● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 虫歯放置→顎骨炎 1 | TOP | 虫歯放置→顎骨炎 3 >>
虫歯放置→顎骨炎 2

おはようございます。今週末から一気に気温が下がりらしく
なるようです。季節の変わり目体の変わり目でもあります。

さて、虫歯放置しておくと「顎骨炎」(骨髄炎
という病気になるかもしれません。顎骨炎とは文字通りアゴ
骨の炎症で重症化したり、時に命にかかわったりする場合
もあります。この病気は虫歯の悪化が原因で発症することもあり
決して他人事とはいえない病気です。

顎骨炎は炎症が起こる場所や広がり方などに応じて「顎骨骨髄炎
顎骨骨膜炎」「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」というような病名
がつけられます。骨は皮膚や粘膜、筋肉などで覆われているため、
普通は炎症を起こしにくい部分ですが、顎の骨に関しては別で、
顎骨炎を起こすことはそれほど珍しくありません。それは歯が
直接骨に埋まっているため歯からの感染が骨に波及しやすいからです。
このように顎骨に細菌感染を起こす経路は主に歯からで口腔内の細菌
により虫歯から歯髄炎が起こって顎骨に感染が広がるケースをはじめ、
歯周病の炎症や親知らずの周囲の炎症、抜歯後の細菌感染
が顎骨に広がるケースもあります。

顎骨炎の症状としては以下です。
ゞい痛み・腫れ
歯が原因で起こっている場合、原因歯の痛みや噛んだ時の痛み
に加えて周囲の歯にも痛みが出てきます。また、歯茎の粘膜や
周囲の皮膚が熱を持ち、赤くなって腫れ上がることでさらに痛み
が強くなります。ただし、骨髄炎のように内部に炎症の中心が
ある場合には、赤みや腫れがはっきりと出ないこともあります。

顎下リンパ節の腫れ
あごの下のリンパ節が腫れてきます。

歯の動揺
原因となる歯はもちろんのこと、その周囲の歯にも動揺が
起こってくることがあります。  つづく・・・

<関連記事>
・虫歯放置→顎骨炎 1
・虫歯放置→顎骨炎 3
・虫歯放置→顎骨炎 4
・虫歯放置→顎骨炎 5
「歯周病」などの原因
歯周病の症状
・酸蝕症 ジュースで歯が溶ける!? 1〜3
・歯科 ドリル使い回し 1〜6
・歯科でシワ取り!? 1・2
・ブラック歯科 1〜5
・歯の黄ばみ 1〜2
・歯肉マッサージ
・口腔内ストレッチ 1〜3
口呼吸 1
口内炎 1・2
舌痛症
歯科金属アレルギー
インプラント治療の落とし穴 1〜3
・インビザライン

| 口・咽頭・歯の病気 | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4247
トラックバック