● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 線維筋痛症 6 | TOP | 心因性頻尿 2 >>
心因性頻尿 1

おはようございます。治療院の店舗更新
してきました。更新書類が未届だったのでアセル。

さて、頻尿症とは文字通り頻回にトイレに行って排尿せざるを得なくなる疾病です。頻尿症には膀胱や尿道周囲、あるいは排尿に関係した神経系の疾患など身体的な原因のある器質性のものと心因性(神経性)のものがあります。

4月から新学期・新入学・新社会人という新生活が始まる方も多いかもしれません。その他、運動会や発表会の練習が始まる時期などに急におしっこが近くなる場合があります。「さっき行ったと思ったら、またおしっこ」。また学生の頃、寒い時期に体育館での卒業式などでトイレには長い時間行けず、途中で退席するもの恥ずかしかったり、「先生や同級生から何か言われそうだし…」。排尿痛はなく、何かに集中しているときや夜寝ているときは症状が出ないのが特徴です。

これは子ども心に感じている緊張ストレスが症状として表れるのが心因性頻尿です。繊細でデリケートな子どもに多いといわれています。通常はクラスに慣れ、行事が終われば治ります。「放っておいても、いつの間にか元通りになった」という場合もあります。この心因性頻尿は成人にも起こります。「試験だ」「バスにはトイレがない」「会議中に行きたくなったらどうしよう」「夜起きたくない」などの不安で脳が敏感になり、より尿意を感じやすくなります。「まずい。したくなった」と思った途端、ますますしたくなるのです。一度そんなことを経験すると余計に心配になります。「怖くてバスに乗れなくなる」など生活に支障が出てきます。多くの場合、思春期の頃の一過性で終わり、大人になってからはさほど問題がなくなる場合が多いのですが、大人になってからもその傾向が続く人も少なくありません。  つづく・・・

<関連記事>
・心因性頻尿 2
心因性頻尿 3
心因性頻尿 4
心因性頻尿 5
心因性頻尿 6
・パンプキンシード 尿漏れ防止 1・2
・過活動膀胱 1〜6
・排尿障害 「尿失禁」

| 泌尿器疾患 腎臓疾患 | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4633
トラックバック