● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 過活動膀胱の鍼灸治療 7 | TOP | 静脈うっ滞性皮膚炎 1 >>
過活動膀胱の鍼灸治療 8

おはようございます。小さいお灸が少し見にくく
なったので少し度数を上げた
メガネを新調しました。

さて、
過活動膀胱(overactive bladder:OAB)の患者さんは約810万人にのぼると推定されています。その頻度は加齢とともに増加し、70歳以上では3割以上の方がこの病気にかかっていると考えられています。 ですが決して加齢による体内機能の低下だけとは限りません。

東京都健康長寿医療センター研究所堀田晴美研究副部長らの共同研究グループはローラー鍼を使った軽微な皮膚刺激が、過活動膀胱による高齢者夜間頻尿緩和に効果があることを明らかにしました。この研究成果は、これまで有効な対処法がなかった夜間頻尿のための新たなセルフケア方法の開発に大きく貢献するものと期待されます。

試験方法は、排尿収縮に対する異なる効果を持つ2つのローラー鍼を用いて、クロスオーバー、 プラセボ対照、二重盲検ランダム化臨床試験を行いました。参加者は、夜間頻尿を持つ高齢女性(79-89 歳)でした。アクティブ(軟質エラストマー・ローラー)またはプラセボ(硬質ポリスチレン・ローラー)刺激を、就寝前に1分間、参加者が自分の会陰部の皮膚に与えました。3日間の事前調査の後、3日間の刺激期間と4日間の休止期が続き、参加者はさらに他の3日間、他の刺激を行いました。主要評価項目は、各3日間の期間中、排尿日誌に記入された夜間の排尿回数の変化でした。

結果は、24人の参加者をランダム化し、そのうちの22人は全ての研究プロトコルを完了しました。1 人の参加者は有害事象(腹部不快感)のために治療を中止。OABを持つ参加者(N=9)においてはアクティブ刺激期間中の1夜あたりの平均排尿回数のベースラインからの変化(平均±標準偏差、-0.74±0.7 回)は、プラセボ刺激期間(-0.15±0.8 回)よりも有意に(P <0.05) 大きかったです。これとは対照的に、この差はOABを持たない参加者(N=13)では観察されませんでした。

結論として、これらの結果はローラー鍼による軽微な会陰刺激は高齢女性のOABに起因する夜間頻尿を治療するのに有効であることを示唆しています。この研究の欠点は睡眠と生活の質の変化を評価するには研究期間が短か過ぎたことです。とはいえ「泌尿器系のトラブルは他人には言いにくい」「泌尿器科に通っても男性医師だと…」。自宅で手軽に夜間頻尿のセルフケアができるのはイイと思います。堀田先生の提唱する骨盤底ローラー鍼「ソマプレーン」を使って会陰部(生殖器と肛門の間)を、左右に3秒かけてゆっくり1分間皮膚刺激する「骨盤底さすり」で副交感神経の働きを抑制膀胱の異常な収縮が抑えられます。試してみる価値のあるセルフケアです。  〆

<関連記事>
過活動膀胱の鍼灸治療 1
過活動膀胱の鍼灸治療 2
過活動膀胱の鍼灸治療 3
過活動膀胱の鍼灸治療 4
過活動膀胱の鍼灸治療 5
過活動膀胱の鍼灸治療 6
過活動膀胱の鍼灸治療 7
・過活動膀胱 1〜6
心因性頻尿 1〜6
・パンプキンシード 尿漏れ防止 1・2
・排尿障害 「尿失禁」

| 泌尿器疾患 腎臓疾患 | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tenyudou.jugem.jp/trackback/4723
トラックバック