● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
カプサイシン 4

おはようございます。急な歯痛でつらいです〜。
でも年末年始でなくて良かった。病院行けるし…

さて、唐辛子は食べる以外の分野で利用・研究がされています。食べられない激辛唐辛子のドラゴンズブレスの開発および研究が進められています。この激辛唐辛子の成分を使った麻酔の研究です。

有名な研究は、ちょっと古いですが2007年に米ハーバード大学医学部(Harvard Medical School)のAlexander M. Binshtok、Bruce P. Bean、Clifford J. Woolfらが英国の科学誌『ネイチャー(Nature)』に発表した「Inhibition of nociceptors by TRPV1-mediated entry of impermeant sodium channel blockers.」です。 この研究の要旨は、カプサイシンで痛みを感じる神経細胞の粘膜にTRPV1という名前のナトリウム経路を作り出し内部への入り口を形成します。その直後に麻酔薬リドカイン(lidocaine)の誘導体であるQX-314を投与します。QX-314は単独で神経細胞の粘膜を突き破ることはできないですが、カプサイシンの助けを借りて細胞内部に入り込み、痛みが発生していることを脳に伝える刺激を遮断します。

一方、痛みの感覚とは無関係の周辺の神経細胞にはTRPV1の経路が形成されないため周辺にはしびれた感じは起こらず運動神経も正常に働くというのです。実験では座骨神経のあたりにカプサイシンとQX-314を投与したネズミを高熱の近くに置き、ナイロン製の注射針のような硬い棒でつついたが、通常よりも高い温度に耐え、つつかれても無感覚だったのです。平常通りの運動も続け、その他の刺激にはきちんと反応しました。これは痛みの刺激は遮断されても運動制御機能は影響を受けなかったことを意味しています。麻酔状態は2時間で消失しています。

これをヒトに適用する場合、投与量などを決定することとTRPV1を作る際のカプサイシンの燃えるような感覚をどう抑えるかが課題になるとしています。 従来の麻酔では感覚神経だけでなく運動神経も麻痺させるので筋肉も麻痺させてしまいます。カプサイシンを含む局所麻酔は感覚神経だけに作用すると考えられています。手術や治療の際にトウガラシの成分を使って痛みの部分だけを狙い撃ちし、周辺に痺れの感覚を与えない夢の新世代麻酔薬開発にめどがついています。実用化されれば出産する女性が麻酔で腰から下の感覚を奪われることがなくなり、運動選手は運動機能を一時的にも麻痺させることなく膝の手術を受けることができたり、歯科での抜歯もずっと快適なものになります。早期のリハビリ開始高齢者の筋肉の衰え防止につながると期待されています。ただし痛みの軽減目的に唐辛子を患部に塗るのは止めください。因幡の白兎になりかねません。  〆

<関連記事>
・カプサイシン 1
・カプサイシン 2
・カプサイシン 3

| 食養生 食品安全 | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
カプサイシン 3

おはようございます。何か急にコタツが恋しくなり
購入しました。これで快適な年末年始が過ごせるかも!?

さて、唐辛子カプサイシン(capsaicin)を哺乳類辛いと感じますが、鳥は全然感じないそうです。哺乳類が食べると種が残りませんが、鳥は種も潰さず飛んで種を糞として広範囲に撒いてくれるわけです。唐辛子にとって都合が良い話しですね。

我々の味覚は「甘味、酸味、塩味、苦味、うま味」の5つの基本味であるのはご存知の通りです。「あれ〜!? 辛味入ってないじゃん!!!!!」。実は辛味は味覚ではないのです。辛味は舌・口腔のバニロイド受容体(カプサイシン受容体)で感じる痛覚です。「辛さ=痛み」で確かにハバネロを食すると口の中が痛くなります。辛味成分のカプサイシンが神経刺激となっているのです。軽度の痛みを辛味として感じて「うまい!!」と言っているのです。辛いもの好きはMで、激辛好きはドMと言い換えることもできます。

