● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< スマホ キャッシュレス決済の未来 2 | TOP | スマホ キャッシュレス決済の未来 4 >>
スマホ キャッシュレス決済の未来 3

おはようございます。年末年始の疲れ
出ている人が多いです。アナタは大丈夫!?

さて、スマホによるキャッシュレス決済大国が中国です。利用率がナント98.3%です。2017年四半期のデータによれば、スマホ決済のシェアはアリババ(Ant Financial、阿里巴巴)のアリペイ(Alipay、支付宝)が54%テンセント(Tencent、騰訊)のウィーチャットペイ(WeChat Pay、微信支付)が38%と二大勢力になっています。

もともと中国ではオンラインショッピングチャットサービスの利用が盛んで、アリペイ・ウィーチャットペイの利用に必要なアカウントを多くの人が持っていたこと、さらにここ3〜4年でスマホが爆発的に普及したこともあって利用が一気に進んだようです。設定も日本のおサイフケータイに比べて簡単で、通常のスマホ用アプリをインストールするのとあまり変わらないのです。

地方都市市場屋台にまでモバイル決済が普及しています。店舗側の負担も軽いのも理由のひとつです。おサイフケータイやアップルペイで決済できるようにするには専用端末を置かなくてイイのです。スマホを持っていればアプリをインストールするだけです。屋台や市場の野菜売りがキャッシュレスを実現するために何か特別な機器を導入する必要はなく、スマホで表示されるQRコードを印刷した紙を掲示し、スキャンしてお金を払うだけで個人間送金ができます。

スマホなどのモバイルでQRコードを読み取るキャッシュレス決済には2つの支払い方法があります。お店側が利用者側のスマホに表示されたQRコードを読み取る店舗読み取り方式と、お店側が表示したQRコードを利用者側がスマホで読み取るユーザー読み取り方式です。    つづく・・・

<関連記事>
・スマホ キャッシュレス決済の未来 1
・スマホ キャッシュレス決済の未来 2
・スマホ キャッシュレス決済の未来 4
・スマホ キャッシュレス決済の未来 5
・スマホ キャッシュレス決済の未来 6
・スマホ キャッシュレス決済の未来 7
・スマホ キャッシュレス決済の未来 8
・スマホ キャッシュレス決済の未来 9
・人工知能(AI)1〜6
・マイクロチップ・インプラント 1〜4
・AI診療 1〜3
・デジタル錠剤 1・2
・スマホ依存・ゲーム障害 1〜5
・ネット依存 1・2
・ブルーライト 1〜3
・パソコンと自律神経
・スマホと首肩コリ 1〜3
・スマホ巻き肩 1〜4
・スマホ子守り 1〜4
・スマホ子守り 発達が遅れる!? 1〜4
・スマホ認知症 1・2
・スマホ老眼 1〜3

| 社会問題 | 08:51 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tenyudou.jugem.jp/trackback/4653
トラックバック