● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< マイクロカレント 4 | TOP | マイクロカレント 6 >>
マイクロカレント 5

おはようございます。昨夜は豪州の精神科医
のルーズさんと
会食愉しい時間でした。

さて、脳への電気刺激は
経頭蓋直流電気刺激tDCS)といい、元々は脳卒中などで脳がうまく働かなくなった患者のために研究されてきた経緯があります。こうした装置は日本ではまだ医療機器として認可されていません。しかしtDCSは3ミリアンペア30分以内の利用であれば問題ないとされています。今、アメリカンフットボールやメジャーリーグの選手たちが使用して結果を出しています。

1回限りの使用、あるいは数回単位で使う分には、恐らく安全性には問題がないとされています。しかし、脳に直接電流を流す行為を、数か月あるいは数年間続けることによる弊害というか安全性については疑問視されています。 脳の電流が弱くなるというのは、脳や筋肉が疲れ過ぎないようにするための自己防衛本能です。科学雑誌の『ネイチャー』は脳への電気刺激はブレインドーピングではないかと指摘しています。

人間がもともと備えている脳のリミッターというか安全装置を外してしまっている可能性も否定はできないようです。何かしら将来的には不都合が起きてくることも可能性もあり得ると指摘されています。 微弱電流の研究そのものが注目され始めたのは2010年頃からです。現時点で、さまざまな臨床的な効果の報告や、メカニズムについては一部の裏付けデータが出てきつつあるという状況です。マイクロカレントの効果は、実は医学的には未知数医学的情報は不十分と理解しておくべきです。  つづく・・・ 

<関連記事>

マイクロカレント 1
マイクロカレント 2
マイクロカレント 3
マイクロカレント 4
マイクロカレント 6

| 鍼 灸 その他治療法 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tenyudou.jugem.jp/trackback/4730
トラックバック