● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 食道胃接合部ガン 4 | TOP | 潰瘍性大腸炎 生薬の青黛が効く 1 >>
食道胃接合部ガン 5

おはようございます。今週末は3連休です。
11日(月・祝)てんゆ堂診療予定です。

さて、胃ガンでも食道ガンでもない食道と胃の境目(接合部)にできるガンが食道胃接合部ガンです。食道と胃の筋層の境目が境界とされ、そこから上下2の範囲に発生したガンを組織型、つまり扁平上皮ガン(食道ガン)か腺ガン(胃ガン)かに関わらず食道胃接合部ガンとしています。

食道胃接合部ガンが消化管粘膜(食物の通り道)の表層に限局する早期ガンであれば内視鏡切除が考慮されます。内視鏡切除が適応にならない早期ガンや進行ガンでは標準治療は手術となります。手術では、食道と胃、およびその周りのリンパ節を切除します。リンパ節を切除する理由は、食道ガンや胃ガンと同様に食道や胃の周囲のリンパ節にガン細胞が流れ込んで定着することがあるためです。また進行状況によっては手術の前後に化学療法(抗がん剤治療)を行うこともあります。診断時に他の臓器や病変から離れたリンパ節に転移があるような状況では化学療法を中心に治療が行われます。

手術では具体的に扁平上皮ガンというタイプで食道側にある場合は食道ガンとしての手術を基本に胸部や腹部の食道と胃の上部を切除します。一方、腺ガンというタイプで食道側のガンが少ない場合は胃ガンの手術に準じて胃(上部または全部)と食道の下部を切除します。頸・胸・腹の3か所を手術するケースが多く施術の危険性も高いのです。リンパ系にも転移しやすく非常に厄介なガンです。

人間ドックや健康診断で胃の内視鏡検査でバレット食道と指摘されたことはありませんか!? きっと経過観察になっているはずです。バレット食道とは、食道下部粘膜(内腔表面)のもともとあった扁平上皮胃酸の逆流などの影響により円柱上皮に置換された食道をいいます。置換した円柱上皮はバレット上皮と呼ばれ、食道腺ガン(バレット食道ガン)が発生しやすいと考えられているます。要注意なので定期的に検査を受けるのが賢明です。  〆

<関連記事>
・食道胃接合部ガン 1
・食道胃接合部ガン 2
・食道胃接合部ガン 3
・食道胃接合部ガン 4
・血液1滴→ガン13種早期発見 1〜4

・尿1滴→早期がん発見 1〜4
・がん検診のデメリット 1〜6
・がん患者「正しい栄養」1〜4
・ガン ステージ 1〜3
・ピロリ菌 1〜7
咽頭・喉頭ガン 1〜4
・なかなか治らない口内炎 1〜4
・大腸ガン 急増中 1〜5

| 内臓 消化器の病気 | 09:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4673
トラックバック