人が激辛グルメにハマるのには科学的根拠があります。脳科学の平田普三教授によると、人は辛いものを食べると幸福感を感じるそうです。辛いものを食べて痛みを感知すると、それを和らげるために脳内でβエンドルフィンというホルモンが分泌されます。このβエンドルフィンには痛みを和らげる作用幸福感を感じる作用があります。さらにβエンドルフィンは幸せホルモンの分泌を促します。エンドルフィンも体内性モルヒネと呼ばれ、鎮静効果と多幸感においてモルヒネの約6.5倍以上の効果があるとされています。その効果が最も高い、最も活性が高いのがβ-エンドルフィンです。エンドルフィンは苦痛を感じた時、その苦痛を取り除くために分泌されます。またストレスがかかったときにも分泌されます。このような特徴から抑制性の神経伝達物質として知られています。  つづく・・・

<関連記事>
・カプサイシン 1
・カプサイシン 2
・カプサイシン 4

 

| 食養生 食品安全 | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
カプサイシン 2

おはようございます。てんゆ堂は年内は28日(土)
最終診療日になります。師走はあっという間です。

さて、激辛ブームは世界規模で広がっています。唐辛子生産量は右肩上がりで、激辛唐辛子を巡るチリバブルが起きています。新種の激辛唐辛子を発見できれば巨万の富を得られるチリバブルの勝ち組です。

そのきっかけは1994年にメキシコで発見されたハバネロです。これが日本にも伝わり、スナック菓子の「暴君ハバネロ」は年間3000万個出荷の大ヒット商品となりました。そしてこの数年後、辛さの単位であるスコヴィル値がハバネロの倍近い約100万スコヴィル値のブート・ジョロキアインドで発見されています。この唐辛子は日本でも大手企業が目をつけヒット商品を連発しました。

山梨県大月市在住の竹内僚さんが2007年当時にブート・ジョロキアの粉末加工に世界で初めて成功したそうです。この激辛とうがらしを粉末にする作業は超過酷だそう竹内さんは赴任先のバングラデシュで脱サラして粉末加工に挑戦、現在は大月市にも拠点を持ち、ひとりで激辛とうがらしを粉末化しているそうです。体が痛くなったり、かゆくなったり、目に入ったりするためスタッフが増やせないくらい過酷です。この過酷な作業を1日3時間、週に3日行っているそうです。作業は工場内では顔にさらしを巻き、袖の隙間にテープを巻いて塞ぎます。激辛とうがらしを毎分200リットルの水をジェット噴射させて洗浄します。この洗浄機だけで約100万円。このときカプサイシンが飛散するためマスクをしていても息をするだけで咳き込むようです。続いて乾燥したとうがらしを粉砕しますが、洗浄以上に大量のカプサイシンが飛散します。また粉末が舞うためエアコンを使うことができず、夏場が室温が50度にもなるためゴーグルをつけることができないそうです。スーパーで気軽に激辛唐辛子を買いますが、その裏には過酷な命がけの作業をしている人がいるんですね〜。

そして近年では新種を探すだけでなく開発の流れが出てきています。2013年には米国・サウスカロライナ州でスコヴィル値は164万キャロライナ・リーパーという激辛唐辛子が開発されギネス世界記録を更新しました。この唐辛子の種を販売したところ世界中から注文が殺到し、一粒1万円のプラチナ値がついたほどです。しかし近年、キャロライナ・リーパーを超える激辛唐辛子が開発されています。2017年にイギリスのウェールズで開発されたスコヴィル値が248万ドラゴンズブレスという唐辛子です。食えたもんじゃないっていうくらい辛いらしいです。  つづく・・・

<関連記事>
・カプサイシン 1
・カプサイシン 3
・カプサイシン 4

 

| 食養生 食品安全 | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
カプサイシン 1
おはようございます。寒い日は温かいものが
恋しいです。すっかり鍋の季節になりました。

