です。また認知症の人は、自分が今いる場所や状況を正しく認識することができなくなる見当識障害を発症します。認知症の進行を遅らせるには、決まった時間に食事を摂るなど時間の感覚を維持させることが大切です。主治医選びは患者の状態をきちんと把握し、生活指導をしてくれるかがポイントになります。「主治医によって寿命が変わる」と言っても過言ではないのです。

また認知症は、自分の心持ちひとつで発症を遅らせたり、進行を遅らせたりできる病気でもあるのです。脳の中には記憶を司る海馬(かいば)があり、目や耳から入ってきた情報を集めて整理をしています。アルツハイマー型認知症は、この海馬が萎縮することで発症します。逆に言えば、海馬を元気にするような生活を送ることが健康な脳を保つ秘訣です。脳細胞の代謝には酸素が必要不可欠です。特に海馬は脳の中でも多くの酸素を必要とします。深呼吸や瞑想、適度な運動をするなど新鮮な酸素を豊富に取り入れるようにしましょう

ほとんどの認知症は、現在の医学では治すことはできません。喫煙者は非喫煙者よりも約4倍糖尿病の人もそうでない人に比べると約4倍アルツハイマー型認知症になりやすいといわれています。つまり生活習慣病予防・治療することが、認知症予防につながります。たばこや深酒をやめて規則正しい生活を心がけましょう。また魚、野菜、ナッツ類など認知症予防によいとされる食材を積極的に取り入れつつ、バランスのよい食事をすると脳の働きも活性化します。脳は日々の刺激によって変化し成長するので、常に新しいことに興味を持って挑戦し、熱中できる趣味を見つけて続けることでストレスが軽減されます。新聞を読んだり、いろんな人とコミュニケーションをとったりするなど、意識して脳を使う生活に変えていきましょう。適度な運動を行い足腰を丈夫に保つことも大切です。認知症を予防することは難しくないのです。知的活動、適切な栄養、適度な運動、社会参加が認知症予防となります。脳を若々しく保つために、自分の生活を振り返ってみることが大切です。一方的に怖がらずに理解し、毎日の生活を変えることが大切になります。  〆

<関連記事>
・認知症の治療薬はない 1
・認知症の治療薬はない 2
・アルツハイマー型認知症と歯周病 1・2

・フレイル 1・2
・軽度認知機能障害(MCI)1〜5
・睡眠薬→アルツハイマー型認知症 1〜3
・認知症 セルフチェック
・「認知症」の予防法
・サフランと認知症 1〜3
・認知症と漢方薬 1〜3
・認知症の費用 1・2
・若年性アルツハイマー病 1・2
・高齢者虐待 1〜3
・少子・高齢社会と移民 1〜4
・ジャパンシンドローム 1〜3
・人間だもの

| 高齢者 加齢 | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
認知症の治療薬はない 2

おはようございます。植え替えた朝顔のひとつが
今朝、白い花を咲かせていました。何かウレシイ!!

さて、現在の日本には約600万人認知症患者がいるとされています。2017年1年間に全国の警察に届け出のあった認知症の行方不明者は前年比431人増の1万5863人。統計を取り始めた2012年以降で5年連続の増加となっています。

認知症の診断基準として、,金(請求書)の支払いができない。¬瑤良用が守れない。これが指標となっています。前者は信用を失ったり周りの人を巻き込んで迷惑をかけたりし、後者は自分の命にかかわったりします。認知症は本人や家族の生活に影響を及ぼすからこそ、介護が大変な病気と認識されているのです。

認知症が疑われたら、専門医がいる「物忘れ外来」や「認知症外来」を受診しましょう。一般病院の場合は、神経内科、脳神経外科、老年科を初診に選ぶことが多いです。親族の方が病院に行くことを話す際には、その方の心やプライドを傷つけないことが大切です。家族に対する不信感を抱かせないように注意しましょう。頭ごなしに説得することは禁物です。どうしても受診を拒否する場合には、各市町村の認知症初期集中支援チームに相談すると、チームメンバーが自宅にまで来てくれるサービスもあります。

