● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
美容目的の豊胸リスク 3

おはようございます。今日はクリスマスイブ
振替休日ですがてんゆ堂診療しています。

さて、美容目的豊胸でジェル状の充塡剤注入しています。充塡剤はゼリーのような素材で管状の器具で大胸筋を覆う筋膜と乳腺側の筋膜の間に注入します。化学物質のポリアクリルアミドと水を混ぜたものやシリコーン、ヒアルロン酸などの素材が使われています。人体に吸収されないアクアフィリング24%で最も多く使用されています。充填剤注入による豊胸術は合併症リスクが高いと考えられており問題視されています。

また問題を起こすのは技術のない医師との指摘もあります。日本美容外科学会(JSAPS、正会員1220人)は2018年11月27日、東京・霞が関の厚労省で会見し「非常に安易な施術で誰でもできるため多く行われている。施術を受ける前にリスクについて説明を受けてほしい」と呼びかけています。日本美容外科学会は関連学会と連携し、1年以内を目標にジェル状の充填剤の使用中止などを盛り込んだ指針やガイドライン策定を目指しています。また国内では規制がないため厚労省にも、いつ誰がどう施術したか登録する仕組みや認可制などの仕組みを求めていくようです。

さらに豊胸や乳房の再建術でバッグ型の人工乳房を入れた後に感じた体の不調についてシリコーン製バッグのタイプは米国や日本で使用が認められていますが、医学界では安全性をめぐる議論が続いているのです。米国では施術で使う製品を巡り、1980年代以降、自己免疫疾患希少性がんなどの発症を指摘する声が相次いだのです。一方、日本国内ではシリコーン製バッグにかかわる被害の報告は多くないようです。自己免疫疾患とみられる症状を訴える例はあるものの希少性ガンの発症は確認されていません。形成外科医で豪マコーリー大学アナンド・ディーバ教授は「シリコーン製バッグが原因で合併症を引き起こす可能性は低くない。問題への対処は不十分で安全性の担保は欠落したままだ」としています。

女性にとって”見た目”は大事です。しかし、やってから後悔してからでは遅い場合もあります。どんな医療行為でもリスク説明が不十分で問題が起こています。利用者や患者さん自身もネットの時代ですからリスクの予備知識を入れておいて、質問してみることも大事です。イイ医療従事者は必ずこういうことは丁寧に対応してくれます。  〆

<関連記事>
・美容目的の豊胸リスク 1
・美容目的の豊胸リスク 2
・美容トラブル 1〜4
・海外 美容トラブル 1〜3
・下肢静脈瘤 1〜5
・キャッチコピーに気をつけろ!! 1・2
・健康食品の虚偽誇大広告 1〜7
・医療機関 ウェブ広告規制 1〜5
・国家資格 あん摩・マッサージ・指圧師 1〜6
・厚生大臣免許保有証 1〜3
・家庭向け鍼用器具
・無資格施術でケガ 1・2
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・彫り師=医療行為 1・2

| 美容 | 09:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
美容目的の豊胸リスク 2

おはようございます。年内最後の3連休です。
年末寒波もあるようなので大掃除にイイかも!?

さて、美容目的充塡剤注入による豊胸感染症にかかった都内の30代女性は、子育ての授乳を終えて乳房が小さくなり垂れたことや「胸がない」と周りから言われたことに悩んでいました。そこで豊胸ができるクリニックをネットで探すと、海外で製造したジェル状の充塡剤を勧めていました。脇をわずかに切開管状の器具で乳房に注入する方法です。「最後は尿として排出され、合併症の心配はほとんどない」と書いてあったそうです。家族には相談せず「安全なら」とクリニックを受診。そこで両胸に計400ミリリットルを注入。保険が適用されないため代金は約100万円ローン契約しました。施術は30分。しかし数日しても右胸の痛みが… 1年が過ぎても充塡剤は取り切れず、胸の痛みが続いているというのです。

