● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 医療用麻薬 薬物依存 1 | TOP | 医療用麻薬 薬物依存 3 >>
医療用麻薬 薬物依存 2

おはようございます。今週の土曜日は所用で
休診となります。ご理解の程お願い致します。

さて、米国では2014年に1万9000件近い処方されるオピオイド医療用麻薬)の過剰摂取オーバードース)が発生しており、ヘロインも加えると計2万9000件を超えています。2015年には2万2598人が死亡。依存症患者も200万人いるとみられています。英国も同様で、サン紙の調査によると、特にフェンタニルによる死亡者が急激に増えています。2016年には中毒による死者数は5万人を超えています。米国の保健福祉省は薬物中毒による2017年の死者数は過去最悪の約7万2000人。死因としては銃犯罪や交通事故を上回ります。1990年代後半、製薬会社が危険性を知らせずにオピオイドを大量販売し、医師が安易に処方したことが原因とみられています。

2009年6月25日、マイケル・ジャクソン(50)が自宅で強力な麻酔薬プロポフォールによる急性中毒心肺停止となり死亡しました。2016年4月21日、米国の人気歌手プリンス(57)は合成鎮痛剤フェンタニルの過剰摂取が原因で死亡しています。摂取したのはオピオイドの中でも強力なものでした。フェンタニルは一般的に末期ガンの患者などに処方されるもので、モルヒネの50〜100倍ヘロインの25〜50倍もの効果がある強力な鎮痛剤で強力で中毒作用があることが指摘されています。

2012年2月11日、ホイットニー・ヒューストン(48)はホテルの部屋で入浴中に浴槽でうつ伏せ状態で死亡しているのが発見。死因は心臓発作とコカインの使用による偶発的な不慮の溺死と発表されています。コカイン以外にもアルコールや処方薬なども服用しており、薬物の過剰摂取によって死亡しています。ヒューストンの愛娘もまた、2015年7月に自宅の浴槽で倒れているのが発見され、大麻、コカイン、アルコール、鎮静剤などの薬物使用と溺水によって22歳という若さで亡くなっています

最近では2018年9月7日、アリアナ・グランデの元恋人でラッパーのマック・ミラーが自宅で薬物の過剰摂取が原因で急死しています。その他、21世紀を代表する歌手といわれたエイミー・ワインハウスなど多くのスーパースターたちが、この合成鎮痛剤で命を落としています。そしてオピオイドはスターやセレブだけに蔓延しているのではないようです。一般の若者たちの多くがこの薬の過剰摂取で死亡しています。  つづく・・・

<関連記事>
・医療用麻薬 薬物依存 1
・医療用麻薬 薬物依存 3
・医療用麻薬 薬物依存 4
・医療用麻薬 薬物依存 5
・医療用麻薬 薬物依存 6
・麻薬とペインコントロール 1〜6
・スマートドラッグ 1〜4
・アセトアミノフェン 多量服用自殺 1〜4
・STOP!! 薬物依存 1・2
・小児 咳止め「コデイン」禁忌 1・2
・風邪薬→覚醒剤 1〜3
・カフェイン中毒死 1〜11
・リタリン中毒
・ブロン中毒
・悪用・睡眠導入剤 1〜6
・米国の大麻事情 1〜4
・医療用「大麻」
・ネットの「偽造ED治療薬」 1〜4
バトルフィールド・アキュパンクチャー 1〜8

| 処方薬・一般薬 | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4598
トラックバック