● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 心因性頻尿 6 | TOP | 舌ガンと口内炎 2 >>
舌ガンと口内炎 1

おはようございます。今朝、ウグイス
鳴き声を聴きました。杉並区にもいるんです。

さて、タレントの堀ちえみ(52)が2019年2月19日、自身の公式ブログで口腔がんであることを公表しています。その中で『私、堀ちえみは、口腔癌(左舌扁平上皮癌)と、診断されました。いわゆる舌癌です』と告白しています。口の中に生じる口腔がんの中で「舌がん」だそうです。がんの進行度を示すステージ0〜4のうち、ステージ4だったというのです。2月19日には入院し、22日に手術を受けています。その後はいかがでしょうか…

ブログによれば、2018年の夏、舌の裏側に小さな口内炎ができたと思っていたようですが、治りが遅いので病院を受診。塗り薬、貼り薬、ビタミン剤などを処方されたようです。それでも治らず、痛みが増したので同年11月に掛かりつけの歯科医院を受診しレーザー治療などを受けたようです。『それでも治らず、そのうちに、舌の裏側だけではなく、左の側面にも、固いしこりができてしまいました』と言っています。この時点で舌の中のほかの場所転移していたことになります。実は舌がんは転移しやすいことが知られています。初診時に30〜40%が転移を認めるという報告もあります。

さらに堀さんにとって不幸だったのは関節リウマチが治療中だったことです。堀さんは、2016年3月頃、関節リウマチを発症し治療薬を飲用していました。標準治療薬はメトトレキセート(商品名リウマトレックス)です。その添付文書によれば、服用者の20.1%に何らかの副作用が生じ、肝機能障害と並んで多いのが口内炎2.2%の患者に生じます。この数字は、臨床現場では「よく見かける副作用」と解釈されます。治療薬であるメトトレキサートで口内炎ができることはよく知られており、歯科医が疑わなかったのはやむを得なかったかもしれません。定期検診で受診した関節リウマチの主治医に相談したところ「飲んでいる薬の副作用の1つに口内炎の症状がよくあるので薬を暫くストップして様子を見ましょう」と言われたとあります。また、舌がんによる口内炎は、病気が進むまで通常の口内炎とは外見では区別できないともいわれています。このように考えると堀さんを診察した歯科医が舌がんを診断できなかった可能性は十分にあります。  つづく・・・

<関連記事>
舌ガンと口内炎 2
・舌ガンと口内炎 3
舌ガンと口内炎 4
舌ガンと口内炎 5
舌ガンと口内炎 6
・なかなか治らない口内炎 1〜4
舌痛症

| 口・咽頭・歯の病気 | 09:09 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4686
トラックバック