● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< メタ認知 4 | TOP | 発育性股関節形成不全 2 >>
発育性股関節形成不全 1

おはようございます。今日はてんゆ堂開院記念日なんです。
開院12年目に入りました。「お陰様」の一言に尽きます。

さて、赤ちゃんの脚の付け根の関節(股関節)がはずれる病気があります。かつては「先天性股関節脱臼」と呼ばれていました。通称「センコダツ」といいます。ほとんどが生後に発生することから、現在は「発育性股関節形成不全」と呼ばれています。発育性股関節形成不全は遺伝的な要因で出生時に脱臼している場合に加え、抱っこの仕方オムツの替え方といった生活環境が引き金となり、生まれた後に脱臼することも多いのです。重軽症者を合わせた新規患者数は年間230〜240人と推計され、男の子より、関節が柔らかい女の子に多く、男女比は1対9との報告もあります。私見では女の子は将来出産するので、股関節が男の子と比べて少し浅いように思われます。生後6カ月ごろまでに見つかれば、外来通院などでほとんどが治るとされています。

この発育性股関節形成不全の診断が遅れて手術が必要な重症者になるケースが依然後を絶たないことが川崎医科大(倉敷市松島)の調査で分かってきました。骨・関節整形外科の三谷茂教授が、治療に当たってきた3病院に残る重症患者のデータ(1954〜2014年で1459人)を分析すると、1歳を過ぎてから診断されたのは、2005〜2014年の重症者(119人)の9.2%に上り、1985〜1994年(10.3%)や1995〜2004年(11.0%)を含めて1割近くが健診を経ても1歳まで病気が見過ごされていたというのです。直近の10年では、3歳でも気づかれていない例もあったのです。

一方、重症者の全体数は長期的に大きく減る傾向にあることが判明。年別に見ると、ピークの1956年は80人だったが、2010〜2014年は6〜10人と10分の1程度でした。国内では1970年ごろまで布の三角オムツなどが使われ、股関節が締め付けられて脱臼が多発しましたが、その後の予防啓発の効果から患者全体が減ったとみられています。直近10年間の重症者は、軽症を含めた患者の全体数はこの数十年間で大幅に減少したとされていますが、三谷教授は「病気が忘れられつつある中で、3カ月健診などで医療関係者も発見できないまま、歩き始めてから気付くことが少なくないようだ」「地域での啓発を通じ、予防法の普及と健診体制の充実につなげたい」と述べています。専門医らは知識の普及に力を入れています。  つづく・・・

<関連記事>
・発育性股関節形成不全 2
・発育性股関節形成不全 3
・発育性股関節形成不全 4
・発育性股関節形成不全 5
・股関節痛 1・2
・鼠径部・脚の付け根の痛み
大人の「鼠径ヘルニア」・「脱腸」 1・2
小児の「鼠径ヘルニア」・「脱腸」 1・2
・膝痛とコラーゲン 1〜3
・スポーツ→膝痛 1〜5
・応急処置
・膝痛の体操 1・2
・運動神経を鍛える
・こむらがえり
・下肢静脈瘤 1・2
・下肢静脈瘤の鍼灸治療

| 育児 発達 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4412
トラックバック