● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 筋膜リリース体操 4 | TOP | 幸せな人生を送る秘訣 2 >>
幸せな人生を送る秘訣 1

おはようございます。あっという間にGWも終わってしまいました。
てんゆ堂は私用で5月15(月)〜18(木)臨時休診となります。

さて、「ハーバード成人発達研究」は75年以上にわたり、
700人2つ対象群における心と体の健康を追跡してきました。
対象となった群は1939〜2014年にボストンで育った貧しい男性
456人(グラント研究)と、1939〜1944年にハーバード大学を
卒業した男性268人(グリュック研究)です。期間がこれだけの
長さに及ぶと調査に取り組む研究者も一世代ではまかないきれません。
第二次世界大戦以前から研究チームは血液サンプルを分析し、
脳スキャン技術が登場すると導入し、アンケート回答を丹念に
読み込み被験者と実際に交流して調査結果をまとめてきました。

成人発達研究のディレクターを務めるRobert Waldinger教授
によると重要性においてあるひとつのことが、ほかのすべて
に勝っているとしています。700人を75年間追跡してわかった
幸せな人生を送る秘訣は「75年間におよぶこの研究が明確に
示しているポイントは『良い人間関係』が私たちの
幸福と健康を高めてくれるということです。これが結論です」。

老後に向けての貯蓄や講演や基調演説を行ったことでもなく、
大企業で働いてきたかでもなく、社会的地位でもありません。
そうしたことではなく幸福や人生の豊かさをもたらしてくれる
最大の要因は基本的には「」です。具体的に頼れる人が傍に
いる
という環境には神経系が緊張から解放され、脳の健康が
保たれる期間が長く
なり、心と体の苦痛が和らげられるなどの
効果があることを、この研究は明らかにしています。またこの
研究では孤独を感じている人は肉体的な健康が早くに衰え
短命である傾向が強いことも明確に示しています。 つづく・・・

<参考記事>
This 75-Year Harvard Study Found the 1 Secret to
Leading a Fulfilling Life.


<関連記事>
・幸せな人生を送る秘訣 2
・幸せな人生を送る秘訣 3
・イラッとしたら深呼吸
・怒りのコントロール 1〜6
・怒り 自律神経と血圧 1〜3
・リラクセーション法 「漸進的筋弛緩法」1〜5
・ストレス VS リラクセーション法 1〜5
・ラザルス 「ストレス・コーピング理論」1〜3
・インスタント瞑想 1・2
・マインドフルネス 1〜5
・メラビアンの法則 1〜5
・ジャネの法則 1・2
・ヤマアラシ・ジレンマ 1・2
・心理学 行動パターン 1〜5
・認知の歪み 1〜7

| 心理学 心理療法 | 09:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4089
トラックバック