病院ではまず問診をします。付き添いの家族と本人を個別に最近の生活の様子や病歴、服用している薬などが聞かれます。次の検査は心理検査・知能検査で本人の記憶力や認知機能の程度を調べ、簡易長谷川式認知症スケールMMSE(ミニメンタルステート検査)を行います。また、鑑別診断としてビタミン欠乏症甲状腺機能低下症がないか血液検査をします。さらにCT(脳の断面図を撮影し、脳の萎縮や変化を調べる)、MRI(脳の周りに電磁波を当てて、脳の萎縮を診る)では、腫瘍や脳梗塞などの病変の有無を検査します。初期に一定の部位の血流が悪くなるアルツハイマー型認知症は、SPECT(脳の血流量を調べる)検査をすることで早期診断が可能です。検査結果を総合して医師が診断します。

認知症の根本治療薬はまだないです。ほとんどの認知症は神経変性疾患や脳血管障害が原因のため、認知機能を改善したり、進行を遅らせる薬はあります。しかし、それらの薬も有効率3〜4割程度なので、薬だけでは限界があります。認知症の治療は薬物療法に加えて、適切なケアを提供する、心とからだによいとされるリハビリテーションを行うことが大切です。認知症の治療は薬物療法と非薬物療法(脳活性リハビリテーション)に加えて適切なケアなじみの環境の4つが柱となります。   つづく・・・

<関連記事>
・認知症の治療薬はない 1
・認知症の治療薬はない 3
・アルツハイマー型認知症と歯周病 1・2

・フレイル 1・2
・軽度認知機能障害(MCI)1〜5
・睡眠薬→アルツハイマー型認知症 1〜3
・認知症 セルフチェック
・「認知症」の予防法
・サフランと認知症 1〜3
・認知症と漢方薬 1〜3
・認知症の費用 1・2
・若年性アルツハイマー病 1・2
・高齢者虐待 1〜3
・少子・高齢社会と移民 1〜4
・ジャパンシンドローム 1〜3
・人間だもの

| 高齢者 加齢 | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
認知症の治療薬はない 1

おはようございます。グリーンカーテンの西洋朝顔
が1本ダメになってしまいました。水あげ過ぎたかな!?

さて、現在の日本には600万人程度の認知症患者がいるとされています。認知症は、物忘れを主な症状とした脳の病気です。老化による物忘れと認知症の違いは、ヒントによって思い出せるかどうかです。老化による物忘れならば、通帳を「どこにしまったか」を忘れても、「書斎の机の中だったよね?」と言われると思い出せます。しかし認知症は「しまったこと」自体を忘れているので、人に教えられても思い出せないのが特徴です。

記憶には「覚える→保持する→引き出す」という3つの過程があります。加齢によるもの忘れは、引き出す機能が衰えることで起こります。頭の中にある膨大な情報から的確な内容を呼び出せなくなるのです。ただし記憶自体は残っているので、きっかけがあれば「あ、そうだった!」と思い出せます。しかし認知症は、3つすべてに障害が起こるので記憶自体がなくなってしまいます。

テレビで見たタレントの名前を忘れるなど、人の名前や地名といった固有名詞を忘れるのは老化の範囲内となります。しかし、テレビを見たという体験を忘れると認知症の可能性が高くなります。例えば、手紙に書いた内容を忘れるというような記憶の一部を忘れるのは老化ですが、手紙を書いた記憶をまるごと忘れるのは認知症の可能性があります。物忘れの度合いが自分で客観的にわかる段階は健康な状態です。認知症は忘れている自覚がないので、独居の方は気づきにくいのです。ただし記憶は、ストレス、飲酒、体調などによっても影響されます。物忘れがあったからといって過度に心配し過ぎずに、まずは生活に支障があるレベルかどうかで判断しましょう。

