● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< スマホ依存・ゲーム障害 3 | TOP | スマホ依存・ゲーム障害 5 >>
スマホ依存・ゲーム障害 4

おはようございます。東京都は来年も増税による消費対策
として冷蔵庫などのエコポイント(懐)を実施するそうです。

さて、兵庫医科大学三村治特任教授の学会での講演では、子どもの急性内斜視が増えていると指摘しています。急性内斜視では両目が内側に向いたまま戻らなくなります。つまり遠くを見ても目が寄った状態のままになります。原因のひとつとして、2016年に韓国の施設から発表では小中学生がスマートフォン依存するようになったからだという論文があります。

7歳〜16歳までの12例(男5人、女7人)の報告です。この12例の内斜視は従来とは少し異なる特徴を持っていました。まず全員が過度なスマホ使用者(過去4か月以上にわたり、1日4時間以上使用)で、1日平均の使用時間は6時間、しかも30センチ以内の距離で画面を見ていました。うち9例は遠くを見るといつも、あるいは時々、水平複視(一つのものが横に離れて二つに見える)になりました。8例は軽度から中等度の近視、残りはごく軽い遠視で、適切な矯正レンズを装用すれば、どの目も1.0以上の視力が出ています。

近いところを見る時、人は輻湊(ふくそう)といって両目を寄せます。通常、遠方を見る時は輻湊を解除するので寄り目が元に戻るのですが、これらの例では戻りにくいのです。若い人は目を寄せる動きを促す脳からの指令が強いと考えられ、それゆえに輻湊が続くと指令を解除することが難しくなり、このような現象が生じてしまう可能性があります。

韓国の論文ではスマホを1か月間使わないように指示したところ、斜視角度は全員減少したということですが、5例は手術が必要でした。三村特任教授は麻酔作用のある薬剤ボツリヌス内直筋(眼球についている筋肉のひとつ)に少量注射することで改善させうるとの報告をしていますし、この方法や手術での治療を行う機会が増えています。韓国の論文は英国の眼科誌に発表され、それを受けて英国のデイリー・テレグラフでは、この内斜視の話とともにスマホによる子どもの精神活動への影響精子数減少との関係などが記事で取りあげられています。日本でも近年、スマホ依存による学業成績の低下、睡眠障害、暴力などが大きな問題として提起されています。韓国のみならず、日本でも若い人のスマホ依存、スマホ中毒は国をあげて考えなければいけない喫緊の問題だとされています。

さらに文科省が5歳から17歳までの約342万人を抽出して行った調査によると、裸眼の視力が1.0未満小学生34.1%高校生67.09%と過去最多を更新しています。高校生の3人に2人が視力が1.0未満です。スマホなど画面を近くで見る時間が増えるなど生活習慣が影響しているとみられています。  つづく・・・

<関連記事>
・スマホ依存・ゲーム障害 1
・スマホ依存・ゲーム障害 2
・スマホ依存・ゲーム障害 3
・スマホ依存・ゲーム障害 5
・ネット依存 1・2
・ブルーライト 1〜3
・パソコンと自律神経
・スマホと首肩コリ 1〜3
・スマホ巻き肩 1〜4
・スマホ子守り 1〜4
・スマホ子守り 発達が遅れる!? 1〜4
・スマホ認知症 1・2
・スマホ老眼 1〜3

| 心・精神の病気 | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tenyudou.jugem.jp/trackback/4640
トラックバック