● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 機能性ディスペプシア 1 | TOP | 機能性ディスペプシア 3 >>
機能性ディスペプシア 2

おはようございます。鍼灸師国家試験
今週末の2月24日(日)です。後は体調管理です。

さて、機能性ディスペプシア機能性胃腸症。functional-dyspepsia:FD)という医学用語を聞いたことがありますか!? ディスペプシアとは上腹部消化器症状の総称です。これまで神経性胃炎胃下垂などの診断名で呼ばれていたものが含まれています。別名で非潰瘍性胃腸症(Non-Ulcer Dyspepsia:NUD)とも呼ばれます。

原因ははっきりと分かっていません。心理的ストレス要因と胃に対する物理化学的ストレスによる身体的要因の大きく2つの要因が考えられています。FDにおいてプラセボ効果が40〜50%であったとの報告があることからFDの病因の中でも心理的要因の関与は少なくないと考えられます。胃はストレスや日常生活で生じる負荷の影響を受けやすいので、それらの外的要因に体質加齢などの変化が加わって発症すると考えられています。 4人に1人が機能性ディスペプシアという指摘もあります。

代表的な症状は「つらいと感じる食後の胃もたれ」「食べ始めるとすぐにお腹がいっぱいになり、それ以上食べられない」「みぞおちの痛み」「みぞおちの焼けるような感じ」の4つです。ただし、人によって不調の表現が違うので実際の症状の訴えは多岐にわたります。 機能性ディスペプシアは、よく起こる症状によって大きく2つのタイプに分けられます。ただし、両方のタイプの症状が重なって起こったり、日によって感じる症状が変わったりすることもあり、どちらのタイプであるかはっきり分けられない場合も多くあります。  つづく・・・

<関連記事>
・機能性ディスペプシア 1
・機能性ディスペプシア 3
・機能性ディスペプシア 4
・機能性ディスペプシア 5
・機能性ディスペプシア 6
・機能性ディスペプシア 7
・機能性ディスペプシア 8
・ピロリ菌 1〜7
・食道胃接合部ガン 1〜5

| 内臓 消化器の病気 | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4679
トラックバック