認知症の原因となる病気は70種類以上もあり、それらの原因から脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりすることで脳に障害が起こり生活に支障をきたします。まず記憶障害(物忘れ)が起こり、思考や判断力の低下、会話の途切れ、見当識が失われるなどといった認知機能障害が起こります。認知症の定義は、これらの障害が6カ月以上続き、社会生活や日常生活に支障をきたしている状態です。もっとも多い認知症の原因は、神経変性である「アルツハイマー型認知症」。また「脳血管性認知症」や「レビー小体型認知症」も数が多いため3大認知症と呼ばれ、全体の約90%を占めています。  つづく・・・

<関連記事>
・認知症の治療薬はない 2
・認知症の治療薬はない 3
・アルツハイマー型認知症と歯周病 1・2
・フレイル 1・2
・軽度認知機能障害(MCI)1〜5
・睡眠薬→アルツハイマー型認知症 1〜3
・認知症 セルフチェック
・「認知症」の予防法
・サフランと認知症 1〜3
・認知症と漢方薬 1〜3
・認知症の費用 1・2
・若年性アルツハイマー病 1・2
・高齢者虐待 1〜3
・少子・高齢社会と移民 1〜4
・ジャパンシンドローム 1〜3
・人間だもの

| 高齢者 加齢 | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
アルツハイマー型認知症と歯周病 2

おはようございます。近所のビワが色づいています。
初夏って感じがします。季節の移ろいってイイですね。

さて、発症因子に日常の生活習慣も関わるアルツハイマー型認知症は、成人の8割以上がかかっているとされる歯周病と深くかかわっている可能性が指摘されています。これまでにもアルツハイマー型認知症の患者のから歯周病菌が見つかるなど、その関連性が指摘されていました。

2017年5月、日本大学歯学部の落合邦康特任教授らの研究チームは、歯周病とアルツハイマー型認知症との関連性を示唆する、新たな動物実験結果を発表しています。認知症の中でもっとも多いアルツハイマー型認知症。その原因はまだ完全には解明されていませんが、体内で発生する酸化ストレスにより細胞や組織が悪影響を受けるのではないかという仮説があります。落合教授らのチームは歯周病の原因菌によってつくられる酪酸(らくさん)という物質を健康なラットの歯肉に注射。6時間後に調べると脳内の各部位で酸化ストレスが上昇し、なかでも記憶をつかさどる海馬(かいば)でのストレスが顕著だったのです。また、アルツハイマー型認知症の脳神経細胞内で過剰に増えるタウタンパク質も通常のラットに比べて42%増加しました。ラットの歯肉に注射した酪酸は歯周病患者の歯周ポケットで通常の10〜20倍も見つかっています。健康であればポケットにとどまっていても、歯肉の炎症などがあると組織から血管に入り込んで全身をめぐります。それが長期間つづくと脳に悪影響を与える可能性は十分にあります。

認知症と深くかかわる口の健康。なかでも「よく噛む」ことには大きな注目が集まっています。咀嚼とは単に歯で噛むというだけのことではありません。食べ物をかみ砕き、すりつぶし、唾液と混ぜ合わせてのみ込める状態までまとめる動作です。歯、舌、顎などが無意識のうちに協調し合うからこそできる複雑な動きです。日本咀嚼学会副理事長で日本歯科大学の志賀博教授は、ベッドに寝たまま上半身だけ起こして食事をした時には、座って食べる時ほど脳の血流は増えません。介護用ベッドを使っていたとしても、可能な限りいすなどに腰かけテーブルに向かって食べることを推奨しています。本来、咀嚼は無意識におこなうものです。噛むことに意識が向き過ぎない方が自然な食べ方を維持できます。何を食べるかは、特別に意識しなくてイイようです。