日本美容外科学会(JSAPS、正会員1220人)の大慈弥裕之理事長(福岡大副学長)は「充塡剤の豊胸目的での使用はやめるべきだ」と話していますし、別団体の日本美容外科学会(JSAS、会員975人)も2017年3月、「一部の充塡剤による豊胸について推奨できない」とする声明を発表しています。豊胸手術は世界的にはシリコンインプラントと脂肪注入が標準的治療です。豊胸目的の充塡剤をめぐっては、米国の食品医薬品局(FDA)は血管を詰まらせる危険があるなどとして使用禁止にしています。流通した場合は押収や罰金などの措置を取っています。また美容整形大国の韓国の学会は、2016年に日本でも多く使われている充填剤アクアフィリングを使った豊胸手術の中止勧告を出しています。

日本では豊胸目的で国の承認を受けたものはありません。一方、使用に対する規制がないため医師が自由診療の中で使っており、流通量ははっきりしないのが現状です。日本でも関連学会が会員に注意喚起を行っていますが、個人輸入でそうした充填剤が使われており、合併症の報告が相次いでいるのが実態です。豊胸の充塡剤は大胸筋を覆う筋膜と乳腺側の筋膜の間に入れます。その際に細菌に汚染されたり、充塡剤が乳腺に入ったりすると炎症などが起きる恐れがあります。充塡剤が乳腺や大胸筋などに散らばると、すべてを取り出すのは困難です。大慈弥理事長は「充填剤注入による豊胸術は合併症リスクが高いと考えられ、受けた人は長期間、専門の医療施設で健診を受けることが望ましい」と話しています。  つづく・・・

<関連記事>
・美容目的の豊胸リスク 1
・美容目的の豊胸リスク 3
・美容トラブル 1〜4
・海外 美容トラブル 1〜3
・下肢静脈瘤 1〜5
・キャッチコピーに気をつけろ!! 1・2
・健康食品の虚偽誇大広告 1〜7
・医療機関 ウェブ広告規制 1〜5
・国家資格 あん摩・マッサージ・指圧師 1〜6
・厚生大臣免許保有証 1〜3
・家庭向け鍼用器具
・無資格施術でケガ 1・2
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・彫り師=医療行為 1・2

| 美容 | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
美容目的の豊胸リスク 1

おはようございます。空気が乾燥して来ているので治療室
加湿器が登場。これで少しは抗ウイルス対策になります。

さて、美容目的豊胸でジェル状の充塡(じゅうてん)剤を使用します。充塡剤注入はゼリーのような素材で、管状の器具で乳房に注入します。化学物質のポリアクリルアミドと水を混ぜたものやシリコーン、ヒアルロン酸や化学物質などの素材が使われています。豊胸手術には、その他にシリコンの塊を挿入する「シリコンインプラント」、お腹などの脂肪を乳房に注入する「脂肪注入」などがあります。

中でも充填剤注入は注射器で胸の周りから注入するだけと手軽なため、多くのクリニックで行われており、日本美容外科学会(JSAPS、正会員1220人)が2017年に行った「全国美容医療実態調査」でも2017年には約1万1千件の豊胸術が行われ、その中の豊胸手術の約46%が充填剤注入が占めています。

注入されていた充填剤は、不明分を除くと人体に吸収されないアクアフィリング」が24%で最も多く、また「アクアリフト」と呼ばれる種類などが多かったようです。そしてヒアルロン酸とシリコーンオイルが各17%で続いています。シリコーン製のバッグと比べ、充塡剤は全身麻酔が不要で傷が小さく全国の美容クリニックで扱っています。またシリコーンバッグよりも胸が軟らかく仕上がるので患者の満足度は高いそうです。

2018年6〜7月、日本美容外科学会は形成外科医、3874人に充塡剤の使用に関するアンケート調査を実施しています。回答した132人のうち72人(55%)が計108件合併症を診察していました。症状別ではしこりなどの塊り44%感染症が22%、皮膚変化が8%、変形が6%などです。また、回答した医師132人が行った豊胸手術の半数以上が術後5年以上経ってから合併症を発症していました。  つづく・・・

