● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 外国人 国保にタダ乗り 1 | TOP | 外国人 国保にタダ乗り 3 >>
外国人 国保にタダ乗り 2

おはようございます。12月中旬で何かと慌ただしいです。
てんゆ堂は年内は12月29日(木)までの診療予定です

さて、『週刊SPA!』(11/22発売号)では「スクープ 来日中国人が医療費を不正受給している!」という特集が組まれています。日本での進んだ検診や治療を希望する外国人も増えています。しかし、中には招かれざる客も紛れているというのです。

中国・広東省出身の40代の中国人女性Wさんは3年前から患っているC型肝炎の治療のため2ケ月前に夫と来日。「中国で1年ほどインターフェロン投与による治療を続け、一旦は治ったようにみえたのですが、半年後に再発。そんな中、ほぼ完治するという特効薬ハーボニーの存在を医者から聞いた。ただ、その薬は中国国内では未承認で、海外の医療機関で治療する必要があるとのことでした」。興味を持ったWさんは、海外への医療ツアーを斡旋する複数の業者に接触したようです。ちなみに中国でのC型肝炎患者数は約4000万人以上国民病です。こうした事情を受け海外でハーボニーによる肝炎治療を仲介する業者は数多く存在します。ただ、欧米での投与は完治までの滞在費を含め1000万円近くかかります。「後発薬が使用されているインドや東南アジアなら100万円以下で済むらしいのですが、不安で踏み切れなかった。そんな時、ある業者が日本での治療という選択肢を提案してきた」というのです。

問題は彼女が支払う費用。「医療費に業者への費用・滞在費をあわせて200万円ほどです」。国が定めるハーボニーの薬価は5万5000円で投薬期間は12週間。完治までには薬代だけで最低465万円がかかる計算です。「国民健康保険のおかげです。薬代は月に1万円までしか取られないですから」。

実は彼女の在留資格は「医療滞在ビザ」ではなく、会社経営のために滞在する場合に発給される「経営・管理ビザ」なのだというのです。留学ビザや経営・管理ビザ、就労ビザなどで日本に3ケ月以上合法的在留するすべての外国人は、国民健康保険(会社員なら社会保険)への加入義務付けられています。同時に日本人加入者と同様の恩恵を受けることができるのです。ハーボニーは肝炎医療費助成制度の対象となっており、国保もしくは社保の加入者は所得により自己負担限度額が月額1万〜2万円までに制限されます。つまり、薬価ベースでは465万円かかる投与が最低3万円で受けられるのです。さらにハーボニーの薬代以外の診察料や各種検査費用なども国保なので3割負担で済みます。Wさんが依頼した業者は、この制度に目をつけ格安でC型肝炎治療を受けられる方法を彼女に売り込んでいたのです。ちなみに医療滞在ビザで来日しハーボニー投与を受けた場合、滞在費を含めて600万円以上になると業者から言われたというのです。   つづく・・・

<関連記事>
・外国人 国保にタダ乗り 1
・外国人 国保にタダ乗り 3
・療養費 詐欺事件 1〜14

・療養費 不正請求 1〜7
・生活保護 貧困ビジネス 1〜8
・マッサージ機の盲点 1・2
・無資格施術でケガ 1・2
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・ベビーマッサージ 過失致死 1〜8
・国家資格 あん摩・マッサージ・指圧師 1〜6
・厚生大臣免許保有証 1〜3

| 社会問題 | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/3990
トラックバック