● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
ベンゾジアゼピン離脱症候群 2

おはようございます。今日から通常の生活再開
という方も多いでしょう。頑張って参りましょう!!

さて、抗不安薬睡眠導入剤として知られる向精神薬ベンゾジアゼピン系薬物の長期服用による副反応があります。依存性や依存性からの脱却のために服薬を中止することで出現するベンゾジアゼピン離脱症候群が欧州を中心に医学的に問題視されています。

離脱症状には、それまでの症状が悪化するだけでなく、新たに振戦(しんせん。手足首などの震え)、不穏、無力感、集中力低下、発汗、めまいなど様々な症状がみられます。目に関しては開瞼困難羞明(しゅうめい。まぶしい)、光過敏などがあります。

症状は目やその周辺に出ますが、病気の正体は脳の誤作動です。眼球に病気が出現したからではなく、脳の感覚系神経回路の誤作動で生じた中枢性羞明と考えられます。ベンゾジアゼピン系薬物離脱後に羞明や目の痛みがひどくなり、生活上、本来必要な光の存在さえも邪魔になり、光をできるだけ避けて生活せざるを得ず、しかも、それが何年経過しても改善なく、むしろ悪化していくようです。

これらの患者は線維筋痛症慢性疲労症候群に類似する症状を持つ場合もあり、これも離脱症候群の一部ではないかと考える医師もいます。 現在でも離脱症候群の頻度や、治りにくい遷延性はどのくらい生じているのかについての調査はなく、中枢性羞明を含む感覚過敏のメカニズムの解明が一向に進んでいないようです。

その原因は、今日まで非常に多種のベンゾジアゼピン系薬物や類似薬が次々市場に出回り多用されました。しかも、使い方はまちまちで単剤ではなく他の向精神薬と併用されることも多いです。ベンゾジアゼピン系薬物単体による臨床研究は難しく、科学的実証性に問題が生じる可能性が高く研究に結び付けにくいという一面があります。

そして離脱症候群は離脱だけが問題なのではなく、服薬期間中から、すでに症状が出現し始めているか、発症の準備段階にある可能性がありますが検証が極めて難しいのです。さらに一部の人は離脱症状を全く起こさず、ベンゾジアゼピン系薬物に対する個体差は極めて大きいことも研究が進まない一因と考えられています。

臨床では睡眠導入や精神安定のためによく使われる薬物を5年以上飲み続けて発症した場合は、離脱(少しずつ薬の量を減らして、最終的には服用をやめること)に成功しても症状があまり改善しないとの報告もあります。目に異常があり、検査では異常は見つかたないが睡眠導入剤を常用しているようでしたらベンゾジアゼピン離脱症候群も考慮してみる必要があるようです。   〆

<関連記事>
・ベンゾジアゼピン離脱症候群 1
・悪用・睡眠導入剤 1〜6
・医療用麻薬 薬物依存 1〜6
・STOP!! 薬物依存 1・2
・麻薬とペインコントロール 1〜6
・スマートドラッグ 1〜4
・アセトアミノフェン 多量服用自殺 1〜4
・小児 咳止め「コデイン」禁忌 1・2
・風邪薬→覚醒剤 1〜3
・カフェイン中毒死 1〜11
・リタリン中毒
・ブロン中毒
・米国の大麻事情 1〜4
・医療用大麻
・ネットの偽造ED治療薬 1〜4
バトルフィールド・アキュパンクチャー 1〜8
・慢性疲労症候群(CFS/CFIDS) 1・2
・Q熱性慢性疲労症候群 1〜4

| 心・精神の病気 | 09:11 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
ベンゾジアゼピン離脱症候群 1

明けましておめでとうございます。てんゆ堂は本日
より通常診療しております。よろしくお願いします。

さて、抗不安薬睡眠導入剤として知られる向精神薬ベンゾジアゼピン系薬物は1960年代に出現し、80年代頃からその依存性や依存性からの脱却のために服薬を中止することで出現する離脱症候群が欧州を中心に医学的に問題視されるようになりました。今世紀になると短期使用の薬物として定着してきました。

しかし日本ではベンゾジアゼピン離脱症候群の認識が遅れ、ここ数年、やっとこのような認識が一般にも知られるようになりました。ベンゾジアゼピン離脱症候群の離脱症状には、それまでの症状が悪化するだけでなく、新たに振戦(しんせん。手足首などの震え)、不穏、無力感、集中力低下、発汗、めまいなど様々な症状がみられます。

