● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 起立性調節障害 4 | TOP | 発汗→デトックスしない 1 >>
起立性調節障害 5

おはようございます。山梨の親類から朝取り
トウモロコシが届きました。素晴らしく美味です。

さて、日本小児心身医学会では起立性調節障害(Orthostatic Dysregulation:OD)を、たちくらみ、失神、朝起き不良、倦怠感、動悸、頭痛などの症状を伴い、思春期に好発する自律神経機能不全の一つとしています。好発年齢は10〜16歳です。起立性調節障害は小学生では約5%中学生では約10%に起きているといわれています。重症は約1%不登校の約3〜4割ODを併存します。性差があり、男の子では1に対して、女の子では1.5〜2となります。約半数に遺伝傾向を認めます。近年の研究によって重症ODでは自律神経による循環調節(とくに上半身、脳への血流低下)が障害され日常生活が著しく損なわれ、長期に及ぶ不登校状態やひきこもりを起こし、学校生活やその後の社会復帰に大きな支障となることが明らかになりました。

発症の早期から重症度に応じた適切な治療と家庭生活や学校生活における環境調整を行い、適正な対応を行うことが不可欠です。ODは身体疾患である根性や気持ちの持ちようだけでは治らないと本人と保護者の理解が重要です。非薬物療法(日常生活上の工夫)では、坐位や臥位から起立する時には、頭位を下げてゆっくり起立する。静止状態の起立保持は、1〜2分以上続けない。短時間での起立でも足をクロスする。水分摂取は1日1.5〜2リットル塩分を多めに摂る。毎日30分程度の歩行を行い、筋力低下を防ぐ。眠くなくても就床が遅くならないようにするなどが必要です。ODに特効薬はありません。治療と言っても水分と塩分を充分に摂って適度な運動をするなど、生活する上での注意点があるだけで自然に治るのを待つしかありません。思春期が落ち着くころには治っていくことが多いとされています。日常生活に支障のない軽症例では、適切な治療によって2〜3ヶ月で改善するとされていますがケースバイケースです。学校を長期欠席する重症例では社会復帰に2〜3年以上を要する場合もあります。

一番大切なことは、この病気について本人や家族と学校の先生方がよく理解することです。つまり、今の状態が怠けや気持のゆるみなどから来ているものではなく、自律神経の働きとバランスの悪さ、成長過程によって生じてくるものであること、さらに体も心も過ごしやすい生活環境を整えることが特に大切な病気であるという認識に立って、根気よく病気と取り組む態度が必要です。

起立性調節障害は思春期に起こるので、この時期のこどもから、はっきりしない様々な訴えがあった場合、単なる疲れや怠けとして放置せず小児科にぜひご相談ください。また、「起立性調節障害(OD)家族の会〜snow〜」という団体もあり、同じ病気を持つ家族同士が膝を交えて話せる機会を設けています。焦れば焦るほど悪化するのでボチボチ進むくらいの気持ちが大切です。  〆

<関連記事>
・起立性調節障害 1
・起立性調節障害 2
・起立性調節障害 3
・起立性調節障害 4
腎性貧血 1〜4
・マラソン貧血 1〜4
・マラソン 急性腎障害 1〜3
・貧血 フェリチン うつ症状 1〜5
・新型うつ病 1〜4
・軽症うつ病 1〜3
・冬季うつ病 リュミノテラピー 1〜6
・アパシー(意欲減退症候群)1〜6
・うつ病 「頚性神経筋症候群」 1〜5
・肩こり→睡眠障害 1・2
・うつ病と脳血流量 1・2
・うつ病と腸内環境 1〜5

| 婦人科 更年期障害 | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4483
トラックバック