もしも認知症やその予備軍である軽度認知障害(MCI)であるという診断を受けた場合でも、「よく噛む」「自分で食べる」という行為は非常に大切です。高齢者の歯科医療に詳しい九州大学大学院の柏晴彦教授は、噛むことによる脳の刺激や血流の増加は、認知症の進行を遅らせる効果も期待できます。手や指の細かな動きも脳を活性化させますから、自分で箸やスプーンを使って食事をし、食後歯みがきするということで、できるだけ長く、普通の生活を維持することが可能になるとしています。

しっかり噛んで食べるという意味でも義歯の装着は大切ですが、広島大学の調査では、適合した義歯をつけることで認知症の患者の転倒回数が減ることもわかりました。歯を失い、噛み合わせが悪くなることで全身のバランス感覚も崩れるのです。単に義歯が入っているだけではなく、正しい噛み合わせの義歯をつけることで転倒などによる骨折を防ぎやすくなります。  〆

<関連記事>
・アルツハイマー型認知症と歯周病 1
・フレイル 1・2
・軽度認知機能障害(MCI)1〜5
・睡眠薬→アルツハイマー型認知症 1〜3
・認知症 セルフチェック
・「認知症」の予防法
・サフランと認知症 1〜3
・認知症と漢方薬 1〜3
・認知症の費用 1・2
・若年性アルツハイマー病 1・2
・高齢者虐待 1〜3
・少子・高齢社会と移民 1〜4
・ジャパンシンドローム 1〜3
・人間だもの

| 高齢者 加齢 | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
アルツハイマー型認知症と歯周病 1

おはようございます。週末は学会鹿児島に行って
来ました。大河ドラマの影響かにぎわっていました。

さて、女優で歌手の朝丘雪路さん(82)が2018年4月27日に死去しました。アルツハイマー型認知症を患い療養していたということです。お嬢様育ちで天真爛漫な方だったそうで、おっとりしたキャラながら美しい立ち居振る舞いが広く人気を集めました。こういう方でもイマー型認知症になってしまいます。

アルツハイマー型認知症とは、物忘れから気付くことが多く、今まで日常生活でできたことが少しずつできなくなっていきます。このアルツハイマー型認知症は、認知症の中でも最も多く、全体の6割を占める病気です。アルツハイマー型認知症が誘引する死亡率は、厚労省「人口動態統計(確定数)の概況」によると、2015年に女性の死亡順位で「アルツハイマー病」が上位10位に初めて入っています。

アルツハイマー型の原因は遺伝や日常の生活習慣など複数あるとされています。いまだ完全な解明には至っていませんが、主な原因はベータタンパクタウタンパクという異常なタンパク質が脳にたまって神経細胞が死んでしまい、脳が萎縮してしまいます。記憶を担っている海馬(かいば)という部分から萎縮が始まり、だんだんと脳全体に広がります。

アルツハイマー型認知症の主症状は認知機能障害新しいことが記憶できない、思い出せない、時間や場所がわからなくなり、すぐに忘れてしまうのが特徴です。新しく経験したことを記憶できず食事をしたこと自体を忘れてしまうのはそのためです。また、日付、昼か夜か、今いる場所、家族の顔などがわからなくなることもあります。さらに判断する力や理解する力が落ちて、食事を作ったり、おつりを計算することができなくなったりします。またBPSD(行動・心理症状)で経過中に無為・無関心、妄想、徘徊、抑うつ、興奮や暴力などの症状が現れることがあります。身体面の症状は進行してこないとわかりません。この病に特効薬はなく、根本的な治療薬の開発は遅々として進んでいません。

アルツハイマー型認知症は本人はすぐに忘れてしまうので何度も同じ質問や行動を繰り返し、ご家族や介護する方はイライラしてしまうことが多いです。「財布を盗られた」という物盗られ妄想も、本人にとっては現実です。盗んでいないと反論しても通じません。ポイントは同じことを言われても、穏やかな気持ちで、初めてのつもりで話を合わせましょう。食事後に「まだ食べていない」と言われた時には「食べたでしょう」ではなく、「これから食べましょうね」というように接しましょう。