目に関しては、〔椶魍けたくても容易に開けられない開瞼困難、まばたきが増えたりリズムがおかしくなったりする眼瞼の運動症状。羞明(しゅうめい。まぶしい)、もしくは光過敏目が痛い、目の周囲のしつこい不快感など感覚症状。不安抑うつ不眠などの精神症状――の3つの要素が様々な度合いで混合し非常に治りにくいのです。

症状は目やその周辺に出ますが、病気の正体は脳の誤作動です。眼球に病気が出現したからではなく、脳の感覚系神経回路の誤作動で生じた中枢性羞明と考えられます。この光過敏と同一線上にある感覚過敏として、音、味、臭い、触覚、さらには体の種々の部位にしびれや痛みが出現することが指摘されています。感覚過敏はベンゾジアゼピン長期投与後の離脱にかなり特異的な症状です。

ベンゾジアゼピン離脱症候群には、急性の離脱症状が起きて数週間から数か月以内に改善するものと、遷延性離脱症候群という1年以上にわたって症状が持続するものがあります。中には進行し半永続的に症状が残る例もありますが、日本では認識が薄く、離脱症候群は改善するはずと信じている臨床医も多いとされています。   つづく・・・

<関連記事>
・ベンゾジアゼピン離脱症候群 2
・悪用・睡眠導入剤 1〜6
・医療用麻薬 薬物依存 1〜6
・STOP!! 薬物依存 1・2
・麻薬とペインコントロール 1〜6
・スマートドラッグ 1〜4
・アセトアミノフェン 多量服用自殺 1〜4
・小児 咳止め「コデイン」禁忌 1・2
・風邪薬→覚醒剤 1〜3
・カフェイン中毒死 1〜11
・リタリン中毒
・ブロン中毒
・米国の大麻事情 1〜4
・医療用「大麻」
・ネットの「偽造ED治療薬」 1〜4
バトルフィールド・アキュパンクチャー 1〜8
・慢性疲労症候群(CFS/CFIDS) 1・2
・Q熱性慢性疲労症候群 1〜4

| 心・精神の病気 | 09:12 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
スマホ依存・ゲーム障害 5

おはようございます。てんゆ堂は年内最後の診療日です。
年明け5日(土)からの診療です。良い年末年始を!!

さて、厚労省研究班は2017年12月〜2018年2月、全国の中学校48校、高校55校の合計103校を対象にアンケート調査を実施しています。その結果、この5年間で病的なインターネット依存が疑われる生徒は中高校生ともこの5年間でほぼ倍増しています。全国で93万人と推計されています。ちなみに2013年に同じく厚労省研究班の調査でネット依存の中高生が51万人という調査結果が発表されています。

インターネット依存の生徒で、頻度が高かったのは、過剰使用(意図したより長い時間使用)、渇望(インターネットをすることを待ち望む)、制御不能(時間を減らしたり、止めることに失敗する)。男子より女子の割合が高い傾向にあり、インターネットの使い過ぎで成績低下授業中の居眠りなどのほか、遅刻、友人とのトラブルも多かったようです。

居眠り遅刻は学年が上がるほど多く、成績低下は中学のうちから高い割合を示しました。友人とのトラブルは男子より女子に多く、女子中学生で特に多いという問題が発生しています。

ネット依存症になる学生は、うまくいかない学校生活や成績不振などにより逃避行動でネットにはまるケースが少なくないようです。保護者は子どもの兆候に早めに気づき、悪化する前に子どもに声かけをしたり、利用時間に関するルールを守らせたり、強制的に外に連れ出したりすることも必要とされています。

一番身近にいる保護者が、子どもの適切な利用を見守ることが一番大切なことのようです。このような依存は世界中で問題となっており、近ごろ人気の口パク動画アプリのTikTokは、2018年の夏のアップデートで2時間以上見続けると注意を促す機能が追加されたほどです。Instagram・Facebookでも使用時間を管理する機能が追加される見込みです。

最近ではベビーカーにipadなどを装着できるタブレットホルダーも販売されていますし、実際に使用しているのを見ることもあります。電車の中や人の集まる場所でタブレットをベビーカーに取り付けても動画を見せることで静かに過ごすことができます。またタブレットを直接持つ必要がないので、落として壊してしまう可能性も減ります。

