● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 1 | TOP | イブプロフェンと男性不妊 1 >>
コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 2

おはようございます。今週半ばはバレンタインデーです。
こういう作られた風習って意外に多いのかもしれません。

さて、犬や猫などから人間に感染する人獣共通感染症
コリネバクテリウム・ウルセランス感染症
はジフテリア類似の症状を引き起こすことがあります。
初期症状は発熱、咽頭痛、咳など風邪に似た症状が出ます。
その他、扁桃・咽頭の偽膜形成、下顎部から前頸部の浮腫・
リンパ節腫脹、呼吸障害、心筋炎、神経炎、中耳炎などの
症状があります。重症化すると呼吸困難などで死亡する
こともあります。人から人に感染することはほとんどありません。
抗菌薬などで治療可能です。

この感染症は人、犬、猫、牛のほか、様々な動物において
感染事例が確認されており、咽喉頭、肺、皮膚、乳腺などに、
様々な症状を呈する動物由来感染症です。最近ではウルセ
ランス菌に感染した犬や猫からの感染が国内外で広く確認
されるようになっています。国内では福岡県の60代の女性で、
平成28年5月に呼吸困難で救急搬送され3日後に死亡しています。
血液などからウルセランス菌が検出されています。女性は3匹
に屋外で餌をやっており、そこからの感染が疑われています。

しかし国内では感染症法に基づく届け出義務がない珍しい感染症のため、
見逃されている可能性もあります。予防接種の効果で日本ではほとんど
患者がいない感染症「ジフテリア」に似ており抗菌薬などで治療が可能です。
厚労省日本医師会、日本獣医師会、自治体に対して情報提供を行い、
発生があった場合は厚労省に情報提供するよう通知しています。
また国民に対しても「ペットとの濃厚な接触は避け、体調が悪く
なったらすぐに医療機関に行ってほしい」と注意を呼びかけています。
厚労省のHPには「コリネバクテリウム・ウルセランスに関するQ&A
もあるので参照してください。    〆

<関連記事>
・コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 1
ペット感染症 1〜3
・カプノサイトファーガ感染症 1・2
・Q熱性慢性疲労症候群 1〜4
・「慢性疲労症候群」(CFS/CFIDS) 1・2
・アウトドア ダニに注意 1〜4
・アタマジラミ

| 風邪 呼吸器疾患 感染症 | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tenyudou.jugem.jp/trackback/4376
トラックバック