<関連記事>
・美容目的の豊胸リスク 2
・美容目的の豊胸リスク 3
・美容トラブル 1〜4
・海外 美容トラブル 1〜3
・下肢静脈瘤 1〜5
・キャッチコピーに気をつけろ!! 1・2
・健康食品の虚偽誇大広告 1〜7
・医療機関 ウェブ広告規制 1〜5
・国家資格 あん摩・マッサージ・指圧師 1〜6
・厚生大臣免許保有証 1〜3
・家庭向け鍼用器具
・無資格施術でケガ 1・2
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・彫り師=医療行為 1・2

| 美容 | 09:17 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
下肢静脈瘤 5

おはようございます。荻窪にもいつの間にか
回転寿司スシローが… 早速行ってみました。

さて、下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)は仕事などで長時間立ち続けることが多い人や妊娠・出産を何度か経験している女性に多いです。足の血管に(こぶ)ができたり、網目状に青紫色の血管が浮き出たりします。女性は美容面からも下肢静脈瘤はイヤでしょう。足がつる(こむら返り)、むくむ(浮腫)、だるいなどはふくらはぎが弱っているサインかもしれません。下肢静脈瘤が重症化してできた潰瘍(かいよう)ができることもあり、深刻な痛みを伴う場合もあるのです。

血液がしっかり循環していると全身の細胞に栄養や酸素が届けられます。新陳代謝をよくし、免疫力が高まって脳も活性化します。医療用の弾性ストッキング(ハイソックス)や浮腫防止のソックスもイイですが、もっと手軽なのが少しでも足を動かすことです。踵やつま先をちょっと動かすだけでも効果はあります。ふくらはぎの外側に見えているのが腓腹筋(ひふくきん)で、その下にヒラメ筋が隠れています。足首を曲げ伸ばしすることで、この二つの筋肉が伸び縮みして血液を上へ押し上げます。飛行機や車での長時間の座っていなければならない時は、座った姿勢で踵を上げ下げするのでもOK。1回1分間を目安に1日に何回やっても構いません。長時間立ち続けたり、デスクワークが続いたりしたときに短時間でもやれば血流を促すことができます。

高齢者では腰や足に負担をかけずにできる座った姿勢で踵を上げ下げするのがオススメです。高齢者に多いのが1歩の歩幅が狭く、ちょこちょこと歩いて回転が速い歩き方です。足首を動かす角度が浅くなります。歩幅を広めにすることを意識して、しっかり足首を曲げ伸ばしして歩きましょう。スリッパでペタペタと擦りながら歩くのは、足首が使われないので素足の方がイイです。貧乏ゆすりも足を動かすことにつながります。自転車のペダルにつま先を置いてこぐのもイイです。老化に伴って血管が衰えても、周囲の筋肉はちょっとしたトレーニングで維持できます。激しい運動でなくても、継続していくことが健康の王道です。  〆

<関連記事>
・下肢静脈瘤 1
・下肢静脈瘤 2
・下肢静脈瘤 3
・下肢静脈瘤 4
・フレイル 1・2
・脚ヤセ注意 1・2
・肥満 1〜6
・サルコペニア肥満 1〜4
・腸内細菌と肥満 1〜4
・細マッチョ
・ぽっちゃり→長生き
・プロテイン 1・2
・筋力アップ 食事 1〜5
・タンパク質を摂ろう 1〜5
・加齢 コラーゲン 1〜4
・むくみ解消 「あずき茶」 1〜4
身体にイイ歩き方 1・2
・『養生七不可』

| 美容 | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
下肢静脈瘤 4

おはようございます。ルックのバスタブ
クレンジング
擦り洗い不要で便利です。

さて、下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)を放置すると突然死する肺塞栓症のリスクもあります。です。別名はエコノミークラス症候群で聞き覚えがあることでしょう。命にかかわる循環器疾患の中では、心筋梗塞症、大動脈解離と並び3大疾患とも言われています。長時間にわたって同じ姿勢でいると、静脈に血液の塊(血栓)ができ、これが肺動脈に運ばれて血管を詰まらせます。胸痛や呼吸困難を引き起こし死亡例もあります。

