● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< お知らせ | TOP | ベンゾジアゼピン離脱症候群 2 >>
ベンゾジアゼピン離脱症候群 1

明けましておめでとうございます。てんゆ堂は本日
より通常診療しております。よろしくお願いします。

さて、抗不安薬睡眠導入剤として知られる向精神薬ベンゾジアゼピン系薬物は1960年代に出現し、80年代頃からその依存性や依存性からの脱却のために服薬を中止することで出現する離脱症候群が欧州を中心に医学的に問題視されるようになりました。今世紀になると短期使用の薬物として定着してきました。しかし日本ではベンゾジアゼピン離脱症候群の認識が遅れ、ここ数年、やっとこのような認識が一般にも知られるようになりました。

ベンゾジアゼピン離脱症候群の離脱症状には、それまでの症状が悪化するだけでなく、新たに振戦(しんせん。手足首などの震え)、不穏、無力感、集中力低下、発汗、めまいなど様々な症状がみられます。目に関しては、〔椶魍けたくても容易に開けられない開瞼困難、まばたきが増えたりリズムがおかしくなったりする眼瞼の運動症状。羞明(しゅうめい。まぶしい)、もしくは光過敏目が痛い、目の周囲のしつこい不快感など感覚症状。不安抑うつ不眠などの精神症状――の3つの要素が様々な度合いで混合し非常に治りにくいのです。

症状は目やその周辺に出ますが、病気の正体は脳の誤作動です。眼球に病気が出現したからではなく、脳の感覚系神経回路の誤作動で生じた中枢性羞明と考えられます。この光過敏と同一線上にある感覚過敏として、音、味、臭い、触覚、さらには体の種々の部位にしびれや痛みが出現することが指摘されています。感覚過敏はベンゾジアゼピン長期投与後の離脱にかなり特異的な症状です。

ベンゾジアゼピン離脱症候群には、急性の離脱症状が起きて数週間から数か月以内に改善するものと、遷延性離脱症候群という1年以上にわたって症状が持続するものがあります。中には進行し半永続的に症状が残る例もありますが、日本では認識が薄く、離脱症候群は改善するはずと信じている臨床医も多いとされています。 つづく・・・

<関連記事>
・ベンゾジアゼピン離脱症候群 2
・悪用・睡眠導入剤 1〜6
・医療用麻薬 薬物依存 1〜6
・STOP!! 薬物依存 1・2
・麻薬とペインコントロール 1〜6
・スマートドラッグ 1〜4
・アセトアミノフェン 多量服用自殺 1〜4
・小児 咳止め「コデイン」禁忌 1・2
・風邪薬→覚醒剤 1〜3
・カフェイン中毒死 1〜11
・リタリン中毒
・ブロン中毒
・米国の大麻事情 1〜4
・医療用「大麻」
・ネットの「偽造ED治療薬」 1〜4
バトルフィールド・アキュパンクチャー 1〜8
・「慢性疲労症候群」(CFS/CFIDS) 1・2
・Q熱性慢性疲労症候群 1〜4

| 心・精神の病気 | 09:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4572
トラックバック