ぐずった赤ちゃんも優しい音楽を近くで聞かせることで、ゆっくりお昼寝タイムが送れるかもしれません。しかし、長期的な使用によるリスクは示されていません。さてさて、このようなスマホ関連の商品とどのように付き合っていくかは、養育者のこれらの使用頻度比例し、お子さんにも影響すると思います。便利なアイテムに依存せずに上手に付き合うのは難しい問題です。  〆

<関連記事>
・スマホ依存・ゲーム障害 1
・スマホ依存・ゲーム障害 2
・スマホ依存・ゲーム障害 3
・スマホ依存・ゲーム障害 4
・ネット依存 1・2
・ブルーライト 1〜3
・パソコンと自律神経
・スマホと首肩コリ 1〜3
・スマホ巻き肩 1〜4
・スマホ子守り 1〜4
・スマホ子守り 発達が遅れる!? 1〜4
・スマホ認知症 1・2
・スマホ老眼 1〜3

| 心・精神の病気 | 09:10 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
スマホ依存・ゲーム障害 4

おはようございます。東京都は来年も増税による消費対策
として冷蔵庫などのエコポイント(懐)を実施するそうです。

さて、兵庫医科大学三村治特任教授の学会での講演では、子どもの急性内斜視が増えていると指摘しています。急性内斜視では両目が内側に向いたまま戻らなくなります。つまり遠くを見ても目が寄った状態のままになります。原因のひとつとして、2016年に韓国の施設から発表では小中学生がスマートフォン依存するようになったからだという論文があります。

7歳〜16歳までの12例(男5人、女7人)の報告です。この12例の内斜視は従来とは少し異なる特徴を持っていました。まず全員が過度なスマホ使用者(過去4か月以上にわたり、1日4時間以上使用)で、1日平均の使用時間は6時間、しかも30センチ以内の距離で画面を見ていました。うち9例は遠くを見るといつも、あるいは時々、水平複視(一つのものが横に離れて二つに見える)になりました。8例は軽度から中等度の近視、残りはごく軽い遠視で、適切な矯正レンズを装用すれば、どの目も1.0以上の視力が出ています。

近いところを見る時、人は輻湊(ふくそう)といって両目を寄せます。通常、遠方を見る時は輻湊を解除するので寄り目が元に戻るのですが、これらの例では戻りにくいのです。若い人は目を寄せる動きを促す脳からの指令が強いと考えられ、それゆえに輻湊が続くと指令を解除することが難しくなり、このような現象が生じてしまう可能性があります。

韓国の論文ではスマホを1か月間使わないように指示したところ、斜視角度は全員減少したということですが、5例は手術が必要でした。三村特任教授は麻酔作用のある薬剤ボツリヌス内直筋(眼球についている筋肉のひとつ)に少量注射することで改善させうるとの報告をしていますし、この方法や手術での治療を行う機会が増えています。

韓国の論文は英国の眼科誌に発表され、それを受けて英国のデイリー・テレグラフでは、この内斜視の話とともにスマホによる子どもの精神活動への影響精子数減少との関係などが記事で取りあげられています。日本でも近年、スマホ依存による学業成績の低下、睡眠障害、暴力などが大きな問題として提起されています。韓国のみならず、日本でも若い人のスマホ依存、スマホ中毒は国をあげて考えなければいけない喫緊の問題だとされています。

さらに文科省が5歳から17歳までの約342万人を抽出して行った調査によると、裸眼の視力が1.0未満小学生34.1%高校生67.09%と過去最多を更新しています。高校生の3人に2人が視力が1.0未満です。スマホなど画面を近くで見る時間が増えるなど生活習慣が影響しているとみられています。  つづく・・・

<関連記事>
・スマホ依存・ゲーム障害 1
・スマホ依存・ゲーム障害 2
・スマホ依存・ゲーム障害 3
・スマホ依存・ゲーム障害 5
・ネット依存 1・2
・ブルーライト 1〜3
・パソコンと自律神経
・スマホと首肩コリ 1〜3
・スマホ巻き肩 1〜4
・スマホ子守り 1〜4
・スマホ子守り 発達が遅れる!? 1〜4
・スマホ認知症 1・2
・スマホ老眼 1〜3

| 心・精神の病気 | 09:05 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
スマホ依存・ゲーム障害 3