実はアルツハイマー型認知症は、成人の8割以上がかかっているとされる歯周病と深くかかわっている可能性が指摘されています。これまでにもアルツハイマー型認知症の患者のから歯周病菌が見つかるなど、その関連性が指摘されていました。2017年5月、日本大学歯学部の落合邦康特任教授らの研究チームは、歯周病とアルツハイマー型認知症との関連性を示唆する、新たな動物実験結果を発表しています。  つづく・・・

<関連記事>
・アルツハイマー型認知症と歯周病 2
・フレイル 1・2
・軽度認知機能障害(MCI)1〜5
・睡眠薬→アルツハイマー型認知症 1〜3
・認知症 セルフチェック
・「認知症」の予防法
・サフランと認知症 1〜3
・認知症と漢方薬 1〜3
・認知症の費用 1・2
・若年性アルツハイマー病 1・2
・高齢者虐待 1〜3
・少子・高齢社会と移民 1〜4
・ジャパンシンドローム 1〜3
・人間だもの

 

| 高齢者 加齢 | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
高齢者医療の負担 3

おはようございます。来週臨時休診があります。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程お願いいたします。

さて、健康保険組合は公的医療保険を運営する公法人で、企業ごとに社員と扶養される家族が加入します。会社員の多くはこれに加入しています。この1389組合6割超赤字です。約23%の313組合は中小企業向けの協会けんぽの保険料率(平均10%)を上回って解散してもおかしくない状況にあるというのです。高齢者医療への負担の増大が財政悪化の要因です。

全国の派遣社員やその扶養家族約48万6000人が加入する「人材派遣健康保険組合」が、2018年度いっぱいで解散する方向で検討しています。また全国の生協(コープ)の従業員や扶養家族約16万4000人が加入する「日生協健康保険組合」も、早ければ2018年度いっぱいで解散する方向で検討しています。両健保とも医療費や高齢者医療への拠出金が年々上昇し赤字が続いている状況です。解散検討は高齢者医療への拠出金負担が重く保険料が上昇しているためです。高齢者の医療費は半分程度を現役世代の保険料で賄います。高齢化の進行で健保組合の負担はいっそう重くなるとみられ、今後さらに解散が相次ぐ可能性が高まっています。解散すると加入者は中小企業向けの「協会けんぽ」に移りますが、協会けんぽが発足した2008年以降で最大の移行人数となります。国は協会けんぽに補助金を出しており、両健保が移行した場合の新たな公費負担は約200億円の見通しです。

また、現在は厚生年金の支給開始年齢を65歳へ段階的に上げているところです。ところが、財務省は、さらに68歳まで延ばす案を提示しています。財務省は今後「人生100年時代」がやってくる中、年金財政が悪化することにより、将来世代の給付水準が低下。2035年以降団塊ジュニア世代が65歳になることなどを踏まえると、早期の支給開始年齢引き上げが望ましいというのです。その上で欧米の主要国が67、68歳としている現状を踏まえ、日本でも68歳へ引き上げる案を提示。平均寿命は伸びているため、高齢就労が促進され、納付保険料が増えて受給水準が上昇すると強調しています。高齢化で社会保障費が増える中、年金制度の持続可能性を確保する狙いです。

ということで、今後、健康保険組合の解散や厚生年金の支給開始年齢など老後のまさに死活問題が待ち受けています。誰もが好きで歳を取っている訳ではないんですがね…   〆

