● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 子供 熱中症 3 | TOP | 子供 熱中症 5 >>
子供 熱中症 4

おはようございます。映画「Stand by me」のような
ことを今の子供たちがしたらどうなるのでしょう!?

さて、日本救急医学会は熱中症予防に関する初の緊急提言を発表。特に子ども高齢者熱中症になりやすいとしています。体の小さな子どもの汗腺は密に存在しますが、体そのものが成長しきっていないため実際に有効に働いている数は非常に少ないのです。このため水分補給が大人のように体温調節に対して有効ではないのです。子どもは発汗する機能が非常に弱いことを知っておきましょう。 

そして、子どもは体が小さいので外気温からの影響を受けやすいのです。体温(36〜37℃)より外気温が大きくなると、体の面積の少ない子どもは強い影響を受けます。皮膚表面の温度より外気温が高くなると、皮膚血管拡張が起きても熱を逃がすことができなくなります。逆に熱を体に取り込むことになり、大人も子どもも危険にさらされます。さらに労作運動や何かの作業で体を動かすこと)が加わると、どうしても体内には熱がたまり熱中症になりやすいのです。つまり、子どもは大人と比べて自ら熱を作りやすく、環境からの熱の影響を受けやすいのに、それらの熱を放出しにくいという傾向があります。

部活動や外で遊ぶ機会が増える小中高校生も注意が必要です。日光に長時間当たらないよう留意し、体調の悪い時は無理をしないことが大切です。スポーツ観戦時にも大声で叫んだり、長時間立ったままだと熱中症にかかりやすいです。またプールや海、川で遊ぶ機会が多くなり、水の事故にも注意が必要になります。そして乳幼児は汗や尿から出ていく水分が多く、定期的な水分補給が必要です。また身長が低いほか、ベビーカーの利用で地面に近いケースが多く、地表からの熱を受けやすいです。体の不調を十分訴えられないため、周りの大人が気にかけることが重要です。

子どもの熱中症のサインは、四肢や腹部などの筋肉のケイレン脈拍や呼吸数が多くなる大量の発汗口の渇き吐き気嘔吐頭痛疲労感めまい失神などです。本人が「喉が渇いた」と思った時には、すでにかなり水分が失われている可能性があります。

子どもの熱中症の予防のために活動する屋外での運動や活動の安全域30〜32℃程度がひとつの目安です。暑い環境で体調不良を訴える人がいたら、すべて熱中症を疑うべきです。その上で、呼びかけに応じなかった場合は救急車を呼びましょう。意識がしっかりしていても涼しい場所に避難させて体を冷やすなど適切に対処しましょう。子どもに異常を発見した時、とにかく体を冷やすことです。エアコンの効いた部屋に運んで、そこで冷やすのが効果的です。  つづく・・・

<関連記事>
・子供 熱中症 1
・子供 熱中症 2
・子供 熱中症 3
・子供 熱中症 5
・身体の水分 体液 1・2
・発汗 1〜3
・発汗→デトックスしない 1・3
・かくれ脱水 1〜3
・「かくれ脱水」→「脱水症」→「熱中症」 1〜6
・熱中症 能動汗腺 1〜5
・熱中症 「うつ熱」 1・2
・熱中症と水分補給 1〜3
・経口補水液:ORS
・コップ1杯の水
・乳幼児 イオン飲料にご注意 1〜3
・ペットボトル症候群 1〜4
・酸蝕症 ジュースで歯が溶ける!? 1〜3
・アイスクリーム頭痛 1・2
・乳幼児用浮き輪 溺水事故 1・4
・ベビーバス 事故 1・2

| 育児 発達 | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4528
トラックバック