● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 性格は変えられるか!? 4 | TOP | チェルノブイリ原発事故 外交文書 1 >>
性格は変えられるか!? 5

おはようございます。今日は天皇誕生日で祝日ですが、
てんゆ堂診療しております。年内は28日(木)までです。

さて、心理学者のアルフレッド・アドラー(1870〜1937)
が創始したアドラー心理学では、人の「性格
のことを「ライフスタイル」と呼び、目の前の
困難や課題
をどうとらえるかはライフスタイルに基づくと考えて
います。アドラーは「ライフスタイルは個人の運動法則」と言い
表しました。ライフスタイルは、すべての行動の起点となります。
一般的に「性格は生まれつきで、変えられない」という考えがある中、
アドラー心理学では「ライフスタイルは死ぬ1日前まで変えられる
という立場をとっています。

相手によってライフスタイルは変化します。家族に対しては、
強気だったり。同僚相手には、フレンドリーだったり。
女性相手には、消極的だったり。状況に応じて、その相手に
応じたペルソナが出てきてライフスタイルが変化し行動
決まっていきます。

友人・知人による集まりの中で会話の中心となる人もいれば、
一言も話さない引っ込み思案の人もいます。アドラーはこうした
行動の違いはライフスタイルによる性格形成の違いによるもので
あるとしていました。「世の中の人は自分を受け容れてくれる
自分は人から好かれている」というライフスタイルを持っている人は、
自ら会話の中心になるでしょう。自己肯定感が強いということも言える
でしょう。それとは逆に「世の中の人は自分を拒絶するに違いない
自分は人から好かれるはずがない」というライフスタイルを持って
いる人は、一言も話さないことでしょう。

ライフスタイルとは、生き方のクセであり、どのように行動すればうまく
いくかという信念であり、一般的には性格人格と呼ばれている
ものです。しかし、性格というと一般的に”変えられないもの”という
イメージが強いため、アドラーはあえてライフスタイルという言葉を
使いました。そして、それは「原因論」的に生まれつき決まっている
ものではなく、自分の意思で決めたものであるため、”いつでも変える
ことは可能
”だと考えたのです。友人の中で一言も話さない性格の人は
「おとなしい性格」なのではなく、「人を信用していない性格」、
「自分は好かれるはずがないと思っている性格」なのです。
このように「おとなしい」という表層のさらに奥にある、
核となる信念を見つけ、それを変えることで行動や感情は大きく
変わって
いきます。それがライフスタイルを変えるということです。 〆

<関連記事>
・性格は変えられるか!? 1
・性格は変えられるか!? 2
・性格は変えられるか!? 3
・性格は変えられるか!? 4
・幸せな人生を送る秘訣 1〜3
・イラッとしたら深呼吸
・怒りのコントロール 1〜6
・怒り 自律神経と血圧 1〜3
・リラクセーション法 「漸進的筋弛緩法」1〜5
・ストレス VS リラクセーション法 1〜5
・ラザルス 「ストレス・コーピング理論」1〜3
・インスタント瞑想 1・2
・マインドフルネス 1〜5
・メラビアンの法則 1〜5
・ジャネの法則 1・2
・ヤマアラシ・ジレンマ 1・2
・心理学 行動パターン 1〜5
・認知の歪み 1〜7
・発達障害 早期発見と療育 1〜4
・発達障害の方々の声 1・2

| 心理学 心理療法 | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4337
トラックバック