さて、巷では激辛グルメブームが続いているそうです。激辛な食品を食べるとハッピーになるだけでなく、アドレナリンが分泌されてストレスに強くなると言われています。そのためストレスを抱える人が増えると激辛ブームになると言われています。

激辛のグルメやブームは江戸時代にもありました。人見必大が撰著した『本朝食鑑』(1697年刊)があります。江戸時代初期に発行された庶民の食材を解説した書物です。唐辛子の項には「多食すると、血を破り、眼を損ない、瘡毒を動かす」とあります。これは唐辛子を多食をしていた人が多いので唐辛子の食べ過ぎについて警告しているわけです。

昭和〜令和時代の激辛ブームがあります。第一次激辛ブームが訪れたのはバブル全盛期の頃で”24時間働けますか?”というキャッチコピーが生まれるほどみんなが働いていました。1985年にはベルフーズ(現クラシエフーズ)が激辛カップ麺「カラメンテ」を発売。1年で35億円の売り上げ。外食店でも「超辛」「辛さ○倍」「1〜30倍カレー」などを売りにした店が相次いで登場。1986年の新語・流行語大賞では新語部門・銀賞に「激辛」が選ばれています。その当時発売されたのが湖池屋のカラムーチョで年間売り上げ50億円の大ヒットでした。そしてバブル崩壊で超不景気だった1990年代に第2次激辛ブームが到来しタイ料理インドネシア料理などの激辛エスニック料理を中心とした激辛ブームが訪れました。

2000年代には第2次激辛ブームと重なるように第3次激辛ブームが起こったとされています。2000年に再開した激辛のタンメンの「蒙古タンメン中本」が一世を風靡しました。2003年、東ハトがハバネロを練りこんだスナック「暴君ハバネロ」を発売しています。2018年頃から第4次激辛ブームが到来しています。スーパーやコンビニなどにも花椒などの激辛商品がたくさん並んでいます。激辛の進化系“しびれる辛さ”の麻(マー)を使った商品が続々登場しています。唐辛子の売り上げがここ3年で3億4千万円も増加しています。  つづく・・・

<関連記事>
・カプサイシン 2
・カプサイシン 3
・カプサイシン 4
| 食養生 食品安全 | 09:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
ネオニコチノイド系殺虫剤 5

おはようございます。寒いのでダウンマフラー
を購入してみました。この軽さに慣れないと…

さて、ネオニコチノイド系殺虫剤は世界中で使用されています。ネオニコチノイドはアセチルコリンの受容体に結合できるニセ神経伝達物質です。アセチルコリンの受容体は脳などの中枢神経と末梢神経にあります。アセチルコリンは昆虫の中枢の主要な神経伝達物質です。 このネオニコチノイド系殺虫剤は脳神経科学では発達障害の原因の一つと指摘されています。脳の一部の神経回路が発達せず、自閉症、ADHD、学習障害などの発達障害になる可能性が指摘されています。日本国内の3歳児の尿検査でネオニコチノイド殺虫剤の成分が検出された割合が80%、有機リン系、ピレスロイド系農薬の代謝物が100%検出され、子どもたちが複数の農薬に日常的に曝露していることがわかります。

またネオニコチノイド系殺虫剤はパーキンソン病、アルツハイマー病、ガン、糖尿病、生殖器の異常などとの関連が疑われています。子宮への発ガン性、胎児への影響、神経毒性などが指摘されています。直接的および間接的に人体に影響を与えており使用禁止や制限に踏み切る国や地域が増えています。

