● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 解離性大動脈瘤 1 | TOP | 解離性大動脈瘤 3 >>
解離性大動脈瘤 2

おはようございます。線状降水帯のせいか各地で
大雨が続いています。河川には近よらないのが鉄則。

さて、心臓から出た大動脈の壁の厚さは2〜3ミリで、内膜、中膜、外膜の3層のバウムクーヘンのように3層構造になっています中膜はいわばボンドのように内膜と外膜をくっつけているようになっています。解離性大動脈瘤(かいりせいだいどうみゃくりゅう)は中膜が弱くなり、内膜の一部が裂けて内膜と外膜が剥離するのを解離といいます。解離した血管は一部が外膜だけになるために薄くなって動脈瘤というコブになるので解離性大動脈瘤といいます。中膜内に血液が流入し大動脈が真腔偽腔の解離腔に分離された状態となり、解離腔がひろがり大動脈径が正常の1.5倍以上となることが多いのです。この解離性大動脈瘤も普通の動脈瘤と同様破裂しやすくなります。また本来の血管が細くなって血流が悪くなり様々な症状を引き起こします。解離性大動脈瘤はほとんどが突然起こる病気で破裂する危険性があり恐ろしい病気の一つです。

発症後2週間以内のものは「急性解離」といいます。解離はしばしば大動脈が始まるところから腹部大動脈の分岐部を越え末梢まで達します。末梢側で再び解離腔と真腔とが交わり解離腔が拡大して動脈瘤になったものが慢性解離性大動脈瘤です。大動脈解離は特に瘤形成を認めないことも多く、動脈径が拡大して瘤形成を認めた場合にのみ解離性大動脈瘤となります。ちょっと違うので混同しないようにしたい疾患です。

原因疾患としてはマルファン症候群などの先天性、家族性の結合織疾患のほかに先天性心大血管奇形、大動脈炎、自己免疫疾患、妊娠などによるものが報告されています。血管病変としては中膜の弾性線維の断裂が特徴の嚢状中膜壊死があります。若い人に多くみられます。とはいえこの疾患は高血圧による血管壁へのストレスが重なることが解離を起こす最大の理由です。男性中高年に好発します。ほとんどが動脈硬化が原因です。多くは高血圧を合併します。  つづく・・・

<関連記事>
・解離性大動脈瘤 1
・解離性大動脈瘤 3
・解離性大動脈瘤 4
・痛みのサイン 胸が痛い
・「心不全」の兆候 1・2
・不整脈 心房細動 1〜6
・微小血管狭心症 1〜3
・たこつぼ心筋症 1・2
・温度差 心筋梗塞 1・2
・心停止の前触れ
・「狭心症」と性格 1〜6
・心理学 行動パターン 1〜5
・動脈硬化を見抜く方法 1・2
・血管力 1〜5
・毛細血管って大事!! 1〜4
ポリフェノール 「レスベラトロル」
・高血圧予防・改善 チョコレート 1〜4
・ピーナッツ 20粒
・高血圧は悪いのか!? 1〜3
・高血圧 ハンドグリップ法 1〜6
・握力で心臓病リスクを判定 1・2

| 心臓・血管・血液の病気 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4494
トラックバック