● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 【号外】痴漢に安全ピンはNG | TOP |
【号外】気象病の対策

こんにちは。梅雨の時期ですから、
ちょっと気になる記事をご紹介します。

さて、医師などでつくるウーマンウェルネス研究会(東京)は2019年3月、首都圏の20〜59歳男女609人を対象にインターネットで調査を実施しています。「梅雨低気圧の時に不調を感じる」と答えた人は、女性59%男性は43%。女性を年代別でみると、20代69%で最も多く、次いで40代の61%30代の56%でした。20代女性で、梅雨の時期に特に「肩こり」を感じると答えた人は9割に上っています。この調査では梅雨の時期には低気圧の影響で、女性の多くが肩こりなどの不調を感じることがあります。実に20代の7割が症状を訴えているというのです。

低気圧で特に女性が不調を感じやすい理由について、せたがや内科・神経内科クリニック久手堅司院長は、筋肉量の少なさや貧血などの要因があると指摘しています。雨と晴れ間との寒暖差、長雨による多湿などでも女性は自律神経バランスが崩れ、肩こりなどが悪化しやすいとしています。

低気圧女子の処方せん』の著書がある気象予報士の小越久美さんは、「肩こり以外にも、腰痛生理痛などが低気圧の影響で引き起こされる女性も多い。夏は台風などの低気圧や、局地豪雨の前後で起きる気圧変化にも注意してほしい」と話しています。

同研究会は、蒸しタオル、温熱シート、ストール肩・首元温めることや、耳たぶの上を水平方向に引っ張るなど、耳周りのストレッチで血流を良くする対策を呼びかけています。  〆

<参考記事>
・読売新聞「肩こり・腰痛・生理痛など、低気圧が影響」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-00010000-yom-sctch

<関連記事>
・気象病 1〜5
・自律神経免疫療法 1〜3
 

| 首痛 肩コリ 手の痛み | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tenyudou.jugem.jp/trackback/4736
トラックバック