● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 男性更年期障害「LOH症候群」3 | TOP | 男性更年期障害「LOH症候群」5 >>
男性更年期障害「LOH症候群」4

おはようございます。院内での白衣ハーフサイズ
(20cm短)に変更しました。気分も一新です。

さて、テストステロン減少して男性更年期
の症状が出る病気を医学的には「LOH症候群
ロー症候群、加齢男性性腺機能低下症候群)と呼びます。
このLOH症候群が40代以上の会社員に急増している
というのです。

テストステロンの不足はやる気の低下無気力感
などをもたらしますから仕事をするにはテストステロン
がしっかり出ていることが不可欠でしょう。経営者などに
とって重要な判断力、決断力の向上にも大きな影響を
及ぼしますから、テストステロンが多いことが「できる人
の条件ともいえます。しかも、そうした能力面ばかりでなく、
テストステロンは社会においてどうふるまうかといった
男の生き方」も深くかかわっています。テストステロン
の高い人はチャレンジ精神、冒険など自分の世界
を広げる意欲の強い人です。これは営業での新規開拓力
といったことにつながるでしょう。またテストステロン
の高い人は仲間と社会との協調を大切にする健全な競争心
の強い人
でもあります。自分が不利益をこうむっても公平性
を重視するといったこともテストステロンのなせるワザです。
テストステロンが高い人は、そういった意味で良きリーダシップ
を発揮
できる人が多いのです。面白いことにどこの会社でも
テストステロンが一番高いのは社長であることが多いようです。

テストステロンは就寝中につくられます。したがって、
朝が一番高く夕方になるにつれ減っていきます。ですから、
重要な決断をするのにはテストステロンが上がって決断力、
判断力が高まっている朝がオススメです。逆に夜は大事な決断
をするのは避けた方がイイのです。またテストステロンは
シナプスの増加を促し記憶力の向上に結びつくという
説もあります。そうしたことからも朝をビジネスや学習に活用
することは有効です。朝型生活や朝活を勧めるビジネス書が多い
ことも知らないうちにテストステロン効果を活用しているの
かもしれません。

実は「男らしさ」「男の魅力」といったことはテストステロン
に負うところが大きいのです。テストステロンが強く働いている人は、
正義感が強く、いわゆる「男らしい男」「男の中の男」となります。
男性は男性同士でそうしたことをかぎ分けるとテストステロン
の高い男性は同性から支持される傾向があります。つまりテスト
ステロンが高い人ほど男性から人望があるといえるのです。
また女性は、やはり男らしさに惹かれるものでしょうから、
テストステロンの高い男は女性から人気がありモテるといえる
かもしれません。      つづく・・・

<関連記事>
・男性更年期障害「LOH症候群」1
・男性更年期障害「LOH症候群」2
・男性更年期障害「LOH症候群」3
・男性更年期障害「LOH症候群」5
・男性更年期障害「LOH症候群」6
・男性更年期障害「LOH症候群」7
・ネットの「偽造ED治療薬」 1〜4
・「バイアグラ」の裏面
動脈硬化とED 1・2
「ED」と「タバコ」 1・2
・「ED」・「インポテンツ」の薬
男性の更年期障害
男性不妊症
・「男性不妊症」(インポテンツ)の漢方薬
・「男性不妊症」(インポテンツ)の食養生
・「男性不妊症」の鍼灸治療
ストレス解消法
ストレスと性格
ストレス症

| 男性不妊症・ED・男性更年期 | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/3927
トラックバック