● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 美容目的の豊胸リスク 2 | TOP | スマホ依存・ゲーム障害 1 >>
美容目的の豊胸リスク 3

おはようございます。今日はクリスマスイブ
振替休日ですがてんゆ堂診療しています。

さて、美容目的豊胸でジェル状の充塡剤注入しています。充塡剤はゼリーのような素材で管状の器具で大胸筋を覆う筋膜と乳腺側の筋膜の間に注入します。化学物質のポリアクリルアミドと水を混ぜたものやシリコーン、ヒアルロン酸などの素材が使われています。人体に吸収されないアクアフィリング24%で最も多く使用されています。充填剤注入による豊胸術は合併症リスクが高いと考えられており問題視されています。

また問題を起こすのは技術のない医師との指摘もあります。日本美容外科学会(JSAPS、正会員1220人)は2018年11月27日、東京・霞が関の厚労省で会見し「非常に安易な施術で誰でもできるため多く行われている。施術を受ける前にリスクについて説明を受けてほしい」と呼びかけています。日本美容外科学会は関連学会と連携し、1年以内を目標にジェル状の充填剤の使用中止などを盛り込んだ指針やガイドライン策定を目指しています。また国内では規制がないため厚労省にも、いつ誰がどう施術したか登録する仕組みや認可制などの仕組みを求めていくようです。

さらに豊胸や乳房の再建術でバッグ型の人工乳房を入れた後に感じた体の不調についてシリコーン製バッグのタイプは米国や日本で使用が認められていますが、医学界では安全性をめぐる議論が続いているのです。米国では施術で使う製品を巡り、1980年代以降、自己免疫疾患希少性がんなどの発症を指摘する声が相次いだのです。一方、日本国内ではシリコーン製バッグにかかわる被害の報告は多くないようです。自己免疫疾患とみられる症状を訴える例はあるものの希少性ガンの発症は確認されていません。形成外科医で豪マコーリー大学アナンド・ディーバ教授は「シリコーン製バッグが原因で合併症を引き起こす可能性は低くない。問題への対処は不十分で安全性の担保は欠落したままだ」としています。

女性にとって”見た目”は大事です。しかし、やってから後悔してからでは遅い場合もあります。どんな医療行為でもリスク説明が不十分で問題が起こています。利用者や患者さん自身もネットの時代ですからリスクの予備知識を入れておいて、質問してみることも大事です。イイ医療従事者は必ずこういうことは丁寧に対応してくれます。  〆

<関連記事>
・美容目的の豊胸リスク 1
・美容目的の豊胸リスク 2
・美容トラブル 1〜4
・海外 美容トラブル 1〜3
・下肢静脈瘤 1〜5
・キャッチコピーに気をつけろ!! 1・2
・健康食品の虚偽誇大広告 1〜7
・医療機関 ウェブ広告規制 1〜5
・国家資格 あん摩・マッサージ・指圧師 1〜6
・厚生大臣免許保有証 1〜3
・家庭向け鍼用器具
・無資格施術でケガ 1・2
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・彫り師=医療行為 1・2

| 婦人科 更年期障害 | 09:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4637
トラックバック