1999年、フランスでネオニコチノイド系殺虫剤の規制が始まり、EU諸国、米国・ブラジル・台湾・韓国でも使用禁止の動きが始まっています。2009年、中国ではフィプロニル使用規制(輸出は許可)。2014年、韓国は本殺虫剤の3成分の新規および変更登録禁止。同年、オランダでも本殺虫剤のフィプロニルの全面禁止法案を可決。2015年、ブラジルでは綿花に本殺虫剤の3成分フィプロニルの使用禁止。2016年、フランスでは本殺虫剤のフィプロニルの全面禁止(2018年9月発効)。同年、台湾では茶葉への本殺虫剤のフィプロニルの使用禁止。2018年、EU委員会は3種の本殺虫剤のハチへの毒性を確認し、永続的屋外使用禁止を決定しています。3種以外のネオニコは安全とされたのではなく、農薬として未登録、もしくは1日の摂取許容量が日本より厳しく設定されたり、環境ホルモン作用の懸念物質とされ、今後規制される可能性があります。

秋田の米農家、長崎の養蜂家、NPOダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議、国際環境NGOグリーンピース・ジャパンなどの団体は農水省に「むやみに農薬を使わないお米がいい」との書名を提出しています。署名の内容は、ネオニコチノイド系殺虫剤の使用禁止すること。特に生態系・水系への被害が大きい水田でネオニコチノイド系殺虫剤を使用せずにすむよう、米の検査規格を見直し、斑点米の規定をなくすことです。すでに農水省の農産安全管理課長は「農薬取締法改正に伴い、農薬の再評価を行うことが決定しており、国会でたくさん取り上げられているので科学的根拠を元に見直していく方針です。 そして発達神経毒性の評価についても重要なものとして今後対応していく」と回答しています。

このようにネオニコチノイド系殺虫剤の使用は人体に悪影響があるのは解って来ました。しかし日本では禁止・規制ではなく規制緩和へと進んでいます。”国民の安全と安心”はどこへ行ってしまったのでしょう!? こういう取り返しのつかないことが経済最優先でいくとないがしろにされていきます。これを”自己責任”で片付けるには問題があるように思われます。  〆
 

<関連記事>
・ネオニコチノイド系殺虫剤 1
・ネオニコチノイド系殺虫剤 2
・ネオニコチノイド系殺虫剤 3
・ネオニコチノイド系殺虫剤 4
・残留農薬 基準値緩和 1〜3
・グリホサート 発がん性 1・2
・ゲノム編集食品 1〜3

 

| 食養生 食品安全 | 09:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
ネオニコチノイド系殺虫剤 4

おはようございます。今日は最高気温は5℃
今朝は東京は氷雨。横浜では初雪が降りました。

さて、ネオニコチノイド系殺虫剤は世界中で使用されていますが、子宮への発ガン性、胎児への影響、神経毒性などが指摘され使用禁止制限に踏み切る国や地域が増えています。日本では残留性が高くて使用回数を減らせるので減農薬として用いられ、多くの農産物に多量に使用されています。農作物には摂取しても安全なように農薬の残留基準が厚労省によって定められています。しかし日本のネオニコチノイド系殺虫剤の残留基準値は欧米に比べてほとんどが格段に高くなっています。

日本では世界の動きに逆行して農薬残留基準緩和が進んでいます。2014年、ネオニコチノイド系殺虫剤の成分クロチアニジン残留基準値を引き上げています。2015年、新たなネオニコチノイド系殺虫剤の成分フルピラジフロン農薬登録しています。そしてネオニコチノイド系殺虫剤の成分アセタミプリド残留基準値を引き上げています。2017年、新たなネオニコチノイド系殺虫剤の成分スルホキサフロル農薬登録しています。

2016年9月現在のアセタミプリドの残留農薬基準値(ppm)は、カブの葉2000倍の40ppm、ホウレンソウは3ppm→40ppmの13倍に緩和されています。40ppmでは1.5株食べただけで子どもが急性中毒になる可能性がある値です。茶葉30ppmEUの600倍に緩和されています。ブドウは5ppmでEUの10倍、米国の14倍です。イチゴは3ppmでEUの60倍、米国の5倍です。トマトは2ppmでEU・米国の10倍です。このような残留農薬を多く含む農産物が国中に溢れているのです。

