● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 高血圧予防・改善 チョコレート 3 | TOP | ぺふぺふ病 1 >>
高血圧予防・改善 チョコレート 4

おはようございます。昨日は朝から春一番で暖かかったです。
一転、今日は真冬の逆戻り。こういうのが堪えるんです〜。

さて、高血圧心不全や脳梗塞など突然死の原因になります。最高血圧140Hg以上、最低血圧が90Hg以上の人をさし、現在日本人の3人に1人60歳以上の2人に1人が高血圧というのです。

東京女子医科大学医学部・循環器内科医の渡辺尚彦教授は、血管の収縮、高血圧の予防・改善するのにチョコレートを薦めています。チョコレートに含まれるポリフェノールにより一酸化窒素が作られ血管拡張して血圧を下げます。チョコレートは正常血圧の人が食べても血圧をほとんど下げず健康を損ないません。高血圧の人が食べたときほど強く効果を発揮するというのです。グラム当たりのポリフェノールの含有量ダントツに多いのがチョコレートです。これを1日5カケラ(約25g)だけでOKです。この量では血糖値も上がらず糖尿病を心配する必要がないようです。

ポリフェノールはさまざまな食品に含まれるため、毎日の食事から摂取することも可能です。成人の平均摂取量は1日1000mg程度とされています。効果をしっかり得るには意識して補う必要があります。さらにポリフェノールは体に蓄積されにくく、1度にたくさん摂取しても3時間程度抗酸化作用が失われてしまいます。2〜3時間ごとにこまめに摂ることが理想的というデータもあります。食事のたびにお茶やコーヒー、はたまた赤ワインを飲んだり、ココアやチョコレートをおやつにするなど工夫することが大切です。

最近では特定のポリフェノールを効率的に摂取できるサプリメントが多く販売さているので症状改善を強く期待する方にはオススメです。なかでも「トクホ」と呼ばれる特定保健用食品は脂肪の吸収を抑えたり、血糖値などへの保健効果が立証されているので、より効果的なヘルスケアが期待できます。ポリフェノールは過剰摂取しても効果が持続しないため、多めに摂っても問題はありませんが、大豆などに含まれるイソフラボンは女性ホルモンに影響を与えるので注意が必要です。カテキンに肝機能に関する報告例があります。最近、人気のポリフェノールが豊富な高カカオタイプのチョコレートを1日5カケラ、2〜3時間毎にこまめに摂るのがオススメです。これで血管力が増します。老若男女のオススメです。 〆

<関連記事>
・高血圧予防・改善 チョコレート 1
・高血圧予防・改善 チョコレート 2
・高血圧予防・改善 チョコレート 3
・血管力 1〜5
・高血圧は悪いのか!? 1〜3
・降圧薬 1〜6
・降圧剤 投薬ミス 誤飲 1〜3
・「高血圧」の漢方薬
・高血圧 ハンドグリップ法 1〜6
・握力で心臓病リスクを判定 1・2
・温度差 心筋梗塞 1
・「心不全」の兆候 1・2
・毛細血管って大事!! 1〜4
ポリフェノール 「レスベラトロル」
・刺絡(シラク)

| 心臓・血管・血液の病気 | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4063
トラックバック