● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 脱・アレルギー体質 2 | TOP | 毛髪 再生医療技術 2 >>
毛髪 再生医療技術 1

おはようございます。てんゆ堂は年内は29日(土)まで
診療予定です。年明けは1月4日(金)から診療します。

さて、薄毛の問題は周囲の人ではなく本人が一番気にしています。脱毛症にはいくつかの種類があります。メカニズムが分かっているのは、患者数が日本全国に約1800万人いるといわれる男性型脱毛症AGA)と薬剤性脱毛です。聞き慣れない薬剤性脱毛とは、抗がん剤の作用が髪の毛までおよび毛母細胞の分裂や増殖が停止してしまうことで脱毛になります。抗がん剤によって髪の毛を包んでいる毛包の成長期に現れる血管増殖作用が抑制されることも原因となります。一方、解明されていないのが患者数約600万人の女性の休止期脱毛。患者数約12〜24万人円形脱毛症。患者数約1200人限局性欠毛症(先天性無毛症)。そして患者数約101万人事故・皮膚の障害です。

そもそも薄毛に関する治療は、紀元前の古代エジプトですでに行われていたといわれています。近年まで様々な対策や商品が登場してきました。昔から効果があると言われてきたのがワカメです。海藻類に含まれるミネラルが毛髪の成分となることから、発毛や育毛にいいと聞いたことのある人も多いのでしょう。しかし実際はワカメの効能は根拠に乏しいとされています。その他にもブラシで頭皮を叩き育毛や発毛を促す方法や中国の育毛剤が流行しましたが、どれも根本的な解決には至らなかったのが実情です。

現行の薄毛治療法には、薬物治療と自家単毛包植毛術とがあり、薬物治療では医薬品で有名なのがミノキシジルプロペシア(一般名・フィナステリド)でしょうか。これらの処方は保険が効かないので毎月1〜2万かかります。毛髪を元気にしますが、服用を止めると効果が消失するだけでなく、残っている毛を増やすことは不可能です。自家単毛包植毛術は毛根を傷付けないようにして後頭部から1本ずつ毛根を移植します。植毛した数以上に髪の毛が増えることはありません。矢野経済研究所「ヘアケアマーケティング総監2017」によると、日本のヘアケア市場は4408億円で、その内、かつら・植毛市場は1413億円育毛・発毛剤投薬治療675億円頭皮ケア剤300億円となっています。  つづく・・・

<関連記事>
・毛髪 再生医療技術 2
・薄毛 1〜5
・抜毛症 1・2
・円形脱毛症 1・2
・円形脱毛症 診療ガイドライン 1〜3
・アタマジラミ
・毛染め 酸化染毛剤に注意 1〜7

| 皮ふ 頭皮 爪の病気 | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4485
トラックバック