● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 急性弛緩性麻痺 急増 2 | TOP | 下肢静脈瘤 1 >>
急性弛緩性麻痺 急増 3

おはようございます。横浜・みなとみらいでも
クリスマスイルミネーションを始めたようです。

さて、急性弛緩性麻痺(Acute flaccid paralysis:AFP)は主に子どもが発症する感染症で、発熱や咳などの風邪に似た症状の後手足などに麻痺が起きるもので、多くの子どもに麻痺の後遺症が残るとされています。ウイルスなどの種々の病原体の感染により弛緩性の運動麻痺症状を呈する感染症である。厚労省はウイルスなどの種々の病原体の感染により弛緩性の運動麻痺症状を呈する感染症であると定義しています。日本では2018年5月から監視を強めていました。

米国でも急性弛緩性脊髄炎(Acute flaccid myelitis:AFM)は神経系に影響してポリオのような麻痺をもたらす病気で、9割18歳以下の子供たちに発症しています。AFMと診断された子供の数は過去4年間で急増し、少なくとも全米で合計386人に達しています。症状は「手足に力が入らなくなる」「顔や目尻が垂れ下がる」「食べ物がのみ込めなくなったり、口が回らなくなる」「場合によっては呼吸が弱くなる」などです。これまで米国では1万人に1人がかかる稀な病気でした。

しかし、2014年、1000人以上感染したとされたほか、今年は9月に100人以上の患者が報告され、疾病対策センター(CDC)が国内に警戒を呼びかけています。9月中旬から患者が増え始め、10月初旬には全米5州で報告。ミネソタ州で最近急増し、中旬には全米22州で罹患が確認された62件と、さらに罹患した疑いがあるケースを含め合計127件が報告され、昨年を大幅に上回っています。10月16日にはCDCは、子どもの手足が麻痺するAFMという症状が急速に拡大しているとして警告を発しています。

CDCによれば、ポリオウイルス、エンテロウイルス、ウェストナイルウイルス、アデノウイルスなどのほか、環境有害物質、遺伝性疾患の可能性があるとしています。治療法は確立しておらず、理学療法、作業療法などに頼っているのが現状です。ステロイドによる治療が実施された例も伝えられていますが、完全な回復には至っていないとしています。効果的な予防法もなく、少なくともポリオの予防接種を受ける、ウェストナイルウイルスを媒介する蚊に刺されないように気をつける、通常の感染症予防同様にまめに手を洗うことなどが呼びかけられています。

風邪のような症状があって、このような麻痺症状があったら、速やかに小児科の専門医がいる医療機関を受診してください。  〆

<関連記事>
・急性弛緩性麻痺 急増 1
・急性弛緩性麻痺 急増 2
・RSウイルス 1・2
・ヒトメタニューモウイルス 1〜3
・ノロウイルス 1〜3
・ロタウイルス 1〜6
・サイトメガロウイルス 1〜6
・マイコプラズマ 1〜3
・ヘルペスウィルスの種類
・突発性発疹 1〜7
・突発性発疹 「HHV-6」 1・2
・手足口病(HFM) 1〜3
・急性腸炎 1・2
・川崎病 1〜3
・子どもの夏風邪
・麻疹(はしか)流行の兆し 1〜6
・妊娠中の風疹 1・2
「うがい」のやり方
手洗いのやり方

| 育児 発達 | 09:18 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4606
トラックバック