● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 病気のサイン「顔」2 | TOP | 無料低額診療施設 2 >>
無料低額診療施設 1

おはようございます。てんゆ堂でも使用している固定電話
2017年度末の固定電話契約数は1987万で最盛期の3分の1です。

さて、お金が無く医療費が払えないから、病院の診察に行くことを諦めている人がいます。そして、そう思い込んでいる人も多いようです。小生も、そう思っていた一人です。また健康保険料が未納になっており「保険証を持っていない人々も病院に行けない」と思っている人が多くいます。健康保険証が無いので医療費は自己負担となり、医療費全般を自費で賄わなくてはならないと思っている人も多いです。さらに外国籍、ホームレス状態、住民票が無い、失業中、家族に内緒で妊娠中… 様々な事情がある人々も病院に行けないと思っているが多いです。低所得者、要保護者、ホームレス、DV被害者、人身取引被害者等の生計困難者など、医療保険加入の有無、国籍は問われません。

このように病気がありながら治療をしないまま放置すると、病気は悪化し重篤化します。そして、病気の種類によっては障害が残ったり、生命の危険がある状態に進行しかねません。厚労省日本医師会も「早期発見・早期治療」が重要で推奨する大切な原理です。

このような市民があらかじめ出てくることを想定して、具体的には社会福祉法救済措置を用意しています。社会福祉法第2条3項第9号『生計困難者のために、無料又は低額な料金で診療を行う事業』。社会福祉法第2条3項第9号では『生計困難者のために、無料又は低額な料金で診療を行う事業』を第二種社会福祉事業として位置付けています。政府は病院事業者に対して、生活に困っていて医療費が払えない、あるいは医療費を払う余裕が無い人々を受診させてもらえるように事業を設けています。また社会福祉法第2条第3項第10号の規定に基づき、生計困難者が経済的な理由によって必要な介護を受ける機会を制限されることのないよう、無料または低額な料金で介護老人保健施設を利用ですきるのです。

この届出をした病院は、無料又は低額で医療行為を一定数行うことと引き換えに、税制上の優遇措置を受けることができます。この届出を行い、いわゆる無料低額診療事業を実施している病院が、実は身近にたくさんあるそうです。また、近年、この無料低額診療施設が全国的に需要があり増加傾向にあるそうです。特に永年にわたり、この分野で努力されてきたのは社会福祉法人恩賜財団済生会だそうです。「済生会○○病院」や「○○済生会病院」の系列病院です。そして、済生会以外にも多くの病院が無料低額診療施設として登録しています。  つづく・・・ 

<関連記事>
・無料低額診療施設 2
・高齢者医療の負担 1〜3
・外国人 国保にタダ乗り 1〜3
・療養費 詐欺事件 1〜14
・療養費 不正請求 1〜7
・生活保護 貧困ビジネス 1〜8

| 社会問題 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4455
トラックバック