とくに危険なのは災害時です。避難所や車中で寝泊まりする人たちに対し医療関係者が注意を呼びかけています。寝返りもできないような狭いところでじっとしていると血栓ができやすくなります。トイレなどで立ち上がった時に血栓が血流に乗って運ばれ、血管が詰まることがあります。とりわけ高齢者が危険です。そして夏場はリスク大です。適度に水分を補給しないと脱水症状で血栓ができやすくなります。気温が高いと静脈壁が柔らかくなり、足に血液がたまりやすくなります。

また、むくみ(浮腫)は静脈のすぐ脇を流れるリンパ管に関係していることもあります。リンパ液も重力に逆らって上へ運ばれますが、むくんでいる人の何人かはリンパ液の流れが悪いです。従って、リンパ浮腫(ふしゅ)や深部静脈血栓症という病気に注意が必要だったり、心臓、肝臓、腎臓の働きが悪かったりする場合もあります。

昔の日本では脚絆(きゃくはん)を、欧州ではゲートルをふくらはぎに巻いていました。足を圧迫することで静脈の血流を改善し、下肢静脈瘤や肺塞栓症などを防ぐ効果があったのです。現代の代用品としては、医療用の弾性ストッキング(ハイソックス)があります。とくに女性で午後になり、帰る頃には足がパンパンという方も多いです。こういう方は昼食後に浮腫防止のソックスなどを履くのがポイントです。時間とともに重力の影響で下肢の静脈にある弁が広がり上に戻すはずの血液が溜まります。そして溜まった血液の水分が血管から溢れるのが浮腫です。ですから午後に浮腫防止ソックスで締め付けることで静脈の弁がいつものようにしっかり働くのをサポートしてくれるので浮腫防止には有効なのです。  つづく・・・

<関連記事>
・下肢静脈瘤 1
・下肢静脈瘤 2
・下肢静脈瘤 3
・下肢静脈瘤 5
・フレイル 1・2
・脚ヤセ注意 1・2
・肥満 1〜6
・サルコペニア肥満 1〜4
・腸内細菌と肥満 1〜4
・細マッチョ
・ぽっちゃり→長生き
・プロテイン 1・2
・筋力アップ 食事 1〜5
・タンパク質を摂ろう 1〜5
・加齢 コラーゲン 1〜4
・むくみ解消 「あずき茶」 1〜4
身体にイイ歩き方 1・2
・『養生七不可』

| 美容 | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
下肢静脈瘤 3

おはようございます。最低気温が10℃下回る
季節になりました。窓の結露も多くなる季節です。

さて、足の周辺では重力の影響血液がたまりやすいです。ふくらはぎのポンプ機能で血液は静脈を通って上の方に戻されます。そこで大事な働きをしているのが静脈弁です。弁は血液の逆流を防ぐため八の字形をしていて、血液を心臓に戻すときに開きます。足を長時間動かさないと筋肉ポンプが働かず血流が停滞してしまいます。さらに重力の影響も重なって弁が壊れると血液が逆流して末端の静脈が壊れ下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)になります。

下肢静脈瘤では足の血管に(こぶ)ができたり、網目状に青紫色の血管が浮き出たりします。女性は美容面からも下肢静脈瘤はイヤでしょう。しかし誰もがかかるリスクがあります。下肢静脈瘤の発症率は加齢とともに高くなります。70歳以上の75%が罹患しているとの報告もあります。女性の場合、妊娠経験者の5割が発症するとも言われています。両親ともに下肢静脈瘤がある場合、90%の確率で子どもにも発症します。ふくらはぎの機能が弱まり血液の循環が悪化すると、足がつる(こむら返り)、むくむ(浮腫)、だるい以外に深刻な病気に陥る恐れがあります。

下肢静脈瘤の危険度チェック(岩井武尚著『下肢静脈瘤・むくみは自分で治せる!』)です。〇纏などで長時間立ち続けることが多い。足がむくむ、ときどきかゆいこむら返りがよく起こる。近親者に下肢静脈瘤になった人がいる。妊娠・出産を何度か経験している。 つづく・・・

