● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 医療機関 ウェブ広告規制 2 | TOP | 医療機関 ウェブ広告規制 4 >>
医療機関 ウェブ広告規制 3

おはようございます。去年はてんゆ堂HPをリニューアル
しました。この確定申告時処理方法が・・・ 頑張ろっと!!

さて、2017年6月の医療法改正によって、これまで規制外だった医療機関ウェブサイトが広告の規制対象となります。2018年6月の改正法施行からサイトでの不適切な表現は違法となります。厚労省の『医療広告ガイドライン』『医療機関ホームページガイドライン』のガイドラインに沿って違反の疑いがあるウェブサイトです。

医療機関のウェブサイトで禁止されるのは、主に以下のような広告です。「虚偽、または客観的事実だと証明できないもの」「他との比較により自らの優良性を示すもの」「事実を誇張、または過度に強調するもの」「科学的な根拠が乏しい情報に基づき、国民・患者の不安を過度に煽るもの」。例えば、ウェブサイト上の「絶対安全な手術を提供」といった文言は禁止。「絶対安全な手術」というものは存在しないため虚偽となります。また、施術効果を示すために画像をPhotoshopなどのソフトで加工・修正することも虚偽となります。虚偽広告は患者が適切な受診機会を失ったり、不適切な医療を受けるおそれがあることから罰則つきで禁止されます。

直接的な宣伝だけでなく暗示的や間接的に「医療に関する広告である」と一般の人が認識し得るものも規制対象です。例えば「がんが消える」は「がんが治る」ことを暗示しています。治療の効果は本来、広告可能ではなく誇大広告にも該当し得るため認められません。

さらに保険適用でない、いわゆる「免疫細胞療法」などの自由診療については以下のことを記載しなければなりません。「自由診療をおこなう医療機関の広告に限っては、通常必要とされる治療内容、費用、治療のリスク・副作用などをウェブサイトに記載していただくことがガイドラインに明記されています」事業者は他にも医療法だけでなく、医薬品医療機器等法(薬機法・旧薬事法)や景品表示法、健康増進法、不正競争防止法などの法令も遵守する必要があります。 つづく・・・

<関連記事>
・医療機関 ウェブ広告規制 1
・医療機関 ウェブ広告規制 2
・医療機関 ウェブ広告規制 4
・医療機関 ウェブ広告規制 5
・国家資格 あん摩・マッサージ・指圧師 1〜6
・厚生大臣免許保有証 1〜3
・家庭向け鍼用器具
・無資格施術でケガ 1・2
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・彫り師=医療行為 1・2
・美容トラブル 1〜4
・海外 美容トラブル 1〜3
・MRI 禁忌 1〜5
・キャッチコピーに気をつけろ!! 1・2
・STOP!! 薬物依存 1・2
・健康食品の虚偽誇大広告 1〜7
・ジャンクフード広告禁止 1〜6

| 社会問題 | 09:31 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4372
トラックバック