● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 小児 インフルエンザワクチン不必要!? 1 | TOP | 米国の大麻事情 1 >>
小児 インフルエンザワクチン不必要!? 2

おはようございます。「VICKS」の新しい大型加湿器
治療室で使い始めました。気化式は経済的だそうです。

さて、2011年、オランダのエラスムス・メディカル・センターで行われたワクチン学の研究結果「Flu Vaccines in Children Hamper Defense Against Viral Infection」では、子供に定期的にワクチン接種を受けさせることでインフルエンザと闘う免疫システム悪化すると結論づけられています。この研究は、ワクチン接種に反対している科学者ではなく、ワクチンの性能を改善するために賛同者によって行われた点は特筆すべきです。この免疫システムに関する研究には平均6歳のワクチン接種を受けていない健康な子供27名と、毎年インフルエンザワクチンを接種していて嚢胞性線維症の子供14名から血液を採取。そこではワクチン未接種の子供たちの免疫反応がより強いことが判明。つまり、実際の世界的流行株を含めたインフルエンザから身を守る機能が、より強いということです。研究者のリーダー・Rogier Bodewes氏は「インフルエンザワクチンは潜在的な欠点があり、これまで正当に検討されていませんでした。これについては議論を行うべき」と述べています。

国立公衆衛生院(現・国立保健医療科学院)の疫学部感染症室長を務めたこともある医師の母里啓子氏は、著作『インフルエンザワクチンは打たないで』(双葉社)の中で衛生研究所の調査によると予防効果はないと断言しています。一部の医師は20〜30%は予防効果があるとの主張すらも否定しています。また、老人ホームで行った調査で50〜60%重症化を防ぐ効果があったとするデータがあり、それをワクチン接種の意義と唱える医師も多いですが、母里氏は脳症などの重症化を防ぐ効果はまったくないと述べています。ワクチンの効果や副作用、将来にわたる免疫低下などを考えると惰性や周りの意見に乗って接種するのではなく熟慮を重ねて自己判断すべきとしています。

全国展開する某大手ドラッグストアーでは、ワクチン接種費用自社で負担しパートも含む従業員全員にワクチン接種をするように動いています。いずれにしてもインフルエンザワクチン接種の是非について医学界でも大きく意見が分かれています。  〆

<関連記事>
・小児 インフルエンザワクチン不必要!? 1
・インフルエンザワクチン無効論 1〜8
・インフルエンザワクチン無用!? 1〜7
・輸入新型インフルエンザワクチンの怖い話 1・2
・新型インフルエンザワクチン 副作用
・今さら聞けない 「抗生物質」って!? 1・2
・抗生物質の副作用 1〜3
・インフルエンザ うがい無効 1・2
・マスク依存症 1〜6
・そのマスク大丈夫!?
・免疫力 活性化計画 1〜3
・手指用アルコール殺菌・消毒剤 1〜2
・薬用石鹸 効果なし 1〜3
・薬用石鹸 代替切り替え 1〜3
・薬用石鹸→耐性菌 1〜4
・スーパー耐性菌 1〜5

| 風邪 呼吸器疾患 感染症 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4307
トラックバック