● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< お知らせ | TOP | フィトンチッド 2 >>
フィトンチッド 1

おはようございます。私用で臨時休診しておりましたが、
本日より通常診療しております。よろしくお願いいたします。

さて、フィトンチッド(phytoncide)とは、微生物の活動を抑制する作用をもつ樹木などが発散する化学物質です。テルペン類等の揮発性物質であり、植物はその生命を維持するため、また自らの成長を促すためにフィトンチッドを幹や葉から大気中に放出しています。植物が傷つけられた際に放出し殺菌力を持ちます。木のお店や木造の建物に漂う香りなどが「木の香り」にあたります。森で感じる凛とした香りの正体は、マイナスイオンではなくフィトンチッドです。森林浴はフィトンチッドに接して健康を維持する方法ですが、健康だけでなく癒しや安らぎを与える効果もあるのです。マツ・ヒノキといった針葉樹から発散されるフィトンチッドが、森林の中でヒトをリラックスさせる成分であることが明らかになっています。

このフィトンチッドは1930年ごろに旧ソ連のレニングラード大学ボリス・トーキン博士が植物を傷つけると、傷ついた樹木の皮が、他の細菌に侵されることなく回復する現象を発見しました。つまり周囲の細菌などが死ぬ現象を発見したことに始まります。トーキン博士はこれを植物が周囲に何らかの揮発性物質を放出したためと考えて、この物質をフィトンチッドと命名しました。フィトンチッドは「植物」を意味する「Phyto」と「殺す」を意味する「cide」から作られた造語です。フィトンチッドは、大地に根を張り動けない植物が身を守るために放出している複合物質です。この他にも植物は害虫に侵害された際にフィトンチッドを放出し、害虫に襲われていることを周囲の植物に伝達します。害虫がいることを知った周囲の植物は、害虫が嫌いな成分を含むフィトンチッドを放出し身を守ります。植物たちはフィトンチッドを多様に使い、身を守りながら暮らしています。

フィトンチッドには以下のような働きがあります。
忌避作用:他の植物から侵略されないための生長妨害。また嫌いな香りを放ったり、苦い実を付け、虫や動物から身を守ります。
誘因作用:子孫を増やすために甘い香りの花や実をつけ虫や鳥を誘い、花粉や種を運ぶように誘います。
除菌作用:傷ついた樹皮の周辺が雑菌で侵されないように除菌し回復を促します。フィトンチッドの持つ抗菌・消臭効果は、タンス、まな板、寿司桶、お弁当箱など、古来より生活用品に数多くあります。木を使った生活雑貨を取り入れることで、暮らしの中でもフィトンチッドを感じることができるでしょう。最近ではヒノキチオールが院内感染を引き起こすMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)への抗菌作用があることが見出されています。
消臭作用:自然の中には落ち葉や動物の糞など腐敗物が多く、悪臭に満ちていてもおかしくないのに臭いどころか、爽やかな空気が広がっていて緑の香りに満ちています。それはテルペン類と呼ばれる有機化合物のおかげです。自然の植物、主に樹木が自ら作り出して発散する揮発性物質の主成分として含まれています。また、フィトンチッドのチッソ酸化物などが空気の有機物質を捉え、空気浄化する作用もあります。  つづく・・・

<関連記事>
・フィトンチッド 2
・フィトンチッド 3
・座りすぎ→死亡率アップ 1・2
・ランニングで早死!? 1〜4
・ランナーズフェイス 1・2
・マラソン貧血 1〜4
身体にイイ歩き方 1・2
・脳にも休暇を!! 1〜3
・累積疲労 1〜4
・疲労回復 カッピング療法 1〜5

| 健康法 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4447
トラックバック