<関連記事>
・高齢者医療の負担 1
・高齢者医療の負担 2
・外国人 国保にタダ乗り 1〜3

・療養費 詐欺事件 1〜14
・療養費 不正請求 1〜7
・生活保護 貧困ビジネス 1〜8

| 高齢者 加齢 | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
高齢者医療の負担 2

おはようございます。今日は一転、肌寒い気温です。
無理せず一枚多く羽織りましょう。油断禁物です。

さて、健康保険組合は公的医療保険を運営する公法人で、企業ごとに社員と扶養される家族が加入します。社員700人以上なら国の認可を受けて単独で設立できます。保険料率を自主的に設定することができ、病気、けが、出産などの時、医療費の一部を負担したり、給付金を支給したりします。40歳以上の加入者については行政に代わって介護保険料を徴収しています。

2018年4月23日、健康保険組合連合会(健保連)は大企業の会社員らが加入する健保組合の今年度予算集計を公表。健保連によると組合員が納める保険料の総額は、前年度比2.07%増の8兆1010億円。このうち約半分の4兆1403億円は「法定給付費」として、組合員や家族が受診した際に窓口負担を超える部分として支払われます。約4割の3兆4925億円高齢者医療費現役世代が負担する分として使われますが、団塊の世代が全員75歳以上になる2025年には、この割合が5割超と見込まれるというのです。今年度でも2割以上の283組合では、既に法定給付費より高齢者向け負担の方が大きいのです。

赤字になるのは1389組合6割超。平均保険料率は前年度比0.051ポイント増の9.215%と11年連続で上昇し、約23%の313組合は中小企業向けの「協会けんぽ」の保険料率(平均10%)を上回って解散してもおかしくない状況にあるというのです。2007年に1518あった健保組合は、2018年には1389にまで減少。2025年度には380組合が協会けんぽを上回る保険料率になると予測されています。高齢者医療への負担の増大が財政悪化の要因で解散が広がれば、協会けんぽへの補助金として税金の投入も膨らむ見通しです。高齢者医療の負担見直しは喫緊の課題です。今すぐに手を打たなければ国民皆保険は必ず崩壊します。

高齢者向け負担増を賄うために保険料率が上がり、協会けんぽを超えた場合、解散して協会けんぽに移行した方が組合員の負担は軽くなります。しかし協会けんぽへの国の補助金が増える他、健保組合が実施していた人間ドック特定健診に対する助成などの恩恵を加入者が受けられなくなる可能性があります。  つづく・・・

<関連記事>
・高齢者医療の負担 1
・高齢者医療の負担 3
・外国人 国保にタダ乗り 1〜3

・療養費 詐欺事件 1〜14
・療養費 不正請求 1〜7
・生活保護 貧困ビジネス 1〜8

| 高齢者 加齢 | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
高齢者医療の負担 1

おはようございます。あっという間にGWは過ぎました。
連休疲れの方はいませんか!? 憂鬱な月曜日では!?

さて、厚労省によると2015年度に全国の医療機関に支払われた医療費の総額(国民医療費)は42兆3644億円。前年度より1兆5573億円増加。国民1人あたりも1万2200円増の33万3300円で、いずれも9年連続で過去最高を記録しています。この医療費をどうにか抑制するため、患者が医療機関の窓口で支払う自己負担分は、現在は69歳までの人は3割、75歳以上の人は1割を負担するのが原則です。70歳から74歳までの人は、1割から2割へ負担の段階的な引き上げが進んでいます。

先進国で最悪の水準の日本の財政を立て直すため、財務省の審議会では医療費や介護費の膨張を抑える制度の2018年4月に見直し案をまとめました。財務省は日本は他の国に比べて風邪など比較的軽い症状で診察を受ける頻度が高く、それが医療費の増加につながっていると指摘しています。そこで医療費を抑えるために、患者が病院などの窓口で支払う自己負担について、軽い風邪など少額の外来受診の場合は、一定額上乗せして自己負担を引き上げるべきだと提案しています。また患者の健康状態を把握している「かかりつけ医」を受診すれば、余分な検査代や薬代が減るとして、かかりつけ医以外の医療機関を受診する場合は、さらに上乗せ額を引き上げることも提案しています。

