● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< アルコール依存症 3 | TOP | アルコール依存症 5 >>
アルコール依存症 4

おはようございます。最近、コーヒーにハマってます。
色々な店で豆を買っては飲み比べ中です。難しい…

さて、2018年9月26日、人気アイドルグループ「モーニング娘。」の元メンバー吉澤ひとみ(33)さんは酒気帯び運転およびひき逃げ事故を起こし、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道路交通法違反の罪で東京地検に起訴されています。事故後、呼気中アルコール濃度が0.58mg検出されています。当初は「(事故の約7時間前の)深夜0時頃まで、缶酎ハイ3缶」としていましたが、その後「焼酎のソーダ割りも2杯飲んだ」と追加供述しています。吉澤被告は以前から酒好きで有名で酒癖の悪さを他の芸能人から指摘されていたと報道されています。また酩酊状態で番組収録に現れたとか、早朝にもかかわらず「酒臭かった」という証言もあり、そのためアルコール依存症の疑いが取り沙汰されています。

複数の週刊誌では逮捕・起訴された吉澤被告は保釈後、埼玉県の病院に入院したと報じられました。この病院はロケ先の滞在ホテルで女性トラブルを起こした高畑裕太さんや、女子高校生への強制わいせつ容疑で書類送検された元TOKIOのメンバー山口達也さんが入院していたことで知られる心療内科専門病院です。山口さんはアルコール依存症と診断されていないようですが、長年、アルコール依存症の治療を行ってきた臨床医は””と判定するかもしれません。

厚労省によると、2013年の全国調査の結果、治療の必要なアルコール依存症患者は約109万人いると推計されています。アルコール依存症の治療の精神科専門医の山下悠毅氏は「彼女はアルコール依存症です。精神科の診断基準では、お酒を飲んだ際に周囲から批判を受けたことがあるのに断つことができない、飲酒をした際に社会的な問題行動を起こしたことがある、この2点を満たした時点でアルコール依存症と診断され、最近ではアルコールの使用障害と呼ぶことが多い」と述べています。吉澤被告は保釈後「体調検査のため、都内の病院に向かった」(事務所)としています。今後はアルコール依存症の治療を行うことでしょう。

山下精神科医は「仮に入院したとしても治療効果は乏しいと言わざるを得ません。アルコール依存症という病気はお酒が手に入らない環境では、飲みたいという渇望が消失するため、それで治ったと勘違いしてしまうからです。アルコール依存症には『奈良漬(酒漬け)にした瓜は、元の瓜に戻せない』という格言があるのですが、アルコール漬けになった脳も元に戻りません。治療は生涯断酒しかない」と語っています。 治療には抗酒剤という体内にあるアルコールを分解する酵素の働きをブロックする薬があり、服用すれば酒を受け付けなくなりますが…。  つづく・・・

<関連記事>
・アルコール依存症 1
・アルコール依存症 2
・アルコール依存症 3
・アルコール依存症 5
・アルコール依存症 6
・アルコール依存症 7
・アルコール依存症 8
・酒に弱い人 1〜5
・お酒 ザル体質vsゲコ体質 1・2
・飲酒→下痢 1〜3
・二日酔いにスプライト
・胎児性アルコール症候群 1〜3
・医療用麻薬 薬物依存 1〜6
・ネット依存 1・2
・スマホ依存・ゲーム障害 1〜5
・人工知能(AI)1〜6

| 心・精神の病気 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tenyudou.jugem.jp/trackback/4663
トラックバック