● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< マイクロカレント 5 | TOP | 葉酸 1 >>
マイクロカレント 6

おはようございます。今週末から10連休という
方も多いことでしょう。
安全・安心が大事ですね。

さて、
マイクロカレントの応用はスポーツに留まりません。 オックスフォード大学は脳へ経頭蓋直流電気刺激tDCS)という電流を流すことによって、数学の能力が向上する研究論文があります。微弱な電気で刺激するのはストレスを抑制する働きを持つDLPFC・背外側前頭前野という部位です。研究者らは苦手科目の成績向上に有効だとしています。ある人では装置を使い始めて3ヶ月、数学の成績にまだ変化はないが勉強に前向きに取り組めるようになったとしています。

tDCSは、元々は脳卒中などで脳がうまく働かなくなった患者のために研究されてきた経緯があります。こうした装置は日本ではまだ医療機器として認可されていません。しかしtDCSは3ミリアンペア30分以内の利用であれば問題ないとされています。オックスフォード大学の研究では数学が得意だった人は逆に成績が下がってしまったという結果も出ています。脳科学はまだわからない事がたくさんある領域です。同じような研究を行っても、次は違う結果が出るかもしれないといったあやうい状況です。 科学雑誌の『ネイチャー』は脳への電気刺激はブレインドーピングではないかと指摘しています。人間がもともと備えている脳のリミッターというか安全装置を外してしまっている可能性も否定はできないようです。

マイクロカレントの効果は、実は医学的には未知数です。現時点では小規模な臨床試験や症例報告といった研究結果がほとんどの状況です。筋肉に対しては、トップアスリートでは実際体感できても、一般の方が使ったらどのような結果が得られるのかはわかりません。マイクロカレントの医学的情報は不十分と理解しておくべきです。 インターネット上では身近な材料で電気刺激機器を自作してしまう人たちがいるそうですが、間違えて強い電流が流れて感電や火傷の事故も報告されているそうです。  〆

<関連記事>

マイクロカレント 1
マイクロカレント 2
マイクロカレント 3
マイクロカレント 4
マイクロカレント 5

| 鍼 灸 その他治療法 | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4731
トラックバック