おはようございます。まだ大掃除も終わって
いません。年末のやるしかなさそうです。

さて、厚労省研究班は2017年12月〜2018年2月、全国の中学校48校、高校55校の合計103校を対象にアンケート調査を実施しています。中高生6万4,417人から回答を得ています。その結果、この5年間で病的なインターネット依存が疑われる生徒は中高校生ともこの5年間でほぼ倍増しています。全国で93万人と推計されています。

利用するインターネットサービスはLINEなど(Skype、チャット、メッセンジャーを含む)」「動画サイト」「情報検索」が多く、男子はオンラインゲームも多かったです。インターネット利用に使う機器はスマートフォンが圧倒的に多かったです。インターネットを病的に使用する生徒は、中学生12.4%(男子10.6%、女子14.3%)、高校生16.0%(男子13.2%、女子18.9%)となっています。このような依存は世界中で問題となっています。

2018年6月18日、ジュネーブ時間12時(日本時間18日19時)、世界保健機関(WHO)は国際疾病分類の第11回改訂版(ICD-11)を公表しています。現行の「ICD-10(1990年版)」以来、約30年ぶりの改訂です。「疾病及び関連保健問題の国際統計分類(ICD)」は疾病、傷害および死因の統計を国際比較するための統計分類です。すべての疾患や怪我はICDの分類に従ってアルファベットと数字を用いたコードで表され人口動態統計や健康情報の管理に使用されています。

今回改訂されたICD-11では「免疫系の疾患」「睡眠・覚醒障害」「性保健健康関連の病態」「伝統医学」などの新章が追加されています。また「精神及び行動の障害(F00-F99)」には、ギャンブルや薬物と同様の依存症として「Gaming disorderゲーム依存症、ゲーム障害)」に関する記載が盛り込まれました。

ゲーム依存症に関する項目では、オンラインかオフラインかを問わず、ビデオゲームやテレビゲームといったゲームがほかの活動よりも優先され、ゲームの開始および終了や時間をコントロールできないこととしています。依存症と判断する目安は、ゲームによる依存行動が個人、家庭、教育や職業などに障害をもたらすのが12か月続く場合です。

ゲーム依存症はアルコールやコカインなどの薬物といった物質使用および依存行動のひとつとして位置づけられており、ゲーム依存症との同分類には「Gambling disorder(ギャンブル依存症)」が含まれています。   つづく・・・

<関連記事>
・スマホ依存・ゲーム障害 1
・スマホ依存・ゲーム障害 2
・スマホ依存・ゲーム障害 4
・スマホ依存・ゲーム障害 5
・ネット依存 1・2
・ブルーライト 1〜3
・パソコンと自律神経
・スマホと首肩コリ 1〜3
・スマホ巻き肩 1〜4
・スマホ子守り 1〜4
・スマホ子守り 発達が遅れる!? 1〜4
・スマホ認知症 1・2
・スマホ老眼 1〜3

| 心・精神の病気 | 09:08 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
スマホ依存・ゲーム障害 2

おはようございます。てんゆ堂は年内は29日(土)
まで診療いたします。年末寒波がつやいですね〜。

さて、依存症とは、日常生活に支障が出ているにもかかわらず、対象にのめりこんでやめられず、自分ではコントロールできない状態を指します。つまりネット依存とは、人間関係、健康、社会生活などに支障が出ているにもかかわらず、ネット利用を優先してしまうことを指します。

支障が出ない範囲でコントロールして利用できているのであれば、ネット依存症とまでは言えないという意見もあります。スマホは現状、SNS、ゲーム、音楽、動画、ニュース、地図、乗換アプリなど、ありとあらゆることに利用されるようになっています。高校生では学内でもスマホ利用が禁止されていないことが多く、所持率も100%近いです。用途が多種多様なことを考えると、単に長時間スマホを利用しているというだけでは、いわゆる依存状態とは異なるとも見解もあります。

一般的に女子コミュニケーションを好みSNSにはまりやすく、男子は好戦的で勝負に熱中する傾向にあるためゲームに熱中しやすい傾向にあるようです。例えばネット依存状態となった女子中高生は、四六時中何をするときもスマホを利用しながらするようになります。

SNSでの返信が気になってお風呂、トイレ、布団の中などにもスマホを持ち込みます。あらゆることの中でLINEを最優先され、食事中もトイレやお風呂の間もスマホを手放さない状態です。テスト前日でも勉強よりLINEを優先されます。毎晩スマホを握ったまま寝落ちするのが日課!? これで部活もやめてしまい、成績もガタ落ちとなってしまいます。

