● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 食道胃接合部ガン 3 | TOP | 食道胃接合部ガン 5 >>
食道胃接合部ガン 4

おはようございます。色々な試験がある季節です。
後が体調管理をしっかりして全力勝負です。

さて、胃ガンでも食道ガンでもない食道と胃の境目(接合部)にできるガンが食道胃接合部ガンです。食道と胃の筋層の境目が境界とされ、そこから上下2の範囲に発生したガンを組織型、つまり扁平上皮ガン(食道ガン)か腺ガン(胃ガン)かに関わらず食道胃接合部ガンとしています。

症状は食道胃接合部ガンができると周辺の組織が硬くなり、食べ物が食道から胃へとスムーズに流れにくくなり、飲み込んだ時につかえるなどの違和感が出ることがあります。これは食道ガンの自覚症状に似ています。胃に気持ち悪さを感じる人もいます。 胃酸の逆流が起きると酸っぱい液体が口に戻ったり胸焼けを覚えたりします。食道が胃酸にさらされ炎症が起きる逆流性食道炎を疑い、内視鏡検査をしてガンが見つかることもあります。

予防など対策は内視鏡胃カメラ)による早期発見が第一です。このガンにかかわらず、ガン対策には定期的な内視鏡検査を強くオススメします。日本の内視鏡医療は世界でもトップクラスで、日に日に技術進歩している分野です。静脈注射によるほぼ無痛の内視鏡検査を行っている医療機関も増えています。医療関係者の中には人間ドッグの際にバリウムによる検査をはさまず、直接内視鏡検査に進んでしまう人も多いです。  つづく・・・

<関連記事>
・食道胃接合部ガン 1
・食道胃接合部ガン 2
・食道胃接合部ガン 3
・食道胃接合部ガン 5
・血液1滴→ガン13種早期発見 1〜4

・尿1滴→早期がん発見 1〜4
・がん検診のデメリット 1〜6
・がん患者「正しい栄養」1〜4
・ガン ステージ 1〜3
・ピロリ菌 1〜7
咽頭・喉頭ガン 1〜4
・なかなか治らない口内炎 1〜4
・大腸ガン 急増中 1〜5

| 内臓 消化器の病気 | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4672
トラックバック