● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 赤ちゃん専用「夜泣き外来」2 | TOP | 鍼灸もISO!? 2 >>
鍼灸もISO!? 1

おはようございます。コーヒーを淹れても患者さんが来て…
冷めたコーヒーを飲む… 保温ボトルを購入しました!!

さて、ISO(International Organization for Standardization)は国際標準化機構のことです。製造メーカーや工場などでこのISOの文字が看板に掲げられていたりします。国際標準化はグローバル化に伴う社会では当然の動きです。物事を標準化することによって便利になることは多く最低限の品質を保証することにもなるので安全性が向上します。海外向け製品のみならず国内で製造する製品にはISOへの準拠が求められてきます。自らの製品の価値を担保し、時代の潮流とのマッチングを図っていくためにも、ものづくりはISOとの関連性がより密接になってきています。

しかし、今までの基準を変えて新しい基準に適合させるには、一次的に不便や混乱が生じたり労力や資金が必要となったりします。そして、そのどこの国の現状をベースにして標準化するのかという議論になると、そこには国益が絡むので政治的な競争や交渉も生じてきます。

鍼灸の世界でも1980年代に経穴国際コードが作られ、例えば、足三里ST36というように漢字文化ではない国でも、どの経穴を指しているのか互いに理解できるようになっています。2000年代には経穴の位置に関する国家間の合意が得られ、日本・中国・韓国の間で異なっていた部位についても整理されています。これらはすでに日本の鍼灸学校の教科書にも反映されています。  つづく・・・

<関連記事>
・鍼灸もISO!? 2
・鍼灸もISO!? 3
・鍼灸治療・漢方薬 WHO認定 1〜3
・統合医療 1〜4
・補完・代替医療:CAM 1〜4
・ガン 補完代替医療 1〜7
・自律神経免疫療法 1〜3
・逆子の灸 1〜5
・不妊治療 鍼灸 1・2
・「つわり」の鍼灸治療
・古今東西 鍼灸事情 1〜7
・アイスマン 鍼起源説 1〜3
・韓国の東洋医学 1〜4
・フランスの鍼灸事情 1・2
・ドイツの鍼灸事情 1・2
・イギリスの鍼灸事情 1・2

| 鍼 灸 その他治療法 | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/3964
トラックバック