男子中高生の場合は、スマホゲームやソーシャルゲームを含めたオンラインゲームにはまり、時間を問わずにプレイし続けることが増えてきます。基本的に無料で参加できるというハードルの低さもあり、最初は1日に1回と回数を決めていても、ある休日、朝から晩まで寝る間も惜しんでプレイし、次第に一日のプレイ時間が長くなり、気づけば朝になってしまうことも増えます。

学校へは何とか行っていても、頭の中はゲームのことでいっぱい。授業中に寝てしまうことも増え成績もガタ落ち、いつも疲れて居眠り… 遅刻や欠席、体調不良や学業不振などにつながり、悪化した場合は学校を中退するケースも出てくるというのです。   つづく・・・

<関連記事>
・スマホ依存・ゲーム障害 1
・スマホ依存・ゲーム障害 3
・スマホ依存・ゲーム障害 4
・スマホ依存・ゲーム障害 5
・ネット依存 1・2
・ブルーライト 1〜3
・パソコンと自律神経
・スマホと首肩コリ 1〜3
・スマホ巻き肩 1〜4
・スマホ子守り 1〜4
・スマホ子守り 発達が遅れる!? 1〜4
・スマホ認知症 1・2
・スマホ老眼 1〜3

| 心・精神の病気 | 09:11 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
スマホ依存・ゲーム障害 1

おはようございます。今日はクリスマスです。
近所の小学校も修了式で一気に年末モードです。

さて、厚労省研究班は2017年12月〜2018年2月、全国の中学校48校、高校55校の合計103校を対象にアンケート調査を実施しています。中高生6万4,417人から回答を得ています。この30日間の平日のインターネット使用時間は、男女とも「2時間未満(1時間台)」が多く、高校生になると「5時間未満(4時間台)」が増え、「5時間以上」も増加。男子より、女子の方がやや長い傾向にありました。

休日の使用時間は、高校生は「5時間未満(4時間台)」がもっとも多く、ついで「5時間以上」。「しなかった」という生徒はほとんどいなく、多くの中高生が長時間インターネットを使用しています。利用するインターネットサービスは「LINEなど(Skype、チャット、メッセンジャーを含む)」「動画サイト」「情報検索」が多く、男子は「オンラインゲーム」も多かったです。インターネット利用に使う機器はスマートフォンが圧倒的に多かったです。

インターネットを病的に使用する生徒は、中学生12.4%(男子10.6%、女子14.3%)、高校生16.0%(男子13.2%、女子18.9%)。2012年の結果は、中学生6.0%(男子4.4%、女子7.7%)、高校生9.4%(男子7.6%、女子11.2%)でした。 この5年間で病的なインターネット依存が疑われる生徒は中高校生ともこの5年間でほぼ倍増しています。

全国で93万人と推計されています。93万人がネット依存や病的ではなく「診断が必要な中高生の数」です。ちなみに2013年に同じく厚労省研究班の調査でネット依存の中高生が51万人という調査結果が発表されています。

インターネット依存の生徒で、頻度が高かったのは「過剰使用(意図したより長い時間使用)」「渇望(インターネットをすることを待ち望む)」「制御不能(時間を減らしたり、止めることに失敗する)」。男子より女子の割合が高い傾向にあり、インターネットの使い過ぎで「成績低下」「授業中の居眠り」などのほか、「遅刻」「友人とのトラブル」も多かったようです。

「居眠り」や「遅刻」は、学年が上がるほど多く、「成績低下」は中学のうちから高い割合を示しました。「友人とのトラブル」は男子より女子に多く、女子中学生で特に多いという問題が発生しています。   つづく・・・

<関連記事>
・スマホ依存・ゲーム障害 2
・スマホ依存・ゲーム障害 3
・スマホ依存・ゲーム障害 4
・スマホ依存・ゲーム障害 5
・ネット依存 1・2
・ブルーライト 1〜3
・パソコンと自律神経
・スマホと首肩コリ 1〜3
・スマホ巻き肩 1〜4
・スマホ子守り 1〜4
・スマホ子守り 発達が遅れる!? 1〜4
・スマホ認知症 1・2
・スマホ老眼 1〜3

| 心・精神の病気 | 09:08 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
ぺふぺふ病 2

おはようございます。2月は毎年何となく慌ただしいです。
気がつけばすでに下旬。やらなければいけないことをやりましょう。

さて、最近、ワイドショーなどで取り挙げられ入るのが清水富美加(22)さんが宗教法人幸福の科学の活動に専念するため芸能界引退を表明した一件でしょうか。どうやら重症のぺふぺふ病にかかっているとか・・・ 