さらに医療機関に支払われる「診療報酬」は、今は全国一律の水準になっていますが、地域によって医療費の伸びにばらつきがあり、住民が支払う保険料の負担にも格差が出ていることから、自治体の判断で引き下げることができるようにするべきだと提案しています。財務省は都道府県が独自の判断で診療報酬の水準を決め、医療費の伸びが高い場合は報酬を引き下げたり、薬局の数が必要以上に増えた場合は薬の調剤の技術料を引き下げたりして医療費の総額を抑えるべきだと提案しています。

介護保険の分野では、掃除や調理などの身の回りの世話をする「生活援助のサービス」の見直しを提案しています。今の制度では介護を受ける人が、生活援助サービスを利用する場合でも、介護士の数など国の基準を満たした事業者のホームヘルパーなどを利用しなければなりません。財務省は介護費の膨張を抑えるためには、自治体の判断で地域の住民やボランティアを活用して安い費用でサービスを提供できるようにするべきだと提案しています。しかし財務省はサービスの質の低下につながらないように仕組み作りも必要だとしています。審議会は、これらの案を基に提言をまとめ今年6月までにまとまる国の新しい財政健全化の計画に反映させたいとしています。   つづく・・・

<関連記事>
・高齢者医療の負担 2
・高齢者医療の負担 3
・外国人 国保にタダ乗り 1〜3
・療養費 詐欺事件 1〜14
・療養費 不正請求 1〜7
・生活保護 貧困ビジネス 1〜8

| 高齢者 加齢 | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
オメガ3 認知機能に無効

おはようございます。確定申告の申告書の受付は2月16日(金)
から3月15日(木)までです。ついつい後回しになりがちです。 

さて、魚油などにはオメガ3脂肪酸は含まれており、これを摂取することで記憶力学習能力が高まるとされ、日本では「魚を食べると頭が良くなる」というイメージがあります。オメガ3脂肪酸の成分であるDHA(ドコサヘキサエン酸)には、血中の中性脂肪コレスレロール低減するなどの働きと共に、にもよい効果をもたらすとされていました。DHAが体内に取り込まれ、脳に到達するとニューロンやシナプスなどの神経細胞を柔軟にするという働きをすると考えられてきました。その根拠としてサケ、マグロ、オヒョウなどの魚を定期的に食べる人は、これらの種類の魚を食べない人に比べて、目、心臓、脳などの健康状態が良好であることが示されています。

米国立衛生研究所(NIH)が資金援助して行った研究によると、高齢者4000人を対象に5年間に及ぶ臨床検査を行いました。今回の研究では失明の主な原因の1つとされる「加齢黄斑変性」と呼ばれる眼疾患の患者を対象としたもので調査対象となった患者は平均年齢72歳の高齢者で男女比率は男性12%、女性58%です。被験者を無作為に2グループに分け、グループAにはプラセボ(偽薬)、グループBにはオメガ3脂肪酸(ドコサヘキサエン酸(DHA)・エイコサペンタエン酸(EPA))を含む錠剤を摂取させ、記憶および認知機能のテストを調査開始時に実施。そして2年後と4年後に同じテストを受けました。 その結果、各グループの認知機能テストの点数は時間とともに同程度減少しており、まったく変わらなかったのです。

サケ、マグロなどのオメガ3脂肪酸が豊富な魚を食べた人に対してのみで、DHAが体内に取り込まれ、脳に到達するとニューロンやシナプスなどの神経細胞を柔軟にするという働きがあり、オメガ3脂肪酸のサプリメントに関してはその効果が疑問視されていました。オメガ3脂肪酸を多く含む魚油サプリメントは通説に反して認知機能低下を抑制する効果はないとの結論です。ということで魚を食べれば頭は良くなるかもしれませんが、”魚油のサプリメントに頭を良くする効果はない”ということだけを覚えておいて、周りのお年寄りたちに教えてあげましょう。  〆