<関連記事>
・下肢静脈瘤 1
・下肢静脈瘤 2
・下肢静脈瘤 4
・下肢静脈瘤 5
・フレイル 1・2
・脚ヤセ注意 1・2
・肥満 1〜6
・サルコペニア肥満 1〜4
・腸内細菌と肥満 1〜4
・細マッチョ
・ぽっちゃり→長生き
・プロテイン 1・2
・筋力アップ 食事 1〜5
・タンパク質を摂ろう 1〜5
・加齢 コラーゲン 1〜4
・むくみ解消 「あずき茶」 1〜4
身体にイイ歩き方 1・2
・『養生七不可』

| 美容 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
下肢静脈瘤 2

おはようございます。今週末は3連休です。
てんゆ堂祝日土曜日診療いたします。

さて、下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)では足の血管に(こぶ)ができたり、網目状に青紫色の血管が浮き出たりします。女性は美容面からも下肢静脈瘤はイヤでしょう。目を覆いたくなりますが珍しい病気ではありません。誰もがかかるリスクがあります。ふくらはぎの機能が弱まり、血液の循環が悪化すると、そうした利点が損なわれるばかりか、深刻な病気に陥る恐れがあります。ひどい時は歩行障害に陥ったり、死に至ったりする症例もあるから油断できないのです。足がつる(こむら返り)、むくむ(浮腫)、だるい。それらは、ふくらはぎが弱っているサインかもしれません。下肢静脈瘤が重症化してできた潰瘍(かいよう)ができることもあり、深刻な痛みを伴う場合もあるのです。血液がしっかり循環していると全身の細胞に栄養や酸素が届けられます。新陳代謝をよくし、免疫力が高まって脳も活性化します。

下肢静脈瘤の発症率は加齢とともに高くなります。70歳以上の75%が罹患しているとの報告もあります。女性の場合、妊娠経験者の5割が発症するとも言われています。両親ともに下肢静脈瘤がある場合、90%の確率で子どもにも発症します。しかし、下肢静脈瘤では自覚症状がほとんどありません。むくみ、かゆみ、こむら返りなど、体がサインを出していても見逃したり放置されたりしがちです。

下肢静脈瘤を放置すると、次のように症状が進むことがあります。まず、くるぶし付近の内側から肌の色が黒くなる色素沈着がみられます。そして、湿疹やうっ滞性皮膚炎かゆみを伴うようになります。爪でひっかいた傷に細菌が入ると、ただれ状態になります。さらに潰瘍ができると、赤く腫れて歩けなくなるほどの痛みや発熱を伴います。潰瘍ができると深刻です。皮膚がめくれて痛みが延々と続き日常生活に支障をきたします。歩行障害を起こし、行動範囲を狭め、生活の質(QOL)を著しく下げる場合もあります。症状の沈静化はできても根本的な治療をしないと再発するケースが多いのです。  つづく・・・

<関連記事>
・下肢静脈瘤 1
・下肢静脈瘤 3
・下肢静脈瘤 4
・下肢静脈瘤 5
・フレイル 1・2
・脚ヤセ注意 1・2
・肥満 1〜6
・サルコペニア肥満 1〜4
・腸内細菌と肥満 1〜4
・細マッチョ
・ぽっちゃり→長生き
・プロテイン 1・2
・筋力アップ 食事 1〜5
・タンパク質を摂ろう 1〜5
・加齢 コラーゲン 1〜4
・むくみ解消 「あずき茶」 1〜4
身体にイイ歩き方 1・2
・『養生七不可』

| 美容 | 09:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
下肢静脈瘤 1

おはようございます。夏前に治療院の西側の窓に植えた
琉球朝顔が最後の一咲き中。有終の美を飾っています。

さて、人類は直立二足歩行を体得し一気に進化したと言われています。四足歩行の動物は地面に近い位置に心臓があります。ところが、ヒトは直立するので心臓の位置が高いです。足の指先まで送り届けられた血液を重力に逆らいながら心臓まで戻さねばならなりません。実はその重要な役割をふくらはぎが担っています。ふくらはぎにあるヒラメ筋腓腹筋(ひふくきん)などが伸縮し、ポンプのように血液をギュッと上に押し上げています。ですから「第二の心臓」といわれています。