彼女の言葉では「それは感情に起伏がなく、これといった悩みもなく、余裕があるような、というといいように聞こえるが、ガムシャラな感じがなくやる気が感じられず生きている感じがしない、というと悪いように聞こえるが」と表現しています。「がんばっていないわけでもなく、そして調子に乗っているわけでもなく、そう、擬音にしたら、ぺふぺふしているような状況の一種の病」と症状を解説しています。

さらに最近では「出家だけではなくて、誰か、ギリギリだと言った部分に隠された事、誰か、気付いてくれてますように、また、一つの事実がもう消されそう」と書き込みもあります。

この、ぺふぺふ病は彼女自身の感性から出た独特の擬音語で自身の精神状態を表現したとみられる病名です。つまり造語。医学においてぺふぺふ病という病気は存在しないのです。精神科医の和田秀樹氏がテレビ番組に電話出演し「なんか、生きている感覚がリアルに感じられないということがすごく伝わってくる。自分の感情が自分でわからないような状態自分が感情を持っている感覚が持てない。まあ重度と言えば重度」と説明しています。

精神的にまいってしまい心身に不調をきたしてしまう。「それってうつ病なんじゃないの?」と思われがちですが・・・ うつ病とは違う点は「行動力があること」です。うつ病に類似するアパシー(意欲減退症候群・無気力症候群)があります。自発性の低下、感情の平板化、精神的苦痛がないのが特徴です。周囲への無関心、無頓着を示し活動性の低下を苦しまない様子が特徴的です。ストレス回避の手段の一つとして無気力になることがあります。この疾患に当てはまる部分が多いように思われます。

13歳でオーディションで芸能事務所に入り、並み居る強敵を蹴落として這い上がる生き馬の目を抜くような世界適応するためにがんばってきたことでしょう。その虚無な世界を生き抜くために仮面(ペルソナ)をかぶり続けることに心をすり減らしたのでしょう。これからが本当の彼女の人生かもしれません。    〆

<関連記事>
・ぺふぺふ病 1
・アパシー(意欲減退症候群)1〜6
・ラザルス 「ストレス・コーピング理論」1〜3
・防御規制 「投影」と「摂取」 1〜3
・気が合わない 「転移」・「逆転移」 1〜3
・メラビアンの法則 1〜5
・ジャネの法則 1・2
・ヤマアラシ・ジレンマ 1・2
・心理学 行動パターン 1〜5
・認知の歪み 1〜7
・怒りのコントロール 1〜6
・ストレス VS リラクセーション法 1〜5
・マインドフルネス 1〜5
・イラッとしたら深呼吸

| 心・精神の病気 | 09:01 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
ぺふぺふ病 1

おはようございます。昨日は勉強会に出席しました。
色々な意見を聞くことができてとても有意義でした。

さて、最近、ワイドショーなどで取り挙げられ入るのが、宗教法人幸福の科学の活動に専念するため芸能界引退を表明した清水富美加(22)さんの一件でしょうか!? どうやら重症のぺふぺふ病にかかっているとか・・・ 

彼女の言葉では「それは感情に起伏がなく、これといった悩みもなく、余裕があるような、というといいように聞こえるが、ガムシャラな感じがなくやる気が感じられず生きている感じがしない、というと悪いように聞こえるが」と表現しています。「がんばっていないわけでもなく、そして調子に乗っているわけでもなく、そう、擬音にしたら、ぺふぺふしているような状況の一種の病」と症状を解説しています。

そして、この病にかかることで仕事はスムーズに進むと説明。しかし「面白みに欠けて無難で終わってしまうので、何事もプラマイゼロで建設的でないのである」と分析し「私はいま、ぺふぺふ病にかかっている」と告白しています。「病を自覚し、このままでは終わる、と思っているので、気持ちが追いつかない分、行動で追いつこうとするのだが、虚無感がぬぐえないのである」などと焦燥感を明かしています。

