● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< スマホ巻き肩 1 | TOP | スマホ巻き肩 3 >>
スマホ巻き肩 2

おはようございます。通勤途中の家々に
色とりどりのシクラメンが増えてきました。

さて、スマホ巻き肩とはスマホの長時間の使用により猫背になり、肩が内側に丸まった状態のことです。この姿勢を長時間続けていると筋肉が硬くなって血流が悪くなり肩コリの原因になってしまいます。さらにこの状態を放っておくと重大な疾患につながることもあります。例えば偏頭痛、目のかすみ、耳鳴り、頸椎症を起こしたり神経まで圧迫されて痺れが出てしまったりなど様々な症状がで出てくる危険性があります。

特にスマホを使っているときの猫背の姿勢では、肺が圧迫されるので通常に比べて吸い込む酸素量が減少します。このために全身の血流が悪くなり、肩こりをはじめ、さまざまな体の不調が表れます。大人は通常、1分間に15回、1日に2万回の呼吸をしています。スマホを長時間使うことで、1回ごとの呼吸が浅くなり、体に供給される酸素の量が減ります。健康な33歳の男性(喫煙歴なし)を対象に、肺活量と気道抵抗ぼ測定では、通常の姿勢で5440ミリリットルだった肺活量は、スマホを操作する姿勢では3720ミリリットルに減少。気道抵抗を合わせて算出する肺年齢は、通常の姿勢では18歳未満だったのですが、スマホ操作時には41歳と実年齢を超えている場合が多いのです。背を丸めた姿勢でスマホを使い続けることは、軽度の酸欠状態が続くのと同じです。浅い呼吸が続くと血流が悪くなり、肩こりのほか、疲れが抜けにくくなったり、体の代謝が落ちてやせにくくなったりすることもあるのです。

スマートフォンの普及に伴い、スマホの操作・閲覧により、背中を丸めた姿勢を長時間とることで起きる酸欠状態や巻き肩の症例が専門のクリニックに相次いで寄せられているようです。スマホを使い続けるときには意識して休憩を取り、ストレッチなどを取り入れて正しい姿勢を取り戻さないと諸症状に悩まされることになります。自分がスマホ巻き肩なのかは簡単なチェックで分かります。下記の2点に当てはまるとスマホ巻き肩の可能性があります。両方でなくても1つだけでも疑いはあります。.螢薀奪スして立った時に肘頭外側を向いている。肘頭が真後ろを向いていれば問題なし。鎖骨の下の部分の小胸筋を押してみて圧痛がある。いかがですか!?  つづく・・・

<関連記事>
・スマホ巻き肩 1
・スマホ巻き肩 3
・スマホ巻き肩 4
・スマホ子守り 1〜4
・スマホ子守り 発達が遅れる!? 1〜4
・スマホ認知症 1・2
・スマホ老眼 1〜3
・ネット依存 1・2
・ブルーライト 1〜3
・パソコンと自律神経
・スマホと首肩コリ 1〜3
・肩コリ→頭痛 1・2
・ストレートネック 1〜4
・慢性肩こり 1〜4
・頚性神経筋症候群 1〜8
・うつ病 「頚性神経筋症候群」 1〜5
・立甲 1〜4
・肩コリ 緊張型頭痛の薬 1・2
・冷湿布 or 温湿布 1・2
・肩コリ・筋肉痛の薬 「内服薬」 1・2
・肩コリ・筋肉痛の薬 「貼付剤」 1・2
・肩コリ・筋肉痛の薬 「塗布剤」
・肩コリ・筋肉痛の薬 「エアゾール剤」

| 首痛 肩コリ 手の痛み | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tenyudou.jugem.jp/trackback/4625
トラックバック