農薬残留量が多いのは残留基準がEUや米国と比較して非常に高いからです。北海道大学などの研究チームによる調査で検出率が最も一番高かったジノテフランのお茶の残留基準値は、日本は25mg/。 米国は50/圓任垢、台湾は10/圈韓国は7/圈カナダは0.1/圓250分の1。EUは0.01/圓2500分の1。和食ブームなので茶の輸出に力を入れ始めた政府は、相手国の規制に合わせるため一部農家に使用農薬を限定する指導を行っています。 海外にはネオニコチノイド農薬を極力減らしたお茶を売り、自国民は危険なネオニコチノイドまみれのお茶…    つづく・・・

<関連記事>
・ネオニコチノイド系殺虫剤 1
・ネオニコチノイド系殺虫剤 2
・ネオニコチノイド系殺虫剤 3
・ネオニコチノイド系殺虫剤 5
・残留農薬 基準値緩和 1〜3
・グリホサート 発がん性 1・2
・ゲノム編集食品 1〜3

| 食養生 食品安全 | 09:34 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
ネオニコチノイド系殺虫剤 3

おはようございます。てんゆ堂では相変わらず
ADSLを使っています。乗り換えは何がイイの!?

さて、ネオニコチノイド系殺虫剤だけでなく有機リン系農薬も微量でも脳で情報を伝達するアセチルコリンの働きに問題を生じさせます。アセチルコリンとは神経伝達物質です。昆虫もヒトもアセチルコリンやグルタミン酸などの神経伝達物質が正常に働かないと生きていけません。有機リン系農薬はアセチルコリンの分解酵素を阻害します。サリンなどの有害な神経ガスと同じ作用をします。ネオニコチノイドはアセチルコリンの受容体に結合できるニセ神経伝達物質です。アセチルコリンの受容体は脳などの中枢神経と末梢神経にあります。アセチルコリンは昆虫の中枢の主要な神経伝達物質です。

産業技術総合研究所、東京大、島根県保健環境科学研究所、名古屋市環境科学調査センター、千葉工業大が参加する研究チームによるネオニコチノイド系殺虫剤による環境への影響についての調査結果が米国の科学誌『サイエンス』2019年11月1日に掲載されています。島根県の宍道湖ウナギやワカサギの漁獲量が激減したのは、1993年から農薬として使われたネオニコチノイド系殺虫剤が原因である可能性が高く、ワカサギもほとんど捕れなくなっています。産総研は1982年〜2016年、宍道湖の水生昆虫などの生息数を調査。1993年以降、ミジンコ類が激減し、大量発生していたオオユスリカも出現しなくなっていました。一方、植物プランクトンを食べるシラウオは大きく減っておらず、殺虫剤による昆虫類の減少がウナギやワカサギに影響したと推定。ネオニコチノイド系殺虫剤は昆虫の神経系に作用し、人やその他の動物には安全性が高いとされて、農作物の受粉を媒介するミツバチを全滅させるなどの影響が指摘され欧州連合EU)では使用禁止されています。研究チームは「昆虫にしか効かないとしても、水生昆虫は重要な餌であり、魚や鳥への影響は大きい」と指摘しています。

ヒトではアセチルコリンは自律神経や末梢神経に多いのですが、中枢神経でも重要な働きをしています。このネオニコチノイド系殺虫剤は脳神経科学では発達障害の原因の一つと指摘されています。特に子どもの脳は機能発達が盛んなため、微量でもネオニコチノイドや有機リン系農薬の影響を受け、脳の一部の神経回路が発達せず、自閉症、ADHD、学習障害などの発達障害になる可能性が指摘されています。日本国内の3歳児の尿検査でネオニコチノイド殺虫剤の成分が検出された割合が80%、有機リン系、ピレスロイド系農薬の代謝物が100%検出され、子どもたちが複数の農薬に日常的に曝露していることがわかります。またパーキンソン病、アルツハイマー病、ガン、糖尿病、生殖器の異常などは農薬曝露との関連が疑われる病気や障害です。(黒田洋一郎,木村ー黒田純子:「発達障害の原因と発症メカニズムー脳神経科学から見た予防、治療・療育の可能性」.河出書房新社.2014)