足の周辺では重力の影響で血液がたまりやすいです。ふくらはぎのポンプ機能で血液は静脈を通って上の方に戻されます。そこで大事な働きをしているのが静脈弁です。弁は血液の逆流を防ぐため八の字形をしていて、血液を心臓に戻すときに開きます。足を長時間動かさないと筋肉ポンプが働かず血流が停滞してしまいます。さらに重力の影響も重なって弁が壊れると血液が逆流して末端の静脈が壊れ下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)となります。

足の静脈は筋肉の中にある深部静脈と、皮膚の下を走る表在静脈の二つに分けられます。立ちっぱなし運動不足で血流が滞ると、深部静脈に圧力がかかります。特に表在静脈が深部静脈に合流するところにある逆流防止弁に強い圧がかかると、最終的に弁が壊れます。すると深部静脈の血液が表在静脈に逆流して末端の静脈にたまっていき、その静脈が蛇行したり膨れたりして静脈瘤になるのです。発生頻度が高いのは大伏在(だいふくざい)静脈瘤です。くるぶし→ふくらはぎの内側→太腿の内側→足の付け根を結ぶ静脈の弁が壊れ、うっ血している状態です。その次は小伏在静脈瘤。かかと→ふくらはぎの中央→膝裏を結ぶ静脈に問題があります。足の付け根と膝の裏は弁が壊れやすく、下肢静脈瘤ができやすいです。弁が壊れる時点ではほとんど痛みを伴わないですが、放置して悪化すると問題がでてきます。  つづく・・・

<関連記事>
・下肢静脈瘤 2
・下肢静脈瘤 3
・下肢静脈瘤 4
・下肢静脈瘤 5
・フレイル 1・2
・脚ヤセ注意 1・2
・肥満 1〜6
・サルコペニア肥満 1〜4
・腸内細菌と肥満 1〜4
・細マッチョ
・ぽっちゃり→長生き
・プロテイン 1・2
・筋力アップ 食事 1〜5
・タンパク質を摂ろう 1〜5
・加齢 コラーゲン 1〜4
・むくみ解消 「あずき茶」 1〜4
身体にイイ歩き方 1・2
・『養生七不可』

| 美容 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
医療機関 ウェブ広告規制 5

おはようございます。週末は雨模様ですが気温が上がってきます。
少しは寒さも緩んでもらわないと・・・ 平昌寒そうです。

さて、2017年6月の医療法改正によって、これまで規制外だった医療機関ウェブサイトが広告の規制対象となります。2018年6月の改正法施行からサイトでの不適切な表現違法となります。新たな規制では詳しい治療の説明がない術前術後の写真や患者の主観による体験談などの掲載が禁止されます。

改正医療法では、従来の「虚偽」だけでなく、誇大広告なども禁止しています。そもそも、虚偽・誇大広告は景品表示法・健康増進法でも規制対象であり、内容によっては医薬品医療機器等法(薬機法・旧薬事法)にも抵触します。厚労省は客観的事実が証明できない情報のうち、虚偽および誇大広告については、上記の関連法案で規制したい考えです。改正医療法上、ウェブサイトに虚偽の情報があれば直接罰が設定されており、虚偽・誇大のおそれがあれば立入検査中止命令・是正命令をすることになります。

自由診療で行われる美容医療などの宣伝サイトに掲載される料金や効果をめぐってトラブルが相次いでいました。医療機関のウェブサイト上の虚偽・誇大広告や「うそや大げさな表示」がなされている医療機関のウェブサイトがないかを取り締まる目的で、2017年8月、厚労省日本消費者協会に委託してサイトを監視する『医療機関ネットパトロール』を開始しています。問題のあるサイトについては通知等をおこなう予定です。このネットパトロールには一般のネット利用者にも情報提供を呼びかけ専用サイトの電話番号(03-3293-9225)も開設しています。消費者庁も電話番号「188」でホットラインを設定しています。不審なサイトを発見した場合、これらの窓口に連絡することが可能です。

