● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< メラノーマ 3 | TOP | 椎間板ヘルニア 注射薬 1 >>
メラノーマ 4

おはようございます。今日の最高気温は18℃の予報。
氷雨が降り冷え込む模様です。初冬の香りがします。

さて、皮膚ガンには「ほくろのガン」とも呼ばれるメラノーマ悪性黒色腫)があります。メラノーマは皮膚ガンの一種で、見た目はほくろとよく似ています。メラノーマは足の裏や手のひら、爪、顔、胸、腹、背中など様々な部位にできます。また眼球、鼻や口の中、肛門部などの粘膜にできることもあります。悪性黒色腫の原因はまだ明らかになっていませんが、紫外線皮膚への摩擦・圧迫といった外からの刺激が関係していると考えられています。日本では1年間で人口10万人あたり1〜2人発症するといわれています。50歳代から増加し、60〜70歳代に最も多く発症します。厚労省の調査による日本におけるメラノーマの患者数は約4,000人です。

ほくろとメラノーマを区別する方法「ABCDルール」があります。A (Asymmetry)左右非対称です。メラノーマは左右非対称の形をしていることが多く、左右非対称ならメラノーマの可能性があります。B (Borderless)辺縁不明瞭です。ほくろの辺縁がはっきりしているのに対し、メラノーマの辺縁は不明瞭です。これもガン細胞の多様性によるものです。C (Color)色調です。メラノーマは真っ黒の部分と薄い部分が不規則に混在し色ムラができます。色調が単一かどうかはメラノーマとほくろを見分けるうえで重要な要素になります。D (Diameter)直径です。メラノーマかどうか一番わかりやすい項目として大きさがあります。メラノーマはガンですので時間とともに大きくなります。その直径が6〜7mmを超えるとメラノーマの可能性大です。

確定診断には切除して病理組織検査をします。「ABCDルールに当てはまらないから大丈夫」と素人判断せずに、心配なほくろは皮膚科専門医に診察してもらうことが大事です。メラノーマは数年前まで「抗ガン剤も放射線治療も効かない怖いガン」と考えられていました。近年は免疫チェックポイント阻害剤を含む新規薬剤が登場して効果が期待できるようになりました。2018年のノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学特別教授の本庶佑博士の研究成果によるガン治療薬がオプジーボです。これも免疫チェックポイント阻害剤です。ガンに対する第四の選択肢となる免疫療法を提示した功績は、国内外の研究者から高く評価されているのは、ご存じの通りです。オプジーボが最初に日本で保険適用薬として認可されたのは、2014年7月、メラノーマに対しての使用認可でした。その後、オプジーボが効くのは、メラノーマだけではなく、2015年12月に厚労省は切除不能な肺ガン(非小細胞肺ガン)の治療にオプジーボの使用を認可しています。その適用範囲は拡大しています。メラノーマは早期発見できれば治すことができるガンであることを知っておきましょう。  〆

<関連記事>
・メラノーマ 1
・メラノーマ 2
・メラノーマ 3
 

| ガン 難病 | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4585
トラックバック