<関連記事>
・脂肪酸 オメガ 1〜3
・トクホ 健康油
・トランス脂肪酸 1〜4
・健康食品の虚偽誇大広告 1〜7
・健康食品 規制緩和 1〜9
・医食同源 1〜4
・食養生・薬膳 1〜6
・血管力 1〜5
・毛細血管って大事!! 1〜4
ポリフェノール 「レスベラトロル」
・高血圧予防・改善 チョコレート 1〜4
・刺絡(シラク)

| 高齢者 加齢 | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
加齢 コラーゲン 4

おはようございます。今日は節分です。 旧暦の節分は大晦日
あたり「けがれ」や「災い」を追い払いう厄払いも行われました。

さて、加齢とともに身体のクッションとなる結合組織の大部分の「コラーゲン」や「プロテオグリカン」が減少します。結合組織は成長とともに強度を増し、さらに加齢により柔軟性・伸展性を失っていきます。ですから、加齢とともに体が硬くなります。身体が柔らかいというのは簡単に言うと関節がよく曲がるということです。関節曲げるには関節を構成する結合組織が大きく伸び縮みできなくてはなりません。筋肉以外にも靱帯や関節包などの結合組織も関節の動きにかかわります。結合組織が柔軟であることが関節の可動域を大きくする要因であり、関節可動域が大きいと身体が柔らかいということになります。

身体が柔らかいと転倒などの事故が減ります。関節が柔軟で筋肉も柔軟に伸び縮みすることで様々な動きに対して余計な制限がかからず筋肉の緊張も起こりにくいため、肩こりや腰痛などの筋・筋膜性の痛みは発生しにくくなります。また、大きく筋肉が動くことで関節内を栄養する関節液の循環もよく、周囲の血行も良くなり末梢の筋肉にまで刺激が加わって疲労物質は蓄積しにくくなり、身体の隅々まで酸素や栄養素を行き届かせることができます。一定の柔軟性は疲れにくい身体づくりには必要です。

非コラーゲンタンパク質は細胞の中で色々な形をしています。その中の酵素タンパク質は丸い球状をしていて、多くは水に溶けた形で存在しています。ところがコラーゲン線維状で、水に溶けた形ではほとんど存在しません。体の中でコラーゲンやヒアルロン酸が多い部位は結合組織です。結合組織は体のありとあらゆるところに存在しています。なかでも皮膚(真皮の部分)、骨、軟骨、腱などに多く、目の網膜、血管の壁、歯と歯ぐきなどにも多く含まれています。コラーゲンやヒアルロン酸が衰えると、これらの細胞マトリックスがもろくなり健康を損ねたり老化引き金となります。

ですから、最近では高齢者でも積極的なタンパク質摂取が推奨されています。魚・肉・大豆加工食品など積極的に摂りましょう。プラス、ビタミンC・Aも摂りましょう。つまり、色々と食べるのがイイのです。これだけ食べていれば健康というものはないのです。そして、柔軟性を損なわないように適度な運動をしましょう。”体が硬くなると考え方も硬くなる”と考えられます。若さ=心身の柔軟性です。40歳を越すと一気に来ますよ〜。気を付けましょう。  〆

<関連記事>
・加齢 コラーゲン 1
・加齢 コラーゲン 2
・加齢 コラーゲン 3
・タンパク質を摂ろう 1〜5
・炭水化物不足 1〜3
・膝痛とコラーゲン 1〜3
・肥満 1〜6
・サルコペニア肥満 1〜4
・細マッチョ
・脚ヤセ注意 1・2
・加齢黄斑変性 1〜8
・老眼 スプーンで改善
・スマホ老眼 1〜3
・脊柱管狭窄症 1〜9

| 高齢者 加齢 | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/6PAGES
  • >>