「こなすような日々では絶対にダメだ」と言い聞かせ「目の前にある、人、物、仕事、なぜ目の前にあるかという想像力を存分に働かせれば、ありがたみや、申し訳なさにつながり、その中でどうしたいという意思が生まれ 日々はぺふぺふからギンギンになると思うのであります」ともしています。また「ワクワクして、楽しみ。ドキドキして、怖い。いつも半々くらいです」と揺れる心境を吐露しています。   つづく・・・
       
<関連記事>
・ぺふぺふ病 2
・アパシー(意欲減退症候群)1〜6
・ラザルス 「ストレス・コーピング理論」1〜3
・防御規制 「投影」と「摂取」 1〜3
・気が合わない 「転移」・「逆転移」 1〜3
・メラビアンの法則 1〜5
・ジャネの法則 1・2
・ヤマアラシ・ジレンマ 1・2
・心理学 行動パターン 1〜5
・認知の歪み 1〜7
・怒りのコントロール 1〜6
・ストレス VS リラクセーション法 1〜5
・マインドフルネス 1〜5
・イラッとしたら深呼吸

| 心・精神の病気 | 09:05 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
ニコチンが統合失調症に効く!? 3

おはようございます。今朝は随分と冷え込みが強いです。
朝起きると小雪がチラホラと・・・ そりゃ〜寒い訳です。

さて、ニコチン統合失調症とも関連する遺伝学的に引き起こされる脳の活動障害を正常化するという研究結果をコロラド大学ボルダー校の行動遺伝学研究所(IBG)の研究者がサイエンス誌の『Nature Medicine』で発表しています。今回の研究では、統合失調症において特定遺伝子原因となることを示すものであり、ニコチンが障害を改善するメカニズムを明らかにするものです。

統合失調症のハツカネズミに毎日ニコチンを摂取させたところ、不活発だったハツカネズミの脳の活動がニコチン投与からわずか2日で活発になり、さらに1週間ニコチンの投与を続けたところ、ハツカネズミの脳の活動は正常になりました。このことからニコチンが脳にあるニコチン受容体に作用することで認知機能が正常に戻ることも明らかになっています。

ニコチン受容体を説明しておきます。副交感神経神経伝達物質としてアセチルコリンが知られています。これは、その他にも運動神経や交感神経の神経伝達物質として利用されています。アセチルコリンを神経伝達物質としている神経のことをまとめて、コリン作動性神経とも呼びます。迷走神経(副交感神経に属する)の終端より放出されたアセチルコリンを受容するレセプターがアセチルコリン受容体です。

アセチルコリン受容体は中枢神経系のシナプスにもあります。この受容体はムスカリン受容体ニコチン受容体に分けられることがわかっています。ニコチン受容体はその名前の通り、ニコチンがアセチルコリンと同様の効果を示す受容体です。つまり、ニコチンがアゴニストとして働く受容体です。ニコチン受容体はイオンチャネル内蔵型受容体であり、速い情報伝達機能を担います。

そしてCHRNA5に遺伝的変異を持つ人々は、よくタバコ吸う傾向にあることも明らかになっています。また、統合失調症患者の80〜90%喫煙者であり、そのほとんどがヘビースモーカーです。このことから統合失調症の喫煙者たちは、ニコチンを摂取して脳の活動を正常にするためにタバコを吸うようになったのではないかと推測しています。

なお、研究チームによるとhypofrontalityは注意欠陥・多動性障害双極性障害のような精神状態と関係のあるものと推測され、最終的にはニコチンを用いた薬剤を開発して多方面で活用することを計画しています。ハツカネズミによる動物実験ですが、ニコチンが体に有効であるという論文が多々あります。固定観念に縛られないというのも大切ですね。   〆

<参考文献>
Nicotine reverses hypofrontality in animal models of addiction and schizophrenia : Nature Medicine : Nature Research」Fani Koukouli,Marie Rooy,Dimitrios Tziotis,et al.Nature Medicine.2017.


<関連記事>
・ニコチンが統合失調症に効く!? 1
・ニコチンが統合失調症に効く!? 2
・ニコチンは体にイイ!? 1〜9
・禁煙 「ニコチン依存症(ND)」 1・2
・禁煙薬「チャンピックス」 副作用 1・2
・紫煙 (タバコの煙)
・女性の喫煙
「ED」と「タバコ」 1・2
・携帯用空気清浄機 1・2
・電子タバコ
・なかなか治らない口内炎 1〜4
舌痛症
・歯の黄ばみ 1〜2

 

| 心・精神の病気 | 09:02 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
  • 1/7PAGES
  • >>