北海道大学などの研究チームによる調査では日本茶の茶葉からはネオニコチノイド系の7種類がすべて検出されました。茶葉で検出率と残留濃度が最も高かったのはジノテフランで検出率は100%。ペットボトル入りのお茶は、クロチアニジン、ジノテフラン、チアクロプリド、チアメトキサムの4種類が100%の検出率。ペットボトルのお茶からはすべて検出され市販のお茶に危険性が指摘されています。一方、スリランカ紅茶の茶葉30銘柄はすべて、7種類の農薬と20種類の代謝物は、いずれも不検出でした。研究チームは、お茶を長年飲み続けた場合「健康への影響が懸念される」と結論づけています。(月刊誌『食品と暮らしの安全』.2018年11月1日,No.355) ネオニコチノイド系殺虫剤は世界中で使用されていますが、子宮への発ガン性、胎児への影響、神経毒性などが指摘され使用禁止や制限に踏み切る国や地域が増えています。 つづく・・・

<関連記事>
・ネオニコチノイド系殺虫剤 1
・ネオニコチノイド系殺虫剤 2
・ネオニコチノイド系殺虫剤 4
・ネオニコチノイド系殺虫剤 5
・残留農薬 基準値緩和 1〜3
・グリホサート 発がん性 1・2
・ゲノム編集食品 1〜3

| 食養生 食品安全 | 12:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
ネオニコチノイド系殺虫剤 2

おはようございます。唯一参加する鍼灸の研究会
でお世話になっている大先生が病気です。嗚呼…

さて、埼玉県の環境科学国際センターでは埼玉県内の河川水には、いったいどれくらいのネオニコチノイド系殺虫剤が含まれているのか分析方法を開発し、平成25年度に県内の主な35河川の38地点について、本殺虫剤7化合物の河川水濃度を季節ごとに4回調査しています。その結果、山間地にある荒川上流部の1地点以外のすべての調査地点で本殺虫剤が検出されたことから、県内において本殺虫剤が広く拡散していました。 7化合物のうち国内出荷量の多いジノテフランの濃度が、他のネオニコチノイド系殺虫剤と比較して高い傾向があり、本殺虫剤の濃度は使用機会が増加すると想定される夏季に高くなる傾向がありました。検出された最高濃度は、ジノテフランの250ng/L(ngは10億分の1グラム)。出荷量の少ないニテンピラムやチアクロプリドは、ほとんど検出されませんでした。

日本ではネオニコチノイド系殺虫剤について河川の環境基準は今のところ設定されていませんが、水質汚濁に係る農薬登録保留基準が設定されています。ジノテフランを含めて本殺虫剤7化合物の検出濃度は、水質汚濁に係る農薬登録保留基準を大幅に下回っていました。これらの値と比較すると埼玉県内河川水の本殺虫剤の濃度は問題のないレベルにあると考えられます。しかし県内の河川水においては本殺虫剤の検出率が高く生態系へ与える影響も疑われています。名古屋市環境科学調査センターでも同様の調査をしています。調査で検出された濃度は農薬登録保留基準値と比較して、十分低い値で”ただちに問題となるレベルではない”と考えられると報告しています。しかし名古屋市内では大型の公園・植物園などでも本殺虫剤が使用されており、今後も継続して調査していくことが重要であると考えています。

ネオニコチノイド系殺虫剤だけでなく有機リン系農薬も微量でも脳で情報を伝達するアセチルコリンの働きに問題を生じさせます。アセチルコリンとは神経伝達物質です。1990年初め頃から欧州でミツバチの大量失踪が始まり、2007年春までには北半球のハチの4分の1が消えてしまいました。日本でも2005年頃からミツバチの大量死が始まりました。本殺虫剤に含まれる化学物質の摂取が多いとハチの方向感覚を狂わせ帰巣を不可能にする影響のではないかと指摘されています。その影響がミツバチの大量失踪・大量死の原因と考えられています。 つづく・・・
 

