● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 冷えは万病の元 3 | TOP | MRI 禁忌 1 >>
冷えは万病の元 4

おはようございます。グリーンカーテンで収穫したゴーヤ
スパムを加えチャンプルーにして食べてみました。美味〜。

さて、「冷え万病の元」。低体温の原因の多くは生活習慣の積み重ねに悪化してひどくなることがあります。まず、デスクワークが多い現代人は運動不足・筋力不足に陥りがち。運動量が低下すると筋肉量も低下し代謝や熱の生産が弱まってしまいます。筋肉を動かすことで身体の隅々まで血液が循環し低体温や冷え性を改善することができます。また栄養の偏り、食生活の乱れは体内リズムや体内の働きを弱め基礎代謝が低下肥満にもつながります。よく噛んで食べたり身体を温める作用のある食品や血行を良くする食品を選ぶことで体温を上昇させることができます。特にオススメは生姜です。生姜を加熱すると血管拡張し血行を良くしてくれる「ショーガオール」という成分に変化します。生姜を煮ると生の状態の3.8倍炒めると5倍にもなります。

睡眠不足
食事内容の乱れも低体温の原因ですが、生活リズムの乱れも体内の働きを大きく弱めてしまいます。体内の修復作業は寝ている間に行われますから睡眠不足が続くと体内の働きが弱まるだけでなく肌の生まれ変わりであるターンオーバーをはじめとした細胞の生まれ変わりも滞ることになります。睡眠不足は低体温を招くだけでなく肌や髪などの健康も大きく損ねてしまいます。また足が冷たく眠れないからと言って靴下を履いて寝るというお話をよく聞きますが、普段履くようなしっかりした靴下は足首を圧迫し、かえって血行を悪くし冷え性を悪化させてしまうのでNG。どうしても履かないと眠れないというのであれば、足首部分のゆるい靴下レッグウォーマーを選びましょう!!

暑い夏ですから、いつでもどこでもエアコンが入っています。こういうときこそ、冷え対策をして冬にも備えましょう。 〆

<関連記事>
・冷えは万病の元 1
・冷えは万病の元 2
・冷えは万病の元 3
・冷えの定義
・内臓型冷え症 1〜7
・なぜ冷える!? 2
・冷え症に氷!? 1・2
・水毒・水滞 1・2
・交感神経緊張症 1〜3
・靴下はいて寝る!? 1・2
・温石 1〜4
・タイ・ハーブ療法 「ハーブボール」 1〜6
・タイ伝統医療 ハーブサウナ療法
・タイマッサージ 1〜3
・燻灸 ヨモギ蒸し
・入浴のススメ 3
・冷え症解消 「生姜紅茶」 1・2
・生姜・しょうが・ジンジャー

| ★鍼灸による不妊治療 冷え症★ | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/3874
トラックバック