● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 筋力アップ 食事 3 | TOP | 筋力アップ 食事 5 >>
筋力アップ 食事 4

おはようございます。個人的に”今季の冬は寒くなる”。
早めに準備して、温かくしてこの冬を乗り切りましょう。

さて、タンパク質を目標量だけ摂取すれば健康的に筋肉
を増やせるかというと、実はそれだけではありません。「糖質
と「アミノ酸」も関係しています。摂り過ぎれば太るというイメージ
のある糖質。しかし、糖質はエネルギーを生成する大事な材料です。
流行りの「糖質制限」をしてタンパク質を多く摂取していれば筋肉がつく
と思っていませんか?それは要注意です。実は運動しながら筋肉を
つけるためには糖質が必要です。これは運動する際やタンパク質
を合成
する際に糖質が使われるためです。糖質は体内に入ると
いち早く吸収されてエネルギー源として利用されるので一概に害
ではありません。運動をしているのであれば、ご飯やパンなどの
糖質を多く含む食品を適度に摂ることが大切です。

糖質の他にもう一つ意識したいのがアミノ酸です。肉や魚など
の食事から摂ったタンパク質は体内でアミノ酸に分解されます。
このアミノ酸は大きく2つに分けられます。私たちの体内で合成
できるアミノ酸と、体内では合成できないため食べ物から摂り
入れなくてはならない「必須アミノ酸」です。9種類ある必須
アミノ酸の中でも、バリン、ロイシン、イソロイシン
は筋肉のタンパク質に多く含まれるアミノ酸で、BCAA
(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれています。BCAAは筋肉を維持
する上で大切なアミノ酸なのです。BCAAはタンパク質を多く
含む肉、魚、卵、乳製品に多く含まれています。マグロ、カツオ、
鶏むね肉、豚肉(赤身)
は、タンパク質を多く含み脂質が少ないので
筋トレと合わせて摂るのにオススメ食材です。アミノ酸の分解には
時間がかかるので、食品からの摂取では運動時に摂るというよりは、
普段から意識することが大切です。1日の食事でこまめに摂ることで
体のベースを作ることができます。    つづく・・・

<関連記事>
・筋力アップ 食事 1
・筋力アップ 食事 2
・筋力アップ 食事 3
・筋力アップ 食事 5
・タンパク質を摂ろう 1〜5
・細マッチョ
・フレイル 1・2
・脚ヤセ注意 1・2
・痩せすぎなら罰金
・肥満 1〜6
・サルコペニア肥満 1〜4
・ボディデザイン 1〜4
・むくみ解消 「あずき茶」 1〜4
・ぽっちゃり→長生き
コア・トレーニング 1〜3
身体にイイ歩き方 1・2
・『養生七不可』

| 食養生 食品安全 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4320
トラックバック