<関連記事>
・ネオニコチノイド系殺虫剤 1
・ネオニコチノイド系殺虫剤 3
・ネオニコチノイド系殺虫剤 4
・ネオニコチノイド系殺虫剤 5
・残留農薬 基準値緩和 1〜3
・グリホサート 発がん性 1・2
・ゲノム編集食品 1〜3

 

| 食養生 食品安全 | 09:36 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
ネオニコチノイド系殺虫剤 1

おはようございます。初冬の寒さが鍛えます。
今冬は暖冬の予報ですが世界は気候変動で大騒ぎです。

さて、農業は長い間、それぞれの土地に適した種子と栽培法で営まれてきました。しかし、第二次世界大戦後、爆弾を作る工程から化学肥料が、生物兵器技術から農薬が製造され農業のあり方が変わりました。有機塩素系、有機リン系、ピレスロイド系などの新農薬が次々登場し、数十年経って危険性が明らかになるということが繰り返されています。減農薬にはなくてはならない安全な新農薬として登場したのがネオニコチノイド系殺虫剤です。

ネオニコチノイド系殺虫剤とは、平成5年頃から使用されている殺虫剤の総称です。現在、7つの化学物質農薬取締法に基づいて本殺虫剤として登録されています。この殺虫剤は昆虫神経伝達を阻害することで殺虫活性を発現し、適用できる害虫の種類が広いという特徴があります。また、脊椎動物への急性毒性が低く、環境中で分解されにくく残効性があり、水溶性で植物体への浸透移行性高いことなどから様々な植物に広く使用され農作物の生産性向上等に役立ってきました。

しかし、近年、昆虫などの無脊椎動物だけでなく脊椎動物に対する免疫機能生殖機能の低下などの慢性毒性が報告されるようになり、直接的および間接的な生態系への影響が懸念されるようになってきました。ミツバチ減少の原因物質としても疑われており使用を規制する国もでてきました。 ネオニコチノイド系殺虫剤は水溶性であることから水環境へ移行することが考えられ、事実、河川水等からの検出事例が報告されるなど環境汚染物質としての関心が高まってきています。しかしながら本殺虫剤の環境中濃度の測定例はまだ少なく汚染実態は明らかとなっていませんでした。   つづく・・・

<関連記事>
・ネオニコチノイド系殺虫剤 2
・ネオニコチノイド系殺虫剤 3
・ネオニコチノイド系殺虫剤 4
・ネオニコチノイド系殺虫剤 5
・残留農薬 基準値緩和 1〜3
・グリホサート 発がん性 1・2
・ゲノム編集食品 1〜3

| 食養生 食品安全 | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
ゲノム編集食品 3

おはようございます。今日は清々しい秋晴れ
紅葉の後は、あっという間に初冬の気配です。

さて、ゲノム編集食品には、狙った遺伝子を壊す手法のほかに、外部から遺伝子を導入する手法があります。前者については、厚労省は安全性審査の対象外として業者の任意届け出制としています。2019年10月1日からこうしたゲノム編集食品の流通の届け出の受付を開始しています。厚労省も現時点ではゲノム編集と従来の品種改良を判別する検査法がないことから、義務化は「妥当でない」としています。一方、消費者からゲノム編集食品かどうかを知りたいという声があることから、厚労省に届け出があった食品やそれを原材料とする加工食品については「積極的に情報提供するよう努めるべき」だとしています。食品の包装・容器への表示に限らず、ウェブやポップなどでもよいという通知を出しています。またゲノム編集食品でないことを表示する場合は、流通管理の取引記録など根拠となる資料に基づいて表示するよう求めています。外部から遺伝子を入れたゲノム編集食品の場合は遺伝子組み換え食品と同じように安全性を審査し表示義務を付けるとしています。

