● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 認知症の治療薬はない 3 | TOP | 起立性調節障害 2 >>
起立性調節障害 1

おはようございます。今朝、近畿地方で大きな地震
がありました。大事にならないように祈るばかりです。

さて、起立性調節障害(Orthostatic Dysregulation:OD)という病気をご存知でしょうか? 思春期に起こるとされる病気で、朝起きることができないことが多く、これまでは「怠けている」のではと理解されないこともありました。しかし、最近になってようやく認知され始めて学校現場でも理解が進んでいます。

実際にはどのような症状なのでしょうか? 立っているとクラクラする、なんだかフワーとする、お腹が痛い、頭が痛い、体がだるく食欲がない、吐き気がある、なんとなく自分の体でないような感じがする… 色々な症状を訴えることが多く、自分でもどこが悪いのかはっきりいしない、周りからは「最近だらけている」「たるんでいる」などと見られがちになります。このようなことがあった場合、小児では起立性調節障害という病気の可能性があります。子供から大人へ体や心が変化してゆく、ちょうど小学校高学年から高校生ぐらいの年齢に起きることが多い病気です。

好発年齢は10〜16歳です。起立性調節障害は小学生では約5%中学生では約10%に起きているといわれています。重症は約1%不登校の約3〜4割ODを併存します。性差があり、男の子では1に対して、女の子では1.5〜2となります。約半数に遺伝傾向を認めます。

ODの原因はまだわかっていません。しかし、思春期の体の成長に神経の成長がうまくついていけなくて、バランスが崩れるということで起こってくると考えられています。過少あるいは過剰交感神経活動があります。その他、水分の摂取不足心理社会的ストレス(学校ストレスや家庭ストレス)が関与します。身体が辛いのに登校しなければならないという圧迫感が、さらに病状を悪化させます。そして、日常の活動量低下→ 筋力低下と自律神経機能悪化→ 下半身への過剰な血液移動→ 脳血流低下→ 活動量低下というdeconditioningが形成されるとさらに増悪します。

日本小児心身医学会では起立性調節障害を、たちくらみ、失神、朝起き不良、倦怠感、動悸、頭痛などの症状を伴い、思春期に好発する自律神経機能不全の一つとしています。過去には思春期の一時的な生理的変化であり身体的、社会的に予後は良いとされていましたが、近年の研究によって重症ODでは自律神経による循環調節(とくに上半身、脳への血流低下)が障害され日常生活が著しく損なわれ、長期に及ぶ不登校状態やひきこもりを起こし、学校生活やその後の社会復帰に大きな支障となることが明らかになりました。  つづく・・・

<関連記事>
・起立性調節障害 2

・起立性調節障害 3

・起立性調節障害 4
・起立性調節障害 5
腎性貧血 1〜4
・マラソン貧血 1〜4
・マラソン 急性腎障害 1〜3
・貧血 フェリチン うつ症状 1〜5
・新型うつ病 1〜4
・軽症うつ病 1〜3
・冬季うつ病 リュミノテラピー 1〜6
・アパシー(意欲減退症候群)1〜6
・うつ病 「頚性神経筋症候群」 1〜5
・肩こり→睡眠障害 1・2
・うつ病と脳血流量 1・2
・うつ病と腸内環境 1〜5

| 婦人科 更年期障害 | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4461
トラックバック