● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< アトピー性皮膚炎 爪楊枝で鎮痒!? 5 | TOP | インフルエンザ治療薬 2 >>
インフルエンザ治療薬 1

おはようございます。2月も末日です。3月は例年より暖かい
という予報です。そして今年の夏は猛暑の予報も出ています。

さて、現在、日本で流通しているインフルエンザ治療薬は、タミフル(飲み薬)、リレンザ・イナビル(吸入薬)、ラピアクタ(点滴薬)の4種類です。

.織潺侫
インフルエンザウイルスに直に作用する世界初の飲み薬で、現在最も普及している抗インフルエンザ薬です。タミフルといえば、異常行動についてメディアに大きく取り上げられ、一時期話題となりました。しかし、現在までに「薬による現象ではない」と否定されています。しかし、タミフルによる異常行動の問題があり、現在も10歳代の未成年への同剤の投与についての注意喚起が出されています。タミフルにはカプセル型とドライシロップがあるので、小さなお子さんでも服用することが可能です。ドライシロップ(溶かして飲むタイプ)はそのまま飲んでもOKですが、多めの水で飲みます。薬の量は、1歳児より0歳児の方が多いです。2016年12月から1歳未満の赤ちゃん(0歳児)も健康保険で処方可です。

▲螢譽鵐供Εぅ淵咼
タミフルも含めリレンザ・イナビルは「ノイラミニダーゼ阻害薬」と呼ばれ、インフルエンザA型とB型のどちらにも効果があります。ウイルスの表面にある「ノイラミニダーゼ」が細胞から放出されることを抑え細胞内にウイルスを閉じ込める働きを持っているため、ウイルスの増殖を抑え感染拡大を防ぐことが可能です。リレンザは粉末状になった薬剤を口から吸う吸入薬です。インフルエンザウイルスが増殖する気道にピンポイントで作用するため、全身への影響が少なく副作用の発生も比較的少ないとされています。一般的に上手に吸入ができない小さなお子さん(5歳未満)には、処方されないことが多いです。イナビルはリレンザ同様に粉末状になった薬剤を口から吸う吸入薬です。リレンザとの違いは服用回数。長時間効果があるので1回分で治療終了です。2009年に世界的に流行した新型インフルエンザ(H1N1)でもタミフル・リレンザ・イナビルの有効性が認められています。 つづく・・・

<関連記事>
・インフルエンザ治療薬 2
・インフルエンザ治療薬 3
・インフルエンザ うがい無効 1・2
・マスク依存症 1〜6
・そのマスク大丈夫!?
・免疫力 活性化計画 1〜3
・手指用アルコール殺菌・消毒剤 1〜2
・薬用石鹸 効果なし 1〜3
・薬用石鹸 代替切り替え 1〜3
・薬用石鹸→耐性菌 1〜4
・スーパー耐性菌 1〜5
・インフルエンザワクチン無効論 1〜8
・インフルエンザワクチン無用!? 1〜7
・小児 インフルエンザワクチン不必要!? 1・2
・輸入新型インフルエンザワクチンの怖い話 1・2
・新型インフルエンザワクチン 副作用
・今さら聞けない 「抗生物質」って!? 1・2
・抗生物質の副作用 1〜3

| 風邪 呼吸器疾患 感染症 | 09:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4388
トラックバック