日本経済新聞によると米国の種子開発大手コルテバ・アグリサイエンスがゲノム編集トウモロコシを年内にも厚労省に届け出る見通しです。このトウモロコシは菓子など加工食品の原料になるため、コルテバが届け出ても店頭ではどの加工食品にそのトウモロコシが入っているのか、消費者はおそらく知らされないままでしょう。コルテバは化学大手のダウ・ケミカルとデュポンの合併・再編で誕生した農業分野に特化したテクノロジー企業です。米メディアによるとトランプ大統領非常に近い企業と言われています。2019年1月にはコルテバとその前身企業に30年以上在籍したスコット・ハッチンス氏が研究部門を率いる次官代理の職に就いています。ハッチンス氏は博士号も持つ農薬の専門家で農務省に入れば農薬の規制緩和が進んで食の安全が脅かされるとの懸念から、環境団体が同氏の農務省入りを強く反対した経緯があります。 コルテバは前身のダウ・デュポン時代、トランプ大統領の就任式に100万ドル(現在のレートで約1.06億円)を寄付しています。米国では企業から政治家への献金は、日本のような政治資金規正法がないので金額の制限がなく青天井です。トランプ大統領は2019年6月、大統領令を出してゲノム編集食品の開発と輸出に力を入れる方針を示しています。厚労省の担当者は米国からの圧力や米国への忖度で解禁したとの見方は完全否定していますが…

どこまでゲノム編集食品という表示が示されるかは生産者や販売者の自主性に任せるので実効性は不透明です。そして消費者庁も厚労省も表示を義務付けない理由として、遺伝子の改変がゲノム編集によるものか、品種改良で起きたのか科学的に判別できないことと、表示義務に違反する商品があっても見抜けないことを挙げています。見抜けないことが表示しない理由にはなりません。開発者や生産者を追跡すれば可能なはずです。消費者目線に立たない監督官庁って… 名古屋大学(環境学研究科)の立川雅司教授は「我々はゲノム編集に接してまだ期間的に短いわけですので、これが長期的にどういう影響があるかは長期的に見ていく必要がある」と指摘しています。元農林水産大臣の山田正彦氏は自著『タネはどうなる?!』の中で「私はゲノム編集について、遺伝子組み換え技術によって一部の遺伝子を切断することで未知なたんぱく質であることには変わりはないと考える。新たなアレルギー源になる可能性もあり、十分な検証もしないでゲノム編集を遺伝子組み換えではないので安全と断定することは許されない」と述べています。

ゲノム編集食品は早ければ年内にも市場に出回る見通しです。表示なしでは消費者は遺伝子の一部が改変された食品と知らずに購入し食べる可能性があります。消費者が商品を選択する権利が奪われかねません。消費者庁や厚労省が消費者よりも、生産者や販売者らを重視しているような偏りがあります。では仮に健康被害が出た場合は… 責任の所在が不明確です。食品問題に取り組む市民団体たねと食とひと@フォーラム吉森弘子共同代表は「人為的ミスで違う遺伝子を切断してしまうなど、想定外のことが起きる可能性はあり、制度は見切り発車だと感じる」と批判。「農作物の交雑などが起こるリスクもあり、安全性審査や食品表示は義務化すべきだ」と訴えています。そして遺伝子組換え表示制度も2023年4月からは新しい制度に変わることが決まっています。あれもこれも外圧に屈した形であり、日本の食糧事情は米国の言いなりという感はぬぐえないです。ゲノム編集食品も遺伝子組換え食品も日常的に口に入れる食品が多いだけに不安が拭えません。  〆

<関連記事>
・ゲノム編集食品 1
・ゲノム編集食品 2
・残留農薬 基準値緩和 1〜3
・グリホサート 発がん性 1・2

| 食養生 食品安全 | 12:21 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/31PAGES
  • >>