● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 舌ガンと口内炎 1 | TOP | 舌ガンと口内炎 3 >>
舌ガンと口内炎 2

おはようございます。ご近所の白木蓮
咲き始めました。来週にも
開花宣言!?

さて、タレントの
堀ちえみ(52)が2019年2月19日、自身の公式ブログで口腔がんであることを公表しています。ブログによれば、2018年の夏、舌の裏側に小さな口内炎ができたと思っていたようですが、治りが遅いので病院を受診。塗り薬、貼り薬、ビタミン剤などを処方されたようです。それでも治らず、痛みが増したので同年11月に掛かりつけの歯科医院を受診し、レーザー治療などを受けたようです。しかし、年が明けて激痛が走るようになり、2019年1月21日に大学病院で検査。舌がんの可能性が高いと診断されました。最終的に2月4日に「口腔がん(左舌扁平上皮がん)」と診断されました。その後、左首のリンパ節にも転移していることがわかりステージ4の告知を受けたという経過です。

舌がんは、口唇、歯肉、上顎、頬の粘膜など、口内などにできる口腔がんの一種で、全体の半数以上を占めます。従来、口腔がんは男性に圧倒的に多かったのですが、近年、女性の比率も増えています。口腔がんの主な原因として喫煙飲酒が挙げられます。しかし、舌がんだけは飲酒や喫煙の習慣がない女性や若い人の発症例が少なくないのです。合わない入れ歯凸凹の歯並びなどが舌に当たり慢性的刺激が加わると、発がんの原因になり発症リスクを高めるとされています。一般に口の中にできる口腔がんは「食べること」「話すこと」といった重要な機能を脅かし、進行すると食事や会話に支障が出ます。一方、肉眼で見つけられる疾患でもあります。

舌がんは舌の横の部分にできやすく、口内炎と間違われやすいですが、両者には大きな違いがあります。暴飲暴食などでできた通常の口内炎が激しい痛みを伴い、1〜2週間で自然治癒します。しかし、舌がんの場合は治りません。また、通常の口内炎のような痛みを感じないことも舌がんの特徴です。口腔がんによる口内炎は進行するまで痛みが出ません。そして、なかなか治癒しません。たぶん、堀さんは最初の頃は痛みがなかったはずです。口内炎は痛みがありますが、舌がんの初期は痛みがないので、入念に問診していれば、わかったかもしれません。そして、舌がんは進行が早いのも特徴のひとつです。  つづく・・・

<関連記事>
舌ガンと口内炎 1
・舌ガンと口内炎 3
舌ガンと口内炎 4
舌ガンと口内炎 5
舌ガンと口内炎 6
・なかなか治らない口内炎 1〜4
舌痛症

| 口・咽頭・歯の病気 | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4699
トラックバック