● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 保育園 使用済み紙オムツ 2 | TOP | お知らせ >>
保育園 使用済み紙オムツ 3

おはようございます。「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」。
まさに、この季節ならではの俳句ではありませんか!?

さて、認可保育園に通園していると使用済み紙オムツ持ち帰り問題があります。厚労省保育課の「保育所における感染症対策ガイドライン」によると、使用後のオムツの衛生管理としては「蓋付きの容器に保管」「保管場所の消毒」とあります。これはオムツの管理の仕方を示しているのみです。処理の仕方を示すことは特にしていません。園内処理か持ち帰りかは、各自治体や各施設の判断です。ごみ処理や園の規模など地域の実情に応じて工夫が必要です。そして処理費用の問題、長時間保管による衛生問題、保育士の負担増… 問題山積みです。

保護者や保育士の無駄な負担を減らすためにも紙オムツの園内処理や家庭には持ち帰らないレンタル布オムツが推奨されています。布オムツのレンタルやリースの場合は保護者が費用を負担します。いずれにしても保育士には負担を軽くして保育に専念してほしいものです。

東京都豊島区では、2018年4月から「認可保育所で預かる子供の使用済み紙おむつを回収・廃棄」する事業を始めています。区が無料一括処理してくれます。豊島区は2017年4月時点で『待機児童ゼロ』を達成。2018年も認可保育園をさらに10ヶ所ほど増やす予定です。「子育て環境が整った地域」の豊島区は、す…す…すごい。今後このような取り組みが全国に広がれば、多くのママの育児環境や負担はどんどん改善していくことでしょう。

しかし、注目すべき点は、オムツ処理を区が一括でおこなうための費用が、予算の時点で約1300万円かかるという事実です。今のところ約1300万円の費用をかけ、メリットを享受できるのは「認可保育園に子どもを預ける、オムツを利用している家庭」のみです。この費用は税金です。そこに税金を使うより、もっと使い方があるのでは、という意見も見られます。税金って実はかなりたくさん払っているけれども、実際にどのような使われ方をしているのかイマイチ分からないものです。本当に活用してくれてるの? オムツ処理のためにそんなに費用をかける必要があるの? もっとみんなにメリットがあるように使ってほしい… そんな意見が出るのは当然のことです。幅広い年齢層の人たちの意見を聞きながら、これからの日本を良くしていくために「投資的」にお金を使う必要があります。それによってどのような変化が起きるのか? 少子高齢社会の日本では長いスパンで未来を考えていくことが必要不可欠です。豊島区の子育て環境の改善が、今後どのようになっていくのか。区民が、どのようなことを感じるのか。興味深く見守っていきたいものです。  〆

<関連記事>
・保育園 使用済み紙オムツ 1
・保育園 使用済み紙オムツ 2
・股関節痛 1・2
・鼠径部・脚の付け根の痛み
・発育性股関節形成不全 1〜5
小児の「鼠径ヘルニア」・「脱腸」 1・2
大人の「鼠径ヘルニア」・「脱腸」 1・2

| 育児 発達 | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4457
トラックバック