国内最高峰の治療」「モデルも通う」などと虚偽や大げさな広告をウェブサイトでしていた医療機関が、開始した8月24日の事業開始から9月末までに279件の審査をしたということです。事業開始から5カ月経過した12月までに730サイトを審査すると「副作用はありません」「満足度ランキング1位」などの不適切な記載が85件でみられました。医療機関数はのべ112件あったことが厚労省の調査でわかっています。同省はこれらの医療機関に自主的な改善を促す通知を出しています。不適切な表現には日本消費者協会が修正を求め、従わない場合は自治体による改善指導につなげるようです。自治体による指導後にはウェブサイトが改善されたかどうかの追跡調査もおこなうということです。

医療機関を利用する一般の方々も不審なサイトを見極める目を養っておいた方が安全・安心です。厚労省の『医療広告ガイドライン』『医療機関ホームページガイドライン』を参照してください。 〆

<関連記事>
・医療機関 ウェブ広告規制 1
・医療機関 ウェブ広告規制 2
・医療機関 ウェブ広告規制 3
・医療機関 ウェブ広告規制 4
・国家資格 あん摩・マッサージ・指圧師 1〜6
・厚生大臣免許保有証 1〜3
・家庭向け鍼用器具
・無資格施術でケガ 1・2
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・彫り師=医療行為 1・2
・美容トラブル 1〜4
・海外 美容トラブル 1〜3
・MRI 禁忌 1〜5
・キャッチコピーに気をつけろ!! 1・2
・STOP!! 薬物依存 1・2
・健康食品の虚偽誇大広告 1〜7
・ジャンクフード広告禁止 1〜6

| 美容 | 09:17 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
医療機関 ウェブ広告規制 4

おはようございます。2月17日(土)にヤクルトホールで東洋医学
エコヘルス;生き方を考える−環境・健康・長寿−」あります。

さて、2017年6月の医療法改正によって、これまで規制外だった医療機関ウェブサイトが広告の規制対象となります。2018年6月の改正法施行からサイトでの不適切な表現は違法となります。厚労省の『医療広告ガイドライン』『医療機関ホームページガイドライン』を逸脱したものが違反の疑いがあるウェブサイトです。

ウェブサイトやインターネットならではのテクニックについて、例えば、病院などのウェブサイトのURL“www.gannkieru.ne.jp”(gannkieru=がん消える)とある場合も、やはり治療効果を暗示させるため認められません。メールアドレスも同様にです。“hospi@xxx.or.jp”とあった場合、hospiがNo.1 Hospital、つまり日本一の病院を連想させ比較広告となり認められません。

さらに、最近のネット広告では、例えば「リスティング広告」や「リターゲティング広告」と呼ばれるものについても規制対象になります。「患者の受診などを誘引する意図がある(誘因性) 、医業もしくは歯科医業を提供する者の氏名・病院などの名称が特定可能である(特定性)、一般の人が認知できる(認知性)の条件を満たせば医療に関する広告と認められます」。

規制だけでなく、監視も必要ですが行政機関が把握しきれないでしょう。ネット上の膨大な量の情報の監視を都道府県の地方自治体が責任を負うというのは難しいでしょう。ウェブサイトによっては“これは広告ではありません”などと記載されている場合もあります。2017年8月、厚労省は『医療機関ネットパトロール』を開始しています。このネットパトロールには一般のネット利用者にも情報提供を呼びかけ専用サイトの電話番号(03-3293-9225)も開設しています。消費者庁も電話番号「188」でホットラインを設定しています。不審なサイトを発見した場合、これらの窓口に連絡することが可能です。  つづく・・・

<関連記事>
・医療機関 ウェブ広告規制 1
・医療機関 ウェブ広告規制 2
・医療機関 ウェブ広告規制 3
・医療機関 ウェブ広告規制 5
・国家資格 あん摩・マッサージ・指圧師 1〜6
・厚生大臣免許保有証 1〜3
・家庭向け鍼用器具
・無資格施術でケガ 1・2
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・彫り師=医療行為 1・2
・美容トラブル 1〜4
・海外 美容トラブル 1〜3
・MRI 禁忌 1〜5
・キャッチコピーに気をつけろ!! 1・2
・STOP!! 薬物依存 1・2
・健康食品の虚偽誇大広告 1〜7
・ジャンクフード広告禁止 1〜6

| 美容 | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/3PAGES
  • >>